Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOVIE TAGS
LINKS
PROFILE
OTHER

にっきにっき

もはやにっきにきです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | きじURL |
えいが510 - パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

★★☆☆☆

18歳の少年の腕に突然現れた呪いの印のせいで大変なことになるお話。別に面白くないんだろうな・・・って思いながらも何故か見てしまうことでおなじみのパラノーマル・アクティビティですが、今回も案の定そんなに面白くはありませんでした。呪いの印、最初は超能力程度の力で「すげえ能力手に入れた!」ってはしゃいでる感じはちょっと「クロニクル」的な要素が入ってましたね。加えて、夜中に夢遊病的に何かなっちゃうとかではなく、だんだん自分の体に異変が起こるのでそれを何とかしようともがく構成になってて、番外編ぽい!と思いました。2016年に5をやるらしいんですけど、1の時点でやめといた方がよかったんじゃないでしょうか。見ちゃうけど。


なんやこのシーン


【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2
パラノーマル・アクティビティ3
パラノーマル・アクティビティ4

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが506 - ヴィデオドローム

ヴィデオドローム

★★★☆☆

TV局の社長が偶然見つけた、拷問だけを延々流し続ける謎のTV番組「ヴィデオドローム」に魅せられてのめりこんでヤンヤンしていくお話。哲学的な話でよく分からなかったけど、現実か幻覚かが曖昧になってしまう、幻覚が現実を凌駕してしまうというところがこの映画のツボなので、よく分からないままでいいかなと思いました。敬具



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが488 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

★★★★★

立ち入るともれなく気が狂ってしまうというタタリ村にいつもの3人+霊媒師、物理学者、アイドルが入り込んでヤンヤンする話。いや〜〜〜〜〜最高!初日、上映館に長蛇の列があってプチフィーバー状態になってて諦めたぐらいで、DVD待つか・・・とも思ったけど、この見たい欲求がどうにも抑えきれず、GW最終日に見れました(整理番号7番)。しかしスケールすごいことになった!相変わらず工藤Dの暴力描写がエスカレートしまくってる(黒バットもって殴りこみに行くシーンは笑った)し、工藤の両親にまつわる伏線とか回収しつつ最終的にはとんでもないことになっちゃったんだけど、今後の展開は一体どうするんだ・・・続きが見たい・・・。は〜まじでまだ見てない人は今スグTSUTAYAに行って全シリーズ借りてきてくれ〜〜めっちゃ面白いからよ〜〜〜〜。

【関連】
慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 新説 四谷怪談 お岩の呪い
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが487 - 死霊館

死霊館

★★★★☆

悪霊祓いを生業とする夫婦が、今までで最もヤバかったエピソード(実話)を描く話。「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が「インシディアス」みたいな感じで基本に立ち返った正統派のホラー。ではあるが、正統派過ぎて特に真新しい描写はあんまり無い感じではあった。ただ、霊現象にあって怯え泣き叫ぶ子どもの演技がめちゃくちゃ凄まじくて、まじで幽霊見ちゃったんじゃないかな・・・と思うぐらいの鬼気迫る泣き方でした。言えるのはそれくらい。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが483 - サプライズ

サプライズ

★★★★★

両親の結婚35周年を祝うために集まった家族+恋人たち10人が、何者かの襲撃にあって襲われまくるけど主役の女の子が奮闘してヤンヤン話。家宅侵入モノとしてめちゃくちゃ完成度高かった!ストーリー、人物設定、舞台、黒幕、もう全てが使い古されている手垢まみれの題材だったのに、カメラワークや音楽&効果音、演出がかなり凝っていて、全く飽きることなく最後まで突き抜けていったのが痛快。主役の女の子が何でこんなに臨機応変に対応できるのかっていう理由はちょっと「んなアホな」とは思ったけど、まあ爽快にやっつけてくれるし魅力的に描いてくれるので感情移入できます。かわいいし。監督はVHSネクストレベルで幽霊モノの監督をしてくれたアダム・ウィンガードっちゅうのも安定感あったな〜〜オススメ!



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが478 - ウェア

ウェア

★★★☆☆

森で一家が食い殺される事件が起こり、その容疑者として逮捕された大男、もしかして狼男なんじゃね?みたいな感じでヤンヤンする話。現代に狼男が生き残っていたらという話。あんまし期待していなかったけど緊張感あり山場ありグロ描写ありだったのでつまんね〜〜とは思わなかったですね(手放しで面白い!ともならなかったけど)。噛まれたら狼男要素が感染する的なオリジナルの解釈も盛り込まれていて楽しく見れました。90分とお手頃な長さだし。最近もう120分の映画は見れなくなってきたな・・・。



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが476 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 新説 四谷怪談 お岩の呪い

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 新説 四谷怪談 お岩の呪い

★★★★☆

お岩さんにまつわる新たな投稿映像が工藤Dのもとに送られてきて、その謎を解き明かしてヤンヤンする話。待った甲斐のある安定のクオリティで楽しかったな〜。映像自体は怖いし気持ち悪いものが多いんだけど、どこか笑えてくるバランス感覚の良さがより一層際立っていたような気がする。剥がれたふすまがフワフワと浮いて、くるっと回ったら裏面にお岩さんが貼り付いてるとかどう考えてもギャグだろ。メイキング映像の撮影風景も古典的なものが多くてほんわかしたし。来月すぐに劇場版が公開されるので、初日に見に行ったるど〜〜。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが474 - スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

★★★★☆

フラワーアレンジメントを頑張るレズの女の子がひょんなことから徐々にゾンビになっていってヤンヤンする話。めっちゃかわいい女の子が徐々に体調が悪くなっていって、恋人ともうまくいかなくなるし仕事もまともにできなくなるし、お母さんは自分のことを「レズでヤク中」という目でしか見てないのでまともに関わってくれない、花の展覧会もせっかく受かったのに見た目がやばくなっていって参加拒否されてしまうし、とにかく踏んだり蹴ったりで「一体この子が何をしたんだ!」と悲しくなってきます。しかも腐敗描写が絶妙に気持ち悪いし痛々しいのでその辺りの表現もGOOD。ゾンビになる過程を描いていく話ってあんまり無い気がするのでそこは新鮮だったな〜。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが467 - クロユリ団地

クロユリ団地

★★★☆☆

安い団地に引っ越してきたんだけど、変な噂は絶えないし一人ぼっちで遊んでいる子どもはいるし隣人のジジイが死んでるしで元AKB48の前田あっちゃんがおかしなことになっていってヤンヤンする話。スマホのゲームをしながらかなり流して見てたんですが、思いのほかよく出来ておったのだ・・・。ホラー映画特有の「怖いシーンドーン!」みたいなのが一切なくて、ジクジクと不安感をかき乱すような薄気味悪い演出だけで押し切ったところがかなり魅力的に感じますし、序盤から中盤にかけて一旦状況を一変させてから終盤に持っていく展開もグッドでしたよね。まあそれが怖いかって言ったらそうでもないんですけど・・・。あと前田あっちゃんの演技はかなり頑張ってた方だけど、やっぱりアイドルとしての顔が焼き付いていたりネットの評判とかもあるので、全然知らない人けどめっちゃ演技力すごい人(誰かは知らん)を起用してたらもっと化けたんじゃないかなと思いました。まあスタッフロールで「企画:秋元康」だった時点で大人の事情のキャスティングなんだろうな〜。



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが466 - 不安の種

不安の種

★★★☆☆

なんか変な街に来てしまった青年が変なことに巻き込まれてヤンヤンする話。原作は特につながりのない短編の詰め合わせみたいな感じだけど、そのシーンをうまくつなぎ合わせて一つの映画にまとめたっていう作り。役者の演技が下手過ぎて全然入り込みづらかったし、お化けが出てくるシーンでけっこうビックリ音出して安易にびびらせてくるのが何かいやだったな〜。漫画ではひっそりと不思議なことが起こって謎のまま終わっていくところが魅力なので、あくまで出てくるところはさりげなく出てきて欲しかったな。


このシーン好き

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが462 - マニアック

マニアック

★★★★☆

マネキンの修復師と見せかけて夜な夜な徘徊してはいい女を引っ掛けて、殺して頭の皮を剥いでマネキンの頭にかぶせて悦に浸る人がヤンヤンする話。ほぼ一人称視点で進んでいって、鏡に映った時だけ主役のイライジャ・ウッドの顔が見えるんだけど、その徹底したFPS視点で話が進んでいくと自然とイカれた変態と同じ感情を共有できてしまいますね。歪みきった性癖がほんとに気持ち悪かったな。イライジャ・ウッドの顔はまじでかわいいだけに、すごいゾクゾクしました。でもそのただ日本版はR15にレートが下げられて、残酷シーンにボカシが入っているのでもうちょっといいところ見せろや!と思いましたよね。



#ホラー #ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが460 - ランゴリアーズ

ランゴリアーズ

★★★★☆

ボストン行きの飛行機で、乗客10人を残して人間が全て消えてしまい、どうしたもんかとヤンヤンする話。3時間とめっちゃ長いんだけど、そんな時間を感じさせないぐらいグイグイ引きこまれていったっ。怪奇現象とかその後登場するモンスターとかはあんまり重要じゃなくて、登場人物の心の動きがかなり丁寧に描かれており、それがこの物語のおもしろどころだな〜と思いました。ただ人が死んだあとすぐに最初からいなかったかのように振る舞ったりして、「結局自分が助かればいいんかい!」とはちょっと思い、そこは怖いな〜と思いました。ただ、90年代のテレビ映画なのでCGはビーストウォーズレベルです。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが459 - クレイジーズ

クレイジーズ

★★★☆☆

町の郊外で軍用機が墜落、そこに積まれていた細菌兵器が川に漏れだして、その水を飲んだ人が凶暴化。感染してる人、してない人ももろもろ隠滅しようと町全体を消し去ろうとする軍隊と、それに抗おうとする人がヤンヤンする話。「ハアハア・・・誰もいない・・・」→肩ポーン!ドーーーン(びっくり効果音)!!!→ウワアーッ→味方、っていうのが3〜4回あって若干ウンザリするし、話自体も特に特筆すべき点があるわけでもない、めっちゃ普通の話だった。リメイク前の方がけっこう面白いようですね。でも1973年だから今見るけっこうきついだろうな〜〜。



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが458 - ダイアリー・オブ・ザ・デッド

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

★★★☆☆

ゾンビが溢れかえってヤンヤンする話。POVタイプのロメロ監督のやつ。どちらかというとこれはゾンビこえ〜助けて〜っていうのではなく、社会的な内容を含んでいるやつだった(権力側に不信感を抱いたり、錯綜する情報の海に飲まれたり、人間の本質をえぐるような言葉が出てきたり)。割とカメラワークが良すぎるところはあったけど、よく考えたら卒業制作でゾンビ映画を作ろうとしていた奴らの視点なのでまあいいか。しかしこの設定都合良すぎるね。あとこれ、昔見た記憶があったな・・・。何でここに書いてなかったんだろ。



#POV #ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが456 - V/H/Sネクストレベル

V/H/Sネクストレベル

★★★★★

私立探偵の男女が人探しのためにとある館に入ったらノイズを放つTVと、ビデオテープが置かれていて、一個ずつ見ていく話。は〜〜最高!POVホラーオムニバス「V/H/Sシンドローム」の続編で、前回よりエピソードは1話少なくてちょっと不安だったけど、ちょうどいい長さにまとまっててしかも全編最高過ぎたので初日に見た甲斐があった!映画の続編はすべることが多いけど、不満点を全部払拭してまさに邦題のとおりネクストレベルいったな〜って感じでした。ホラー好きはぜひ見ましょう。

◆「TAPE49」

今回のメイン。基本的に各エピソードをつなぐブリッジ的な話ではあるんだけど、これもちゃんと面白いです。唯一VHS画質。

短編1:「Phase I Clinical Trials」

失明した男が代わりに埋め込まれたのは録画機能をもった義眼。しかしそれ以降見えてはいけないものが見えてしまう・・・。ジャンルは「幽霊」。クラシカルなビックリ戦法の応酬ではあるけど、一つ目のエピソードとしては申し分ないクオリティ。途中女がなぜ迫ってきたのかよくわからないけど・・・。

短編2:「A Ride in the Park」

自転車で山をぶっ飛ばしてたら、急にゾンビが溢れかえってしまい、自分もあえなくゾンビに。しかしヘルメットの上につけたビデオカメラは回り続けていて・・・。ジャンルは「ゾンビ」。これはブレアウィッチの監督なんだけど、これもいいグロさがあってよかった。ゾンビPOVになるところがこの話の肝でしたね(アイデア自体はABCオブデスにもあったけど)。ゾンビになって初めて遭遇した人に噛み付いて、伝染して起き上がってくるシーンはけっこうマヌケで劇場内でもクスクス笑い声があがっていました。でもそれ以降の展開はもう最高。わたしの予想ですが、このロケはめちゃくちゃ楽しかっただろうなって見てて思いました。

短編3:「Safe Haven」

インドネシアのカルト教団が作った施設にインタビューしにいったら、とんでもない事態に巻き込まれる話。ジャンルは「狂信者」。一番最高のエピソード!とにかく全てがメチャクチャになっていくスリル満点のジェットコースターみたいな怒涛の勢いで最後まで突っ走っていったな〜〜。メチャクチャすぎて気持ちいい!あらゆる要素が詰まりまくって、評判通り「エビデンス 第6地区」みたいな疾走感がありました。

短編4:「Slumber Party Alien Abduction」

親が出て行った瞬間に夜通し遊ぶ悪ガキたち。だけどいきなり宇宙人の襲来にあう!ジャンルは「宇宙人」。犬にビデオカメラがついているのでかなり不自然ではあったけど、これも宇宙人が笑いゼロで力づくでガチ誘拐しにくるところがかなりのインパクトでした。UFOが時々放つ大音量が不安を煽る煽る。

それぞれ違ったジャンル、斬新なアイデア、R18も納得のゴア描写、ぶっ飛びまくった映像、前作を余裕で上回って超絶大満足な一品でした。とにかく最高なんだけど、ただ一点気になるところがあるとすれば、前回は各エピソードが「事実っぽい描き方(フィクションの世界で起こった実話)」をしているのに対して、今回は前回以上に現実離れしまくった表現が多いため、「そういう映像作品(フィクションの世界の中のフィクション)」みたいに見えてしまいそうだなーとちょっと思いました。そこに目をつぶればとにかく最高です。

【前作】
V/H/S シンドローム

#POV #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが450 - ABC オブ デス

ABC・オブ・デス

★★★★☆

A〜Zから始まる26のキーワードがテーマになった、「死」にまつわるお話詰め合わせ。5分のエピソードが26話、監督もそれぞれ違うってことでとんでもない濃度で26連発でぶつかってくる感覚がとても楽しかったです。まあ中には「何これ?」っていうやつもあって全部好きになることは難しいので、中でも個人的に好きだったやつでかつyoutubeにあったやつを挙げときます。



「D(Dog Fight)=ドッグファイト」

→地下喧嘩場の相手が犬、な話。これ映像の見せ方と後半の展開がめちゃくちゃ良かった!



「X(XXL)=ダブルエックスエル」

→デブで周りから蔑まれてる女の人がナイフで自分のぜい肉を切り落としてスリムになる話。よいグロ。



あとは「C(Cycle)=サイクル」、「L(Libido)=性欲」、「Q(Quack)=アヒル」、「T(Toilet)=トイレ」、「U(Unearthed)=発掘」、「V(Vagitus)=産声」が特に良かったです。続編もやる気マンマンですでに監督が公開されているらしい〜。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが447 - 道化死てるぜ!

道化死てるぜ!

★★★★★

10歳の誕生日パーティーのときに家にやってきたピエロを悪ガキ達がおちょくった挙句、不慮の事故で殺してしまい、トラウマを抱えたまま16歳になって、また誕生日パーティーを開いたら死んだはずのピエロが生き返って復讐にやってきてヤンヤンする話。むちゃくちゃストレートな王道スプラッターではあるんだけど、ゴア描写がかなり凝っていてすごい良かったです。脳みそ繰り抜き地獄、傘でぶっ刺し地獄(←一番最高)、腸でバルーンアート地獄、などなど、素晴らしい虐殺ぶりを見せつけてくれました。予算はそこまで無さそうでチープな感じはするけど、ホラー映画好きと大人数でゲラゲラ見たりすると楽しいと思います。ちなみに登場人物はあまりカッコいい&カワイイではないのがちょっと残念。唯一性格最悪のビッチ娘はかわいい。



#スプラッター #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが427 - スマイリー

スマイリー

★☆☆☆☆

チャットルーレットで相手を殺したいほど念じて「笑いのために」って3回タイプすると殺人鬼スマイリーが現れるっていう都市伝説をもとにヤンヤンする話。殺人鬼のビジュアル、フレディやジェイソンと引けを取らないぐらいなかなか強烈なインパクトじゃないですか。普通に目が覚めてこんな奴いたら狂い死ぬじゃないですか。でもね、これ、果てしなくつまらないんですよ・・・。まずスマイリーがほとんど出てこない、出てきてもゴア描写がめちゃくちゃショボい、「スマイリーだ!殺される〜!(ガバッ)夢か・・・」←これ5回やる、主人公の女がウジウジしてめちゃくちゃうっとうしい、周りの友達もカスばっかり、救いようのない胸くそ悪すぎるラスト、何これ!何なのよ!予告編映像が期待され過ぎて2700万回再生されてるのにこのつまらなさ何よ!踏んづけてやる!



#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが418 - 震える舌

震える舌

★★★★☆

一人娘が破傷風にかかって闘病する話。これまじできついわーちょっとの騒音や太陽の光でも背骨が折れるほど反り返る痙攣を起こしてしまう破傷風が怖すぎるし、介護疲れでお父さんお母さんがどんどん心を蝕まれていく描写も圧倒的にきつかったな〜。そりゃトラウマ映画と呼ばれるわ。医者が「お子さんの歯は乳歯ですか!?乳歯ですね!?ならまた生えてきます!」って言って舌を噛まないように歯を折りまくるのがショッキング過ぎるでしょ・・・。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが415 - ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

★★☆☆☆

妻に先立たれて全体的にやる気無くなってる弁護士が遺品整理の仕事である古い田舎の屋敷に行ったら、そこで怪現象に巻き込まれてヤンヤンする話。19世紀のゴシック感のあるイキフン(雰囲気)が良かったんだけど、序盤から大きい音ドーン!て鳴らして普通の人が出てくるっていう無意味なホラー演出に萎えて全然入り込めなかったな〜そもそもストーリーもどこかで見たことのあるような流れだったし。ただハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフが主演していたので「大きくなったねえ・・・」としみじみ思いました。



#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが411 - 冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

★★★★☆

冷め切った家庭を抱えるうだつの上がらない熱帯魚屋さんが、ひょんなことから同業者と知り合ったんだけど実はヤクザや警察を敵に回すような鬼みたいな奴で、そいつに振り回されてヤンヤンする話。突拍子も無さすぎる話の展開ではあるけど設定や人殺しの動機や殺し方なんかは実際にあった事件をもとにしてるらしいので、小説より奇なり過ぎる。そしてこの映画の世界にグイグイ引きこんでくれるのは村田幸雄役を演じたでんでんですね・・・圧倒的に狂った演技力がやばすぎて固唾を飲んで展開を噛み締めました。「あまちゃん」でやさしいおじさんを演じてるけど、次からそんな目で見ちゃう・・・。全員狂ってて全く救いの無い展開が最高。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが407 - セブン・ナイト・イン・アサイラム

セブン・ナイト・イン・アサイラム

★☆☆☆☆

TV番組の企画で廃病院で7日間過ごす企画をしたら幽霊騒ぎになる話。はああああ〜〜〜つまんねえええええええ〜〜〜〜POVなんだけどカメラが微妙にバラエティ番組みたいなパキっとした画質で怖さも何もあったもんじゃないし、廃病院っていう設定なのに廃感も病院感も全くない。あと無駄話多すぎ!基本的な設定はグレイブ・エンカウンターズの完全パクリなのもびっくりするし、とにかく全体的にメッチャクチャクオリティ低くて逆に新鮮でしたね。

【関連】
グレイヴ・エンカウンターズ


これもグレイヴ・エンカウンターズと一緒じゃん!クオリティ低いし


本家

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが404 - 死霊のはらわた

死霊のはらわた

★★★★★

うっかり死霊を呼び出して妹に取り憑いてしまってヤンヤンする話。30年の時を経て今の技術でリメイクしているんだけど、オリジナル版のちょっと笑っちゃうレベルのスプラッタ描写はリアルにグレートアップして近頃見ないレベルでグロテスクになってるし(そっちはそっちでグロ過ぎて笑っちゃう)、ジャパニーズホラー的ないきなりびびらせる効果を取り入れたりと、ホラー映画の定石が高次元に詰め込まれて楽しかった〜。離れ小屋で過ごす理由付けもオリジナル版は「ただのバカ騒ぎ」だったけど、今回は「妹の薬物摂取を絶たせるため」っていう要素をのっけることで、取り憑かれた妹が何かを見ても「禁断症状乙」で片付けられたりと、しっかりしたストーリーラインになってるのも良かったなあ。ただけっこう様変わりしているのでオリジナル版を愛する懐古厨には煙たがられそうな感じではあるかも。リメイクとか関係なく、これはこれで一つの映画として見るとかなりクオリティは高くて好きだけどな〜。オープニングからタイトルロゴが出てくる瞬間の盛り上げ方は最高。

【関連】
死霊のはらわた(オリジナル版)


リメイク版


オリジナル版

#スプラッター #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが401 - ヒルズ・ハブ・アイズ

ヒルズ・ハブ・アイズ

★★★★☆

とある平凡な一家が砂漠の真ん中を車で横断しようと思ったらパンクして動けなくなって、そこに昔から住んでいた奇形の人々に無残に殺される話。グロさはまあまあ普通ではあるけど、奇形達の生まれた経緯が「核実験の被害者」っていうやや重いところが精神的にキツイところ。いきなり砂漠のど真ん中で家族の大半がきもいやつに殺されたら、普通に立ち直れないと思うけど、生き残った者の精神力・生命力がハンパない感じで、復讐していく様子が楽しかったです。オープニングの、カントリー風の音楽に色んなキノコ雲が立ち上ったかと思うと一瞬マジの枯葉剤の影響で生まれた奇形児の写真がサブリミナル的に入り込んでくる演出が最高でした。



#ホラー #スプラッター
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが400 - 女優霊

女優霊

★★☆☆☆

映画を撮影していたら怪異に巻き込まれてヤンヤンする話。今でもたまに怖い映画と言えばみたいなところで名前があがるけど、そんなに怖くなかったな。まあこれが原型になってリングとかができたらしいのでホラー映画界にとっては重要なやつではありますね。



#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが398 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん

★★★★★

花子さんの投稿映像を軸に、二人の少女・一人の霊能者とともに真相を探ってヤンヤンしていく話。これも最高に面白かった!!トイレの花子さんは設定だけで、「時空を歪めてタイムスリップしたりする」「昼夜が逆転したり、建物の地形も変わる」「36分ノーカットで突き進む」「POVで☓☓☓の映像をとらえる」っていうかなりチャレンジングに富んだ傑作でした。ノーカットでたたみかける怒涛の展開は瞬きを忘れるぐらいスリリングで、終盤の映像もかなり呆気に取られますが、構成の妙が光っててかなり楽しめました。主役の工藤自身に隠された謎など、ちょっと次回につながるような気になる終わり方も見せたので、次回以降もすごい楽しみ。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが397 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説

★★★★★

河童のいる池で、河童を捕まえようとヤンヤンする話。この話めちゃくちゃ面白かった!その近くに住んでる何か知ってる農家のおっさんと第一発見者のカップルを据えて、河童を追い詰めていくんだけど、POV描写がかなりクオリティ高いし、終盤の展開もめちゃくちゃ熱かったし、大オチも最高!とは言え設定はつながっているので(前回のアイテムが出たりなど)、最初っから見てほしいな〜。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが396 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊

★★☆☆☆

廃墟に入った若者が震える幽霊の映像が投稿されてきて、その幽霊をもう一度ビデオにおさめようとヤンヤンする話。前回よりテーマのレベルが下がっちゃう感じではあったけど、投稿者の間の関係や失踪した女の子が「先生」と仰ぐ人物が出てきたりなど、当初の目的からどんどん違う方向に発展していく感じが面白かったけど、結局真相は全く分からないので見る人は選びそうな予感。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが395 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

★★★★☆

口裂け女を捕まえようとヤンヤンする話。映画館ではやらずにビデオスルーされたやつ。なんでこれ見たかって言うと、監督が「ノロイ」とか「オカルト」でおなじみの白石晃士だったから。で、話としては口裂け女に「誰も知られてない呪術使いの村出身」という新しい要素を加えて新鮮味を出したPOV系フェイクドキュメンタリー。投稿映像として送られてきた口裂け女が追いかけてくる最初のシーンは普通に怖いけど、投稿者の髪型がすごい面白くてそっちにけっこう目がいきました。

【関連】
ノロイ
オカルト


#ホラー #POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが394 - デスカメラ

デスカメラ

★★★☆☆

若者がドライブで小旅行してるときにビデオカメラで風景を撮影してたら、カメラにうつった人の顔が歪んで見えて、そして歪んだ人は不可解な死を遂げてヤンヤンする話。低予算POVで盛り上がりや爆発力は無いけど全体を包む不可解なイキフン(雰囲気)や、撮影してる奴がずっと代わらなくて、三人しかいないのに一人だけ全く顔が分からないむずがゆさが、この映画の魅力的なところな気がする。オチは大したことないけど。


こいつは死ぬ

#ホラー #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが392 - モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦

★★☆☆☆

モンスターがプロレスやるやつ。つ、つまんなそ〜〜!!!って思って見たんですが、案の定なやつでした。でもよくよく調べたらモンスター役が実在のアメリカのプロレスラーだったり、カメラアングルとか実況解説も含めてかなりアメリカのプロレスを再現していることが分かったけど、「それ知ってもそんなにだわ!」っていうやつでした。あ〜でもこのキャストがオカダとか棚橋とか全て新日本プロレスに置き換えたら多分めちゃくちゃおもしろく見れるんだろうな〜。



#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが389 - パラノーマル・アクティビティ4

パラノーマル・アクティビティ4

★☆☆☆☆

ひょんなことから隣人の息子を数日預かることになったけど、なんか様子がおかしいし、自分ちの子どもも影響されてどんどん心閉ざしていくし、変なことは起こるしでやっぱり家にカメラつけて様子を見てヤンヤンする話。90分ハナクソこね回してた方がまだ有益なぐらいつまらなかった・・・。一つのコンセプトがウケたからって引き伸ばして何回もやるのはさすがに辛すぎるし、目新しいものは何一つ無かったし、いつも通り投げっぱなしで終わるしで、ひどすぎたな〜。




【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2
パラノーマル・アクティビティ3

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが383 - キャビン

キャビン

★★★★★

わかりやすい若者5人(リーダー、淫乱女、マイペース、博識、処女)が人里はなれた別荘でヤンヤンしてたら地下室にあった古文書の呪文をうっかり口にしてしまいゾンビを呼び出してしまってヤンヤンしながら、別のところでそれを監視する人々が並行してヤンヤンする話。「死霊のはらわた」ベースのベッタベタなホラー映画の定石を一旦全部パロディ&メタ的に詰め込んで、そこから全てをメチャクチャにひっくり返して他の映画とは一線を画しまくった究極ホラー。絶対誰も予測できないし、誰もやったことのなかった終盤からラストにかけての展開はただただ口をあんぐり開けて見守るしかありませんでした。これはうちに置いておきたい至高の一品として語り継いでいきたいと思います。デイナ役のクリステン・コノリーさんが日本人にウケそうなタイプの可愛さが最高だし、大麻でラリって呂律が回ってないマーティもめちゃくちゃいい味出してて最高だった・・・。ネタバレだけは充分に注意して、早く観に行ってください。


ベッタベタな出だし

#ホラー
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが379 - ウィッカーマン

ウィッカーマン

★★★★★

少女が行方不明になったから探しに来て欲しいっつって本土から辺境の土地にやってきた警官がヤンヤンする話。怖い!!!マジで怖い!!!島全体が不穏な「何かを隠してる空気」に満ちあふれてて気持ち悪いし、さらに原始的で理解不能な信仰が島民全体に浸透していて、クリスチャンの警官がとことん迫害されるっていう構図の怖さもかなりのもので、退屈になりがちな序盤のダルさは全然なく、始まった時から「うわ〜怖いな怖いな〜何だこれ〜きもいきもい〜わー!やめてー!うそでしょー!・・・あーあ・・・」って、盛り上がっていきました。'73年の映画だけど精神的なトラウマになりそうでむちゃくちゃ怖かったです。ちなみにニコラス・ケイジ主演のリメイク版は最低リメイク及び盗作賞を受賞しているのでオリジナル版をおすすめします。



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが377 - リヴィッド

リヴィッド

★★★★☆

寝たきりのババアの屋敷に忍び込んで金銀財宝を盗もうとした若者がヤンヤンする話。フレンチスプラッターの傑作「屋敷女」の監督脚本の人々の最新作ってことだったんですが、屋敷女よりもグロ成分は控えめで、ファンタジー的な画の綺麗さ最後まで見とれてしまう感じの映像美。でもちょっと分かりにくいシーンもあり、これが正解とは明示してなかったらしいので評判はちょっと微妙だったみたい(確かに「???」となるシーンはちょっとある)。「狂った母性VSそれに立ち向かうのも女」っていう図式が屋敷女とも共通してましたね。セットで見ると良いかも(屋敷女は完全にトラウマになるけど)。あと主役のリュシー役のクロエ・クールーさんがめっちゃ美人だし、肉付きも最高によかったです。一緒に忍び込む役立たずの男二人も整った顔なので、早く殺されろ!と思いました。


「魂の入り口と出口」を表すオッドアイも終盤に絡む

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが375 - 遊星からの物体X

遊星からの物体X

★★★★☆

南極基地に犬が紛れ込んだけど、実は擬態したエイリアンで、知らない間に人間にも取り込んでるかもしれん・・・誰がなりすましたエイリアンなんだ!ってヤンヤンする話。「ファーストコンタクト」の次の日の話で、これまたB級ホラー映画の原点って感じで良かったです。当時のSFXはやっぱり見劣りするけど、グロさはなかなかのもの。冒頭で崩壊した基地の探索のシーンで「ファーストコンタクト」と整合性を取った箇所が多々あったので、二つ見終えたあとは最初こっち見といたらよかったな〜と思いました。CGの規模的にもね。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが374 - 遊星からの物体X ファーストコンタクト

遊星からの物体X ファーストコンタクト

★★★★★

南極基地でエイリアン見つけたけど逃げられて、「人間を取り込んで細胞を組み替えてその人間になりすます」という擬態能力で基地内に潜伏して「このメンバーの誰かがエイリアンなん?こええ」ってなる話。閉鎖空間で、誰がエイリアンか分からない状態で疑心暗鬼状態に陥って、でもどんどん食われていくっていうホラー映画の基本がしっかり詰まってるストーリー構成も良いし、何より人間と一体化したエイリアンのグロテスクさが最高に良かったです。1982年に公開されたやつの前日譚で、恥ずかしながらどういう話か全く知らなかったんですが、何でもファーストコンタクトは1982年版のストーリーを結構補完してるらしいので(建物の構造が同じだったり、顔が縦に裂けた焼死体が出てきたり)、そちらもちょっと見たくなったな。とにかくエイリアンの気持ち悪さが一級品で、久々にこういうグロテスクな造形見たな〜と思いました。


「こいつがエイリアンかー!」ってなるシーンがどれも最高。

#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが370 - フリークス

フリークス

★★☆☆☆

奇形の大道芸人が働くサーカス内で、小人のおっさんに金目当てで健常者が言い寄ってきてヤンヤンする話。障害者側を善、健常者を悪と位置づけて、最終的には健常者の目論見がバレて奇形の大道芸人にボコられて奇形の仲間入りになっちゃうっていうとんでもなさ過ぎるオチなんだけど、いかんせん80年も前に作られた映画なので視覚的にも構成的にも見づらかったですね・・・。まあ1時間程度でさくっと終わるのが救いか。あと普通に気持ち悪い奴がいっぱい出るけど心は純粋なので、知的障害者が頑張る映画「リンガー」を見るといいと思います。

【関連】
リンガー!替え玉★選手権

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが358 - ザ・ポゼッション

ザ・ポゼッション

★☆☆☆☆

娘に悪霊が取り憑いてエクソシストが悪魔払いをしてヤンヤンする話。今時こんな使い古された設定で映画作っちゃう?案の定なんの驚きも無く進んでいきました。ただこの手の取り憑かれ系の映画って、ほんと役者の憑依演技に毎回感心しちゃいますね・・・。別に見なくても良いやつです。



#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが352 - 回路

回路

★★☆☆☆

同僚が自殺して以来、周辺で変な出来事が起こり始めてヤンヤンする話。10年前のインターネットが見れる貴重な参考資料になってましたね(あのダイヤル回線の音とか)。日本風のジワジワしたホラー描写とテーマはグッドだけど、スケールの大きさがあんまり表現しきれてなくてあんまり伝わってこなかったな〜。

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが351 - グレイヴ・エンカウンターズ2

グレイヴ・エンカウンターズ2

★★★☆☆

「1」がフィクション映画として認識されてるけどあれは実はマジのマジに起きたことで、それを映画として事実を隠蔽してることに気付いた映像科の学生が真実を突き止めるために仲間を連れて廃病院に乗り込んでヤンヤン話。っていうようなメタ設定はムカデ人間2でやってるし、ホラー描写もあんまり変わってないからな〜!!やっぱり微妙だった〜〜!!!

【前作】
グレイヴ・エンカウンターズ



#POV #ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが350 - V/H/S

V/H/S

★★★★★

チンピラがとある家に侵入して盗みを働いていたら、大量のモニターとビデオテープに囲まれて死んでるじじいがいて、怪しく思って一つ一つビデオテープを確認していくと、そこには恐ろしい映像がおさめられていてヤンヤンする話。POV+オムニバスホラー(それぞれ監督が違う)という感じなんだけど、全てに共通してる「VHSテープの画質」の古さが気味悪いし、たまに入るノイズも昔の心霊ビデオみたいなテイストで非常に怖いです。5つのエピソードもそれぞれかなりクオリティ高しだったので、110分ぎっちりと恐怖が詰まりまくって良かった〜。ただ手ブレは他のPOVと比べてけっこう激しいかもしれないので、酔う人はいるかもしれません。

◆「TAPE56」

メインとなるチンピラがヤンヤンする動画。こいつらが屋敷の中で再生した映像が5つのエピソードになってるという設定。

短編1:「AMATEUR NIGHT」

メガネにカメラを仕込んだ状態で街に出てナンパする若い男たち、クラブハウスで若い女の子をゲットしてホテルに向かうんだけど、その内の一人が何かおかしくてヤンヤンする話。この女が明らかに顔怖いし、ずっと主人公を見つめてるし「あなたが好き」しか言わないしで怖すぎる。女の正体はかなり驚天動地な感じなんだけど、そこに行き着くまでの描写が圧倒的で恐ろしかったです。POV特有の長回しがかなり張り詰めた空気を作ってますね。

短編2:「SECOND HONEYMOON」

新婚旅行の記録ビデオなんだけど、夜に何者かが部屋に侵入してきてヤンヤンする話。平和なシーンが多いのでちょっと退屈になるけどエピソード自体はうまいこと出来てる。

短編3:「TURSDAY THE 17TH」

過去に殺人鬼に殺された友人の仇をうつために、女の子が友達3人を森に引き連れてヤンヤンする話。その殺人鬼はなんと目には見えなくて、ビデオに録画することでノイズとしてやっと認識できるという恐ろしい奴だった!ノイズ演出がめちゃくちゃ良い!謎の殺人鬼はそんな超越した力を持ってる割に人を殺すのはナイフを使うあたりアンバランスな感じはするけど、その謎さや見た目の怖さがかなり良かったです。

短編4:「The Sick Thing That Happened to Emily When She Was Younger」

男女のカップルが遠距離ビデオチャットしてるんだけど、女の子の方の家に幽霊が出るらしく、その正体をビデオにおさめようとヤンヤンする話。この話だけ唯一意味わからんかったな・・・。

短編5:「10/31/98」

ハロウィン仮装で騒ぐ4人の男が家に侵入して遊んでたら、屋上で女の子が縛られてる怪しい儀式をやってるところに出くわして、チャチャ入れてたらマジモンの悪魔払い的なやつでヤンヤンする話。部屋の構造が変わったり壁や床から手が出てきたりしてグレイヴ・エンカウンターズみたいな感じなんだけど、20〜30分なのでとにかく密度がトンコツみたいに濃い濃い。ハロウィンの衣装で緊張感が微妙に無いところも日常の中からいきなり非日常に突き落とされる怖さみたいなのが表現されてて良かったです。




#POV #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが316 - エスター

エスター

★★★★★

3人目の子どもを流産してしまった悲しみを癒すために孤児院からある少女を迎え入れたけど、そいつのせいで家族がめちゃくちゃになってヤンヤンする話。公開当時から知ってた割に、ジャケットもタイトルも何も惹かれる要素が無かったのでスルーしてたけどいざ見てみたら異常に完成度が高い一級品のホラー映画でした。張り巡らされた巧妙な伏線が回収されていくのがすごい気持ちいいし、家族が不信感にまみれて崩壊していく様子もジクジクとした怖さがあって「もうやめてあげてよ・・・」という気持ちになりました。「かつてアルコール依存症に悩まされてたので養子の様子がおかしいことを訴えるけど全然信じてもらえないお母さん(主役)」「養子の怖い一面に全く気づかない(=父親の前ではすごくいい子な養子)のんきな父さん」「難聴で手話でしか話せない妹(めちゃくちゃかわいい)」などのキャラクター設定もストーリーに深みと無理の無さを演出していて、かなり良かった〜〜。真相はかなり衝撃的だけどネタバレを調べると一瞬で出てくるので、予備知識無しで見てほしいですね。



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが315 - 輪廻

輪廻

★★★★☆

昔に起こった連続殺人事件の映画化で主役に抜擢された女の人が、撮影中に変なものを見たりうなされたりしてヤンヤンする話。その事件の被害者の生まれ変わりが現代で同じ方法で死んでいくっていう背景があるけど、がっちりとミスリードされてしまったので良かった。最後の粘土細工みたいなお化けはちょっと笑っちゃったけど。あと、この映画でぜひ堪能してもらいたいのは優香の演技力ですね。自信の無〜い感じと発狂する感じの演技力がかなり良くて安心して見れました。香里奈も出ているけど、ニッセンのCMに出ていた実績は確かなもので、ニッセンで揃いそうな服を着ていました。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが312 - 死霊のはらわた

死霊のはらわた

★★★☆☆

山奥の別荘で休暇を過ごそうとした5人の若者が死霊に取り憑かれてギャーギャーする話。スプラッター映画の原点になってるやつ。とは言え元祖は元祖、30年前のやつなのでまあ映像や合成は見劣りしますわな。逆にこれを見ることでこんだけホラー映画が進化してるっていうのには気付かされますね。

【サム・ライミ監督関連】
スペル



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが305 - グレイヴ・エンカウンターズ

グレイヴ・エンカウンターズ

★★★☆☆

50年前に閉鎖された廃精神病院で頻発する超常現象をカメラにおさめようとしたらマジのやつが出てきてヤンヤンする話。「重度の精神病患者を収容してた病院」「院長がロボトミー手術の実験台に使ってた」「いまは死んだ患者の幽霊が出る」という背景と、「いつまで経っても夜が明けない」「建物の構造がどんどん変わって出口が無くなる」という舞台設定はよかったけど、お化けは顔で脅かすことしかしてないのと、出られなくなる構造の変化なら、カメラは一体どうやって回収したんだっていうのが心残りで、もうちょっと〜!て感じでした。「そこ撮る?」ていう場面もうまくカメラにおさまってたし。夜中の廃病院の暗視カメラはなかなかの恐怖演出だけど。ちなみに早速続編が作られてるらしくて、予告編ちらっと見たら舞台も同じで何一つ変わってなかった。味をしめたか。

【関連】
グレイヴ・エンカウンターズ2


パッケージにもなってるビックリポイント

あとは下の二つがこの映画のビックリポイントだけどどうしても笑っちゃう(一応ネタバレをふせいどきます)
これ→
これ→

#ホラー #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが301 - 屋敷女

屋敷女

★★★★★

出産前日の女の人の家に、謎の女が侵入してきて女を追い詰めていってヤンヤンする話。いや〜〜〜〜恐ろしい!怖い!怖すぎる!襲われる女の人がまず出産前日で産気づきまくってるってとこで不安定すぎるし、そこに容赦なく攻め込んでくる謎の女(だいたい理由とかはすぐ分かるけど)がキレキレで怖すぎる。「産まれるし〜!そんなプレッシャーかけたら産まれるし〜!でも立ち向かって〜!」とハラハラしましたね・・・しかも旦那に先立たれてるのでたった一人っていうね。恐怖の演出もブレーカーの落ちた部屋でカメラの一瞬またたくフラッシュを頼りに近づいていくっていう演出もなかなかスタイリッシュ(前半に「カメラが趣味」ってことを印象づけられるので後半それが活きてくる)だし、フランス映画独特のオシャレ感が漂ってるのが良かったです。ただグロすぎて一番肝心なシーンでボカシが入ってしまったのが悔やまれました。そこ見せろ〜〜!的な。で、そのシーンを経て最後の最後の静かな描写の気持ち悪さはかなりトラウマを植え付けられました。出産経験のある女性なら余計に恐ろしいのではないでしょうか。



#スプラッター #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが291 - シャッター

シャッター

★☆☆☆☆

新婚旅行中に交通事故をおこして人をはねたら、それ以降写真にその人が入り込んできてヤンヤンする話。はい。あんまり怖くなかったな。その理由はおそらく、霊の人が奥菜恵っていう「知名度のある人」だから。ここ怖い!っていうシーンでバーンと出てきても「でた〜!奥菜恵が!!」ってなるので、あんまり怖くないんです。こういう役は誰でも無い人がやるに限るなと思いました。まあ、全然知名度が無い人が代わりにやっててもそこまで面白くなったかって言ったら微妙ですが・・・。ちなみに舞台の多くが日本なので、私の好きな「カタコト日本語の外国人」が見れますが、ここでは男性しかカタコトにならないので、そういう面でもリメイク版呪怨に負けますね。

【カタコト日本語関連】
THE JUON -呪怨-

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが287 - ヒッチャー

ヒッチャー

★★★★☆

ヒッチハイクで乗せた人が連続殺人鬼で、一回逃げおおせたけど悪魔のようなしつこさで付け狙われまくってヤンヤンする話。人間が怖い系ホラー。ただただ目的も何も無くて人を殺しまくるけど、最終目的が「自分を殺してくれる奴を探すこと」。で、主役の若者が目をつけられて、自分を殺してくれるまで若者を殺さずに覚醒(成長?)するのを待っていたぶり続けて、最終的にぶっ殺されるその流れが完璧ですごかった。場所の舞台も道しか無いただのまっすぐな道で逃げ場の無いのも怖い!リメイクはあんまり良くないみたいなので、オリジナルをぜひ。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが282 - インシディアス

インシディアス

★★☆☆☆

悪魔に取り憑かれて昏睡状態になった息子を救うためにヤンヤンする話。音でビビらす古典的なやつ。全体的にあんまり面白くなかったけど、よくよく調べてみたら、R指定が無いホラー映画だったみたい。本当の意味で誰でも見れるホラー映画っていう仕上がりだったみたいだけど、私のようにムカデ人間2ぐらいでないと満足できない者にとってはちょっと物足りなかったかな・・・。ただ、オープニングのタイトルが出てくるところは煽りすぎて逆にむちゃくちゃ面白くなってるのでそこだけでも見てほしいところですね。



#オカルト #ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが275 - ムカデ人間2

ムカデ人間2

★★★★★

発達障害のきもいオッサンが「ムカデ人間1」にいたく感銘を受けて、自分でも真似してヤンヤンする話。前作は「医療知識のある医者が丁寧に手術して3連結」だったんだけど、今回は「医療知識なし」「家にある道具で全部まかなう」「10連結」っていうね、しかも「ムカデ人間が上映されている現実世界で、前作の役者もつなげる」というメタ設定。前作が「100」とすると今回は「20,000」ぐらい残虐・グロ・汚物描写のオンパレードでリミッター外れまくってて最高でした。グロすぎて全編モノクロなんだけど逆にそれも雰囲気作りの一端を担ってて、こんだけやってくれると逆に清々しくなっちゃって笑ってしまった。「警察動けよ」「足首と両手にガムテープ巻かれてるだけだから抵抗できるだろ」は禁句です。あまりにグロすぎて「よくムカデ人間側の人たちはこの脚本読んでオファー引き受けたな」って思いましたね。役者魂か。



【関連】
ムカデ人間


#スプラッター #ホラー #パニック
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが265 - パラノーマル・アクティビティ3

パラノーマル・アクティビティ3

★★★★★

前作でとり憑かれる女の人の、子供時代の話。以前の超常現象が起こる原因となるような出来事が記録されてヤンヤンする話。前回、前々回と全然怖くなかったのですが、今回はノウハウをつかんだのか「何か出てくるかもしれない」ていう映像的怖さがかなり追求されてて、さらにとり憑かれる対象が幼女ということもあって、結構怖かったですね。まあストーリーは投げっぱなし感はあるんでアレですが、シリーズ通して見るとこれが一番怖かったかな〜。最後おばあちゃんの家での顛末は片目(視力悪い方)で見てましたね。急に出てくるとびっくりするからさ・・・。へへ・・・。


何かに引っ張られる幼女

【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが259 - ブラック・スワン

ブラック・スワン

★★★★☆

「白鳥の湖」で主役に抜擢された女の人が、優しい「白鳥」とダークサイドに堕ちた「黒鳥」の二役の重圧に押しつぶされて頭が狂っていくお話。ナタリー・ポートマンの演技が凄まじすぎ〜それに尽きますね。映像も美しいし、だんだん何が現実で何が幻覚か全く分からなくなる見せ方もよい。あとまあまあエロいシーンもありますね。あとあと、いわゆるこの手の「体当たりの演技」で思い当たるのは「ドラゴン・タトゥーの女」のリスベットを演じたルーニー・マーラさんかな。女は強し。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが258 - ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

★★★★☆

愛しあって結婚した一組の男女が、なんだかんだで離婚していく過程を「出会い〜結婚」「ギクシャクした後に離婚」の二つを交互に展開しながらヤンヤンする話。圧倒的胸のキリキリ・・・正視に耐え難いリアルで残酷な描写・・・死ぬ・・・悲しすぎるだろ・・・。二人がなぜ離婚するに至ったかの直接的な原因は描写されてないので決定的にどっちが悪いとは言えないけど、断片的な映像を見ていくとシンディ(女)の方が悪いように思える。シンディの両親にかなり問題があったので、反面教師的にいい家庭を築こうとするのは当然だし、ディーン(男)も色々なリスクも乗り越えて「家族を愛する」という目標を達成させようと努力したのに・・・結婚する瞬間、明るい未来を想像するイキイキとした二人と、何もかも疲弊しきって見すぼらしい姿になった二人を短い時間で交互に見せていく終盤はマジで辛いし、最後の花火とともに最高のシーンをフラッシュバックさせる演出は鬼としか思えない。そんな演出されたって辛いだけだろ!!

#ラブストーリー #ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが252 - レコード 〜シッチェス別荘殺人事件〜

レコード 〜シッチェス別荘殺人事件〜

★☆☆☆☆

スペインの別荘で殺人事件が起こって、迷宮入りしそうと判断した警察が公開した「被害者が死ぬまでの37時間の記録映像」という設定。ジャケットにインパクトあったので気になって借りてみたけど、全然大したことなかった。別荘の隣にある森に迷って歩きまわるシーンが長すぎる!暗視カメラの映像で雰囲気が不気味で何か出るのかと思ったら何も出ないし・・・。誰が犯人なのかもだいたい読めるしな。一人称視点のホラーはやっぱり「REC」が最高。

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが240 - ムカデ人間

ムカデ人間

★★★☆☆

医者が三人の人間のアナルと口を接合してムカデ人間を作ってヤンヤンする話。「田舎で大変な目に遭う」系B級ホラー。グロさはあんまり無かったけど、低予算ながらよくできておりました。ムカデ人間の先頭が日本人のチンピラ(日本語わめきちらす)で、後ろの二人のチャンネーが英語(でもしゃべれない)っていう微妙な言葉の壁も足かせになって医者の家から逃げられない感じもよい。ただ助けにきてくれる刑事二人が小汚いので「こいつら絶対死ぬな」て思いました。あと、「この映画を見た自閉症気味のオッサンが模倣する」っていうメタ要素を含んだ続編「ムカデ人間2」の方が面白そうなので、そっち見たいな。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが223 - パラノーマル・アクティビティ2

パラノーマル・アクティビティ2

★☆☆☆☆

家で超常現象が起こってヤンヤンする話。1で取り憑かれた女の妹の家が舞台で、時系列順でいうと1より前。まあだいたい分かりきっていたことではあったのですが、超絶つまらなかったので泣いた。日本版のリメイクの方がマシって思えるくらい何もいいとこなかったな・・・。舞台となる家がプール付きの大豪邸だったので、家爆発しろと思いながら見てました。

【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが222 - デビル

デビル

★★★☆☆

原因不明の事故で止まってしまったエレベーターに乗り合わせた5人が、停電のたびに1人ずつ殺されていってヤンヤンする話。「シックス・センス」や「ヴィレッジ」などでおなじみのM・ナイト・シャマランが原案と製作に関わった、原点に帰るかのような直球密室系ホラー。だけど死に様はもっとえげつない方がよかったな〜。首とかちぎれて欲しかったと思います。SAWシリーズで目が肥えちゃったのかな。話はそれぞれの人物が抱える問題を少しずつ明らかにしていきながら消化していって、無駄のないきれいな構成だったけど、やっぱもうひと盛り上がり欲しかったかも。そして捜査にあたったボーデン刑事の的確な判断と迷いの無い決断力、めちゃめちゃ憧れました。エレベーター内の疑心暗鬼度が限界に近づいて一触即発な空気を、自分の暗い体験をもとに説得させる姿は非常にかっこよかったです。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが207 - パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT

パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT

★★☆☆☆

海外旅行中に交通事故で両足骨折した姉ちゃんが帰国後家にいたら、怪奇現象が起こるので弟がビデオカメラ設置して原因を突き止める話。知らない間に日本版の続編が出てた。けど結局同じ話を日本風にアレンジしただけだった!ただ、見慣れた日本の家屋で怪奇現象が起こるのは身近な感じがしてちょっとぞくぞくしたかな。姉ちゃんと弟が毎日別々の部屋で寝るんですけど、こういう怖い状況なら、同じベッドじゃないにしろ同じ部屋で寝てやればいいのに・・・と思ったり。まあ話の流れは寸分同じ。とりあえずこんなきれいな姉ちゃん欲しい。これとは別に正式な続編も出てるらしいので、そっちも騙されたと思っていずれ見てみるか・・・。

【関連】
パラノーマル・アクティビティ

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが174 - スペル

スペル

★★★★★

おばあちゃんに意地悪したら、呪いをかけられてヤンヤンするお話。これはおもろかった!呪われて幻覚にうなされるんですが、ベッドで恋人と寝てると思ったらババア!とか、殺されそうなところを必死で抵抗して、ババアの上に重りがドーン!ババア目玉ポーン!顔にかかってキャー!とか、笑わせにかかってるとしか思えませんでした。呪いでうなされて日常生活に支障が出まくるけど、それにあきれずに最後まで見守ってくれた恋人の存在がいたことが救いですね。そして序盤の何気なさすぎる前フリが壮大なオチにガッチリつながるところも気持ちよかったです。全体的に不快なシーンがたくさんあるので見るときはご注意を。

#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが169 - ディセント2

ディセント2

★☆☆☆☆

前作で生き残った人がまた新たな救助隊と洞窟に入って地底人に殺されるお話。前作はまあまあ面白かったんですが、展開が前とほとんど同じだったのでちょっと退屈でした。地底人も前作と比べて目新しい何かがあるわけでもないし、全体的にしょぼくなってるしで、1.5倍速で見てしまいました。ホラー映画2作目で面白かったのは「REC2」くらいですね。

【前作】
ディセント

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが162 - パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ

★★☆☆☆

夜中に物音するから定点カメラ仕掛けてみてヤンヤンするお話。「スピルバーグがリメイク権を獲得したけど原作超えられないっつってリメイクを諦めた」という逸話があるんですが、それでハードル上げすぎ!怖かったけどそこまでじゃないよ!というのもこの手のモキュメンタリはネイティブの言語で字幕無しで見る方がよりリアリティがあって怖さ倍増するんでしょうねぇ〜。ネタバレというか皆様の予想の通りっていう感じのオチだし。ただ女の人が1〜2時間ずーっと夜中に突っ立って男をじとーと見つめるシーンはすげー怖かったです(倍速ノーカットなのでほんとに立ってるぽかった)。

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが147 - 1408号室

1408号室
★★★☆☆

泊まると死ぬ部屋に泊まって死にそうになるお話。部屋があの手この手で宿泊者の精神をすり減らすのですが、カーペンターズのキレイな曲を使うのが一番気持ち悪いなーと思いました。怖いシーンで逆に明るい曲がギャップで恐怖感が増大するというあの手法ですね。あとこの映画はほぼジョン・キューザックが一人で頑張っておりますので、迫真の演技を楽しむのも一興だと思います。「終盤ちょっとだれる」「子供が可愛くてそれどころじゃない」「1408号室の情報は誰が教えたのか分からない」とか「部屋が圏外なのにネットはつながる」など細かい気になるところはありますが・・・。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが144 - ミザリー

ミザリー
★★★★★

大ヒット小説「ミザリー」シリーズを書いている小説家が、最終回を書き終えた帰り道に雪道で遭難して両足骨折の重傷、しかし偶然助けてくれた看護婦により一命を取り留める。人里離れた場所に暮らす「ミザリーのナンバーワンのファン」と公言するその恩人に最終話を見せたところ「こんな結末は望んでないから書き直してネ^^」と監禁されてヤンヤンするお話。はっきり言いまして「『何だかんだで一番怖いのは人間』を表現してる映画」の頂点にいそうなレベルで怖かったです。体の自由も逃げ出すことも全く出来ず、世話をしてもらっているその人に追い詰められていく描写に精神をすり減らされました。こええ。



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが131 - ミラーズ

ミラーズ

★★☆☆☆

26日公開ですが、ミラクルパワー(試写会)で見てきました。百貨店跡地の夜警をすることになったジャック・バウアーが鏡の中のお化けに悩まされるお話。ジャック・バウアー(24)役のキーファー・サザーランドが主演なんですが、24の印象しかないので、お化けにビックリしたりゆっくり歩いたりしてたら何か違和感が…。ジャックはお化けでビックリしないよ!走らないと間に合わないよ!とか思ってしまったので、今度はそれを払拭するためにコメディ映画とかをやった方がいいと思います。肝心のストーリーはありきたりで、ベタなタイミングで大きい音で驚かしてきたり割と演出はチープです。バッドエンドだったのがまだ映画として救われたとこですね。

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが121 - ハプニング

ハプニング

★★★☆☆

原因不明の奇病に襲われてヤンヤンするお話。シャマラン監督作です。最終的に引っ張りに引っ張りまくって結局「何にもわかりまへ〜ん!謎で〜す!」ていうオチがすごいびっくりしました。シャマランといえばドンデン返しなのに…。しかしドンデン返しが無いという事がドンデン返しだったと解釈することにします。目に見えないけど確実に近づいてくる恐怖、というのがほんとに怖いです。グロ描写もかなりのもので、自分はシャマラン全肯定派なので好きです。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが094 - 呪怨 パンデミック
呪怨 パンデミック
呪怨 パンデミック
★★★★☆

呪われた家に肝試しで入ったギャル3人が呪われてえらい事になったり、その呪いが海を渡ったりで、てんやわんやなお話。なかなか怖いです。呪怨シリーズは呪われた後、どう死ぬかというところに恐怖の焦点を当ててますので、今回は国内海外通算で4作目なので、それはもう絶望としかいいようがない死に方をして、大変恐ろしいです。救いがない。

【前作】
THE JUON -呪怨-

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが086 - 悪魔のいけにえ
悪魔のいけにえ
悪魔のいけにえ
★★☆☆☆

迷い込んだ家に人の皮をかぶった人がいてヤンヤンするお話。オープニングとかすっげ怖かったんで期待したんですけどやっぱり何十年も前のものなので、刺激が足りませんでした。そんなにグロでもない感じです。女叫びすぎ。

【関連】
テキサスチェーンソー・ビギニング

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが067 - テキサス・チェーンソー・ビギニング
テキサス・チェーンソー・ビギニング
テキサス・チェーンソー・ビギニング
★★☆☆☆

チェンソー持った化け物が暴れるお話。先ほど紹介した悪魔の棲む家と監督が同じ(マイケル・ベイ)なので関連して紹介。まあ悪魔の棲む家と比べるとただ殺しまくるだけなんであんまりで、殺しのパターンもそんなに多くないです。チェンソーでぶったぎるだけ。「なぜレザー・フェイスは生まれたのか」みたいな話でファンにはヨダレものだと思うのですが、これしか知らないわたしはそんなに…でした(結局あんまり分かってない)。

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが066 - 悪魔の棲む家
悪魔の棲む家
悪魔の棲む家
★★★★☆

惨殺事件があった家に移り住んだ家族のお話。リメイク作品。お父さんがとりつかれて家族を殺そうとする「シャイニング」に通ずる話ですが、映像としての見せ方がとても自分好みで好きです。フラッシュバックとか画質の悪いフィルムだとか、おどろおどろしくもスタイリッシュです。普通にネタバレしますけどこの手の映画は結局みんな死んじゃうのですが、意外に死んだのは犬だけっていうまあバッドエンドでは無い感じです。ホラー映画特有の「ビックリポイントはここ!」ていう無駄なおどかしは多々ありますが、イカれだして家族の絆にヒビが入っていくところが見ててとても辛いです。ほんとは幸せな家族なのに…ああ…的な。ママ役のメリッサ・ジョージは無駄にセクシー。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが065 - 0:34
0:34
0:34
★☆☆☆☆

駅で寝過ごしたら終電のがして、さらに駅に閉じ込められたんですけど、何故か電車がきたので一安心。だがそこから恐怖が始まる…ていう話なんですけど、あんまり面白くないです。謎が解き明かされる時の気持ちよさが無く、謎が謎のまま終わってしまうのがとてもかなしいです。でも昔のホラー映画は殺人鬼が襲ってきてワーワーキャッキャという脳を1シナプスも使わずに見れるものなので、そういう郷愁を味わいたい人はいいかもしれませんが、それにしても物足りない感じです。

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが063 - ディセント
THE DESCENT
THE DESCENT
★★★★☆

洞窟探検をしたら何かがいた、という話。大変大味でベタなホラーなのですが、わたくし、生まれて初めて映画で叫んでしまいました。ひとりで。泣いてないですよ。未踏の洞窟というフィールドなので、とにかく暗闇。そして狭い。そんな状況下の中で出てくる正体不明の何か。これは怖い。主演が全員女性、というところもホラー映画にしては珍しいです。短時間で吹っ切れてめちゃくちゃ強くなるところが無茶すぎて笑いました。総じてけっこう怖いです。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが045 - サイレン
サイレン スタンダード・エディション
サイレン
★☆☆☆☆

弟の治療のために夜見島へ訪れた父親と女の子が、夜中になったサイレンを聞いてヤンヤンするお話。ゲームやってるのでついでに見ました。サイレン大好きなんですが、作った監督絶対サイレンやったことねーだろってくらいひどかったです。森本レオやココリコ田中といったキャスティングも合ってなくてひどい。市川由衣はめちゃくちゃかわいい。

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが042 - オープン・ウォーター
オープン・ウォーター
オープン・ウォーター
★★★★☆

ダイビングツアーに行った夫婦が海に取り残されてヤンヤンするお話。SAWよりも怖いという噂なのですが、SAWとはまた別次元の怖さですね。まあ何で取り残されたかっていう原因は実際に考えてありえるわけないのですが、万が一、億が一取り残されてしまったとしたら、僕も最終的にはあんな救いようのないオチのようになってしまうと思います。音楽、セリフが少なく、チャプチャプという波の音が逆に静かで、すごく怖い。夜のシーンとかマジ絶望。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが035 - THE JUON -呪怨-
THE JUON -呪怨-
THE JUON -呪怨-
★★★☆☆

ハリウッドがリメイクした方。ある程度謎を残して考えさせる日本版よりもよりクリアにわかりやすい仕上がりになっております。ちょっと違うのは主役に恋人がいる事と、あの家に主役がヘルパーで行く前に日本人ヘルパーが行って、消息不明になるところとラストシーンくらいであとはだいたい一緒です(あの伊東美咲のエピソードもがっつりリメイク)。ハリウッド版のみに登場するけっこうグロいシーンもありますがそれよりもサラ・ミッシェル・ゲラーがけっこう可愛くて、しかも日本が舞台なので、片言の日本語でちょっとしゃべるところが萌えです。
まあそれ(日本語萌え)はどうでもいいんですけど、呪怨のゲームを見つけたのでそっちも紹介しておきます。怖くてやってません。→

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが034 - -less
-less [レス]
-less [レス]
★★★☆☆

クリスマスイブ、家族5人で祖母の家に行く道中、いつもと違う裏道ルートを使ったら全然たどり着かない。やがて家族間に流れる不協和音、そして赤ん坊を抱えた白いドレスの女性と出会いヤンヤンするお話。よくある「いくら進んでも戻って来ちゃう」系ホラー。暗い一本道をヘッドライト一つで進んでいく閉塞感やら、やがて明らかになっていく家族同士の本心やら、家族が一人ずつ殺されていくなかで生存者がどんどんキティガイになっていく様子やらのおかげで、終始不安にさせられる映画です。ラストのオチも「そうだったんだ」的な気持ちよさはなく、最後まで不安定でした。原題は「DEAD END」ですが、「-less」になってるのは劇中ずっと希望なし「hopeless」、終わりなし「endless」、目的地なし「roadless」、安息なし「sleepless」、助けなし「helpless」ていう事が言いたかったからこういうタイトルにしたんでしょうね。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが025 - ノロイ
ノロイ
ノロイ
★★★☆☆

怪奇実話作家がダムの底に沈んだ村の儀式を追うお話。ノンフィクションっぽいドキュメント風の演出で「よくわからないもの」に対する気持ち悪さ、怖さを感じ取ることができるのですが、最初の方に出てくるインタビューの聞き方が気に入らなかったお母さんと脇役である堀さん(キチガイ霊能力者)のキャラが強すぎてかみ締めて考えるとギャグにしか見えません。ドキュメントタッチなのですが終盤は逆に撮影してる状況に不自然さを感じてしまうところも多々ありましたが、堀さんのせいで全てがどうでもよくなります。

#ホラー #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが019 - ザ・リング2
ザ・リング2
ザ・リング2
★☆☆☆☆

貞子が今度は愛すべき自分の息子にとりついてヤンヤンするお話。割と楽しみにしていたのにすべてが最高に微妙。怖いシーンも全然ないし、終始 波のない退屈な展開を見ながらあくびが4000回出ました。うん、これは、よくない。最後のシーンは気持ち悪いなぁと思ったけど今までの流れを払拭するようなアレでもなかったので、残念な結果となってしまいました。続編を出して売れたのはターミネーター2くらいですね。

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが017 - ドーン・オブ・ザ・デッド
ドーン・オブ・ザ・デッド
ドーン・オブ・ザ・デッド
★★☆☆☆

ゾンビ。
何でゾンビになるのか全然わからない(←禁句かしら)。生存者それぞれのキャラが薄い。主役のサラ・ポーリーの歯ぐきが多い。ゾンビの気持ち悪さはジョージ・A・ロメロなのでお墨付きなんですけど、もう気持ち悪いだけでキャーキャー言うようなお子様じゃないんだぜおれは…っ。オープニングからタイトルに入るまでの流れは結構好きです。

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |