Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOVIE TAGS
LINKS
PROFILE
OTHER

にっきにっき

もはやにっきにきです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | きじURL |
えいが511 - ゴジラ

ゴジラ

★★★★☆

ゴジラが出てくる話。ローランド・エメリッヒ版ゴジラがもう無かったことになるぐらい日本のゴジラを忠実にハリウッドで再現しておった。最初の雄叫びで「ウワーーーッ!ゴジラだーーー!」ってなったし、尻尾から尾ひれに順に光っていって、そこから光線ドーン!て吐くところも「ウワーーーッ!光線だーーー!」ってなりました。ですが、ちょっと登場人物の心象などを描きまくるあまり、ゴジラが出てきたり暴れたりするシーンがなかなか出てこず、終盤の方にめちゃくちゃ温存されたので、そこはもっと惜しみなく出していけよ!パシフィック・リムみたいにさあ!初めからドンチャン騒ぎ見せてくれよ!と思いました。続編が決まったらしいので、その辺は改善して欲しいな〜。



#パニック #アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが504 - テーターシティ 爆・殺・都・市

テーターシティ 爆・殺・都・市

★★☆☆☆

近未来。監視社会に現れたミュータント人間に立ち向かう、漆黒のバイカー集団がヤンヤンする話。北斗の拳リスペクトのゴアゴア映画「アダム・チャップリン」のレーベル二作目。「特殊な電波で凶悪犯罪者予備軍の狂気を自殺衝動に変化させて自殺させまくり、その肉をバーガーにして市民に食べさせることで平和を保つ街」っていう設定がマジでぶっ飛びまくってて、そこから何の説明もなくその電波が効かないミュータント人間が出てきて、ひたすら人体破壊描写がこれでもかと続いていく感じのやつ。説明不足でめちゃくちゃ分かりにくいわ「このシーン長くね?いらなくね?このシーンは何?」っていうのが多いわ演出は雑で安っぽいわで正直言ってめちゃくちゃ退屈なんだけど、「俺たちは面白い映画を作ってみんなを楽しませるんだぜ!」っていう意気込みは痛いほどに伝わって参りました。どうせなら三作目の「ホテル・インフェルノ」も見たい。POVだし。


爆殺だ〜!!

【関連】
アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者


#アクション #スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが500 - 300 帝国の進撃

300 帝国の進撃

★★★★☆

前作の主役レオニダスが遠征に出かけたほぼ同時間帯、海の方でもテミストクレスを筆頭に激しい戦いが行われておった・・・という話。激しいアクションはバリバリ健在でカメラがグルングルン回りながら馬とともに敵を斬りつけながら船から船へ飛び回るシーンはとってもかっこよかったけど、前作ほどのインパクトはやっぱり無かったかな〜。突然始まる前戯無しのセックスシーンはめちゃくちゃ面白かった(戦いの時と同じようなカメラワークでやる)。





【関連】
300(7年前とか)

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが492 - アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者

アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者

★★☆☆☆

最愛の妻をその街のボスに焼き殺されてしまったアダム・チャップリンが、悪魔の力を借りて(経緯と説明無し)、めちゃくちゃに復讐しまくる話。北斗の拳が最強に好きなイタリア人監督(主演も兼ねてる)が作ったみたいで、とにかくスプラッター描写が今どき珍しいぐらいぐっちゃぐちゃのめちゃめちゃ最高に激アツ!なんだけど、ストーリーが全くなくて5分で終わる話を無理やり80分に引き伸ばしてるからあんまり期待しないほうがいいと思う。youtubeに上がっている予告編で充分。



一撃で顔を粉砕!



ケツから棒を刺して串刺し!



壁全体にドーン!



鉄拳制裁!!


北斗の拳やジョジョも真っ青の百烈拳がみどころです。


#アクション #スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが489 - ゴースト・エージェント R.I.P.D

ゴースト・エージェント R.I.P.D

★★★★☆

事件現場に乗り込んだらうっかり死んでしまったんだけど、「人間界に潜んでいる悪霊を本来いるべき場所に成仏してあげる天国警察」に配属になった刑事が、地上の悪霊を退治しながらヤンヤンする話。早い話が「幽霊版メン・イン・ブラック」で、テンポもいいし軽いコメディ要素も入っててガンアクションもいいカメラワークだったし、ディスイズエンタメ映画や〜みたいな感じで割と楽しめたんだけど(ケビン・ベーコンも出てたし)、死ぬほど評判悪くて興行収入低すぎでコケまくったらしいですね・・・面白かったのに・・・なんでや・・・。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが486 - エリジウム

エリジウム

★★★☆☆

超絶金持ちは地球を脱出してコロニーで悠々自適の生活、貧しい人は地球で貧乏暮らしをしている世の中で、コロニーでしか治せない病気になってしまった人が体を改造して自分の体を治しつつ、もういっそのこと革命起こして全ての人がコロニーの市民になる権利をゲットしてどんな病気でも治療できるようにしようぜ!って頑張る話。監督も同じなので、「第9地区」っぽいなと思ってたんですけど、ほんとに第9地区っぽいなと思いながら、「第9地区の方がおもろいな…」と思ってしまいました。話が普通の展開だったからかな。CGとかコロニーの世界観とかもそこまで真新しい感じでも無かったし・・・。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが484 - アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2

★★★☆☆

スパイダーマンの次の相手は電気人間エレクトロとグリーンゴブリンで、ヤンヤンする話。やっつける話ではあるんだけどそこ以外の親父さんの秘密や、恋人グウェンとのいざこざが結構時間取っててやきもきしましたね・・・。両親の方はいいとして、グウェンの恋は「私たち付き合うべき?別れるべき?やっぱり友達に戻りましょう、やっぱ本格的にお別れね・・・いや、愛してる!!!!」みたいに二転三転しまくって、なんなんだよ!!ってなりました。前作はそうでも無かったのに、ウザさが倍増してたのが少し残念かな〜。エレクトロは元々誰にも相手にされない電気工だったので、スーパーパワーを手に入れて「みんなが俺に注目してる〜!ウオーウオー!」みたいな感じで死ぬほど承認欲求強いのが可愛げがあって新鮮でした。で、肝心のアクションについては、まあすごいのはすごいんだけど、他の映画でもめちゃくちゃすごいアクションは見まくったせいで目が肥えてしまったのか、「すっげえアクション〜!最高〜!」とはならず、予告編とかを全部見ないようにして望んだ割にはそこまででした〜。



【関連】
アメイジング・スパイダーマン

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが482 - ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン

★★★★☆

テログループにムチャクチャ簡単にホワイトハウスが乗っ取られて、偶然娘と一緒にホワイトハウスの見学ツアー中だった大統領警護官候補が娘とはぐれながらも大統領を守りながらメチャクチャのグチャグチャになる寸前で勝つ話。話が進むにつれてこれどうやって収拾つけんの?っていうぐらいとんでもない窮地に追い込まれて、「これ絶対無理だろ」って思ったんですけど、何とも上手い感じでキレイに片付けたなーと少し関心しました。途中で飛行中のエアフォースワンが思いっきり撃墜されて要人が死にまくった割にその後何も描かれてなかったけど。で、何も考えずに見れるアクション映画とはいえ、話のスケールやCGもレベルアップしまくってるのであまりバカにはできないなと思いました。大統領警護官になる動機もけっこう自然な流れで、うまく終盤につながってるのも良かったね。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが469 - キック・アス ジャスティスフォーエバー

キック・アス ジャスティスフォーエバー

★★★★☆

平凡ヒーローキック・アスの影響でマスクをかぶった民間人ヒーローが増え始めた中で、前回の敵レッドミストが超悪人マザーファッカーに生まれ変わってキック・アスに復讐しようとしながら、ヒット・ガールがもう普通の女の子に戻るのか戻らないのかほんとの自分って何なのか葛藤してヤンヤンする話。めちゃおもではあったんだけど、ヒット・ガールが序盤から中盤にかけてスクールカーストの頂点の女の子にいじめられたりする描写がけっこうつらいし、終盤お察しの通りヒット・ガール覚醒ッ!!ってなるけどけっこう苦戦してたのでなかなかフラストレーションのたまるストーリーではあったな・・・。充分見せ場はあったけど、もっともっと痛快にバリバリ人を殺しまくって欲しかった。あといい人が死にまくるのも悲しくなりました。警察は相変わらず無能!ゲリゲロ棒(リンク先閲覧注意)がやっぱり一番スカッとして最高。あと最初に「平凡ヒーロー」って書いたけど最早キック・アスの肉体は引くぐらいムキムキに仕上がっててえぐかったですね。

【前回】
キック・アス



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが465 - スノーピアサー

スノーピアサー

★★★★☆

温暖化を防ぐために化学薬品をまいたら世界中が永久凍土になってしまって、人類は列車の中で過ごしている2031年。先頭車両の上流階級が後方車両の貧困層を支配してるけど「革命じゃ〜!」って先頭車両を目指してヤンヤンする話。韓国人の監督っちゅうことでけっこうキツめの演出(ヒロイン不在、どんどん死んでいく、先頭車両の実態、あとプロテインブロック)が多かったけど、激アツで面白かったな〜。寿司屋のシーンのほのぼのさ、学校のシーンの異常さなど、車両によってコロコロと空気が変わっていくのも独特で楽しい。韓国・アメリカ・フランスと共同制作ではあるけど、アクション映画では完全に韓国に先をこされた印象があるので日本映画ももっと頑張ってほしいものですね。ただ、ちょっと長いかな・・・もう90〜100分ぐらいにまとめてくれないとしんどくなってしまった。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが455 - G.I.ジョー バック2リベンジ

