Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOVIE TAGS
LINKS
PROFILE
OTHER

にっきにっき

もはやにっきにきです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | きじURL |
どくしょ13 - 2011年9月のまとめ



読んだ本の数:1冊 / 読んだページ数:304ページ

恥知らずのパープルヘイズ恥知らずのパープルヘイズ
読了日:09月18日 著者:上遠野 浩平,荒木 飛呂彦
真の第5部最終回


普段は月初に記録つけてるけど、そもそもそれすらもうっかり忘れてしまうぐらい読書のことが頭から消えていました。そんな中この恥じパーは尋常じゃないぐらい面白かった・・・上にも書いたけど、まさに真の第5部最終回。フーゴがやっと報われた・・・色々なところで「そこにつなげる!?」みたいなシーンがいっぱいあって、ジョジョファンのわたくしはもうお腹いっぱいでした。シリーズであと2作ぐらい出るみたいなんで楽しみ。

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病

1・恥知らずのパープルヘイズ
2・新世界より
3・慟哭
4・悪の教典
5・ダークゾーン
| どくしょ | きじURL |
どくしょ12 - 2011年8月のまとめ


読んだ本の数:2冊 読んだページ数:802ページ

鍵のかかった部屋鍵のかかった部屋
読了日:08月08日 著者:貴志 祐介
短編4つ。どれもすごい面白い

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
読了日:08月25日 著者:道尾 秀介
ぼんやり読んだけど最後ちょっと「おっ」ってなった

「鍵のかかった部屋」、密室に関する短編4つ。貴志祐介はやっぱ長編や!とは思ったけど、このご時世よくこんだけ新しい密室ネタ思いつくな〜って思った。表題作の「鍵のかかった部屋」がむちゃくちゃ面白い。青砥さんがどんどん天然キャラになっていくのがちょっとかわいかったです。「向日葵の咲かない夏」は若干モヤモヤする感じで終わった印象。頭おかしい母親はちょっと精神的にキツイですね。そして引越して通勤で電車を使わなくなったので読書の時間はかなり少なくなります。

今月のおもろ順位
1・鍵のかかった部屋
2・向日葵の咲かない夏

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病

1・新世界より
2・慟哭
3・悪の教典
4・ダークゾーン
5・噂
| どくしょ | きじURL |
どくしょ11 - 2011年7月のまとめ


読んだ本の数:5冊 / 読んだページ数:1485ページ

悪意 (講談社文庫)悪意 (講談社文庫)
読了日:07月02日 著者:東野 圭吾
高名な作家だけに超絶面白い

玩具修理者 (角川ホラー文庫)玩具修理者 (角川ホラー文庫)
読了日:07月06日 著者:小林 泰三
40ページしかないのにめちゃくちゃヒヤっとした・・・夏におすすめ

神のロジック・人間のマジック (本格ミステリ・マスターズ)神のロジック・人間のマジック (本格ミステリ・マスターズ)
読了日:07月14日 著者:西澤 保彦
ここでも紹介したとある作品とオチが一緒だった・・・

夏の夜会 (光文社文庫)夏の夜会 (光文社文庫)
読了日:07月22日 著者:西澤 保彦
おもろなさ過ぎて途中で挫折・・・

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
読了日:07月25日 著者:松岡 圭祐
ディズニー大好きおじさんになった今読み返すと更に面白い

今月は「玩具修理者」が一番面白かったな〜。同時に収録されてる「酔歩する男」も、悲しすぎるタイムリープものでおもしろかったし。「ミッキーマウスの憂鬱」、5〜6年前に読んだことあるけど文庫借りれたの再読。裏側をえぐりつつ、なかなかありえなさそうな痛快な展開に夢と希望がわいてくる感じのやつです。そして「七回死んだ男」でおなじみの西澤保彦ということで「神のロジック〜」と「夏の夜会」読んでみたけどどっちも超絶微妙だったな。途中で読むのやめる本とか珍しい。やはり西澤保彦は「七回死んだ男」がピークか・・・。

今月のおもろ順位
1・玩具修理者
2・悪意
3・ミッキーマウスの憂鬱
4・神のロジック・人間のマジック
5・夏の夜会

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病

1・新世界より
2・慟哭
3・悪の教典
4・ダークゾーン
5・噂
| どくしょ | きじURL |
どくしょ10 - 2011年6月のまとめ


読んだ本の数:3冊 / 読んだページ数:1034ページ

人格転移の殺人 (講談社文庫)人格転移の殺人 (講談社文庫)
読了日:06月10日 著者:西澤 保彦
かなりややこしいけどきれいにまとまった

0の殺人 (講談社文庫)0の殺人 (講談社文庫)
読了日:06月17日 著者:我孫子 武丸
最初に「容疑者はこの4人だけ!」と断言されるのに見抜けず

ドミノ (角川文庫)ドミノ (角川文庫)
読了日:06月23日 著者:恩田 陸
関係ない人たちがどんどんつながってドミノ倒しみたいになってくの楽しい

3つとも共通して「ウオオオオオアアアアアー!!!」的に衝撃に打ち震えるようなものではなく、胸のつかえが取れるかのような気持ちよさのあるまとまり方をしていたのでライトな感覚で読めました。この中で順位づけするなら「人格>ドミノ=0の殺人」かな。「0の殺人」はこんなのアリかよ〜と思うような若干コミカルな展開。「人格転移の殺人」は国籍も年齢も性別もバラバラの6人の人格が入れ替わりまくる空間の中で殺人事件が起こるんだけど、どちらかというと映画というか舞台で見たいな〜と思いました。役者の演じ分けに全てがかかってる。ドミノはまあもうちょっとリアリティがあった方が面白かったかな。関係ない人がどんどんつながってく展開は楽しいけど。

今月のおもろ順位
1・人格転移の殺人
2・ドミノ
3・0の殺人

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病

1・新世界より
2・慟哭
3・悪の教典
4・ダークゾーン
5・噂

| どくしょ | きじURL |
どくしょ09 - 2011年5月のまとめ


読んだ本の数:3冊 / 読んだページ数:1334ページ

ダークゾーンダークゾーン
読了日:05月03日 著者:貴志祐介
殺し合いのゲームに将棋の知略戦が合わさって大迫力

インシテミル (文春文庫)インシテミル (文春文庫)
読了日:05月18日 著者:米澤 穂信
映画はクソらしいけど原作はめちゃおも

プロトコル (実業之日本社文庫)プロトコル (実業之日本社文庫)
読了日:05月25日 著者:平山 瑞穂
誰も人が死ななかった。OLの仕事の話


モンハンにハマってた期間は読書お休みしてましたが、勲章全部取ったし、各武器に最適なスキルを備えた装備も一通り揃えたので、Gが出るまで封印。で、ダークゾーン、インシテミルは非常に面白かったです。貴志祐介はほんとにハズレが無いし、インシテミルも期待してなかった割に異常にわくわくした。プロトコルは血生臭さは全く無く、誰も人が死なない展開で大丈夫かなと思ったけど、大丈夫か疑うのはわたしの頭の中であると思ったので、結果的にはこういうのんびりした展開の小説も面白かったです。今月は結構本買ったので読みつぶしていきたいと思います。

今月のおもろ順位
1・ダークゾーン
2・インシテミル
3・プロトコル

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病

1・新世界より
2・慟哭
3・悪の教典
4・ダークゾーン(NEW)
5・噂(↑)
| どくしょ | きじURL |
どくしょ08 - 2010年11月のまとめ


読んだ本の数:2冊 / 読んだページ数:1590ページ

数奇にして模型 (講談社文庫)数奇にして模型 (講談社文庫)
読了日:11月01日 著者:森 博嗣
長い割に微妙!

有限と微小のパン (講談社文庫)有限と微小のパン (講談社文庫)
読了日:11月26日 著者:森 博嗣
最後は面白かった!けど長い!


「有限〜」は、最後だけにかなり面白かったです。長かったけど。真賀田四季は実写化するなら確実に栗山千明だろ・・・と思いながら読みました。そして12月からモンハンをやり始めるので、読書月間はこれにて終了です。かなり面白い本に出会えたので、有意義だったな〜と思いました。とりあえず私的ですが上記にあげたものは相当面白いので、読んでみるといいですよ。

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病

1・新世界より
2・慟哭
3・悪の教典
4・葉桜の季節に君を想うということ
5・噂

私的私的S&Mシリーズ5選
1・幻惑の死と使途
2・封印再度
3・笑わない数学者
4・すべてがFになる
5・有限と微小のパン
| どくしょ | きじURL |
どくしょ07 - 2010年10月のまとめ


読んだ本の数:3冊 / 読んだページ数:1260ページ

黒い家 (角川ホラー文庫)
黒い家 (角川ホラー文庫)
読了日:10月06日 著者:貴志 祐介
貴志祐介史上最高に怖い!

殺戮にいたる病 (講談社文庫)殺戮にいたる病 (講談社文庫)
読了日:10月10日 著者:我孫子 武丸
中学生時代に読んでみて挫折した覚えがあったので再挑戦。いきなり殿堂入りくらい面白い

今はもうない (講談社文庫)今はもうない (講談社文庫)
読了日:10月17日 著者:森 博嗣
このシリーズもの読んできた人は、仕掛けが100億%見破れないと思う

「今はもうない」の後に読んでる「数奇にして模型」が異常に長いので3冊になってしまったけど、どれもすごい面白かったです。「殺戮〜」は最後の最後で本当に驚く展開になってしまったので、いきなり殿堂入りするくらいの満足度でした。超エログロなので人は選ぶと思うけど。

今月のおもろ順位
1・殺戮にいたる病
2・黒い家
3・今はもうない

私的私的おもろ小説5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0、殺戮にいたる病(初)

1・新世界より(→)
2・慟哭(→)
3・悪の教典(→)
4・葉桜の季節に君を想うということ(→)
5・噂(→)
| どくしょ | きじURL |
どくしょ06 - 2010年9月のまとめ


読んだ本の数:5冊 / 読んだページ数:2255ページ

幻惑の死と使途 (講談社文庫)幻惑の死と使途 (講談社文庫)
読了日:09月07日 著者:森 博嗣
題材も同じとあって「プレステージ」思い出した。超面白い

夏のレプリカ (講談社文庫)夏のレプリカ (講談社文庫)
読了日:09月15日 著者:森 博嗣
幻惑と同時期に起こった出来事だったけどつまんねかったな〜。杜萌と萌絵のキャラかぶりすぎ。

悪の教典 上悪の教典 上
読了日:09月21日 著者:貴志 祐介
ゆっくりジワジワと「こいつやべえな・・・」って思わせて

悪の教典 下悪の教典 下
読了日:09月25日 著者:貴志 祐介
こっちで超展開。グイグイ引き込まれてすげーこわ面白かった。完全に映画化してほしい。

ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)ぼくのミステリな日常 (創元推理文庫)
読了日:09月28日 著者:若竹 七海
短編×12、最後に全部つながる系で、評判すごいよかったけど貴志祐介終わりには物足りず。

悪の教典がやっぱり面白かったので、貴志祐介の代表作黒い家を再購入(昔読んだけど忘れた)。貴志作品は「狐火の家(評判悪い)」以外全部読んでるけど、やっぱ文庫でそろえておきたいなと思いました。あとS&Mシリーズ全10作が後半折り返してきた。夏のレプリカはそうでもなかったけどやっぱ面白い。

今月のおもろ順位
1・悪の教典
2・幻惑の死と使途
3・夏のレプリカ
4・ぼくのミステリな日常

私的私的おもろ小説の殿堂5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0

1・新世界より(→)
2・慟哭(→)
3・悪の教典(初)
4・葉桜の季節に君を想うということ(↓)
5・噂(↓)
| どくしょ | きじURL |
どくしょ05 - 2010年8月のまとめ


読んだ本の数:7冊 / 読んだページ数:2662ページ

ロートレック荘事件 (新潮文庫)ロートレック荘事件 (新潮文庫)
読了日:08月03日 著者:筒井 康隆
元祖叙述トリック。全体的に古いけど面白い。

倒錯の死角 (講談社文庫)倒錯の死角 (講談社文庫)
読了日:08月09日 著者:折原 一
登場人物全員クズ。叙述トリックだけど折原一のは時間軸をずらした叙述トリックなので何か拍子抜けする。ややこしいし。

鏡の中は日曜日 (講談社文庫)鏡の中は日曜日 (講談社文庫)
読了日:08月14日 著者:殊能 将之
これも何だかんだで叙述トリック。構成が緻密で良かった。ただ同時収録が蛇足過ぎ。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)
読了日:08月14日 著者:湊 かなえ
おもろすぎて一日で読みきった。

黒い仏 (講談社文庫)黒い仏 (講談社文庫)
読了日:08月17日 著者:殊能 将之
何回読んでも腹たつラスト。

リカ (幻冬社文庫)リカ (幻冬社文庫)
読了日:08月20日 著者:五十嵐 貴久
震えるほど最高峰のバッドエンド。

春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)春を嫌いになった理由(わけ) (光文社文庫)
読了日:08月27日 著者:誉田 哲也
瑞希パートが一人称なのか三人称なんかハッキリしないのがむかつくし、「かぶりを振る」っていうフレーズ30回ぐらい出て、出る度腹たった。中国人パートは好き。

今月もたくさん読めました。だんだん面白そうなストックが無くなってきたので、「ドンデン返し系」「映像化不可能系」で何かオススメあれば教えてください。割と切実です。

今月のおもろ順位
1・告白
2・リカ
3・鏡の中は日曜日
4・ロートレック荘事件
5・倒錯の死角
6・黒い仏
7・春を嫌いになった理由

私的私的おもろ小説の殿堂5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0

1・新世界より(→)
2・慟哭(→)
3・葉桜の季節に君を想うということ(→)
4・噂(→)
5・タイムリープ(→)
| どくしょ | きじURL |
どくしょ04 - 2010年7月のまとめ


読んだ本の数:6冊 読んだページ数:2908ページ

新世界より (講談社ノベルス キJ-) (講談社ノベルズ)新世界より (講談社ノベルス キJ-) (講談社ノベルズ)
読了日:07月08日 著者:貴志 祐介
かなり長いけど、上巻の中盤からいきなり面白くなってそのまま突き抜ける。

タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))タイム・リープ―あしたはきのう (上) (電撃文庫 (0146))
読了日:07月09日 著者:高畑 京一郎


タイム・リープ―あしたはきのう (下) (電撃文庫 (0147))タイム・リープ―あしたはきのう (下) (電撃文庫 (0147))
読了日:07月12日 著者:高畑 京一郎
ラノベなのでセリフ回しがきもかったけど緻密な構成とタイムトラベルがよい

被告A (ハヤカワ文庫JA)被告A (ハヤカワ文庫JA)
読了日:07月15日 著者:折原 一
いまいちようわからんかった。

詩的私的ジャック (講談社文庫)詩的私的ジャック (講談社文庫)
読了日:07月21日 著者:森 博嗣
重要アイテムらしき「コンクリート試験体」が全然何かイメージできなかった。

封印再度 (講談社文庫)封印再度 (講談社文庫)
読了日:07月29日 著者:森 博嗣
序盤からかなり面白かった。S&Mシリーズでは「F」の次に好き。


タイムリープは、バック・トゥ・ザ・フューチャーとかバタフライ・エフェクトが好きだったらかなり楽しめるな〜と思いました。とりあえず新世界よりは分厚くて取っ掛かりが大変だと思うけど読んで損は全くないと思います。

今月のおもろ順位
1・新世界より
2・タイム・リープ
3・封印再度
4・詩的私的ジャック
5・被告A

私的私的おもろ小説の殿堂5選
殿堂入り・七回死んだ男、永遠の0

1・新世界より(初)
2・慟哭(↑)
3・葉桜の季節に君を想うということ(↑)
4・噂(↑)
5・タイムリープ(初)
| どくしょ | きじURL |
  1/2P  >>