Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOVIE TAGS
LINKS
PROFILE
OTHER

にっきにっき

もはやにっきにきです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | きじURL |
ブログを引っ越しました
はてなブログに移行したので、このブログには一生こないでください

引越し先はこちら→
| にっき | きじURL |
えいが511 - ゴジラ

ゴジラ

★★★★☆

ゴジラが出てくる話。ローランド・エメリッヒ版ゴジラがもう無かったことになるぐらい日本のゴジラを忠実にハリウッドで再現しておった。最初の雄叫びで「ウワーーーッ!ゴジラだーーー!」ってなったし、尻尾から尾ひれに順に光っていって、そこから光線ドーン!て吐くところも「ウワーーーッ!光線だーーー!」ってなりました。ですが、ちょっと登場人物の心象などを描きまくるあまり、ゴジラが出てきたり暴れたりするシーンがなかなか出てこず、終盤の方にめちゃくちゃ温存されたので、そこはもっと惜しみなく出していけよ!パシフィック・リムみたいにさあ!初めからドンチャン騒ぎ見せてくれよ!と思いました。続編が決まったらしいので、その辺は改善して欲しいな〜。



#パニック #アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが510 - パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

★★☆☆☆

18歳の少年の腕に突然現れた呪いの印のせいで大変なことになるお話。別に面白くないんだろうな・・・って思いながらも何故か見てしまうことでおなじみのパラノーマル・アクティビティですが、今回も案の定そんなに面白くはありませんでした。呪いの印、最初は超能力程度の力で「すげえ能力手に入れた!」ってはしゃいでる感じはちょっと「クロニクル」的な要素が入ってましたね。加えて、夜中に夢遊病的に何かなっちゃうとかではなく、だんだん自分の体に異変が起こるのでそれを何とかしようともがく構成になってて、番外編ぽい!と思いました。2016年に5をやるらしいんですけど、1の時点でやめといた方がよかったんじゃないでしょうか。見ちゃうけど。


なんやこのシーン


【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2
パラノーマル・アクティビティ3
パラノーマル・アクティビティ4

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが509 - エイリアンクロール

エイリアンクロール

★★★☆☆

世界中の人間がウイルスに感染して繁殖力を失った中、ただ一人妊娠可能な女性を安全な場所まで連れて行く途中でエイリアンに遭遇してしまい、狭い通路をひたすら這いまくって逃げまわる話。「この映画をぜひ日本人に見て欲しい!」という製作陣の好意的な姿勢が実を結んでDVDスルーすることになった低予算インディーエイリアンもの。まあ低予算なのでSFっぽさは皆無なんだけど、ただただ狭い通路をどこまでも這いつくばって逃げまわるという尖りまくった内容で、インディー映画の真髄を見たような感覚に陥りました。どんな状況でも希望を捨てずに逃げまわるトサカ頭の女がすごいかっこいいけど、一瞬だけ右頬についていた傷が左頬にワープして、また右頬に戻るシーンがありました。



#パニック
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが508 - リチュアル

リチュアル

★★★★★

森で記憶を失った男が何者かに追われてヤンヤンする話。インドネシア発のサスペンス・ホラーで、原題は「Modus Anomali(異常な手口)」。中盤までセリフがほとんどなく男の豊かな表情で危機を盛り上げ、ただひたすら正体不明の何かに追われていきます。情報も「森」、「記憶喪失」、「妊婦(=妻らしい)の殺害ビデオ」以外はほぼゼロに等しく、見ている人に状況を推理させる展開だけど、も〜この結末はもう驚天動地すぎて「こんなの誰も予想できないだろ!」ってなりました。いや〜すごすぎ。ちょっと不自然なところもあるけど前半の経緯が全て丸ごとひっくり返った緻密な構成の衝撃はなかなか他では味わえないのではないでしょ〜か。インドネシアは「ザ・レイド」を筆頭にかなりグイグイ来ているので今後も注目したいですね。



#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが507 - となりのトトロ

となりのトトロ

★★★★★



すごい良かったです

#ファミリー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが506 - ヴィデオドローム

ヴィデオドローム

★★★☆☆

TV局の社長が偶然見つけた、拷問だけを延々流し続ける謎のTV番組「ヴィデオドローム」に魅せられてのめりこんでヤンヤンしていくお話。哲学的な話でよく分からなかったけど、現実か幻覚かが曖昧になってしまう、幻覚が現実を凌駕してしまうというところがこの映画のツボなので、よく分からないままでいいかなと思いました。敬具



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが505 - マレフィセント

マレフィセント

★★★★★

眠れる森の美女のヴィランであるマレフィセントに焦点を絞った話。原作アニメで描かれることがなかった子供時代〜オーロラ姫が生まれる直前までの「人間を憎むようになった経緯」がたっぷり展開されて、新たなマレフィセント像が確立できたのではないかと思いました。めちゃめちゃ感情移入するし、「そりゃ憎むよね」ってなる。あとはオーロラ姫を離れで育てる時のこっそり見守る感じが、ベジータが来る直前の幼年時代の孫悟飯とピッコロ大魔王みたいな関係性でかなりお茶目だし、原作アニメとは違う結末を迎えるしで「まあまあこういうのもいいんじゃない?」ってなるし、総じて良かったです。アンジェリーナ・ジョリーしかできないハマり役だったな。フィリップ王子は完全に空気と一体化してたので、下手したら出てることに気付かない人も多いかもしれない。





今年のディズニーのハロウィンはこの仮装が流行る

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが504 - テーターシティ 爆・殺・都・市

テーターシティ 爆・殺・都・市

★★☆☆☆

近未来。監視社会に現れたミュータント人間に立ち向かう、漆黒のバイカー集団がヤンヤンする話。北斗の拳リスペクトのゴアゴア映画「アダム・チャップリン」のレーベル二作目。「特殊な電波で凶悪犯罪者予備軍の狂気を自殺衝動に変化させて自殺させまくり、その肉をバーガーにして市民に食べさせることで平和を保つ街」っていう設定がマジでぶっ飛びまくってて、そこから何の説明もなくその電波が効かないミュータント人間が出てきて、ひたすら人体破壊描写がこれでもかと続いていく感じのやつ。説明不足でめちゃくちゃ分かりにくいわ「このシーン長くね?いらなくね?このシーンは何?」っていうのが多いわ演出は雑で安っぽいわで正直言ってめちゃくちゃ退屈なんだけど、「俺たちは面白い映画を作ってみんなを楽しませるんだぜ!」っていう意気込みは痛いほどに伝わって参りました。どうせなら三作目の「ホテル・インフェルノ」も見たい。POVだし。


爆殺だ〜!!

【関連】
アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者


#アクション #スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが503 - 武器人間

武器人間

★★★★☆

第二次世界大戦末期、ソ連軍がナチス・ドイツの占領地域のとある施設に入ったらフランケンシュタインの孫のマッドサイエンティストが人間と機械を合わせた改造人間を大量に製作しているところ、ソ連軍がめちゃめちゃにやられてヤンヤンする話。武器人間の造型がめちゃくちゃ最高!武器人間の動きも鈍いのであんまりアクションすげえ〜!ってなることはなくてむしろ中盤まで退屈なんだけど、博士が出てきてから一気に面白さが加速しましたね・・・。改造が雑なのでなかなかグロいシーンがてんこ盛りで、博士の「俺はこんなにも真面目に取り組んでるのに!」っていう狂った感じも素晴らしかったですね。あと、だいたいのPOV映画って画面がブレて肝心の敵の姿がよく見えないという欠点はありますが、これはゼロ距離で武器人間と対峙してめちゃくちゃしっかり撮影してるのもサービス満点で良いです。


モスキートマーン!


プロペラヘッドー!


ケロイダー!


レイザーティースー!


ウォールゾンビー!

#POV #パニック
| えいが★★★★☆ | きじURL |
  1/71P  >>