G.I.ジョー バック2リベンジ

★★☆☆☆

G.I.ジョーが濡れ衣着せられてほぼ全滅したのでブルース・ウィリスを頼ってリベンジする話。見た瞬間から見た記憶が失われていくぐらい、何も残らない映画だったな。雪山のアクションが頑張ったねっていうぐらいで、後半は吹き替えにしてセリフを半分聞き流しながら面白いPOV映画を探していて、気がついたら全部解決していました。ファンにはたまらない内容なんだろうな・・・。序盤、大統領が変装の名人(今回の敵)によってすげ替えられちゃうんだけど、変装前と変装後の会見の映像を見比べて「言い回しの癖が違う!」とか「手の組み方が逆だ!組み方の癖はなおすことは出来ないから偽者確定〜!」って一瞬でバレてたのが面白かったです。詰め甘すぎるだろ。

【前作】
G.I.ジョー


イ・ビョンホンさんは体が仕上がりすぎ

#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが449 - アイアンマン3

アイアンマン3

★★★★☆

体に爆熱をともす強化人間が現れてさあ大変!どうするアイアンマン!みたいな感じでヤンヤンする話。いや〜今回は敵キャラクターも襲いかかる必然性をしっかり作り上げてきたし、アクションもめちゃめちゃ派手だし、ややコミカルな面も強調されててバランスがとてもよかった。ちょっと長い気がしたけど。エアフォースワンから放り出された13人の人を空中で全員拾い上げていくシーンは手に汗握ったし(助けたあとにトラックに轢かれるところも最高だった)、大量のアイアンマンが押し寄せて敵をぶっ倒していく終盤のバトルまじで気持ちがよかったな。

【前作】
アイアンマン2
アイアンマン



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが448 - ゼロ・グラビティ

ゼロ・グラビティ

★★★★★

宇宙で漂流してヤンヤンする話。「レンタルでいいか」と思ってたけどとんでもない評判だったのでIMAXで見ました。なるほどとんでもねえ映像体験をさせてもらいましたね・・・。これ見てもう人間が表現できないものは無いだろうなって思うくらい。最初の長回しで一気に「宇宙にいる〜!なんじゃこりゃ〜!」っていう感覚にさせつつも、「これは映画なんだぞ」っていうのをところどころで見る人に分からせたり(水滴がカメラにつくシーンとか不安にさせる音楽をずっと流したりとか)して、とてもバランスのとれた90分だと思いました。は〜もう一回3Dで見たい。



#アクション #SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが445 - 脳男

脳男

★★★★☆

感情だけが欠落しててあとは何でもでき、言われたことは機械のように完璧にこなす「脳だけのような存在=脳男」が、この世の悪を根絶やしにしようとヤンヤンする話。生田斗真がイケメン過ぎる、これに尽きる映画。完璧な人間の前に普通の人たちが振り回されて徐々に抱えていたものが氷解していく心の描写を丁寧に描きながら、本筋の超悪人との対決も手に汗握り、一挙両得な感じで邦画だけど引きこまれていきましたね。ただ犯人の爆弾魔が最後に病院に仕掛ける罠がめちゃくちゃ用意周到すぎて「どうやってセッティングしたんだ!」と思いました。あとは思いのほか最高。生田斗真イケメン過ぎる。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが439 - ライジング・ドラゴン

ライジング・ドラゴン

★★★☆☆

トレジャーハンターのジャッキー・チェンがお宝を集めるためにヤンヤンする話。ジャッキー最後のアクションということでしたが、最近CGとかを多用したものすごアクションを見まくってるため、アクションでジャッキーすごすぎな感じなのに「普通〜!」という印象しかありませんでした。目が肥えてしまっていたのも考えものかもしれませんね・・・。あとギャグシーンもけっこう頻繁に差し込まれてたのに爆発に巻き込まれて顔が真っ黒になって粉を吹いたり、ハチに刺されて顔がボコボコになったりと全く進化してなかったのがびっくりしました。これも味なのか。全体的にちょっと間延びしてるので、もっとキュッとまとめてテンポよくアクションに入っていけばよかったかな〜。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが437 - マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール

★★★★★

スーパーマン誕生までのお話。久々にミラクルパワー(試写会)で早めに見れました。スーパーマンがスーパーマンになるまでの葛藤・苦悩を丁寧に描きながら、後半は迫り来る敵と対峙する超絶映像をフルパワーでミックスさせて、ただのアクション映画の枠に留まらない人間ドラマがそこにあったんや・・・。クラーク・ケントの人物像を深く見せるための回想を少年時代・青年時代と見せていくんだけどその構成がほんとに上手く作られていて、ストレス無くスーッと入り込んでもう見ている人全員「がんばれ負けるなクラーク・ケント!」という共通の思いが生まれるぐらい感情移入していけます。そして後半はドラゴンボールみたいなビル貫通・山貫通の超絶スーパースピードバトルが凄まじい勢いで展開されて、もう瞬きする暇も与えません。あんなダサいスーツのスーパーマンをここまで進化させるとは、さすがクリストファー・ノーランとザック・スナイダーや・・・。

【無かったことにされてる前作】
スーパーマン・リターンズ



#ヒューマンドラマ #アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが433 - パシフィック・リム

パシフィック・リム

★★★★★

















最高最高最高〜〜〜〜!!!!!!!!

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが429 - 十三人の刺客

十三人の刺客

★★★★★

権力をフル活用して非道の限りを尽くしていた藩主を暗殺する命令を受けた侍が12人の仲間を連れてドンパチやってヤンヤンする話。江戸の昔言葉ってかなり耳をすませないと聞き取れない上に、DVD自体の音声がめっちゃ小さくて、TVのボリューム最大にしても何言ってるかほとんど聞き取れなかったんだけど、合戦が始まってから面白さが数千倍に膨れ上がって目が覚めました。稲垣の吾郎ちゃんが悪役やってるんだけど、とんでもないハマり役だったし、トラウマを植え付けるレベルでの純粋な「悪」だったのでそれを討ち倒す爽快感は最高。死んだはずの奴がひょっこり出てきたりしたけど、あれは全員死んでるっていう解釈でいいんだろうな〜。


このシーンかっこよすぎてやばい

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが417 - ジャッジ・ドレッド

ジャッジ・ドレッド

★★☆☆☆

ジャッジ・ドレッドが悪を裁いてヤンヤンする話。基本的にはこれが制服だから同じスーツに身を包んでる奴がいっぱいいる中で、主人公であるドレッドに圧倒的なカリスマが無かったな・・・あと悪役にもシビれるほどの魅力は感じないしめちゃくちゃ弱いし、「この世界には特殊能力持った人が生まれてくることがある」っていう設定も相棒にしか無かったし、ストーリーは微妙過ぎたけど、吸うと時間がゆっくり流れてバキバキにキマるという麻薬「スローモー」を吸った時のスーパースロー演出だけが最高にかっこ良かったですね。あとは特に無いな・・・。



#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが406 - リンカーン / 秘密の書

リンカーン / 秘密の書

★★★☆☆

アメリカ大統領のリンカーン、実はヴァンパイアハンターだった〜!イェーイ!!みたいな感じでヤンヤンする話。なんでこんな話思いついたんだろうっていうトンデモ設定だけど、完全に大真面目なやつ。斧を使った格闘シーンがけっこうカッコ良かったです。南北戦争が実はアメリカ軍対ヴァンパイア軍団っていう設定も突飛で良かったけど、終始「これリンカーンじゃなくてもよくね?」という思いが頭をよぎり続けていました。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが388 - 捜査官X

捜査官X

★★★★☆

両替商を襲った凶悪強盗二人を、何故か偶然立ち寄っていた一見温厚そうな紙職人がぶっ殺して、不審に思った金城武が捜査してその職人の本性を暴いていってヤンヤンする話。邦題が全く意味分からんかったけど、序盤、金城武が現場検証していくシーンがめちゃくちゃすごかった!最初のシーンでは偶然倒した風にしか見えなかったのに、金城武とともに振り返るとこんなに計算高く行動しとったんかい・・・的な。過去との決別したいが血族であるがゆえに逃れられない運命と対峙するドニー・イェンがカッコ良かったです。邦題はマジで謎。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが387 - ロックアウト

ロックアウト

★★★☆☆

宇宙刑務所に収容されてた凶悪犯が脱獄して、偶然そこにいた大統領の娘が人質になったので無実の罪を着せられたCIA工作員が助けにいってヤンヤンする話。舞台が宇宙である必要まったくね〜〜〜!でも登場人物が魅力的で良かったな。口が悪くて飄々としてるけど頼り甲斐のある主役、同情の余地のないほどの純粋悪な脱獄犯たち、大統領の娘(「96時間」の娘でもある)。銃撃戦的なアクションは少なく、何故か刑務所外(宇宙空間)の宇宙船の撃ち合いが多め。細かいところ挙げたらキリがないけど、宇宙から地球に落ちていくシーン、そんなあっさりでいいのかよ!っていうぐらいあっさり無事着地してました。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが386 - ザ・グレイ

ザ・グレイ

★★★★☆

野生のオオカミを狩ってるスナイパーのおじさんが乗った飛行機が墜落して極寒の雪山に取り残されてヤンヤンする話。本編の95%が全部雪まみれで、獰猛なオオカミの縄張りで閉ざされた雪山からどう生き抜くかというサバイバルな感じで、生き残った7人がいがみ合いながらも絆を深めつつ、深まったところで死んでいく救いの無い仕上がり。リーアム・ニーソンのキャラ造形(もう人生の全てに意味が無いと思っていながら、危機敵状況に陥って生きようとする)が良かったな〜だけど最後が打ち切り漫画みたいな終わり方だったな。まあ話全体の流れが暗めということもあり、助かった〜良かったね!ピースピース!みたいなオチは冷める気がするので、こういう終わり方もよく考えたらアリかな。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが376 - ダイ・ハード ラスト・デイ

ダイ・ハード ラスト・デイ

★★★★☆

マクレーン刑事がめちゃくちゃ頑張る話。もうめちゃくちゃよ。全てがめちゃくちゃ。爆発に次ぐ爆発でコーラが進む進む。ビル爆破・ヘリ爆破・車大破の画を先に考えてから話を考えてるんじゃないかな?っていうぐらいの感じ。でもこのアクションの派手さがダイ・ハードの魅力や!そうなんや!今回も決めゼリフの「Yippee-kai-ay, motherfucker.」出たけど、気分が高まるテーマソングがあれば良かったな〜と思いました。インディ・ジョーンズとかミッション・インポッシブルとかバック・トゥ・ザ・フューチャーとか、お決まりのテーマソング出たらテンション上がると思うんですが、5作もやっててテーマソングが無いのはもったいないですね。しかし「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」の時点で「アクションの最高峰きたな」って思ったけど、それを上回るぐらいのド派手なアクションで、天井どこまで行くねんっと思いました。ただアクションが派手になればなるほどストーリーが面白くなるのかと言ったら、それはまた別のお話です。

【関連】
ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード3
ダイ・ハード2
ダイ・ハード


タランティーノが好きな車のトランクの構図もあった

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが373 - デンジャラス・ラン

デンジャラス・ラン

★★★☆☆

裏切り行為で指名手配犯になってた元CIA工作員が捕まって収容施設に収監されるけど、武装集団に襲われたので施設の監視官と一緒に逃避行してヤンヤンする話。デンゼル・ワシントンがかっこよかったけど全体的なアクションとかストーリーとかめっちゃ普通だったな。「トビン・フロスト(デンゼル)は人の心を操る天才」って言われてたけどそこまで深層心理を読んで人を動かす描写はあまり無かったし。目的とか物語の真相もよくあるパターンな気がしたな・・・。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが372 - ハンガー・ゲーム

ハンガー・ゲーム

★☆☆☆☆

アメリカ版バトルロワイアルでヤンヤンする話。殺し合いが始まるまでがめっちゃ長いし、始まっても基本的に主役の女の目線でしか物語が展開しないから他のキャラクターがどんな背景を持ってたか全然分からずスイスイ死んでいくし、しかもこういうゲームもので絶対やってはいけない「運営側の必要以上の介入とルール変更しまくり」のせいで破綻しまくって全然おもろくなかったな〜。同じ弓使いの話なら「メリダと恐ろしの森(と、同時上映「月と少年」)」の方が面白い。



#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが368 - 崖っぷちの男

崖っぷちの男

★★★☆☆

ホテルの20階から飛び降り自殺しようとする男を説得したりしてヤンヤンする話。飛び降り自殺未遂で大衆の目を引きつけておいて、その間に何かをするみたいな感じなんだけど何か消化不良なところが残るな〜て感じでした。それで許されるの!?みたいな。あと仲間が若干おちゃらけキャラだったので、ドシリアスにしてもよかったんじゃないかな〜と思いました。アンジーの素晴らしすぎるおっぱいもずっと目がいってしまうので、それもノイズになっちゃうよ!




着替えのシーン最高すぎたけど別にカットしてもよかったよ

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが364 - ザ・レイド

ザ・レイド

★★★★☆

SWAT対ギャングがヤンヤンする話。冒頭に家族に「行ってきます」って言った10分後にギャングの牙城に突入してそのまま最後まで死闘を繰り広げる、インドネシア発の格闘アクション映画。銃撃、インドネシア格闘技シラット、2対1の超絶死闘などなど見どころたっぷり手に汗握る迫力でジャンジャンバリバリ戦ってくれるのが気持ちいい。ストーリーにドラマはほぼ無く、何も考えずに見れるところも最高。ただそれ故に登場人物にあまり深みは無かったので感情移入しづらいところはあったかな。それでも低予算感を感じさせないアクションシーンは一見の価値ありじゃよ。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが362 - 96時間リベンジ

96時間 リベンジ

★★★★☆

前作でぶっ殺された人の父親が復讐に燃えて家族もろとも拉致しようとするけど最強お父さんの前に手も足も出ない話。今回も充分面白かった!が、前作が最強完璧過ぎたが故に、それを凌駕することは不可能だった・・・。面白かったけどね。怒りが足りない。ブライアンにはもっと怒ってもらって、そのカタルシスを爆発させていただければなと思いました。自分が拉致された場所を遠くで爆発させた手榴弾の音の伝わる速度で特定したり、拉致中の移動時間・曲がった回数・聞こえた物音でだいたいの場所の目星をつけたりするなど、今回も特殊能力は研ぎ澄まされててかっこよかったです。

【完璧すぎた前作】
96時間



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが356 - アタック・ザ・ブロック

アタック・ザ・ブロック

★★★★★

ロンドンの悪ガキVSエイリアンの大群@団地一棟、な話。テンポよく進んでいく構成、スタイリッシュな映像、かっちょいい音楽、「団地一棟」っていう狭い世界で繰り広げられる激闘、イキリの悪ガキが立ち向かう、などなど映画としてスーパーグッドな良い要素がてんこ盛りな感じでした。エイリアンの造形もよいッッ。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが354 - 007 スカイフォール

スカイフォール

★★★★☆

ジェームズ・ボンドがヤンヤンする話。007は今まで全然興味なくてこれが初007だったんですが、割と面白かったです。最初のアクションシーン以降、かなりウトウトしてしまいましたが・・・。ハビエル・バルデムがなかなかキワキワで異様な悪役を演じていましたね。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが342 - ブレーキ

ブレーキ

★★★★☆

目が覚めたら狭くて暗い箱に閉じ込められてて、ヤンヤンする話。「お前だけが知ってる場所教えろ〜!」「やだやだ〜!」で狭い箱でひどいことされるんだけど、すごいのは90分中、80分がずっと外の世界が見えない箱の中で話が進んでいくところ。画変わりせずに閉じ込められたおっさんが80分映る中、外の世界の状況がどんどん動いていく・・・みたいな見せ方がチャレンジ精神に溢れてて良かったです。驚天動地の二段オチも用意されてるので、さくっと見る分には楽しいかもしれません。それにしてもこの主役のおっさん、尋常じゃないぐらい踏んだり蹴ったりで可哀想だったな・・・。


9割こういうシーン

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが318 - ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイト

★★★★☆

同じ女性を好きになってしまったCIAエージェントの二人(相棒同士)が職権乱用しまくってお互いを監視したり邪魔したりしてヤンヤンする話。盗聴・デート中に麻酔銃で眠らせる・ニセの家族を送り込んで下品な話をしまくるなど、ドタバタする感じが楽しくて良かったけど、二人の恋人の女の小ジワが気になった。もっと若くてかわいい女の人をキャスティングすれば良かったのに・・・。あとその女の友達も嫌悪感を感じる顔と設定で、男二人が超絶イケメンなのに釣り合いが取れてない感じがしましたね・・・。女性がかわいかったら最高だったな。



#アクション #コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが317 - スリーデイズ

スリーデイズ

★★★☆☆

無実の罪で終身刑を食らった奥さんを脱獄させようと旦那が綿密に計画を立ててヤンヤンする話。前半の準備がやたら長いんだけど、中盤にかけての逃走計画はドキドキもの。ただな〜冤罪で終身刑っていう前段あるけど、警察もっと捜査すれば真犯人とか分かるだろうよ〜そういう事件ならもっと捜査すれば証拠出てくるだろ〜て思ったし、悪人からお金奪って脱獄させて国外逃亡しちゃうけど、結局犯罪おかしてるからあんまり手放しで良かったね!とは思えなかったですね。警察は最初有能だったけどどんどん煙にまかれて無能になっていくのも愉快。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが295 - アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

★★★★☆

毒を仕込まれてアドレナリンを出し続けないと死ぬ超人が、今度は充電式の心臓を埋め込まれて、電気で自分を刺激しながら心臓を取り返す話。前回同様バカバカしい展開とかっちょいい音楽が爽快。エログロ成分多めなので万人受けはしなさそう。前作を見たのが4年前だったので、登場人物の関係性ほとんど忘れてましたね。ちなみに前作は恋人のセクロスシーンが面白かったんですが、今回も最高に面白くて声出して笑ってしまいました。恋人役のエイミー・スマート、バタフライ・エフェクトでヒロイン役なんだな〜仕事選ばない感がグッド。

【前作】
アドレナリン



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが289 - 96時間

96時間

★★★★★

娘がパリで誘拐されて、スーパーお父さんが力づくで助けに行く話。ただただシンプルな話なのに異常なぐらい面白かったです。何これ。テンポがむちゃくちゃ良いし(敵を瞬殺して気持ちいい)、諜報部員の特殊能力で母国アメリカからパリの闇の組織へどんどん追い詰めていく流れ、機転のきき方、完璧な流れ!家族設定も、仕事で命をかけすぎて愛想つかされて離婚、だけどたまに会える娘だけが生き甲斐・・・みたいなところを最初に見せておいてお父さんに共感させておいて、誘拐されてからの無双。最高でしたわ。人大量に殺しまくって道路交通も乱してムチャクチャしたのに何のおとがめも無く母国に戻ってくるご都合主義なストーリーも許せる(愛せる)。続編が出るのも納得。ちなみに、娘とパリに行く約束をしてる友達のアマンダが、映画史上類を見ないほどのスーパーアホのヤリマン女なので、そこにも注目していただきたい所存です。

【あわせて見ときたい】
バンテージ・ポイント



#アクション
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが286 - ストレンヂア -無皇刃譚-

ストレンヂア -無皇刃譚-

★★★★☆

ひょんなことから名無しの浪人が追われている子どもと犬を守って頑張る話。非常に、非常に良かったです。過去の経験から絶対に刀を抜かずに名前も捨てた浪人、皇帝に仕えながらもただただ強さを求める異国の武士、あと何故か追われてる生意気な子どもっていうキャラクター設定がよい、ストーリーもよい。最後の殺陣のシーンも、意地と守るべきものがぶつかり合う凄まじさが良かった〜どっちが勝つかなんて分かりきってることだけど、良かった〜。あと声優がTOKIOの長瀬なんだけど、意外としっくりきてて良かった。自分の命を守るために子どもを差し出して言い訳しまくる和尚の袈裟だけを斬り落として、「犬畜生にも劣る奴には、坊主の袈裟は似合わねえ」って吐き捨てるとこ最高でした。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが285 - アイアンマン2

アイアンマン2

★★★★☆

超強いムチ使いの敵が現れてさあ大変!な、話。今回はアイアンマンがどんどんかっこよくなるし、改良型「ウォーマシン」が味方として協力してくれたり、無人の人型兵器がたくさん出てきたり(ハッキングされて敵になる)、何よりミッキー・ロークのウィップラッシュがかっこよくて男にウケそうだな、と思いました。ただウィップラッシュあっけなさすぎて拍子抜けしてしまいました。あと、アイアンマンって空飛ぶ時両手のひらと両足のブースターで飛ぶんですが、その時手を下に伸ばして、手のひらを外側にピョっと出す様子がヒヨコみたいにでなんかかわいいなって思いますよね。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが284 - アイアンマン

アイアンマン

★★★★☆

超巨大軍需企業の社長が自分の兵器でテロリストに殺されかけて、「じゃあ自分がパワードスーツに見を包んでに世の中の兵器を全て根絶する〜!」ってヤンヤンする話。ストーリーは普通だけどアイアンマンのつるつるのフォルムがかっこよかったです。これぐらいしか言うこと無い。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが279 - ダークナイト ライジング

ダークナイトライジング

★★★★☆

ゴッサム・シティ全てを滅ぼそうとするベインが出てきたので、8年間引きこもりまくってたブルース・ウェインが再び立ち上がってヤンヤンする話。最高の最高に面白かった〜3時間近くあるけど一切退屈なところがない!前作のジョーカーを超えるほどの最凶の悪役ではなかったが(超えるのは不可能)、それでも魅力的なキャラクター達が織りなす最高のトリロジー完結編となりました。ただ、ビギンズ見てないのでちょっと「影の同盟ってなに!」ってなるところはあったので、見るならばビギンズとダークナイトはおさらいした方がいいと思います。3部作揃ったコンプリートBOX出ないかな




【関連】
ダークナイト
(↑何も書いてないのと同じ感想)

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが271 - アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン

★★★★★

スパイダーマンのリメイク第一弾。それまでのシリーズの1が2002年だったので、10年経ってることになりますね。いや〜ストーリー、映像、人間くささ、周囲に認められてスーパーヒーローとしての自覚していくさま、すべてが面白かった!グレードアップしまくって、アクション映画の楽しさが年々レベルアップしていってる気がする。前作のはもう見れないぐらいすごい迫力だった。あとMJ(前作のヒロイン 兼 淫獣)は影も形も出てこなくてよかった。でもこの年になってくると、主役が多感な高校生ということで叔父に反発したり、私怨で強盗を捕まえようとしたりするところにあまり共感は得られず「もっと大人になれよ!伯父さんの言うこと聞けや!」って思いましたね・・・。よっ!等身大のヒーロー!次回も楽しみ。



【関連】
スパイダーマン3
(1も2も見たのに書いてないな)

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが264 - メン・イン・ブラック3

メン・イン・ブラック3

★★★★★

Kに恨みを持つ悪い奴が自分を捕まえる直前にタイムワープしてKを殺してしまい「Kが生きてる現在」の歴史が書き換わって「Kが死んだ現在」になってしまったので、Jが過去に戻って悪いやつをやっつける話。MIBは割と好きなのに、さらにタイムスリップもの!?40年前のKと組むだって!?展開面白すぎるでしょ。実際面白かった。悪がわかりやすいぐらい悪だし、それを食い止めようと必死に頑張る姿も楽しい。アポロ発射前にさりげなくこんなことが繰り広げられていたなんて・・・みたいな。あとKとJの関係もちょっと分かるところも最高。そう言えば言葉をしゃべるパグ出て来なかったな。


恒例のやつ

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが263 - ダイ・ハード3

ダイ・ハード3

★★★★☆

NYがテロリストに占拠されて、たまたまそこにいた刑事が立ち向かう話。開始1分で物語がいきなり動き出す展開は最高。あとゲームにかけてマクレーン刑事をもてあそんだり、即席でできた黒人の相棒とぶつかり合いながらも解決に導いていくところが前作までとの違いで楽しい。でもゼウス(黒人)が事件に巻き込まれていく理由があまりなくて唐突な感じがするのが微妙だったな。気まぐれでなく、もう少し理由が欲しい!そしてここから「ダイ・ハード4.0」につながると。

【関連】
ダイ・ハード
ダイ・ハード2

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが262 - ダイ・ハード2

ダイ・ハード2

★★★★☆

空港がテロリストに占拠されて、たまたまそこにいた刑事が立ち向かう話。こちらもアクションが素晴らしかったけども、前作ほどの巧妙な伏線と閉塞感はなかったかな。とは言え前作からつなげてみるとマクレーン刑事大変だな〜がんばれ〜!と応援したくなりますね。

【関連】
ダイ・ハード

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが261 - ダイ・ハード

ダイ・ハード

★★★★★

ビルがテロリストに占拠されて、たまたまそこにいた刑事がたった一人で立ち向かう話。そういえばちゃんと見てなかったので見てみたら、バリバリのアクションはともかく、全てのシーンに無駄が無い巧妙な伏線の張り巡らせが最高でした。「裸足になる理由」とか、「奥さんが旧姓を使ってる」とか、「銃が使えない警官」とか、何気ないシーンがそのあとで「クゥ〜ッッ!!」てなる気持ちいい演出が素晴らしかったです。イピカイエーマザファカー(この決め台詞も最高)。テロリストのリーダーが「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ先生だったことに後で気付いた。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが257 - ホット・ファズ 〜俺たちスーパーポリスメン!〜

ホット・ファズ 〜俺たちスーパーポリスメン!〜

★★★★★

ロンドン警察の超エリートが、「エリート過ぎて俺たちが無能に見える」という上司の勝手な理由でド田舎に左遷され、一見のどかな村に見えるけど実は裏の顔があって、ヤンヤンする話。「ショーン・オブ・ザ・デッド」の二人が出てる(「ショーン〜」より後の作品)のでわくわくしながら見てたんですが、実際バカバカしくて面白かったです。明らかな殺人事件も全部「事故」として片付けるのんきな田舎の警察に愕然としつつ、独自に調査していく中で少しずつ村の真相に近づく過程が楽しい。展開はやや無理があるけどコメディ映画としてみれば問題無いし、村の中心地での銃撃戦も「バカだね〜」的な感じで見れるので、スカッとしたい方はおすすめ。ちなみに「ショーン〜」でこの映画のセルフパロディしてるシーン(リンク先:左がショーン、右がホット・ファズ)があったので、両方見るとかなり楽しいです。邦題のサブタイトルは無くていい!


1シーン。一回戻ってくるとこが最高

【関連】
ショーン・オブ・ザ・デッド

#コメディ #アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが255 - バトルシップ

バトルシップ

★☆☆☆☆

宇宙人が海に来たので船で戦ってヤンヤンする話。アメリカ人のアホが作った映画。「アホのアメリカ人」ではなく、「アメリカ人のアホ」。映画館で見るよりは、DVDで数人で見て、アホのシーンが出てきたら一時停止してつっこみながら見る方がいいと思います。つっこみどころがありすぎて静かにしてなきゃいけない映画館では見るのつらい!

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが251 - アジョシ

アジョシ

★★★★★

元特殊工作員で今質屋で細々と暮らしてる兄ちゃんが、犯罪に巻き込まれた隣の少女を助けに行く話。これは完全に最高。愛を忘れたしがない質屋(でもめちゃくちゃ強い)と、愛に飢えてる悲しい少女の絆が作られつつある中でとある出来事で一旦心が離れそうになったところに間髪入れずに少女が拉致され、そこから全てをなげうって立ち向かっていくとか完全にヤバいですやん・・・。「お前はあの少女の何なんだ?」と悪に聞かれるところで「隣のおじさん(アジョシ)だ」って言うところもヤバいし、敵の麻薬組織の面々が一人を除いて全員クズなのでぶち殺しまくるところはスカッとするし、何より主役のウォン・ビンが死ぬほどイケメンなので見てて惚れ惚れします。泣いた、正直最後感情移入しすぎて泣いたわ。不器用で無口な男と純真無垢な少女の絆・・・今思い出してもジーンとくるわ。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが250 - スーパー!

スーパー!

★★★★☆

ダサい男が奥さんに逃げられ、取り返すためにスーパーヒーローになろうとしてヤンヤンする話。キック・アスみたいな展開だけど、けっこうドロドロしてる。助ける対象の奥さんがもともとドラッグ中毒で、何度も更生したけど結局イカれたドラッグディーラー(ケビン・ベーコン)のもとでドラッグに溺れてる状態なので、あまり助けるモチベーションが上がらないような・・・。最終的にはムチャクチャに殺しまくるんだけど、それでも貫き通す正義の心、愛の力には脱帽ですね。ボルティー役のエレン・ペイジ(インセプションにも出てる)がめちゃくちゃかわいいんだけど最後不憫すぎ!

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが242 - アンノウン

アンノウン

★★★☆☆

出張先のドイツで交通事故にあって、昏睡状態から目覚めたら奥さんに「あんた誰」と言われて、さらに見知らぬ人が自分を名乗っていた・・・みたいな話。インドに旅立つ前に見て、序盤の「見知らぬ旅先で自分を証明するものが何も無いし、頼れるものも無い感」が怖すぎるな〜と思いました。はい。まあそれには理由があって、自分の記憶も全部明らかになった際にさらに話が進むんですが、あんまり納得いかなかったな・・・詳しい展開を言うと興を削いでしまうので言えませんが、「本来の任務遂行しないで何で阻止するん?」と思ってしまいました。

#アクション #サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが239 - 猿の惑星:創世記

猿の惑星:創世記

★★★★★

開発中のアルツハイマー治療薬を猿に試したらめちゃくちゃ頭良くなって、猿軍団を率いてヤンヤンする話。面白かった〜展開は若干無理やりな気もするけど、どうでもよくなるぐらい見せる力があったな〜。霊長類保護施設に入れられたシーザー(一番頭がいい猿)が軍団を率いていく過程も面白いし、シーザー、ボス猿(ムキムキ)、オランウータン、ゴリラの四天王感はヤバい。だんだん「その調子だ!人間どもをぶっつぶせ!」とすら思ってしまいました。初めて言葉を放つシーンも最高に震える。ただな〜〜〜CMとか予告編とかで熱いシーンの8割ぐらい見たからな〜!前情報出しすぎ。そう言えばハリー・ポッターでマルフォイ役やってた人も出てた(けど死んだ)な。


この四天王感

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが229 - ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

★★★★★

核ミサイルの起爆装置と発射コードが悪いやつの手に渡ったから何とか発射させないように阻止してヤンヤンする話。今年を締めくくるにはまさにピッタリという次元で最強にハラハラドキドキ超絶アクションでした。スパイグッズもめちゃくちゃ進化しててすごいかっこいい(クレムリン内部の廊下でシート張ってジワジワ近づいていくやつが特に)だし、どのアクションシーンも半端じゃないぐらい熱くて、手に汗握りすぎて手がびちょびちょになりました。ただひとつ、良くない点は、戸田奈津子の翻訳がところどころダサいということ。お互いの過去を話すかどうかのピリピリしたシーンで「打ち明けっこしようか」は言わないだろ・・・。それ以外はマジで激アツです。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが228 - リアル・スティール

リアル・スティール

★★★★☆

ロボットボクシングを通して父と息子の絆を描いてヤンヤンする話。これがただのボクシングだったら全然面白くなかったんですが、あえてここで「ロボットを戦わせる」という設定を持ってきたことで新鮮に見れました(言わずもがなCGのロボットは合成とは思えない)。ストーリーはもう見え見えで何もかもが分かりきったストーリー展開で「どうせ絆取り戻すんでしょ?」ってなるんですが、わかっているのに・・・何で涙が止まらないんでしょうか・・・これが・・・「老い」・・・!?は〜よかったねえええぇえぇ〜〜。

#ヒューマンドラマ #アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが224 - トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

★★★★☆

月の裏に漂着してたオプティマスの師匠、センチネル・プライムをオプティマス達が回収したのをきっかけに、悪者ロボットがたくさん出てきてさあ大変!で、ヤンヤンする話。こまけえことはいいんだよ!最高だ!オプティマス!バンブルビー!アイアンハイド!サイドスワイプ!ラチェット!ディーノ!かっこ良すぎる!だがミカエラの代わりに出てきた女、てめーはだめだ。ミカエラ役の人が監督とケンカして降板させられたらしいけど、役同じで別人がやればよかったのに(俗に言うBTTFのジェニファー方式)・・・。前作であんなにサムと絆を深めたのに、あっさり過ぎるだろ・・・。まあそれを差し引いてもロボット同士のバトルは超スーパーミラクルド迫力でサイコー。トリロジーブルーレイ出たらどうしよう

【関連】
トランスフォーマー
トランスフォーマー リベンジ

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが221 - パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

★★★☆☆

ジャック・スパロウがヤンヤンする話。昔に見たけど、ふとした瞬間に最近見て、そういえば記録つけてなかったのでメモ。ジャック・スパロウの、主役の割にやる気無く飄々としてる感じがやっぱりいいですね。あとよくよく見たら、序盤で溺れたウィルの首から下げてたメダルをエリザベスがさりげなく盗んでたので、モラルとは何かを考えさせられますね(そうでもないけど)。

【関連】
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(次作)

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが215 - GANTZ PERFECT ANSWER

GANTZ PERFECT ANSWER

★★★★☆

死んだ加藤にそっくりの宇宙人(めちゃくちゃ強い)が現れて、そいつを倒すためにGANTZが「昔100点取ってもとの生活に戻った人」をもう一度呼び寄せて対抗しようとしてヤンヤンする話。もう完全映画オリジナルストーリーだったんだけど、割とうまいことまとめてて悪くなかったと思いました。原作の大ファンは「全然違うじゃねーか!」と言い出しそう。悲しかったのは、せっかく生き返った西くんが復帰第一戦で何の見せ場も無く瞬殺されたこと。

【前作】
GANTZ

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが214 - アンストッパブル

アンストッパブル

★★★★☆

作業員の操作ミスで貨物列車が大暴走。化学薬品積んでるから超スピードで急カーブ曲がると脱線して街壊滅するから止めろー!みたいな話。ザ・娯楽!な映画で楽しかったです。CG無しのド迫力な暴走シーン、ベテランと新米、二人の整備士がぶつかり合いながらも協力して止めようとする姿、「頑張る父ちゃん・・・」という感じで見守る両整備士の家族(どっちもワケアリ)などガーっとまとめて一気に突っ走る展開は最高。映画館で見たかったな〜。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが205 - GANTZ

GANTZ

★★★★☆

謎の黒い球体に呼び出された人たちが謎の敵を倒すお話。あんまり期待していなかったのですが、割と原作の再現率高くて普通に面白かったです。ただ原作でマジ絶望としか言えなかった仏像編は割と駆け足でサクサク進んでしもうた。玄野が千手観音の攻撃食らって、加藤くんが保護した後「計ちゃん(玄野)やっぱかっこいいよ・・・」とか思いをゆっくり話してる間、観音さまは律儀に待ってたのでやっぱ仏の心はあるんだなって思いました。あと多恵ちゃんが吉高由里子なんですが、かなり可愛かったのでもうちょっと地味で冴えない感じの人がやればよかったのにな〜。4月の続編の予告もちょろっと出たけど、何だか原作とは全然違う方向に行きそう。ヒゲの番長とかエスパーとかも出なさそうな予感。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが203 - キック・アス

キック・アス

★★★★★

冴えない男子高校生がヒーローになりきってヤンヤンするお話。何かtwitter上で評判だったので見てみたら超痛快で面白かったです。アメリカのギャングってこんなレベルでムチャクチャやりたい放題なの?っていうレベルで残虐だったけど、そのギャングをバッタバッタとなぎ倒すヒットガールのかっこよさ&かわいさと、凡人がヒーローになりきって奮闘するのが最高にクールでした。続編あるの?出てもいいけどちゃんと面白くしてよね。しかしレッドミストはもうちょっとイケメンでもよかった気がする。

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが187 - G.I.ジョー

G.I.ジョー

★★★☆☆

生物兵器をめぐって敵と味方がヤンヤンするお話。頭からっぽのスッカラカンの状態で見るにはピッタリのアクション映画でした。パリでのカーチェイスシーンが一番かっこよくて面白かったどす。そのシーンが終わったあと一瞬寝落ちしてしまったのでストーリーがよくわからなくなったと思ったのですが、内容スッカラカンだったので特に問題ありませんでした。相変わらず「いまだに剣術武術の国、NIPPON」みたいなアメリカ人の日本に対するイメージが笑いました。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが173 - 七人のマッハ!!!!!!!

七人のマッハ!!!!!!!

★☆☆☆☆

国内一流のアスリート7人が慰問に来た小さな村が武装集団に襲撃されてヤンヤンするお話。トニー・ジャーのいないタイのアクション映画なんて・・・ていう感じでした。あのー武装集団が一気に小さき村を制圧して女子供も容赦なく蜂の巣にするんですけど、圧倒的に暗い!もっと軽い感じでやればいいのに・・・。そんな重苦しい空気の中、新体操やサッカー、セパタクローの技を使って敵を倒すとか、どう考えてもおちゃらけてるようにしか見えない!とりあえずいっこだけ一歩間違ったら死ぬシーンがあったのでそこだけ貼り付けておきますね。2分10秒〜3分00秒。



【関連】
マッハ!!!!!!!
トム・ヤン・クン!

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが164 - シャーロックホームズ

シャーロックホームズ

★★☆☆☆

皆が知ってるシャーロックホームズが事件を解決する話。この映画はおろかシャーロックホームズの予備知識は「ホームズとワトソンのコンビ」っていうくらいしか知らない状態だったけど、思ってたよりかなりドタバタしてた印象がありました(アクション的な意味で)。全体的にはまあ楽しかったからいいけど、中盤のゴチャゴチャした戦闘シーンはちょっと眠くなったな・・・。どのシーンを切り取っても画になるこのスカした感じは何だろう、と思ってあとで調べてみたら監督がガイ・リッチー(スナッチとかロックストックとか)だったのですごい納得しました。試写会だったからいいけど、「どうしても見なければ!」ていうようなものではないかな〜。

#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが153 - ストロングワールド

ONE PIECE FILM STRONG WORLD

★★★☆☆

金獅子のシキと戦うお話。0巻が欲しかったのでついつい・・・。パンフレットも何だか充実してる雰囲気だったので買ってしまた。内容は分かりやすい勧善懲悪でスカッとする感じで、原作追ってなくてもある程度楽しめると思います。ところどころ入るギャグパートは誰も笑ってなかったな。竹中直人(シキ)以外のゲスト声優(北島康介と愛ちゃん)が「出てたの?」レベルで目立ってなかったので安心しました。入場にもたついていたのか、始まって数分経ってもゾロゾロと人の往来が途切れなかったのでそこらへんはちゃんとしてやれよと思いました(※「ゾロゾロ」は擬音であり、ロロノア・ゾロのことではありません)。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが141 - トランスフォーマーリベンジ

トランスフォーマーリベンジ

★★★★☆

涙が出そうになるくらい面白かったです。

【前作】
トランスフォーマー

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが139 - ターミネーター4

ターミネーター4

★★★★☆

機械が支配する近未来で、人間(抵抗軍)対機械(ターミネーター)でヤンヤンしつつ、半人半機械の人物も出てくるわジョン・コナーの唯一の肉親も助けなきゃいけないわでてんやわんやでキリキリマイなお話。6月13日公開ですが毎度のミラクルパワー(試写会)でみてきました。前シリーズと比べると時代も近未来で、異常なくらい重厚な作りになっていて大変面白かったです。大型、ヘビ型、バイク型、飛行型などいろんなターミネーターが出てきてかっこいい。冒頭の「ヘリコプターに乗り込むが打ち落とされて墜落するシーン」が、「これどうやって撮ってるん?」って言うくらいすごいカメラワーク+長回しなので、そこ注目して欲しいですね。カメラワークは全編通して臨場感タップリです。

ただちょっと時間の設定が説明不足なとこがあったので説明しておきます。

T1 カイル・リース(オッサン)未来から1984年へ サラと出会う(カイル×サラでジョンを身ごもる)
T2 サラの子供、ジョン・コナー10歳 1990年代
T4 2018年 抵抗軍のカリスマ ジョンコナー(オッサン)、カイルは少年(まだジョンが自分の息子とは知らず)
T4以降 2018年以降 ジョンが脅威になると判断した機械が、生まれる前にサラごと殺すため1984年にシュワちゃんを送る・オッサンになったカイル、サラを守るために1984年へ(T1)

何かすげーおかしい気がしてきたけど、こんな感じ。ならカイルを先に殺しておけって感じですよね。まあでもすっごい面白かったです。

【前作】
ターミネーター3

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが138 - ウォンテッド
ウォンテッド
ウォンテッド
★★★★☆

何の才能もない平凡なサラリーマンだと思っていたら実は親父が闇の組織で暗躍する暗殺者で、自分も潜在能力を引き出して暗殺組織の仲間入りをしてヤンヤンするお話。よくあるストーリー(成長もの)、弾丸が自分の意思で曲げられるかっこいい銃撃戦(アクション)、真の敵は別にあり(裏切り)など、大変少年漫画っぽい構成になっておりますので、世の少年たちは確実に興奮します。アンジェリーナ・ジョリーがセクシーだし。ビジュアルも非常に凝っているので見てて飽きません。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが133 - ウォッチメン

ウォッチメン

★★★★☆

28日公開ですが、おなじみのミラクルパワー(試写会)で見てきた。歴史上の事件にひっそりと関わってきたヒーロー自警団「ウォッチメン」のメンバーが暗殺され、そこからつながる大きな陰謀を解き明かしていってヤンヤンするお話。むちゃんこ面白かったです。さらに詳しい時代背景やら(ネタバレあり)は同行した原くんのエントリを参照にすればよいと思います(丸投げという美学)(わたしはレビュー能力無し男)。ダークでバイオレンスな世界観と、その中で正義を貫くロールシャッハがものすごくかっこいい。ロールシャッハのかっこよさ、不器用さ、妥協の許さなさはまさに真のヒーローと言ってもよかったですね。アメコミ特有の話の重厚さ、暗さはありましたが、公開以降も根強いファンが日本でも増えそうな感じがしそうなくらい完成しとりました(万人ウケはないかなー)。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが129 - インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国
★★★☆☆

インディ・ジョーンズが冒険するお話。「これぞ映画!」というような大変なエンターテインメント作品で、みんな真剣なんですけど軍隊アリにロシア兵が食われるシーンとか、滝に3回落ちるところとか笑えて笑えて仕方が無いという感じでした。これっくらい何も考えないで見れる映画がいいですよね。ただ今までのインディ・ジョーンズシリーズから考えるとこのオチはちょっとどうかなーと思いますね。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが127 - ジュマンジ
ジュマンジ
ジュマンジ
★★★★☆

すごろくのコマに書かれてることが現実に起こってヤンヤンするお話。今見たらちょっとCGが荒いかもしれないんですが、家の中や街で動物が暴れまわったり、部屋が洪水になったりとありえない事が起こる感覚が当時には新鮮で、中学生のときに見てすごいときめいた記憶があり、今もテレビで放送される度に見ます(そんな頻繁に放送されないけど)。夢があっていいですよ。同じようなやつの宇宙版らしい「ザスーラ」はまだ見てません(大人になったからです)。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが125 - イーグル・アイ

イーグル・アイ

★★☆☆☆

いきなり電話で指示を出されて、従いまくってヤンヤンするお話。18日公開なのですが、ミラクルパワー(試写会)でお先に見てきました。

・開始前に高橋ジョージと三船美佳が舞台上に上がって、映画のワンシーン「高い所から飛び降りる」を再現させられていました。舞台横にリフトがあって、上部足場に上らされてそこから落とされるっていう。多分実際に落ちた人はスタントマンだと思うんですけど。(しょうもない演出)
・ちなみに客席の中に武蔵もいて、ジロジロ見てたんですが、後ろの主婦が「あ、あれK-1のあの人!あの唇の分厚い…佐竹!」って言ってたのが笑った。佐竹。
・主演のシャイア・ラブーフ(覚えにくい名前)も挨拶に来るのかなとひそかに期待していたのですが、監督しか来なくてちょっとガッカリでした。エジプトでトランスフォーマー2の撮影をしてるらしいです。

話としては、何も分からないままに電話の声の指示に従って導かれていくというぐらいしか言えないのでアレなのですが、コンピュータで制御されてる全てのものを操って、どこにいても何をしてても見抜かれるっていう状況…お〜怖っ(ガリガリガリクソン)と思いました。まあでもそこまで面白いかって言われたら「微妙」といわざるを得ません。

続き読むとウルトラスーパーサンダーファイアーネタバレ

#アクション
続きを読む >>
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが124 - ハンコック

ハンコック
★★★★☆

嫌われ者のスーパーヒーローが、みんなに好かれるためにヤンヤンするお話。普通のおっさんなのにクジラを投げ飛ばしたり、空をビュンビュン飛んで車を片手で持ち上げたりする映像がカッコイイ。広告代理店の人がハンコックを更正させてプロモーションするという話の流れがちょっと今風。中盤で悪いイメージが払拭できるのですが、そこからの展開が全然予想してない方に転がっていったのでワクワクドキドキしました(いつまで経ってもこんな程度のレビューしかできません)。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが123 - バンテージ・ポイント
バンテージ・ポイント
バンテージ・ポイント
★★★★★

大統領暗殺の瞬間を、7人の視点から展開していくお話。90分しか無いんですが、ものすごくうまいことまとめてくれてて、ちょっと映画でも見たいけど何にしようかなって迷ってる時はこれ選ぶといいですよ。死ぬほどスリリングなカーチェイス、SP・一般人・私服警官・大統領など、一見関係無さそうな人たちが複雑に絡み合って一気にラストまで持ってく展開、演出が気持ちいいです。テロリストグループの用意周到さが24っぽいな…と思います(24好きなので、そこがステキだねという意味です)。

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが115 - 紀元前1万年
紀元前1万年 特別版
紀元前1万年
★☆☆☆☆

予備知識ゼロで見たのですが、見て後悔せざるを得ない内容だったので脂汗が出ました。仲間がさらわれたから助けに行くお話なんですが、ただそれだけっていう。深みゼロ。序盤のマンモスの大群が行進するシーンはキングコングの恐竜大行進シーンを劣化、最後の大勢での戦いは300の劣化で、今ひとつ燃えません。最後ヒロインが矢に刺されて死んだのですがミラクルパワーで生き返るという謎。ひどい!ばか!もうローランド・エメリッヒの作品は見ない!

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが107 - アドレナリン
アドレナリン
アドレナリン
★★★★☆

報復のために変な薬を飲まされた殺し屋がヤンヤンするお話。アドレナリンを出し続ける事で生きながらえる事ができるので、ギャーギャー騒ぎながらめちゃめちゃに暴れて仕返しするのが痛快でおもしろでした。映像も凝ってるので見てて飽きません。ちょっと変なシーンがあるけどそこ突っ込んだらぜんぜん面白くない人みたいになるので目をつぶってあげてください。恋人とのセクロスのシーンはめちゃくちゃ笑えます。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが105 - ナショナル・トレジャー
ナショナル・トレジャー
ナショナル・トレジャー
★★★☆☆

お宝を見つけるためにアメリカ中をヤンヤンするお話。仕込まれた謎とそれを解き明かしていく過程、ほどよすぎるアクションは見てて飽きません。「あるかどうかもわからないお宝を探しまくって人生棒にふった家系」というバックグラウンドにあるニコラス・ケイジが何としてもお宝ゲットするというモチモチベーションも好きです。まあオチは誰もが予想できるようにお宝見つけてハッピーエンドなんですが、やる事ない週末とかに見るとちょうどいいですね。続編もそろそろ公開されるらしいので、見たい(レンタルされたら)。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが104 - ファンタスティック4 銀河の危機
ファンタスティック・フォー:銀河の危機
ファンタスティック・フォー:銀河の危機
★★★☆☆

シルバーサーファーが地球に来て大変な事に。どうする?どうもしない?戦う?うん!みたいな話ではないのですが、シルバーサーファーの目的を探ったりまた奴が出てきたりするお話。ヒューマントーチがサーファーに触って遺伝子がおかしくなって、他のメンバーに触ると能力が入れ替わるというのが前回見た人にとって面白いところではないでしょうか。まあ何というかけっこう大味でして、「ゴムの人が私服の時に手を伸ばした時に服も伸びたぞ…?」「アメリカからロシアまで数秒で移動…?」「能力が入れ替わるっていう設定と見せかけて最後は4つの能力をトーチが一人占めしたけど、そしたらトーチの能力は他メンバーに行ってしまうのでは…?」「ドクタードゥームの目的が相変わらず読めないし弱い…」と挙げればキリがありませんが、シルバーサーファーの真の目的とか根っこのプロットは嫌いではないです。

【前作】
ファンタスティック・フォー

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが100 - トランスポーター2
トランスポーター2
トランスポーター2
★★★☆☆

↓の続編。今回もやっぱり運び屋の設定はほとんどありませんでした。でも敵を追う手際の良さとか、車の裏についた爆弾を取る方法とか無茶苦茶でよかったです(無茶苦茶をいかに楽しむかが映画だと思うんです)。ホースを使ってザコ敵を粉砕するシーンと、前後から来る車を開脚垂直大ジャンプでよけるシーンは惚れます。ストーリーは「細かいとこは気にしない」というアメリカーナな内容なので、割愛。

【前作】
トランスポーター

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが099 - トランスポーター
トランスポーター
トランスポーター
★★★★☆

危険な運び屋の今回の依頼は、女子(にょこ)を運ぶ事で、ヤンヤンするお話。主役のジェイソン・ステイサムが大変かっこいいです。まあどっちかといえばよくあるアクションです。まあだんだん「運び屋」っていう設定を活かせず「むちゃくちゃ強いおっさん」てなってしまったんですけどね。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが095 - デス・プルーフ in グラインド・ハウス
デス・プルーフ
デス・プルーフ
★☆☆☆☆→(映画としてみると)
★★★★★→(「これはこういうもの」という認識で見ると)

あるスタントマン「耐死仕様(デス・プルーフ)」のほどこされた車で人々をブッ殺しまくる映画…と見せかけて後半はカーチェイスで劣勢になってボッコボコにされる映画です。映画としては本当に最低でストーリーとか何もかも投げ出してムチャクチャに終わるっていうひどいものなんですが、発想の転換をし、「タランティーノがやらかした」と考えてみると、あんなに爆笑できる「THE END」はありません。

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが093 - トランスフォーマー
トランスフォーマー
トランスフォーマー
★★★★☆

謎の金属生命体がワラワラ出てきてマジ大興奮のお話。これは男は絶対に見るべきであります!!わたくしはあんまりガンダムとか好きじゃないんですけど大興奮したという事で、「男、いくつになっても変形ロボット好き説」が判明いたしました。ありがとうございます。続編が決定したそうで、今から楽しみで死にそうです。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが085 - 300
300
300
★★★★★

スパルタ300人対ギリシア100000人の戦い。単純なストーリーなんですけどスーパースローやVFXを盛り込みまくった戦闘シーンに熱き血潮をたぎらせました。普通に鳥肌。ちょいグロなところはあるんですけど、男子は見るべき。ギリシア軍の敵がモンスターレベルなところはマジかよと思いました。ヒジから先がカニのハサミと化したギロチン係のデブとかなんなんだろう。いや全然いいんですけどね。とにかく大興奮。ギリシア王クセルクセス、声低すぎ。

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが081 - ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード4.0
★★★★☆

サイバーテロで全米終了。立ち向かうはアナログ刑事。アクション。あのですね、どれだけお金かけてるんだっていうくらい大掛かりなロケが圧巻すぎ。あと全てにおいて「やりすぎ」で、すごい楽しかったです。こういうアクション映画を純粋に楽しむ事ができない人はすごくかわいそうだと思います。「ヘリコプター対パトカーに乗ったマクレーン刑事」「マイ(女テロリスト)対マクレーン刑事」「戦闘機対巨大トラックに乗ったマクレーン刑事」のシーンが特にムチャクチャで逆に笑えます。もんのすごいアクション。で、さりげなく娘が出てきて父と子の絆、みたいなシーン差し込んだり、「あんたは英雄だ」「こんな仕事代わりがいないからやってるだけだ。女房には逃げられるしいつ死ぬかもわからない、どこが英雄だ。」みたいなシーンで24のジャック・バウアーを彷彿とさせたり。評価イマイチみたいな噂を聞きましたけど、自分はすごい好きです。

【関連】
ダイ・ハード
ダイ・ハード2
ダイ・ハード3

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが074 - ペイチェック 消された記憶
ペイチェック 消された記憶
ペイチェック 消された記憶
★★★☆☆

すごいエンジニアのマイケル。ものすごい報酬と引き換えに仕事の内容は全て消される(秘密保持のため)マイケル。今回やった仕事は2〜3年かかるすごい機械を作る仕事、報酬は超最高。3年記憶消えるのを引き換えにやったんですけど、気がついたら「仕事も報酬も放棄します」という誓約書と、19のガラクタが残ってただけ。何でや…記憶消えてた時になにが…ていうお話。仕事の内容がヤバかったので、警察や依頼主からも追われる展開になるのですが、ただのエンジニアなのにバイクで派手なアクションをしたり、銃を向け合ってたのに結局捨てて格闘を始めるとことか無茶だなっと思いました。でも何に使うか分からない19のガラクタ(クリップや、コイン、クロスワード、数字の羅列)が肝心なとこで役に立つ、という展開はすき。というかこれ結局自分の好きな時空系でした。ネタバレはしませんけど。あと監督のジョン・ウーはハト好きで有名なのですが、ここでも全然関係ないシーンで出てきたので笑いました。あとユマ・サーマンはまじまじと見るとすごい顔。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが073 - スパイダーマン3
スパイダーマン3
スパイダーマン3
★★★☆☆

宇宙から黒い物体が降ってきてスパイダーマンを真っ黒にするお話。あとグリーンゴブリンの息子(ピーターの親友)の復讐、脱獄中に砂のチカラを手に入れたベンおじさん殺しの男、などなど盛り沢山。ピーターが黒くなった時にチカラも強くなって、性格もけっこう傲慢になってしまう場面があるのですが、ビジュアル面ではそれを「前髪をおろす」で表現してるのが面白かったです。ゴブリンや砂男、さらにはベノム(めちゃくちゃ登場遅い)なども出てきてどうまとめるのかなと思ったら何ともわかりやすい少年まんがみたいなまとめ方になってしまいました。わたしは大満足です。純粋に楽しまなきゃいけないんです。黒い物体の正体とか、砂のチカラとかはもうどうでもいいんです。映像は相変わらず素晴らしく、バトルシーンなんかも逆に何が起こってるかよくわからないくらい目まぐるしいです。ちなみにラストバトルの最中で雑誌編集長にカメラを売った女の子は、誰であろうサム・ライミ監督の娘なんですと。シリーズ全編に言えることですが、ヒロインのMJ(キルスティン・ダンスト)は可愛くないのに淫獣なので何とかしてほしいですねほんとに。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが061 - トム・ヤン・クン!
トム・ヤム・クン!
トム・ヤム・クン!
★★★★☆

家族同然に育ててきた象を奪われたから、取り返す。単純明快にしてトニー・ジャーの身体能力のすごさが十二分にわかる映画。展開とかは無茶があるのですが、格闘シーンは本当にかっこいいです。強すぎ。3分間長回しでアジトに乗り込んでいくシーンは圧巻。あと最後のバトルは「 関節のキメ方百選 」と題したいくらいに腕を折りまくります。個人的にホラーは全く大丈夫なんですが、人間の関節がどうにかなる瞬間はネットで動画が落ちてても見ないくらい苦手なのでウワワーとなりました。ちなみにアメリカ版では70人折り、日本版では少しカットして40人折りになってるらしいです。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが058 - キングコング
キング・コング
キング・コング
★★★★☆

わかりやすすぎる映画。これこそ「 娯楽作品 」と言えるモノであります。ヒット映画を作るためにとある島でロケをしたら、出てきた、みたいな。近年リメイクブームが巻き起こっていますがこれはその中でも良作と言えます。とにかく金使いすぎ。監督の気合の入れようが尋常じゃないです。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが055 - スーパーマン リターンズ
スーパーマン・リターンズ
スーパーマン・リターンズ
★★☆☆☆

久々に地球に帰ってきたスーパーマン、しかし世界は彼を必要としていなかった。そこに復活する宿敵レックス・ルーサーが悪い事するので地球を守ってヤンヤンするお話。前作は活断層の中に入って地割れを直したり地球をグルグル回って自転を逆回転させて時間を戻したり無茶苦茶すぎたんですけど、今回も今回で無茶は無茶なんですが、「ちゃんとした無茶苦茶」っていう感じです。ネタバレとしてはレックスルーサーが悪い事して作った新大陸を、大陸ごと宇宙にかついで持っていくっていう感じの無茶です。分かりやすすぎるストーリーと前作の100倍進化した映像で、アメリカ人が大好きなエンターテイメントに仕上がっています。日本人の目で見るとあのスーツがださすぎてみんな敬遠してるっていうのがあるのではないでしょうか。劇場も小さかったです。あと前作の5年後っていう設定なのにカメラ付携帯電話があったのは何でなんだろう。

#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが053 - ミッション・インポッシブル3
M:i-3
M:i-3
★★★★☆

現場を離れて教官として過ごし、婚約者と幸せいっぱいだったイーサン・ハント。そんな折にかつての教え子が捕らえられたからちょっと頼むよ、っていう感じで現場に戻ってそこからヤンヤンするお話。駄作と噂された2よりかはストーリーはちゃんと作りこまれてました(2見てないけど)。最初にいきなり終盤のシーンを見せたりする演出も、派手なスタントシーンや、スパイグッズのかっこよさなど、見ててあきませんでした。後ろから爆発が起こったのに何故か横に飛ばされるシーンが考えれば考えるほど謎ですが、気になったのはそれくらいでかなり楽しめました。ちなみに今回物語の核となる「ラビットフット」は劇中では全く説明されません。これは「マクガフィン」という映画の技術だそうです。大事なのはラビットフットそのものではなく、ラビットフットを巡る登場人物の動機付けや争いなので、中身はどうでもいいんじゃ、というもの。ヒッチコックが考案したんですって。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが052 - パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト
★★★☆☆

13年前、ブラックパール号の船長になるために悪霊のデイビィ・ジョーンズと契約を交わしていたジャック・スパロウ、その契約が切れて悪霊に魂を取り立てられてヤンヤンするお話。悪霊を騙してお宝をゲットしたいジャック、ジャックを逃がした罪で死刑にされかけるエリザベスを救うためにジャックを生け捕りにするウィル、お偉いさんに媚びるためにジャックが狙ってる宝を横取り40万しようとするベケットの3人の交錯する思惑と、お互いを陥れるバトルは見もの。前作同様世界観が壮大で、映像もくちをポカーンと開けてみてしまうほど美麗。それに加えて笑わせてくれる場面も多々あり、一級エンターテインメントとして申し分ない出来ですが、続くなら続くって言ってください。気になります。あと開始30分ぐらいから猛烈にシッコ行きたくなったのですが、次から次へと起こる展開に行くスキを見つけられず、あやうく膀胱爆破するところでした。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが049 - Mr&Mrs スミス
Mr.&Mrs.スミス
Mr.&Mrs.スミス
★★★☆☆

お互いの素性を隠しながら5〜6年結婚生活を営んでいた殺し屋夫婦がある任務をきっかけに気づいてしまい、正体がばれたら抹殺ってことで殺し合いをしてヤンヤンするお話。素性を隠しすぎてすっかり冷め切った夫婦にもたらされた衝撃の事実で激しい銃撃戦、殺し合い(夫婦ゲンカにカテゴライズされる)の後にゴソゴソしたりするのですが、ブラピとアンジーという豪華キャストのおかげで鑑賞に堪えられるものに仕上がっております。後半から手を組んだ後の対組織とのバトルは圧巻。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが031 - ファンタスティック・フォー
ファンタスティック・フォー
ファンタスティック・フォー
★★★☆☆

すごいチカラを手に入れた4人がヤンヤンするお話。まさかここまで何も考えずに見れる映画があるなんて…。まあ面白かったです。ヒューマン・トーチのキャラもよかったし、ゴムの質感がよかったです。「ゴムゴムのタイヤ」とか「ゴムゴムのピザ生地」と名前がつけられそうな技を繰り出していました。映像もまあいまさらではありますがチカラ入れてますし、エンターテインメントとしてはいいと思います。細かい事は気にしませんが、でも4人が能力に目覚めて人助けをする、橋のシーンがあるんですけどあれは岩の人がトラックをぶち壊したのが発端なのであって、あんな事しなければ何事も無かったのに…、自分で家に火を点けて自分で消して英雄扱いされるようなもんだなぁ、と思いました。あと最後の敵、一瞬で倒しすぎ。もっと熱い戦いしてよ…あっけなさすぎるよ…。そりゃ4対1だから仕方ないですよね。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが009 - マッハ
マッハ !
マッハ !
★★★★☆

何も考えなくても見れる。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが004 - フォーンブース
フォーン・ブース
フォーン・ブース
★★★★☆

公衆電話から知らないおじさんから電話かかってきて「電話切ると殺す」とか言われた嘘つき宣伝マンがヤンヤンするお話。ずーっと電話ボックスの中で話が展開して、緊迫感があっておもろかったです。主演のコリン・ファレルの演技がすごくて、こりん星から来たとは思えないほどの演技力を出していました。そして80分くらいの短い話で、10日で撮影完了したとか。あと犯人役で「24」の主役のキーファー・サザーランドが出ているのである意味それを目当てに見たのですが、9割くらい声だけだったし24は吹き替えで見てるので出てないじゃん、みたいな印象さえ受けました。ラストにちょこっと出てくるのがかっこいい。斬新な映画であります。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが002 - ターミネーター3
ターミネーター 3 プレミアム・エディション
ターミネーター 3
★☆☆☆☆

今日WOWOWでやってたので見ましたが最初の32分19秒くらい見逃したので、ちょっとよくわかりませんでした。まあとにかく女ネーターが青年ジョンを殺しにくるのでソレをシュワルネーターが守るみたいな話として消化しました。しかも吹き替えバージョンだったので名言の「 I'll back. 」が「今もどった」という何の緊張感もないセリフにすげかえられて、異常な虚無感に支配されてしまったのでやっぱ映画は字幕だなと思いますた。アクションシーンは噂通りすごい。

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |