Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOVIE TAGS
LINKS
PROFILE
OTHER

にっきにっき

もはやにっきにきです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | きじURL |
えいが453 - ブラインドマン 〜その調律は暗殺の調べ〜

ブラインドマン 〜その調律は暗殺の調べ〜

★★★☆☆

殺人事件が立て続けに起こって、その容疑者としてあがったのが、盲目のピアノ調律師・・・で、ヤンヤンする話。「盲目の暗殺者って中二心くすぐる」、「邦題のサブタイトルめちゃめちゃカッコイイ」っていう要素で見てみたんですけど、そこまで面白くは無かったな・・・いくら強くても目が見えないのであれば暗殺を代行させるのはちょっとリスクが大きい気がする。あと1人目2人めの暗殺はスマートだったのに、3人目の暗殺が「路上でボコボコにする」ていうのはちょっと雑すぎない?いくらパリの夜でも目撃者いまくるだろ!と思いました。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが446 - ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ

★★★☆☆

CIAの女捜査官が8年ぐらいかけてビン・ラディンを追い続けたドキュメンタリー風のやつ。どうしても見たい!というわけではなく、「つぶしておくか」程度で見ました。結果的にはめっちゃ地味〜〜〜〜な感じで淡々と進んでいって、最後のビンラディンのアジトに乗り込むところもリアリティはあれど爆裂アクションというわけではないので、終始ねむてーなと思いました。地味なのに2時間半あるので割とつらい。


ビンラディンぶっ殺して写真とったところ

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが441 - 処刑人

処刑人

★★★☆☆

敬虔なカトリック教徒の兄弟がうっかりマフィアを殺したんだけど正当防衛で無罪放免、その拘留中に「悪人なら殺してもおk」という神の啓示を受けて以来、処刑人になって悪人を殺しまくる話。ウォーキング・デッドのボウガン使いダリルを演じたノーマン・リーダスが出ていたので見た。引き金を引く前に祈りの言葉を唱えたり、死体の目にコインを置いて手を組ませたりする見せ方が宗教臭さゼロのスタイリッシュな感じで凄まじくカッコ良かったけど、何か割と粗は目立つな・・・と思いました。いきなり銃を調達してマフィアとドンパチやりあえるのは展開速い!FBIのウィレム・デフォーは何で終盤いきなり女装したんだろう・・・。




裁判所で処刑するシーンがかっこ良さの頂点

#バイオレンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが439 - ライジング・ドラゴン

ライジング・ドラゴン

★★★☆☆

トレジャーハンターのジャッキー・チェンがお宝を集めるためにヤンヤンする話。ジャッキー最後のアクションということでしたが、最近CGとかを多用したものすごアクションを見まくってるため、アクションでジャッキーすごすぎな感じなのに「普通〜!」という印象しかありませんでした。目が肥えてしまっていたのも考えものかもしれませんね・・・。あとギャグシーンもけっこう頻繁に差し込まれてたのに爆発に巻き込まれて顔が真っ黒になって粉を吹いたり、ハチに刺されて顔がボコボコになったりと全く進化してなかったのがびっくりしました。これも味なのか。全体的にちょっと間延びしてるので、もっとキュッとまとめてテンポよくアクションに入っていけばよかったかな〜。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが435 - フライト

フライト

★★★☆☆

飛行機のパイロットが機械トラブルで墜落寸前のところを超絶技巧で被害を最小限に抑えたんだけど、その瞬間アルコールが検出されて「英雄なのか犯罪者なのかどっち!」ってなってヤンヤンする話。派手なアクションは最初の墜落シーンのみで、それ以降はずっとアル中のおっさんのダメさ加減をひたすら描いていく意表を突いた感じのやつ。ひたすら酒を飲んでアルコールをコカインでかき消そうとしたり、航空会社ぐるみで酒飲んでいたことを隠そうとしたり、色々するんだけど最終的にアル中なりに自分と向きあおうとうまいこと着地(飛行機の映画だけに)したのがよかったです。でも全編アル中で酒に溺れてばっかりなのであんまり好きではないかな・・・。コーラの方がうまいぞ(個人の感想です)。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが420 - カンパニーマン

カンパニーマン

★★★☆☆

平凡な会社員が刺激を求めて産業スパイになって身分を偽ってギリギリの生活をしていくうちに自分がいったい何者なのかよく分からなくなってヤンヤンする話。誰が味方で誰が敵なのか、偽る前の本物の自分すらも本当は偽ってる存在なんじゃないのか的な全方位疑心暗鬼な展開が緊張感がグッドでした。監督と仲良くて絶対出演するデヴィット・ヒューレットさんが今回も出てて、「また出てる!」と思いました。

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが410 - ATM

ATM

★★★☆☆

ひとけの無い駐車場の真ん中にあるATM小屋でお金をおろそうとしたら、入り口付近に変な奴が仁王立ちしてて、やばくね?ってなってどんどん追い詰められていってヤンヤンする話。犯人は綿密に計画をしていたけど、閉じ込められた奴の行動にかなり左右されるからちょっと雑だな〜とは思いました。見た人の感想を見ると「結局犯人が誰なのかも目的も分からないからクソ!」って書いてるやつめちゃくちゃいるけど、これはこれで分からないまま終わるから面白いんじゃないかな〜〜。素性も、目的も、何も無いからこそジワジワ追い詰められていく怖さがいいと思うんだけど。ちなみに脚本は「リミット」の人で、こういうシチュエーションスリラー好きね。

【関連】
リミット

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが409 - リミット

リミット

★★★☆☆

気がついたら棺の中に入ってた状態で埋められてヤンヤンする話。究極の密室劇ではあるが、動きがないぶん画変わりは無くてちょっと眠たくなりました。しかししかし、我慢して見ていると最後1分の展開で「えーっ」と声が出てしまう俺の好きな感じの終わり方でした。犯人の目的は身代金目当てだけど、それ目的でこんな棺に入れて埋めたりするかな〜とはちょっと思いますがね。同じようなシチュエーションサスペンスで前みた「ブレーキ」の方が面白かったかな。

【関連】
ブレーキ



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが406 - リンカーン / 秘密の書

リンカーン / 秘密の書

★★★☆☆

アメリカ大統領のリンカーン、実はヴァンパイアハンターだった〜!イェーイ!!みたいな感じでヤンヤンする話。なんでこんな話思いついたんだろうっていうトンデモ設定だけど、完全に大真面目なやつ。斧を使った格闘シーンがけっこうカッコ良かったです。南北戦争が実はアメリカ軍対ヴァンパイア軍団っていう設定も突飛で良かったけど、終始「これリンカーンじゃなくてもよくね?」という思いが頭をよぎり続けていました。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが402 - フランケンウィニー

フランケンウィニー

★★★☆☆

可愛がってた犬が死んだけど、どうしても生き返らせたかったから何とかしたら生き返ってヤンヤンする話。設定・キャラクターはどこか不気味だけど憎めないティム・バートン感がギンギンにみなぎって良かったんですが、話自体は普通だった。と思って調べたら短編映画として1984年にあったみたいで、それを長編に引き伸ばしたから冗長な感じしたのかな〜。短編を長編リメイクで冗長パターンは、「ナイン」に通ずるものがあるな・・・。あと、同じクレイアニメなら「コープスブライド」の方が最高だった記憶がありますね。

【関連】
9(ナイン) 〜9番目の奇妙な人形〜
コープスブライド



#コメディ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
<<  2/12P  >>