Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>


SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
MOVIE TAGS
LINKS
PROFILE
OTHER

にっきにっき

もはやにっきにきです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | きじURL |
えいが511 - ゴジラ

ゴジラ

★★★★☆

ゴジラが出てくる話。ローランド・エメリッヒ版ゴジラがもう無かったことになるぐらい日本のゴジラを忠実にハリウッドで再現しておった。最初の雄叫びで「ウワーーーッ!ゴジラだーーー!」ってなったし、尻尾から尾ひれに順に光っていって、そこから光線ドーン!て吐くところも「ウワーーーッ!光線だーーー!」ってなりました。ですが、ちょっと登場人物の心象などを描きまくるあまり、ゴジラが出てきたり暴れたりするシーンがなかなか出てこず、終盤の方にめちゃくちゃ温存されたので、そこはもっと惜しみなく出していけよ!パシフィック・リムみたいにさあ!初めからドンチャン騒ぎ見せてくれよ!と思いました。続編が決まったらしいので、その辺は改善して欲しいな〜。



#パニック #アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが510 - パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

パラノーマル・アクティビティ 呪いの印

★★☆☆☆

18歳の少年の腕に突然現れた呪いの印のせいで大変なことになるお話。別に面白くないんだろうな・・・って思いながらも何故か見てしまうことでおなじみのパラノーマル・アクティビティですが、今回も案の定そんなに面白くはありませんでした。呪いの印、最初は超能力程度の力で「すげえ能力手に入れた!」ってはしゃいでる感じはちょっと「クロニクル」的な要素が入ってましたね。加えて、夜中に夢遊病的に何かなっちゃうとかではなく、だんだん自分の体に異変が起こるのでそれを何とかしようともがく構成になってて、番外編ぽい!と思いました。2016年に5をやるらしいんですけど、1の時点でやめといた方がよかったんじゃないでしょうか。見ちゃうけど。


なんやこのシーン


【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2
パラノーマル・アクティビティ3
パラノーマル・アクティビティ4

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが509 - エイリアンクロール

エイリアンクロール

★★★☆☆

世界中の人間がウイルスに感染して繁殖力を失った中、ただ一人妊娠可能な女性を安全な場所まで連れて行く途中でエイリアンに遭遇してしまい、狭い通路をひたすら這いまくって逃げまわる話。「この映画をぜひ日本人に見て欲しい!」という製作陣の好意的な姿勢が実を結んでDVDスルーすることになった低予算インディーエイリアンもの。まあ低予算なのでSFっぽさは皆無なんだけど、ただただ狭い通路をどこまでも這いつくばって逃げまわるという尖りまくった内容で、インディー映画の真髄を見たような感覚に陥りました。どんな状況でも希望を捨てずに逃げまわるトサカ頭の女がすごいかっこいいけど、一瞬だけ右頬についていた傷が左頬にワープして、また右頬に戻るシーンがありました。



#パニック
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが508 - リチュアル

リチュアル

★★★★★

森で記憶を失った男が何者かに追われてヤンヤンする話。インドネシア発のサスペンス・ホラーで、原題は「Modus Anomali(異常な手口)」。中盤までセリフがほとんどなく男の豊かな表情で危機を盛り上げ、ただひたすら正体不明の何かに追われていきます。情報も「森」、「記憶喪失」、「妊婦(=妻らしい)の殺害ビデオ」以外はほぼゼロに等しく、見ている人に状況を推理させる展開だけど、も〜この結末はもう驚天動地すぎて「こんなの誰も予想できないだろ!」ってなりました。いや〜すごすぎ。ちょっと不自然なところもあるけど前半の経緯が全て丸ごとひっくり返った緻密な構成の衝撃はなかなか他では味わえないのではないでしょ〜か。インドネシアは「ザ・レイド」を筆頭にかなりグイグイ来ているので今後も注目したいですね。



#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが507 - となりのトトロ

となりのトトロ

★★★★★



すごい良かったです

#ファミリー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが506 - ヴィデオドローム

ヴィデオドローム

★★★☆☆

TV局の社長が偶然見つけた、拷問だけを延々流し続ける謎のTV番組「ヴィデオドローム」に魅せられてのめりこんでヤンヤンしていくお話。哲学的な話でよく分からなかったけど、現実か幻覚かが曖昧になってしまう、幻覚が現実を凌駕してしまうというところがこの映画のツボなので、よく分からないままでいいかなと思いました。敬具



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが505 - マレフィセント

マレフィセント

★★★★★

眠れる森の美女のヴィランであるマレフィセントに焦点を絞った話。原作アニメで描かれることがなかった子供時代〜オーロラ姫が生まれる直前までの「人間を憎むようになった経緯」がたっぷり展開されて、新たなマレフィセント像が確立できたのではないかと思いました。めちゃめちゃ感情移入するし、「そりゃ憎むよね」ってなる。あとはオーロラ姫を離れで育てる時のこっそり見守る感じが、ベジータが来る直前の幼年時代の孫悟飯とピッコロ大魔王みたいな関係性でかなりお茶目だし、原作アニメとは違う結末を迎えるしで「まあまあこういうのもいいんじゃない?」ってなるし、総じて良かったです。アンジェリーナ・ジョリーしかできないハマり役だったな。フィリップ王子は完全に空気と一体化してたので、下手したら出てることに気付かない人も多いかもしれない。





今年のディズニーのハロウィンはこの仮装が流行る

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが504 - テーターシティ 爆・殺・都・市

テーターシティ 爆・殺・都・市

★★☆☆☆

近未来。監視社会に現れたミュータント人間に立ち向かう、漆黒のバイカー集団がヤンヤンする話。北斗の拳リスペクトのゴアゴア映画「アダム・チャップリン」のレーベル二作目。「特殊な電波で凶悪犯罪者予備軍の狂気を自殺衝動に変化させて自殺させまくり、その肉をバーガーにして市民に食べさせることで平和を保つ街」っていう設定がマジでぶっ飛びまくってて、そこから何の説明もなくその電波が効かないミュータント人間が出てきて、ひたすら人体破壊描写がこれでもかと続いていく感じのやつ。説明不足でめちゃくちゃ分かりにくいわ「このシーン長くね?いらなくね?このシーンは何?」っていうのが多いわ演出は雑で安っぽいわで正直言ってめちゃくちゃ退屈なんだけど、「俺たちは面白い映画を作ってみんなを楽しませるんだぜ!」っていう意気込みは痛いほどに伝わって参りました。どうせなら三作目の「ホテル・インフェルノ」も見たい。POVだし。


爆殺だ〜!!

【関連】
アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者


#アクション #スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが503 - 武器人間

武器人間

★★★★☆

第二次世界大戦末期、ソ連軍がナチス・ドイツの占領地域のとある施設に入ったらフランケンシュタインの孫のマッドサイエンティストが人間と機械を合わせた改造人間を大量に製作しているところ、ソ連軍がめちゃめちゃにやられてヤンヤンする話。武器人間の造型がめちゃくちゃ最高!武器人間の動きも鈍いのであんまりアクションすげえ〜!ってなることはなくてむしろ中盤まで退屈なんだけど、博士が出てきてから一気に面白さが加速しましたね・・・。改造が雑なのでなかなかグロいシーンがてんこ盛りで、博士の「俺はこんなにも真面目に取り組んでるのに!」っていう狂った感じも素晴らしかったですね。あと、だいたいのPOV映画って画面がブレて肝心の敵の姿がよく見えないという欠点はありますが、これはゼロ距離で武器人間と対峙してめちゃくちゃしっかり撮影してるのもサービス満点で良いです。


モスキートマーン!


プロペラヘッドー!


ケロイダー!


レイザーティースー!


ウォールゾンビー!

#POV #パニック
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが502 - ファニーゲーム U.S.

ファニーゲームU.S.

★★★★☆

別荘に休暇に来た家族が、変な隣人にいたぶられまくる話。監督自らハリウッドでリメイクしてる感じだけど、やっぱり後味悪いいいいいいぃぃ。この胸糞の悪さは、家族が一切抵抗しないところにある気もするな・・・。いきなり出てきて自由を奪われるわけではないし、余裕で逃げることだってできるのに、そこを全くせずにただただ理不尽過ぎる奴にされるがままになぶり殺されるのが胸糞展開になってるのかもな〜。一番最後、画面を睨みつける表情が怖すぎて背筋ぞわっとしました。


何の脈絡もなく突然映画を見ている人に視線を送るメタシーン

【関連】
ファニーゲーム

#スリラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが501 - インシディアス 第2章

インシディアス 第2章

★★★★☆

前回息子にとり憑いたお化けを退治したと思ったらお父さんの方にとり憑いちゃって、何とかしなきゃっつってヤンヤンする話。前作の直後から始まるし、設定などをほぼ引き継いでるので前作必須です。で、肝心のストーリーは、前作よりもかなり面白かったな・・・。とり憑いてるお化けのバックボーンを深堀りしつつ、家族の絆を描きながら、濃いお化けキャラのベタというかもう笑わしにかかってるレベルの驚かし方、ギャグ担当のちゃらんぽらん心霊調査員など、怖さの中に楽しさを表現していて飽きずに見れたな〜。前作見なおしておけばよかった!ホラーなのに年齢制限無し・血が一滴も流れないのもすごい。


ギャグ

【関連】
インシディアス

#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが500 - 300 帝国の進撃

300 帝国の進撃

★★★★☆

前作の主役レオニダスが遠征に出かけたほぼ同時間帯、海の方でもテミストクレスを筆頭に激しい戦いが行われておった・・・という話。激しいアクションはバリバリ健在でカメラがグルングルン回りながら馬とともに敵を斬りつけながら船から船へ飛び回るシーンはとってもかっこよかったけど、前作ほどのインパクトはやっぱり無かったかな〜。突然始まる前戯無しのセックスシーンはめちゃくちゃ面白かった(戦いの時と同じようなカメラワークでやる)。





【関連】
300(7年前とか)

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが499 - 42 〜世界を変えた男〜

42 〜世界を変えた男〜

★★★★☆

背番号42がメジャーリーグ全球団で永久欠番になるぐらいすごい功績を残した黒人初のメジャーリーガーが、いかに差別と戦ったかを描いた話。1940年代は黒人差別がメチャクチャひどくて、飛行機もキャンセルされるわホテルも泊まらせてもらえないわ、試合中に好プレーをしたらいきなり保安官が出てきて「黒人は帰れ」とか言われるわで散々なんだけど、それでも屈さずに野球だけをひたむきにやっていったら皆の見る目が変わっていったっていうだいたい予想できる話ではあった。何年もかかるような話を2時間でギュッと凝縮したのでちょっと早足だったけど、まあそこそこ「良かったね・・・」ってなりました。でもまあ普通。なので最後悠々とベースを一週するシーンで3塁踏んだ瞬間地雷が爆発して体バラバラになったら面白いな・・・と期待してたんですが、普通に終わりました。


とにかく足で魅了する

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが498 - オーディション

オーディション

★★★★☆

映画のヒロインオーディションを行って、あわよくば落選者から自分の再婚相手を探そうとしたおじさんが、やばい女に引っかかってひどい目にあう話。『国際映画祭の上映では記録的な人数の途中退出者を出し、映画を観た一人の女性客が三池に「悪魔!」と激怒して詰め寄った』とか「アイルランド映画協会員限定で無修正版が上映された際、会員の何人かがショックで倒れ、そのうち一人が急遽病院に運ばれる事態が起きた」とか物騒なエピソードがあって、さてどんなものかと思ったら、あああ〜〜痛い痛いよ。中盤まで普通のラブストーリーみたいな感じだったのに、急遽スプラッターになる落差がすごかったな。やばい女の内側からくる狂気も怖いし、夢かうつつかよく分からんシーンで「ズタ袋につめ込まれた舌と指と耳のちぎれた汚いおっさんに、女が自分のゲボをご飯として犬みたいに与えるシーン」と、「最後階段から突き落とされて首が折れてるのに、壊れたカセットテープみたいに今までおっさんと話した会話を一字一句間違わずに繰り返すシーン」は屈指のヤバさだったなと思いました。そこが最高。でもグロシーンに目が肥えてしまったわたしは痛みを与えてるシーンで「もっと直接見せろよ!」とか「何でそこで息子が帰ってくるんだよ!」とか思ってしまいました。もっとできた。もっとすごくできたはずだよ。






ひたすら電話を待ってるシーンが怖い

#スリラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが497 - キャプテン・フィリップス

キャプテン・フィリップス

★★★★★

貨物船が4人のソマリア人海賊に乗っ取られて、船長が大変なことになっちゃうお話。これ特別見たいわけではなく、つぶす感覚で全く期待せずに1.5倍速で見てたんだけど、予想外に面白すぎて「これは倍速で見たらあかん!」となりました。海賊が乗り込んできた辺りの緊迫の攻防に始まり、終盤のトム・ハンクスの迫真の演技が圧倒的すぎて最高だったな。ただのおもしろおじさんとしてのイメージがあったけど、あんだけすごい演技見せつけられたらそりゃハリウッドで成功するわ。そして海賊のリーダー役の若いソマリア人俳優も、これ俳優?本物の海賊捕まえてきたんでしょ?って思うぐらい完全に海賊。ストーリーは地味過ぎるけど役者の演技にとにかく圧倒された2時間だったな。「なぜ海賊行為をしなければならないのか」っていう国際情勢といった知られざる内情が分かるのも興味深かったです。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが496 - オンリー・ゴッド

オンリー・ゴッド

★★★☆☆

バンコクでボクシングジムを経営しながら裏で家族とともに麻薬組織を運営しているジュリアンの兄が殺されて、逆上した母親(組織のお頭)がジュリアンに敵討を命じるんだけど、元警官のおじさんが二人を処刑しようと立ちはだかってヤンヤンする話。ざっとなぞるとこういう話なんだけど、めちゃくちゃわっかりにく〜〜〜!わかりにくい!!そういう感じです。映像とか演出が凝りすぎて最早アートの域に達してるだけに、万人受けは全然しないだろうな〜。とりあえず一番かっこいいのはライアン・ゴズリングだけど、それ以上にすごかったのは元警官のおじさん。こいつがメチャクチャなんだけど一番の正義だったような気がするな・・・。処刑が終わるたびにすぐカラオケのシーンに切り替わって歌い始める謎のシーンがすごすぎ。



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが495 - ザ・ベイ

ザ・ベイ

★★★★★

独立記念日のお祭りで楽しく盛り上がる海辺の町で次々と体に異常を訴える人が続出して、やがて町全体が壊滅してしまう様子を記録したフェイクドキュメンタリー。POVの中でも屈指の「最恐」の部類に入るほどの傑作。だいたいPOVってお化けとか超常現象で対象物に現実感は無いけども、「海に不法投棄された廃棄物で突然変異を起こした寄生虫ワラジムシが人々に感染していく」っていう身近に起こりそうな題材を選んでいるのがより怖さを引き立てています。構成は生き延びたレポーターの映像と証言を軸に進めながら「病院内の監視カメラ」「警察の車載カメラ」「何も分からず感染してしまい病院内で友達とビデオ通話する女の子の記録」「病院と疾病予防管理センターとのスカイプ通話記録」「家畜の糞を不法に海に廃棄していることを告発する映像」「海辺の水質調査する学者」など、人が持ってるビデオカメラだけにとどめずにありとあらゆる視点から今回の一件を解き明かしていき、全体像が浮かび上がっていく丁寧な構成もとても分かりやすくて秀逸。感染者の様子も意外とグロいし。終盤の取り返しのつかない街の壊滅具合が本当にヤバい。新宿の小さい劇場で一日一回しかやらないのがもったいないぐらい面白かった!



#POV #パニック
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが494 - ディス/コネクト

ディス/コネクト

★★★★★

ネット社会をテーマにした3つのストーリーが交互に展開されていく話。facebookの偽アカウント(実は同級生)に騙されて恥ずかしい写真を送ったら学校中に晒されてしまった気弱な少年と、チャットを経由していつの間にかクレジットカードの情報が盗まれてて一文無しになってしまった夫婦、エロライブチャットで働く少年を取材する女記者と、それぞれ方向性が違うが全てネット社会に生きる昨今「他人ごとじゃねえな」っていうような身近なテーマで構成されておる。それぞれのストーリーは細切れに展開されていくけど、全くごちゃごちゃにならずにうまく構成されていてとても見やすかった。最終的に誰も幸せにならずに最高に暗い気分になるけど、ネット社会特有の絆が生まれていくのも良かったですねえ。



#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが493 - グランド・イリュージョン

グランド・イリュージョン

★★★★★

4人の凄腕マジシャンが集められて、とんでもない最高のマジックで人々や警察、FBIすらも出し抜いてヤンヤンする話。これはあんまり期待してなかったけど、すごい面白かったな〜。4人が集まって「フォー・ホースメン」を結成して第一のマジックをしかける序盤、第二・第三のマジックに感心しながら全てのマジックが一つの目的のためにつながっていることに気付いて、そして最後の15分の超どんでん返しと、スタイリッシュにマジックを見せながら気持よく騙してくれるストーリーと演出がとてもよかった〜。「追うもの(=FBI)」「追われる者(=マジシャン)」の構図に「マジックを見破る者」が介入するのもいいし、それがモーガン・フリーマンなのも良い。主演もジェシー・アイゼンバーグ(ソーシャルネットワークのザッカーバーグ)とか、ゾンビランドに出てたオッサンが出てるのも良い。



#ファンタジー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが492 - アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者

アダム・チャップリン 最・強・復・讐・者

★★☆☆☆

最愛の妻をその街のボスに焼き殺されてしまったアダム・チャップリンが、悪魔の力を借りて(経緯と説明無し)、めちゃくちゃに復讐しまくる話。北斗の拳が最強に好きなイタリア人監督(主演も兼ねてる)が作ったみたいで、とにかくスプラッター描写が今どき珍しいぐらいぐっちゃぐちゃのめちゃめちゃ最高に激アツ!なんだけど、ストーリーが全くなくて5分で終わる話を無理やり80分に引き伸ばしてるからあんまり期待しないほうがいいと思う。youtubeに上がっている予告編で充分。



一撃で顔を粉砕!



ケツから棒を刺して串刺し!



壁全体にドーン!



鉄拳制裁!!


北斗の拳やジョジョも真っ青の百烈拳がみどころです。


#アクション #スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが491 - 真夏の方程式

真夏の方程式

★★★★☆

開発計画のアドバイザーとして玻璃ヶ浦に招かれた湯川博士が宿泊先で一人の少年と出会いつつ、その旅館で変死体が見つかってしまい、ヤンヤンする話。玻璃ヶ浦の海をとんでもなく美しく描きながら、登場人物の重くのしかかってる苦しい過去があまりにも暗すぎるのが原作どおりめちゃくちゃ対照的であった・・・。でも相変わらず湯川博士、「それ何で分かったん?」っていうぐらい推理力ありますよね・・・。ちなみにここに登場する少年は「いい感じに日焼けした杏にカンチョーする」という何千回と輪廻転生を繰り返しても達成できなさそうな実績を解除していました。

【関連】
容疑者Xの献身

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが490 - ザ・ファイター

ザ・ファイター

★★★★☆

過去の栄光を引きずってヤク中になってる兄ボクサーと、そんな兄と過保護な母親に言われるがまま試合に臨むけどあんまり芽が出ない弟ボクサーが苦難と挫折を乗り越えて頑張る話。実話をもとにしているんだけども、ヤク中で事件起こして刑務所に入って、人生のどん底まで落ちて家族の絆も破綻寸前みたいなとこまでいくのにそれでも弟を応援し続けるひたむきな態度に心が動かされましたよね。クリスチャン・ベイル(兄役)が役作りのために10キロ以上痩せて髪の毛を抜いて歯並びも変えたり、マーク・ウォールバーグ(弟役)がボクサーの役作りのために出演料より50万ドル多い金でトレーナー雇ってがっちり仕上げてきたっていう凄まじい役者根性も「すげえ・・・」と吐息がもれます。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが489 - ゴースト・エージェント R.I.P.D

ゴースト・エージェント R.I.P.D

★★★★☆

事件現場に乗り込んだらうっかり死んでしまったんだけど、「人間界に潜んでいる悪霊を本来いるべき場所に成仏してあげる天国警察」に配属になった刑事が、地上の悪霊を退治しながらヤンヤンする話。早い話が「幽霊版メン・イン・ブラック」で、テンポもいいし軽いコメディ要素も入っててガンアクションもいいカメラワークだったし、ディスイズエンタメ映画や〜みたいな感じで割と楽しめたんだけど(ケビン・ベーコンも出てたし)、死ぬほど評判悪くて興行収入低すぎでコケまくったらしいですね・・・面白かったのに・・・なんでや・・・。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが488 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! 史上最恐の劇場版

★★★★★

立ち入るともれなく気が狂ってしまうというタタリ村にいつもの3人+霊媒師、物理学者、アイドルが入り込んでヤンヤンする話。いや〜〜〜〜〜最高!初日、上映館に長蛇の列があってプチフィーバー状態になってて諦めたぐらいで、DVD待つか・・・とも思ったけど、この見たい欲求がどうにも抑えきれず、GW最終日に見れました(整理番号7番)。しかしスケールすごいことになった!相変わらず工藤Dの暴力描写がエスカレートしまくってる(黒バットもって殴りこみに行くシーンは笑った)し、工藤の両親にまつわる伏線とか回収しつつ最終的にはとんでもないことになっちゃったんだけど、今後の展開は一体どうするんだ・・・続きが見たい・・・。は〜まじでまだ見てない人は今スグTSUTAYAに行って全シリーズ借りてきてくれ〜〜めっちゃ面白いからよ〜〜〜〜。

【関連】
慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 新説 四谷怪談 お岩の呪い
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが487 - 死霊館

死霊館

★★★★☆

悪霊祓いを生業とする夫婦が、今までで最もヤバかったエピソード(実話)を描く話。「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督が「インシディアス」みたいな感じで基本に立ち返った正統派のホラー。ではあるが、正統派過ぎて特に真新しい描写はあんまり無い感じではあった。ただ、霊現象にあって怯え泣き叫ぶ子どもの演技がめちゃくちゃ凄まじくて、まじで幽霊見ちゃったんじゃないかな・・・と思うぐらいの鬼気迫る泣き方でした。言えるのはそれくらい。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが486 - エリジウム

エリジウム

★★★☆☆

超絶金持ちは地球を脱出してコロニーで悠々自適の生活、貧しい人は地球で貧乏暮らしをしている世の中で、コロニーでしか治せない病気になってしまった人が体を改造して自分の体を治しつつ、もういっそのこと革命起こして全ての人がコロニーの市民になる権利をゲットしてどんな病気でも治療できるようにしようぜ!って頑張る話。監督も同じなので、「第9地区」っぽいなと思ってたんですけど、ほんとに第9地区っぽいなと思いながら、「第9地区の方がおもろいな…」と思ってしまいました。話が普通の展開だったからかな。CGとかコロニーの世界観とかもそこまで真新しい感じでも無かったし・・・。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが485 - 桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ

★★★★☆

桐島が部活を辞めるっていうことで学校中が大騒ぎになる話。スクールカーストがめちゃくちゃうまく表現されていて、見た人全員が誰かに共感できるみたいな触れ込みであったけど、わたしには高校時代の記憶がほとんど無かったし、関西ノリでイケてるグループが地味グループを見下したりせずにおいしくいじってあげるみたいな風潮だったので、あるあるは分かるけど「俺こいつだったわ〜〜」みたいなのは全然無かったな・・・。まあ俺の知らないところで誰かと誰かが付き合ったりはしてたと思うけど、なんせほとんど記憶がないし全然モテなかったのでずっと真顔で見てたわ。とりあえず高校生の世界の狭さが浮き彫りになってたし、女は全員むかつきましたよね。


ユイちゃんを筆頭にあまちゃんに出てた人が多数出演しとった

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが484 - アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2

★★★☆☆

スパイダーマンの次の相手は電気人間エレクトロとグリーンゴブリンで、ヤンヤンする話。やっつける話ではあるんだけどそこ以外の親父さんの秘密や、恋人グウェンとのいざこざが結構時間取っててやきもきしましたね・・・。両親の方はいいとして、グウェンの恋は「私たち付き合うべき?別れるべき?やっぱり友達に戻りましょう、やっぱ本格的にお別れね・・・いや、愛してる!!!!」みたいに二転三転しまくって、なんなんだよ!!ってなりました。前作はそうでも無かったのに、ウザさが倍増してたのが少し残念かな〜。エレクトロは元々誰にも相手にされない電気工だったので、スーパーパワーを手に入れて「みんなが俺に注目してる〜!ウオーウオー!」みたいな感じで死ぬほど承認欲求強いのが可愛げがあって新鮮でした。で、肝心のアクションについては、まあすごいのはすごいんだけど、他の映画でもめちゃくちゃすごいアクションは見まくったせいで目が肥えてしまったのか、「すっげえアクション〜!最高〜!」とはならず、予告編とかを全部見ないようにして望んだ割にはそこまででした〜。



【関連】
アメイジング・スパイダーマン

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが483 - サプライズ

サプライズ

★★★★★

両親の結婚35周年を祝うために集まった家族+恋人たち10人が、何者かの襲撃にあって襲われまくるけど主役の女の子が奮闘してヤンヤン話。家宅侵入モノとしてめちゃくちゃ完成度高かった!ストーリー、人物設定、舞台、黒幕、もう全てが使い古されている手垢まみれの題材だったのに、カメラワークや音楽&効果音、演出がかなり凝っていて、全く飽きることなく最後まで突き抜けていったのが痛快。主役の女の子が何でこんなに臨機応変に対応できるのかっていう理由はちょっと「んなアホな」とは思ったけど、まあ爽快にやっつけてくれるし魅力的に描いてくれるので感情移入できます。かわいいし。監督はVHSネクストレベルで幽霊モノの監督をしてくれたアダム・ウィンガードっちゅうのも安定感あったな〜〜オススメ!



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが482 - ホワイトハウス・ダウン

ホワイトハウス・ダウン

★★★★☆

テログループにムチャクチャ簡単にホワイトハウスが乗っ取られて、偶然娘と一緒にホワイトハウスの見学ツアー中だった大統領警護官候補が娘とはぐれながらも大統領を守りながらメチャクチャのグチャグチャになる寸前で勝つ話。話が進むにつれてこれどうやって収拾つけんの?っていうぐらいとんでもない窮地に追い込まれて、「これ絶対無理だろ」って思ったんですけど、何とも上手い感じでキレイに片付けたなーと少し関心しました。途中で飛行中のエアフォースワンが思いっきり撃墜されて要人が死にまくった割にその後何も描かれてなかったけど。で、何も考えずに見れるアクション映画とはいえ、話のスケールやCGもレベルアップしまくってるのであまりバカにはできないなと思いました。大統領警護官になる動機もけっこう自然な流れで、うまく終盤につながってるのも良かったね。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが481 - ロンドンゾンビ紀行

ロンドンゾンビ紀行

★★★★☆

ロンドンがゾンビパニックになってしまい、老人ホームもゾンビまみれになってしまうがなんとかおじいちゃんおばあちゃんが頑張って立ち向かってヤンヤンする話。コメディよりのゾンビものということで見てみた。ショーン・オブ・ザ・デッドほどではないが、楽しく見れたな。ロンドンバスでぶっ飛ばしたり、足の弱いおじいちゃんが見せる時速1.7kmのゾンビチェイスが最高。他にもゾンビの存在を意外とあっさり受け入れたり、生前、頭に鉄板が仕込んでいたおかげで全然ヘッドショットが効かないゾンビが出てくるとか、知ってる前提で話が進むのも割と斬新であった。おじいちゃんがとにかくかっこいいんだよな〜〜〜〜。

【関連】
ショーン・オブ・ザ・デッド



#パニック
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが480 - ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

★★★★★

5人の幼なじみが20年ぶりに再会し、一晩のうちに12軒のパブを渡り歩く「伝説の梯子酒」を達成しようとするが、久しぶりに戻ってきた町が何か変・・・やがて大変な事態に巻き込まれてヤンヤンする話。とても笑った!ショーン・オブ・ザ・デッド、ホット・ファズに続く三部作の締めくくりとして相応しすぎる楽しい出来であった。CGを多用してスケールアップしているけど、それに反比例するかのようにしょうもないやりとりの応酬がめちゃくちゃ面白かった〜。人とは違う何かに遭遇&対峙のシーンはかなり見せ方が上手くて引き込まれたし、格闘シーンもスタイリッシュでありながら、合間にビールが飲もうとしても邪魔が入りまくって全く飲めないというおもしろもあって終始楽しく見れたぞ〜。これは酒好きではないけどビール片手に見たい。

【関連】
ショーン・オブ・ザ・デッド
ホット・ファズ





ちなみにショーン・オブ・ザ・デッド、ホット・ファズに共通するのが「柵越え」と「コルネット」ね。




「ショーン・オブ・ザ・デッド」の柵越え。失敗してる




「ホット・ファズ」の柵越え。運動神経バツグンの役なので成功してる




「ワールズ・エンド」の柵越え。もう三段オチみたいになってる



*****









アイスクリームのコルネットも共通して出てくるよ。



#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが479 - キャリー

キャリー

★★★★☆

内気ないじめられっ子がひどい目にあうが超能力で破壊と混乱を巻き起こす話。リメイクされてもキャリーのかわいそさ、お母さんの狂信者っぷり、いじめっ子の異常な陰湿さが健在で、相変わらず見ていてつらい作品であった。1976年のリメイクで舞台も現代に置き換わっているけど、そんな現代にこんな狂いきったキリスト教信者はいないだろ・・・とは思いましたよね。あれは70年代だからこそ説得力があるというか。気になったのはそれぐらい。クロエちゃん、着飾ったときマジ可愛すぎ〜



#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが478 - ウェア

ウェア

★★★☆☆

森で一家が食い殺される事件が起こり、その容疑者として逮捕された大男、もしかして狼男なんじゃね?みたいな感じでヤンヤンする話。現代に狼男が生き残っていたらという話。あんまし期待していなかったけど緊張感あり山場ありグロ描写ありだったのでつまんね〜〜とは思わなかったですね(手放しで面白い!ともならなかったけど)。噛まれたら狼男要素が感染する的なオリジナルの解釈も盛り込まれていて楽しく見れました。90分とお手頃な長さだし。最近もう120分の映画は見れなくなってきたな・・・。



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが477 - プラスワン

プラスワン

★★★★★

ホームパーティー会場の近くで隕石が墜落し、その謎の作用で「過去の自分たち」が大量に出現してどうする!?どうなる!?ってなってヤンヤンする話。過去の自分たちが出現するという大枠はベタではあるけど、「100人以上いるパーティー会場で大量の分身が現れる」っていう大がかりなドッペルゲンガー演出、「停電と同時に分身も消えて電力が復旧するとまた現れるが、その時間差がどんどん短くなっていく・・・何回も繰り返すと次第に過去の自分に追いつかれるけどそしたらどうなんの!?死ぬの!?」っていうハラハラさせる設定が独創的で楽しく見れたな〜〜〜。そんな大混乱の中、フラれた彼女とヨリを戻そうとする主人公、美女をゲットしようとする男友達、楽しさを見いだせない不幸な少女など、複数の人物の視点で話が描かれるのも楽しい。あと「クロニクル」とか「プロジェクトX」とか見てもそう思ったけど、こういうホームパーティーは海外でほんとによくやってんの?そろそろ誘われたいんだけど。



#SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが476 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 新説 四谷怪談 お岩の呪い

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!劇場版・序章 新説 四谷怪談 お岩の呪い

★★★★☆

お岩さんにまつわる新たな投稿映像が工藤Dのもとに送られてきて、その謎を解き明かしてヤンヤンする話。待った甲斐のある安定のクオリティで楽しかったな〜。映像自体は怖いし気持ち悪いものが多いんだけど、どこか笑えてくるバランス感覚の良さがより一層際立っていたような気がする。剥がれたふすまがフワフワと浮いて、くるっと回ったら裏面にお岩さんが貼り付いてるとかどう考えてもギャグだろ。メイキング映像の撮影風景も古典的なものが多くてほんわかしたし。来月すぐに劇場版が公開されるので、初日に見に行ったるど〜〜。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが475 - THE LOOP 永遠の夏休み

THE LOOP 永遠の夏休み

★★☆☆☆

別荘で馬鹿騒ぎしていたら、自分自身の死体を見つけてしまった!どうしよう!で、ヤンヤンする話。このストーリーの大枠は興味深かったんだけど、話が動き出すまで45分(半分)かかるのでめちゃくちゃまどろっこしいし、時間がループするのはまあいいとして、凶行に及ぶ奴の理由がよく分からないのと可愛い子ちゃんが全然いないのも切なかったです。だいたい予想はしてたけどイマイチ〜!



#サスペンス
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが474 - スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

スリーデイズ・ボディ 彼女がゾンビになるまでの3日間

★★★★☆

フラワーアレンジメントを頑張るレズの女の子がひょんなことから徐々にゾンビになっていってヤンヤンする話。めっちゃかわいい女の子が徐々に体調が悪くなっていって、恋人ともうまくいかなくなるし仕事もまともにできなくなるし、お母さんは自分のことを「レズでヤク中」という目でしか見てないのでまともに関わってくれない、花の展覧会もせっかく受かったのに見た目がやばくなっていって参加拒否されてしまうし、とにかく踏んだり蹴ったりで「一体この子が何をしたんだ!」と悲しくなってきます。しかも腐敗描写が絶妙に気持ち悪いし痛々しいのでその辺りの表現もGOOD。ゾンビになる過程を描いていく話ってあんまり無い気がするのでそこは新鮮だったな〜。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが473 - 劇場版テレクラキャノンボール2013

劇場版テレクラキャノンボール2013

★★★★★

東京〜札幌までバイクや車で激走しながら、要所要所で女を口説いてセクロスをしてポイントを稼いで競い合うというAVドキュメント。これ、ツイッターでめちゃくちゃ最高の評判を聞いて気になりすぎて見に行ったのですが、映画館で「超絶大爆笑」「終わった瞬間大拍手」「バカだけど熱すぎる男の生き様に惚れる」の三拍子が楽しめるマジで最高のやつでした。これが映画館でみんなで大爆笑しながら見れたことを幸福に思います。「くだらない大人にはなりたくない」というクチに出すのも恥ずかしいような、でも心のどこかで思っていることに全力で取り組む姿勢が本当にかっこよくて、もっともっと面白いことやっていかなきゃいけねえな!!と思いました。今日でレイトショー終わるみたいだし、DVD版は10時間ぐらいあるらしいので、もう二度とこんな体験出来なさそうな気がする・・・。とにかく見てよかった。

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが472 - アナと雪の女王

アナと雪の女王

★★★★★

全てを凍らすスタンド能力を持って引きこもってしまったエルサ女王の凍った心を溶かすために妹のアナが頑張る話。よかったねえええぇぇぇぇ〜!自分にはもう家族も絆も何もいらない、誰かを傷つけるぐらいなら山奥で氷の城作って一生そこで暮らした方がマシ〜!サイナラ〜!!という自分の運命を受け入れた悲しみの絶頂にあるエルサをあんな美しい歌と映像で表現するなんて、そんなこと常人のなせる業なのかい?ん?ん?と思いました。でも今回あんまりお話の特性上、敵キャラがあんまりいない感じなので、後から出てきた悪役がやや取ってつけたような感じでしたね。まあそこも差し引いてもかなり最高でしたね。同時上映の短編も超絶最高でした。


二人を端的に表すやりとり

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが471 - 夢売るふたり

夢売るふたり

★★★★☆

小さい居酒屋を営む夫婦二人がうっかり火事を起こして店が焼けてしまい、再建する金を作るために夫に結婚詐欺をさせてヤンヤンする話。とにかく「天性の人懐っこさと愛嬌でどんどん女を騙していく夫=阿部サダヲ」と「夫と組んで冷酷に詐欺を重ねていく妻=松たか子」がもう、これ以上のキャスティングが考えられないぐらいのハマり役で引きこまれていったな・・・様々な女性の心の動きを丁寧に、えぐく描いていく展開が女性監督ならではの生々しさがあってすごかったな〜〜とにかく松たか子がすごい。生理用品をパンツにつけてスカートたくしあげて履く時にマン毛がほんのちょっと見える描写があるんですけど、「このシーンいる!?!?」って思いました。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが470 - マルコヴィッチの穴

マルコヴィッチの穴

★★★☆☆

オフィスの一角に変な穴があって、入ってみると俳優ジョン・マルコヴィッチの頭の中につながっていて、その穴をめぐってヤンヤンする話。公開当時から気にはなっていたけど全く見る気が起こらなかったやつ。ストーリーラインの通り、めちゃくちゃシュールな話だった・・・天井が低くてまっすぐ建てない7と1/2階のオフィスっていう設定ですでにおかしいし、マルコヴィッチの穴をめぐって金儲けしようと企む人々、穴に入り込まないと至上の快楽を得ることができないぐらいハマってしまった人など、一癖も二癖もある登場人物がさらにかき乱していって変な気分になりました。クレイグの操り人形師っていう設定も後半うまくハマってきたな。



#ファンタジー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが469 - キック・アス ジャスティスフォーエバー

キック・アス ジャスティスフォーエバー

★★★★☆

平凡ヒーローキック・アスの影響でマスクをかぶった民間人ヒーローが増え始めた中で、前回の敵レッドミストが超悪人マザーファッカーに生まれ変わってキック・アスに復讐しようとしながら、ヒット・ガールがもう普通の女の子に戻るのか戻らないのかほんとの自分って何なのか葛藤してヤンヤンする話。めちゃおもではあったんだけど、ヒット・ガールが序盤から中盤にかけてスクールカーストの頂点の女の子にいじめられたりする描写がけっこうつらいし、終盤お察しの通りヒット・ガール覚醒ッ!!ってなるけどけっこう苦戦してたのでなかなかフラストレーションのたまるストーリーではあったな・・・。充分見せ場はあったけど、もっともっと痛快にバリバリ人を殺しまくって欲しかった。あといい人が死にまくるのも悲しくなりました。警察は相変わらず無能!ゲリゲロ棒(リンク先閲覧注意)がやっぱり一番スカッとして最高。あと最初に「平凡ヒーロー」って書いたけど最早キック・アスの肉体は引くぐらいムキムキに仕上がっててえぐかったですね。

【前回】
キック・アス



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが468 - オープン・グレイヴ

オープン・グレイヴ

★★★★★

目覚めたら記憶喪失、辺り一面に死体の山が転がっている・・・で、この状況は一体なんなのかを解き明かすためにヤンヤンする話。出だしが最高な上に、周りの登場人物もみんな記憶喪失。唯一なんか知ってそうな女も中国人で英語が分からず、話せない。さらに適度な距離に死体が木に括りつけられていて、でも記憶喪失だからみんなちょっとずつしか思い出せない・・・なにこれ・・・と謎が謎を呼びつつも一気に解き明かされずにやきもきさせながら、きれいに伏線を回収していって中だるみすることなくバシッと締めてくれたのでめちゃ面白かった〜。主演が「第9地区」でめちゃくちゃ最高の演技をしてくれたシャルト・コプリーさんが今回もゾクゾクさせてくれる素晴らしすぎる演技でかなり盛り上げてくれるので、これは見逃すこと無く見るべきですぞ〜〜。



#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが467 - クロユリ団地

クロユリ団地

★★★☆☆

安い団地に引っ越してきたんだけど、変な噂は絶えないし一人ぼっちで遊んでいる子どもはいるし隣人のジジイが死んでるしで元AKB48の前田あっちゃんがおかしなことになっていってヤンヤンする話。スマホのゲームをしながらかなり流して見てたんですが、思いのほかよく出来ておったのだ・・・。ホラー映画特有の「怖いシーンドーン!」みたいなのが一切なくて、ジクジクと不安感をかき乱すような薄気味悪い演出だけで押し切ったところがかなり魅力的に感じますし、序盤から中盤にかけて一旦状況を一変させてから終盤に持っていく展開もグッドでしたよね。まあそれが怖いかって言ったらそうでもないんですけど・・・。あと前田あっちゃんの演技はかなり頑張ってた方だけど、やっぱりアイドルとしての顔が焼き付いていたりネットの評判とかもあるので、全然知らない人けどめっちゃ演技力すごい人(誰かは知らん)を起用してたらもっと化けたんじゃないかなと思いました。まあスタッフロールで「企画:秋元康」だった時点で大人の事情のキャスティングなんだろうな〜。



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが466 - 不安の種

不安の種

★★★☆☆

なんか変な街に来てしまった青年が変なことに巻き込まれてヤンヤンする話。原作は特につながりのない短編の詰め合わせみたいな感じだけど、そのシーンをうまくつなぎ合わせて一つの映画にまとめたっていう作り。役者の演技が下手過ぎて全然入り込みづらかったし、お化けが出てくるシーンでけっこうビックリ音出して安易にびびらせてくるのが何かいやだったな〜。漫画ではひっそりと不思議なことが起こって謎のまま終わっていくところが魅力なので、あくまで出てくるところはさりげなく出てきて欲しかったな。


このシーン好き

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが465 - スノーピアサー

スノーピアサー

★★★★☆

温暖化を防ぐために化学薬品をまいたら世界中が永久凍土になってしまって、人類は列車の中で過ごしている2031年。先頭車両の上流階級が後方車両の貧困層を支配してるけど「革命じゃ〜!」って先頭車両を目指してヤンヤンする話。韓国人の監督っちゅうことでけっこうキツめの演出(ヒロイン不在、どんどん死んでいく、先頭車両の実態、あとプロテインブロック)が多かったけど、激アツで面白かったな〜。寿司屋のシーンのほのぼのさ、学校のシーンの異常さなど、車両によってコロコロと空気が変わっていくのも独特で楽しい。韓国・アメリカ・フランスと共同制作ではあるけど、アクション映画では完全に韓国に先をこされた印象があるので日本映画ももっと頑張ってほしいものですね。ただ、ちょっと長いかな・・・もう90〜100分ぐらいにまとめてくれないとしんどくなってしまった。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが464 - タイムクライムス

タイムクライムス

★★★★★

ハゲでデブのおっさんが双眼鏡で森のなかを見ていたら裸のねーちゃんが見えたので近づいておっぱい触ろうとしたらピンクの包帯を巻いた男に刺されて、あれよあれよと森の奥の施設に逃げ込んだら1時間前の世界にタイムスリップして「あそこに自分がいる〜!どういうこと〜!」ってなってヤンヤンする話。スペイン発の低予算タイムトラベルものなんだけど、おしっこちびりそうになるぐらい緻密に組み立てられたストーリーラインに打ち震えました。バック・トゥ・ザ・フューチャー、バタフライ・エフェクトときて、タイムトラベル三本柱として打ち出していってもいいんじゃないかなってくらい完成度高かったなと思います。ピンクの包帯の男はもう出てきた瞬間に誰か分かるんだけども、そこからの二転三転する飽きさせない展開がとにかく素晴らしかったです。



#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが463 - ダークスカイズ

ダークスカイズ

★★★★★

4人家族がなんか得体のしれない何かの被害を受けまくってヤンヤンする話。全く期待しておらずつぶしとして見てみたら予想に反してめちゃめちゃ面白かったです。いきなり記憶が無くなったり、夢遊病みたいに外フラフラしたり、3つの鳥の群れが同じタイミングで数百羽家に突撃死したりと原因不明の謎の行動に悩まされて、ストレスがたまって家庭内がめちゃギスギスしまくるところで元凶が明らかになり、対抗するためにもう一度家族が一丸となる・・・という割とベタな展開ではあるんだけど、中だるみすることなく丁寧に描いていってホラー演出もクオリティ高くてかなり満足しましたね。小さな被害の先にある最終結論の「逃れられなさ」がマジに怖いので、わたしのところには来ないでください。



#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが462 - マニアック

マニアック

★★★★☆

マネキンの修復師と見せかけて夜な夜な徘徊してはいい女を引っ掛けて、殺して頭の皮を剥いでマネキンの頭にかぶせて悦に浸る人がヤンヤンする話。ほぼ一人称視点で進んでいって、鏡に映った時だけ主役のイライジャ・ウッドの顔が見えるんだけど、その徹底したFPS視点で話が進んでいくと自然とイカれた変態と同じ感情を共有できてしまいますね。歪みきった性癖がほんとに気持ち悪かったな。イライジャ・ウッドの顔はまじでかわいいだけに、すごいゾクゾクしました。でもそのただ日本版はR15にレートが下げられて、残酷シーンにボカシが入っているのでもうちょっといいところ見せろや!と思いましたよね。



#ホラー #ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが461 - エビデンス -全滅-

エビデンス -全滅-

★★★★★

ラスベガスへ向かうバスが荒野の真ん中で横転。近くのガソリンスタンド跡地に逃げ込むが、そこに溶接トーチで全てを焼き殺す猟奇殺人鬼「バーニングキラー」があらわれててんやわんやのキリキリ舞いな話。「POVの証拠映像」と「その映像を解析する科学技術班の行動」が同時進行で進んでいく斬新なPOVなんだけど、これがとんでもなく面白かった!オープニングのバレットタイム(時が止まった中でカメラだけがギュンギュン動いていく手法)で事件現場を俯瞰して見せるただならぬ雰囲気で心をつかんで、POV特有の「肝心なところが見えない乱れた映像」をバリバリ解析して捜査が進んでいく展開も工夫があって手に汗握るし、うっすら張った伏線をきれいに回収して、「こいつがどう考えても犯人だろ」と思わせつつ気持よく裏切ってくれる驚天動地のオチ、あまりメジャーではないけどこれはPOVのジャンルの中でも屈指の出来だな〜と思いました。今スグ西五反田TSUTAYAレンタル館に走れ〜!

【関係ないけど名前が似てるシリーズ】
エビデンス/第6地区(こっちはこっちでめちゃくちゃ面白い)



#POV #サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが460 - ランゴリアーズ

ランゴリアーズ

★★★★☆

ボストン行きの飛行機で、乗客10人を残して人間が全て消えてしまい、どうしたもんかとヤンヤンする話。3時間とめっちゃ長いんだけど、そんな時間を感じさせないぐらいグイグイ引きこまれていったっ。怪奇現象とかその後登場するモンスターとかはあんまり重要じゃなくて、登場人物の心の動きがかなり丁寧に描かれており、それがこの物語のおもしろどころだな〜と思いました。ただ人が死んだあとすぐに最初からいなかったかのように振る舞ったりして、「結局自分が助かればいいんかい!」とはちょっと思い、そこは怖いな〜と思いました。ただ、90年代のテレビ映画なのでCGはビーストウォーズレベルです。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが459 - クレイジーズ

クレイジーズ

★★★☆☆

町の郊外で軍用機が墜落、そこに積まれていた細菌兵器が川に漏れだして、その水を飲んだ人が凶暴化。感染してる人、してない人ももろもろ隠滅しようと町全体を消し去ろうとする軍隊と、それに抗おうとする人がヤンヤンする話。「ハアハア・・・誰もいない・・・」→肩ポーン!ドーーーン(びっくり効果音)!!!→ウワアーッ→味方、っていうのが3〜4回あって若干ウンザリするし、話自体も特に特筆すべき点があるわけでもない、めっちゃ普通の話だった。リメイク前の方がけっこう面白いようですね。でも1973年だから今見るけっこうきついだろうな〜〜。



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが458 - ダイアリー・オブ・ザ・デッド

ダイアリー・オブ・ザ・デッド

★★★☆☆

ゾンビが溢れかえってヤンヤンする話。POVタイプのロメロ監督のやつ。どちらかというとこれはゾンビこえ〜助けて〜っていうのではなく、社会的な内容を含んでいるやつだった(権力側に不信感を抱いたり、錯綜する情報の海に飲まれたり、人間の本質をえぐるような言葉が出てきたり)。割とカメラワークが良すぎるところはあったけど、よく考えたら卒業制作でゾンビ映画を作ろうとしていた奴らの視点なのでまあいいか。しかしこの設定都合良すぎるね。あとこれ、昔見た記憶があったな・・・。何でここに書いてなかったんだろ。



#POV #ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが457 - プライマー

プライマー

★★☆☆☆

偶然6時間前に戻れるタイムマシンを開発して、株で儲けまくるんだけどそのうち過去の自分と遭遇することが避けられなくなってしまってヤンヤンする話。ではあると思うんだけど、ぼんやり眺めながら見てたら途中からマジでわけが分からなくなって死ぬほど混乱してストーリーが全く追えなくなってしまい気がついたら終わってました。他のサイトの感想とかでも「プロットが難解過ぎる」「1回見ただけじゃとても把握することは出来ない」「理解不能」っていうのが9割。東北大学のSF研究会が解説論文を公開してるぐらい難解でした。は〜びっくりした。これ理解した上で見たらむちゃくちゃ緻密なストーリーに唸ってしまうと思うんだけど、2回見る気にはとてもならないな・・・。



#SF
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが456 - V/H/Sネクストレベル

V/H/Sネクストレベル

★★★★★

私立探偵の男女が人探しのためにとある館に入ったらノイズを放つTVと、ビデオテープが置かれていて、一個ずつ見ていく話。は〜〜最高!POVホラーオムニバス「V/H/Sシンドローム」の続編で、前回よりエピソードは1話少なくてちょっと不安だったけど、ちょうどいい長さにまとまっててしかも全編最高過ぎたので初日に見た甲斐があった!映画の続編はすべることが多いけど、不満点を全部払拭してまさに邦題のとおりネクストレベルいったな〜って感じでした。ホラー好きはぜひ見ましょう。

◆「TAPE49」

今回のメイン。基本的に各エピソードをつなぐブリッジ的な話ではあるんだけど、これもちゃんと面白いです。唯一VHS画質。

短編1:「Phase I Clinical Trials」

失明した男が代わりに埋め込まれたのは録画機能をもった義眼。しかしそれ以降見えてはいけないものが見えてしまう・・・。ジャンルは「幽霊」。クラシカルなビックリ戦法の応酬ではあるけど、一つ目のエピソードとしては申し分ないクオリティ。途中女がなぜ迫ってきたのかよくわからないけど・・・。

短編2:「A Ride in the Park」

自転車で山をぶっ飛ばしてたら、急にゾンビが溢れかえってしまい、自分もあえなくゾンビに。しかしヘルメットの上につけたビデオカメラは回り続けていて・・・。ジャンルは「ゾンビ」。これはブレアウィッチの監督なんだけど、これもいいグロさがあってよかった。ゾンビPOVになるところがこの話の肝でしたね(アイデア自体はABCオブデスにもあったけど)。ゾンビになって初めて遭遇した人に噛み付いて、伝染して起き上がってくるシーンはけっこうマヌケで劇場内でもクスクス笑い声があがっていました。でもそれ以降の展開はもう最高。わたしの予想ですが、このロケはめちゃくちゃ楽しかっただろうなって見てて思いました。

短編3:「Safe Haven」

インドネシアのカルト教団が作った施設にインタビューしにいったら、とんでもない事態に巻き込まれる話。ジャンルは「狂信者」。一番最高のエピソード!とにかく全てがメチャクチャになっていくスリル満点のジェットコースターみたいな怒涛の勢いで最後まで突っ走っていったな〜〜。メチャクチャすぎて気持ちいい!あらゆる要素が詰まりまくって、評判通り「エビデンス 第6地区」みたいな疾走感がありました。

短編4:「Slumber Party Alien Abduction」

親が出て行った瞬間に夜通し遊ぶ悪ガキたち。だけどいきなり宇宙人の襲来にあう!ジャンルは「宇宙人」。犬にビデオカメラがついているのでかなり不自然ではあったけど、これも宇宙人が笑いゼロで力づくでガチ誘拐しにくるところがかなりのインパクトでした。UFOが時々放つ大音量が不安を煽る煽る。

それぞれ違ったジャンル、斬新なアイデア、R18も納得のゴア描写、ぶっ飛びまくった映像、前作を余裕で上回って超絶大満足な一品でした。とにかく最高なんだけど、ただ一点気になるところがあるとすれば、前回は各エピソードが「事実っぽい描き方(フィクションの世界で起こった実話)」をしているのに対して、今回は前回以上に現実離れしまくった表現が多いため、「そういう映像作品(フィクションの世界の中のフィクション)」みたいに見えてしまいそうだなーとちょっと思いました。そこに目をつぶればとにかく最高です。

【前作】
V/H/S シンドローム

#POV #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが455 - G.I.ジョー バック2リベンジ

G.I.ジョー バック2リベンジ

★★☆☆☆

G.I.ジョーが濡れ衣着せられてほぼ全滅したのでブルース・ウィリスを頼ってリベンジする話。見た瞬間から見た記憶が失われていくぐらい、何も残らない映画だったな。雪山のアクションが頑張ったねっていうぐらいで、後半は吹き替えにしてセリフを半分聞き流しながら面白いPOV映画を探していて、気がついたら全部解決していました。ファンにはたまらない内容なんだろうな・・・。序盤、大統領が変装の名人(今回の敵)によってすげ替えられちゃうんだけど、変装前と変装後の会見の映像を見比べて「言い回しの癖が違う!」とか「手の組み方が逆だ!組み方の癖はなおすことは出来ないから偽者確定〜!」って一瞬でバレてたのが面白かったです。詰め甘すぎるだろ。

【前作】
G.I.ジョー


イ・ビョンホンさんは体が仕上がりすぎ

#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが454 - フッテージ

フッテージ

★★★★☆

引っ越した家の屋根裏にあった古いフィルムを見てみたら、スナッフ・フィルム(殺人ビデオ)で、わ〜何これ、怖いってヤンヤンする話。オープニングでいきなり鮮烈なインパクトを与える「4人同時首吊り映像」で一気に心つかまれましたね。これがめっちゃ不気味でいい雰囲気かもしだしてます。途中ちょっとダレるけど真相と結末はけっこう好きで、ホラー大好きおじさんのわたしが「不気味な映像やないかいコラコラコラ^_^; アセアセ」と思いました。でもビビらせようという意図で無意味に大きい音を鳴らしてお化けの顔を出す手法に頼るのはあまり面白くないのでやめてください。や〜でもとにかく最初の1分半がかなり最高なので見てほしいです。下のやつですけど。



#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが453 - ブラインドマン 〜その調律は暗殺の調べ〜

ブラインドマン 〜その調律は暗殺の調べ〜

★★★☆☆

殺人事件が立て続けに起こって、その容疑者としてあがったのが、盲目のピアノ調律師・・・で、ヤンヤンする話。「盲目の暗殺者って中二心くすぐる」、「邦題のサブタイトルめちゃめちゃカッコイイ」っていう要素で見てみたんですけど、そこまで面白くは無かったな・・・いくら強くても目が見えないのであれば暗殺を代行させるのはちょっとリスクが大きい気がする。あと1人目2人めの暗殺はスマートだったのに、3人目の暗殺が「路上でボコボコにする」ていうのはちょっと雑すぎない?いくらパリの夜でも目撃者いまくるだろ!と思いました。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが452 - カルト

カルト

★★★★☆

あびる優、岩佐真悠子、入来茉里の三人が、怪奇現象に悩む家族に霊媒師とともに密着するフェイクドキュメンタリー。白石晃士監督のやつなんだけど、「オカルト」とか「コワすぎシリーズ」とかとはまた違ったノリがめちゃくちゃ笑えて最高だったな・・・。序盤は分かりやすい霊媒師が奮闘して、向かいの家からのぞく人が一瞬映ったりっていういつものフェイクドキュメンタリーとして展開しつつ、中盤以降から最強の霊媒師として登場するネオ(仮名・マトリックスから拝借)がとにかく最高。黒いスーツで金髪、ふてぶてしい態度だが実力はピカイチという現実離れしまくった強キャラは、「ノロイ」の堀さん、「オカルト」の江野、「コワすぎ」の工藤とはまたベクトルは違うけどどこかしら通ずるものを感じました。少年マンガみたいな大活躍を見せてくれるのがとにかく痛快!スーパーヒーローや・・・。そして最後のネオのセリフを2014年になった今聞くことが出来るなんて・・・と思うと、次回作(多分ある)も楽しみ。

【関連】
ノロイ
オカルト
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん

#POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが451 - プラチナデータ

プラチナデータ

★★☆☆☆

最先端のDNA捜査で検挙率100%のすごい装置を開発したんだけど、何故かとある事件の犯人と思しきDNAを調査したら開発者本人の顔が出てきて、ハメられた!どうしよう!ってヤンヤンする話。東野圭吾の原作(未読)なんだけど、原作読んだ方が絶対面白いだろっていうぐらいアレな出来でした。調べたらいろいろ改悪されているらしいので自分の勘は間違って無かったな。犯人を誤認させたトリックとか自分で考えろみたいな投げっぱなしだったし、逃走シーン異様に長いしいかにもインテリで室内にこもってそうな奴が運動神経良すぎるし、無意味に爆発するし、全体的にセリフがドラマくさすぎるし、一体なんなんだ!暇があったら原作よも。



#サスペンス
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが450 - ABC オブ デス

ABC・オブ・デス

★★★★☆

A〜Zから始まる26のキーワードがテーマになった、「死」にまつわるお話詰め合わせ。5分のエピソードが26話、監督もそれぞれ違うってことでとんでもない濃度で26連発でぶつかってくる感覚がとても楽しかったです。まあ中には「何これ?」っていうやつもあって全部好きになることは難しいので、中でも個人的に好きだったやつでかつyoutubeにあったやつを挙げときます。



「D(Dog Fight)=ドッグファイト」

→地下喧嘩場の相手が犬、な話。これ映像の見せ方と後半の展開がめちゃくちゃ良かった!



「X(XXL)=ダブルエックスエル」

→デブで周りから蔑まれてる女の人がナイフで自分のぜい肉を切り落としてスリムになる話。よいグロ。



あとは「C(Cycle)=サイクル」、「L(Libido)=性欲」、「Q(Quack)=アヒル」、「T(Toilet)=トイレ」、「U(Unearthed)=発掘」、「V(Vagitus)=産声」が特に良かったです。続編もやる気マンマンですでに監督が公開されているらしい〜。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが449 - アイアンマン3

アイアンマン3

★★★★☆

体に爆熱をともす強化人間が現れてさあ大変!どうするアイアンマン!みたいな感じでヤンヤンする話。いや〜今回は敵キャラクターも襲いかかる必然性をしっかり作り上げてきたし、アクションもめちゃめちゃ派手だし、ややコミカルな面も強調されててバランスがとてもよかった。ちょっと長い気がしたけど。エアフォースワンから放り出された13人の人を空中で全員拾い上げていくシーンは手に汗握ったし(助けたあとにトラックに轢かれるところも最高だった)、大量のアイアンマンが押し寄せて敵をぶっ倒していく終盤のバトルまじで気持ちがよかったな。

【前作】
アイアンマン2
アイアンマン



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが448 - ゼロ・グラビティ

ゼロ・グラビティ

★★★★★

宇宙で漂流してヤンヤンする話。「レンタルでいいか」と思ってたけどとんでもない評判だったのでIMAXで見ました。なるほどとんでもねえ映像体験をさせてもらいましたね・・・。これ見てもう人間が表現できないものは無いだろうなって思うくらい。最初の長回しで一気に「宇宙にいる〜!なんじゃこりゃ〜!」っていう感覚にさせつつも、「これは映画なんだぞ」っていうのをところどころで見る人に分からせたり(水滴がカメラにつくシーンとか不安にさせる音楽をずっと流したりとか)して、とてもバランスのとれた90分だと思いました。は〜もう一回3Dで見たい。



#アクション #SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが447 - 道化死てるぜ!

道化死てるぜ!

★★★★★

10歳の誕生日パーティーのときに家にやってきたピエロを悪ガキ達がおちょくった挙句、不慮の事故で殺してしまい、トラウマを抱えたまま16歳になって、また誕生日パーティーを開いたら死んだはずのピエロが生き返って復讐にやってきてヤンヤンする話。むちゃくちゃストレートな王道スプラッターではあるんだけど、ゴア描写がかなり凝っていてすごい良かったです。脳みそ繰り抜き地獄、傘でぶっ刺し地獄(←一番最高)、腸でバルーンアート地獄、などなど、素晴らしい虐殺ぶりを見せつけてくれました。予算はそこまで無さそうでチープな感じはするけど、ホラー映画好きと大人数でゲラゲラ見たりすると楽しいと思います。ちなみに登場人物はあまりカッコいい&カワイイではないのがちょっと残念。唯一性格最悪のビッチ娘はかわいい。



#スプラッター #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが446 - ゼロ・ダーク・サーティ

ゼロ・ダーク・サーティ

★★★☆☆

CIAの女捜査官が8年ぐらいかけてビン・ラディンを追い続けたドキュメンタリー風のやつ。どうしても見たい!というわけではなく、「つぶしておくか」程度で見ました。結果的にはめっちゃ地味〜〜〜〜な感じで淡々と進んでいって、最後のビンラディンのアジトに乗り込むところもリアリティはあれど爆裂アクションというわけではないので、終始ねむてーなと思いました。地味なのに2時間半あるので割とつらい。


ビンラディンぶっ殺して写真とったところ

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが445 - 脳男

脳男

★★★★☆

感情だけが欠落しててあとは何でもでき、言われたことは機械のように完璧にこなす「脳だけのような存在=脳男」が、この世の悪を根絶やしにしようとヤンヤンする話。生田斗真がイケメン過ぎる、これに尽きる映画。完璧な人間の前に普通の人たちが振り回されて徐々に抱えていたものが氷解していく心の描写を丁寧に描きながら、本筋の超悪人との対決も手に汗握り、一挙両得な感じで邦画だけど引きこまれていきましたね。ただ犯人の爆弾魔が最後に病院に仕掛ける罠がめちゃくちゃ用意周到すぎて「どうやってセッティングしたんだ!」と思いました。あとは思いのほか最高。生田斗真イケメン過ぎる。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが444 - ホリデイ

ホリデイ

★★★★☆

LA在住の映画編集者の女とイギリス在住のコラムニストの冴えない女が「失恋の気分を紛らわせるために家を交換して過ごす」というのをやってみたら何もかもうまくいく話。かなりご都合主義な話の展開だったけど、まあそれなりに安定感のある良いラブコメだなーと思いました。それぐらいしか感想ねえ。出演者のケイト・ウィンスレットも質素な家から豪邸に住むことなったときのはしゃぎようがかなりかわいいし、キャメロン・ディアスの表情がめっちゃかわいいし、ジュード・ロウが果てしなくイケメン、ジャック・ブラックは普通。でした。


泣こうと思っても泣けない性格

#ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが443 - ジャンゴ 〜繋がれざる者〜

ジャンゴ 〜繋がれざる者〜

★★★★☆

解放奴隷のジャンゴが賞金稼ぎと手を組んで、ディカプリオの元で奴隷になってるジャンゴの奥さんを救い出すためにヤンヤンする話。これ↓の投稿のTEDと同じタイミングでディスカスで借りて、寝かせに寝かせまくってようやく最近見たやつです。2時間45分と相当長いんですけど、分かりやすすぎるストーリーと目の覚めるようなバイオレンス描写、そしてジャンゴのかっこよさも相まって、見終わったあと「痛快〜〜」と思いました。ジャンゴが奴隷として虐げられてた割に異常に早撃ちの才能があるのは何でかよく分からなかった点はおいといて、悪者がもう分かりやすいぐらいの悪で、そこに毅然と冷酷に立ち向かっていくジャンゴの「誰にも止められない感」のおかげで本当に見てて気持ちいい勧善懲悪モノでした。



#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが442 - TED

TED

★★★★☆

27年来の親友であるうだつのあがらない男と命を吹きこまれたテディベアがヤンヤンする話。笑いあり涙あり細かい小ネタあり、下ネタが多いのでファミリー向けではないけど、楽しく見れるやつ。でも何だか評判の割に個人的にはそんなに・・・面白かったけど、両手を上げて最高〜〜!という感じではなかったですね。分からん小ネタ多すぎ。



#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが441 - 処刑人

処刑人

★★★☆☆

敬虔なカトリック教徒の兄弟がうっかりマフィアを殺したんだけど正当防衛で無罪放免、その拘留中に「悪人なら殺してもおk」という神の啓示を受けて以来、処刑人になって悪人を殺しまくる話。ウォーキング・デッドのボウガン使いダリルを演じたノーマン・リーダスが出ていたので見た。引き金を引く前に祈りの言葉を唱えたり、死体の目にコインを置いて手を組ませたりする見せ方が宗教臭さゼロのスタイリッシュな感じで凄まじくカッコ良かったけど、何か割と粗は目立つな・・・と思いました。いきなり銃を調達してマフィアとドンパチやりあえるのは展開速い!FBIのウィレム・デフォーは何で終盤いきなり女装したんだろう・・・。




裁判所で処刑するシーンがかっこ良さの頂点

#バイオレンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが440 - オズ はじまりの戦い

オズ はじまりの戦い

★★★★☆

インチキ魔術師が魅惑の国オズに迷い込んで「あなたが世界を救ってくれる魔法使い〜!」「お、おう」みたいな感じで魔女の戦争に巻き込まれていく話。話はめっちゃ普通だけど、オズの世界観・色彩が美しすぎる〜〜。対比を強調するために現実世界がモノクロで画面サイズも正方形と小ぢんまりとさせておきながら、バーっと広がっていくあのきれいな演出は良かったな。3Dで見たときはそこに立体も重なったりするのかな。ペテン師がインチキ手品で本物の魔女達を欺いていくところも楽しい。ここからオズの魔法使いとかに発展していくのでほとんど解決してないけど、家族で安心して見れるやつ。陶器の女の子がまじでかわいい。



#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが439 - ライジング・ドラゴン

ライジング・ドラゴン

★★★☆☆

トレジャーハンターのジャッキー・チェンがお宝を集めるためにヤンヤンする話。ジャッキー最後のアクションということでしたが、最近CGとかを多用したものすごアクションを見まくってるため、アクションでジャッキーすごすぎな感じなのに「普通〜!」という印象しかありませんでした。目が肥えてしまっていたのも考えものかもしれませんね・・・。あとギャグシーンもけっこう頻繁に差し込まれてたのに爆発に巻き込まれて顔が真っ黒になって粉を吹いたり、ハチに刺されて顔がボコボコになったりと全く進化してなかったのがびっくりしました。これも味なのか。全体的にちょっと間延びしてるので、もっとキュッとまとめてテンポよくアクションに入っていけばよかったかな〜。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが438 - クラウド・アトラス

クラウド・アトラス

★★★★☆

6つの時代に生きた6人の人物の数奇な話。3時間近くあって果てしなく長いし、途中で絶対寝るなと思ってたんですが、構成・編集がめちゃくちゃ計算され尽くされていてジャンルも時代も全てバラバラな6つ物語を神編集で細切れにして全てを同時進行させてるのに全くストレス無く見れました。すごい面白かったんだけど、どうやら興行的にはあんまりよろしくなく、2012年ワースト1位になってしまったようですね・・・。

【波乱に満ちた航海の物語(1849年)】

奴隷売買契約帰りの船の中で高熱に冒された弁護士が奴隷と友情を深める話。

【幻の名曲の誕生秘話(1931年)】

若い作曲家が「クラウドアトラス6重奏」という曲を作るまでに隠された話。1849年の航海日誌が出てくる。

【巨大企業の陰謀(1973年)】

原発事故を起こそうとする巨大企業を告発する話。「クラウドアトラス6重奏」を聞くシーンが出てくる。

【ある編集者の大脱走(2012年)】

じじいの編集者が借金を作って、騙されて、強制的に老人ホームに入れられる話。若干コメディタッチで楽しい。1973年に登場した少年が持ち込んだ小説を読むシーンがある。

【伝説のクローン少女と革命(2144年)】

未来世界でクローン人間の一人が世界の構造を知る話。この話が一番熱かったかな。韓国が舞台だけにみんな釣り目。2012年のじじいの話が映画化されてて、それを見るシーンがある。

【崩壊した地球での戦い】

人食い人種に怯えながら暮らしている人々のもとに、文明を残したコミュニティから一人の女性があらわれる話。オールドジャージーが怖すぎる。クローン少女が神となって崇め奉られてる。

みたいな感じでうっすらとつながる6つの時代と、共通するいくつもの事象(1849年と2144年で結ばれる主人公たちが同じキャストとか)で、火の鳥的な輪廻感がたまらんな〜〜と思いました。ちょっと説教臭いし、大風呂敷広げすぎ〜な気もするが・・・。

#ヒューマンドラマ #ファンタジー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが437 - マン・オブ・スティール

マン・オブ・スティール

★★★★★

スーパーマン誕生までのお話。久々にミラクルパワー(試写会)で早めに見れました。スーパーマンがスーパーマンになるまでの葛藤・苦悩を丁寧に描きながら、後半は迫り来る敵と対峙する超絶映像をフルパワーでミックスさせて、ただのアクション映画の枠に留まらない人間ドラマがそこにあったんや・・・。クラーク・ケントの人物像を深く見せるための回想を少年時代・青年時代と見せていくんだけどその構成がほんとに上手く作られていて、ストレス無くスーッと入り込んでもう見ている人全員「がんばれ負けるなクラーク・ケント!」という共通の思いが生まれるぐらい感情移入していけます。そして後半はドラゴンボールみたいなビル貫通・山貫通の超絶スーパースピードバトルが凄まじい勢いで展開されて、もう瞬きする暇も与えません。あんなダサいスーツのスーパーマンをここまで進化させるとは、さすがクリストファー・ノーランとザック・スナイダーや・・・。

【無かったことにされてる前作】
スーパーマン・リターンズ



#ヒューマンドラマ #アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが436 - レッドライト

レッドライト

★★★★☆

インチキ超能力者のウソを見破ろうとする物理学者がヤンヤンする話。こう書くとトリックとかガリレオみたいな感じだけど、割と内容は重め。まあ見た目的は最近すごい好きなエリザベス・オルセンさん目当てなんですが・・・。マーサあるいはマーシーメイ、サイレントハウスと比べると露出はかなり低いので、ふざけるんじゃない!その割に学生のくせに教授と付き合うんじゃない!と思いました。あんまり期待してなかったけど、最後の結末がけっこう「お!」となりましたし、キリアン・マーフィー(ダークナイトのスケアクロウ)がかなりかっこいいので見た目で選ぶミーハーな人は見ましょう(オルセンさん目当てで見た人の素晴らしいアドバイス)。

【オルセンさん関連】
サイレント・ハウス
マーサ、あるいはマーシー・メイ



#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが435 - フライト

フライト

★★★☆☆

飛行機のパイロットが機械トラブルで墜落寸前のところを超絶技巧で被害を最小限に抑えたんだけど、その瞬間アルコールが検出されて「英雄なのか犯罪者なのかどっち!」ってなってヤンヤンする話。派手なアクションは最初の墜落シーンのみで、それ以降はずっとアル中のおっさんのダメさ加減をひたすら描いていく意表を突いた感じのやつ。ひたすら酒を飲んでアルコールをコカインでかき消そうとしたり、航空会社ぐるみで酒飲んでいたことを隠そうとしたり、色々するんだけど最終的にアル中なりに自分と向きあおうとうまいこと着地(飛行機の映画だけに)したのがよかったです。でも全編アル中で酒に溺れてばっかりなのであんまり好きではないかな・・・。コーラの方がうまいぞ(個人の感想です)。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが434 - ムーンライズ・キングダム

ムーンライズ・キングダム

★★★★★

小さい島で子どもが駆け落ちしようとしてヤンヤンする話。この映画「ジャケットに黄色と青を使っているから絶対に面白い」と思っていたんですが、案の定最高にキュンキュンするレベルで良かったですね・・・。全てのカットがポストカードの画になりそうなぐらい美しく計算された構図の中で展開するほんわかストーリーが可愛すぎ。何故かエドワード・ノートン、ビル・マーレイ、ブルース・ウィリスが脇を固めてしっかりした印象になってるし、子役二人もとにかくカワイイけど12歳でベロチューとペッティング済ませてんじゃねえぞ・・・。ちなみに、この映画を見て「パッケージに黄色を使っているドラマ映画はおもろい」という結論に達しました。多分「リトル・ミス・サンシャイン」も面白いと思います(見てないけど)。



#ファンタジー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが433 - パシフィック・リム

パシフィック・リム

★★★★★

















最高最高最高〜〜〜〜!!!!!!!!

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが432 - ワールド・ウォーZ

ワールド・ウォーZ

★★★★☆

全世界がゾンビウィルスに冒されてさあ大変!元国連職員のブラッド・ピットがヤンヤンする話。ゾンビ映画ではあるんだけどグロシーンは全然無くて(手とか切ったりするのも画面外)、家族で見れる終末パニックホラーな仕上がり。でもゾンビがわらわらと攻めこんでくる凄まじいシーンはほぼ予告編とかで流されたので、それ以上のシーンが特に無かったのがちょっと残念だったな。あと上映開始3分で一気にパニックに引き込まれるのはよかったけど、途中で家族と別れて以来一切会わないし(独身という設定でもいいぐらい)、途中で助けた少年もストーリーにからむのかな?と思ったら全然何も無かったり、最初のとんでもないゾンビの大挙シーンとは打って変わって終盤はメタルギアソリッドばりの地味なステルスアクションになったりと、ちょっととっ散らかってる印象はあったかな〜。何でも脚本に大幅な修正があったとかなんとか。その辺の事情を聞くと「そういえばそうだな〜」と思うところは多々あったけど、全年齢対象のファミリーアクション映画な感じで見ると面白いと思います。


このシーンが全て

#パニック
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが431 - <EVA>

<EVA>

★★★★☆

近未来「兄の子供みたいなかわいい女の子をモチーフにしたロボット作りてえ〜」ってロボット研究家の人がヤンヤンする話。スペイン映画なんだけどCGを多用してロボットがたくさん出てきたりするのがけっこう斬新。ロボット工学がかなり発達していて、限りなく人間に近いロボットを作れる近未来の世界が舞台で、果たして完璧に人間的感情を持ったロボットは、人間たちと共存できるのか・・・的なやつがテーマ。まあ ある登場人物に出会った時、「こいつロボットだな」っていうのは一瞬でわかるんだけど、それでも「少女+ロボット」っていう日本のオタク文化どストライクな題材に対して可能な限りリアルさを追求した仕上がりになっていて、とてもよろしかったです。「目を閉じると何が見える?」っていう記憶をリセットする合言葉が儚すぎる。



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが430 - ダイナソー・プロジェクト

ダイナソー・プロジェクト

★★☆☆☆

コンゴの奥地に恐竜が生きている〜!その姿をとらえるぞ〜!ってヤンヤンする話。「恐竜+POV」という斬新でわくわくするようなジャンルだったけど、ストーリー展開がよくある映画然としててPOV特有のリアリティはそんなに無い印象。あと頑張ってはいるがやっぱり恐竜の「CG感」が否めず・・・。そしてこんだけたくさんいるんだったらみんな気づくだろ!っていうぐらい恐竜わんさか出てくる(サービス満点で良かったけど)のはちょっと面白かったけど、全体的にみたらやっぱり「ジュラシック・パーク最高!」ってなっちゃいますね。



#POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが429 - 十三人の刺客

十三人の刺客

★★★★★

権力をフル活用して非道の限りを尽くしていた藩主を暗殺する命令を受けた侍が12人の仲間を連れてドンパチやってヤンヤンする話。江戸の昔言葉ってかなり耳をすませないと聞き取れない上に、DVD自体の音声がめっちゃ小さくて、TVのボリューム最大にしても何言ってるかほとんど聞き取れなかったんだけど、合戦が始まってから面白さが数千倍に膨れ上がって目が覚めました。稲垣の吾郎ちゃんが悪役やってるんだけど、とんでもないハマり役だったし、トラウマを植え付けるレベルでの純粋な「悪」だったのでそれを討ち倒す爽快感は最高。死んだはずの奴がひょっこり出てきたりしたけど、あれは全員死んでるっていう解釈でいいんだろうな〜。


このシーンかっこよすぎてやばい

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが428 - ガチ☆ボーイ

ガチ☆ボーイ

★★★★★

事故で1日しか記憶が持たない男(事故以前のことは覚えてるが新しいことが覚えられない・寝たらそれまでのこと全部忘れる)が学生プロレスに出会ってガムシャラに頑張る話。かつて号泣した「あの日見た花の名前を僕はまだ知らない」と「トイ・ストーリー3」以上に、もう体中の水分が搾り出されるんじゃないかっていうぐらい果てしなく泣きました。プロレスにハマってることもあって、このあらすじでもうすでに色々想像してうるうる来るじゃないですか・・・。どんだけ練習しても寝たら忘れるので全く成長しないんだけど、朝起きた時の筋肉痛やアザを見て生きてる実感を得るわけですよ。どんだけ痛々しくも健気なんだっていう話じゃないですか・・・。好きな人に告白した時に「その話4回目・・・そしてわたしあの人が好きなの。これは2回目・・・!」って最高に切ない振られ方されて、その後一人になった瞬間、最高のタイミングで土砂降りの雨が降ってくるところはさすがにタイミング良すぎて笑ったけど、多分2回目見ても1回目と同じぐらいの量の涙が出てくると思います。最高過ぎ。

#ヒューマンドラマ
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが427 - スマイリー

スマイリー

★☆☆☆☆

チャットルーレットで相手を殺したいほど念じて「笑いのために」って3回タイプすると殺人鬼スマイリーが現れるっていう都市伝説をもとにヤンヤンする話。殺人鬼のビジュアル、フレディやジェイソンと引けを取らないぐらいなかなか強烈なインパクトじゃないですか。普通に目が覚めてこんな奴いたら狂い死ぬじゃないですか。でもね、これ、果てしなくつまらないんですよ・・・。まずスマイリーがほとんど出てこない、出てきてもゴア描写がめちゃくちゃショボい、「スマイリーだ!殺される〜!(ガバッ)夢か・・・」←これ5回やる、主人公の女がウジウジしてめちゃくちゃうっとうしい、周りの友達もカスばっかり、救いようのない胸くそ悪すぎるラスト、何これ!何なのよ!予告編映像が期待され過ぎて2700万回再生されてるのにこのつまらなさ何よ!踏んづけてやる!



#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが426 - サイレント・ハウス

サイレント・ハウス

★★★★★

あんまり使ってなかった別荘を売ろうと思って中を掃除してたら何か物音が聞こえて「家に誰かいる〜〜ッ」ってなってヤンヤンする話。なんで見たかっていうと、主演がエリザベス・オルセンさんだったから。「マーサ、あるいはマーシー・メイ」で素晴らしい演技(とおっぱい)を見せてくれたので、それを目当てで見たんですが、やっぱり最高のムチムチ感でした・・・。話の内容は普通のスリラーなんだけど、注目すべきは恐怖演出で、なんと90分ノーカット長回し編集。かつ視点は常にオルセンさんメインで展開していくし別荘は電気が通ってないので視界は暗め。カメラマンがいないPOVみたいな感じの珍しい演出(とおっぱい)に目を奪われました。オチもあえて多くを説明しないけど「そういうことね」って分かるぐらいの展開で、あまり期待していなかった割にはかなり傑作だと思います。オルセンさんの怯え演技もまためちゃくちゃいいんだな・・・。

【関連】
マーサ、あるいはマーシー・メイ



#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが425 - モンスターズ・ユニバーシティ

モンスターズ・ユニバーシティ

★★★★★

マイクとサリーの大学時代の話。最高の最高が最高で最高のやつ。マイクがいじめられっ子だったってのが泣けるし、サリーが才能におぼれてめっちゃ調子のってるところやランドールが気弱でだんだん調子のっていくっていう前回見てると「!?」ってなっちゃうキャラクター設定が最高〜。そしてマイクはひたすら怖くないって言われるんだけど、努力努力努力MAXでのし上がっていく過程、「努力は必ず報われる」っていう強烈なメッセージが込められておった〜〜そして終盤近く、自分の退学を賭けた試合の主人公補正ご都合主義で「これで終わり?うそでしょ・・・」と一瞬冷めたけどそこからもう一波乱起こす展開は完璧。とりあえず努力最高、これに尽きますね。そしてたまたま映画館内に大きめの虫が入り込んでスクリーンの前でウロチョロしてたせいで、マイクにハエがたかってるみたいになってるのが唯一アレでした。

【関連】
モンスターズ・インク



#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが424 - モンスターズ・インク

モンスターズ・インク

★★★★★

夜な夜な子どもを怖がらせることで成り立っているモンスターの世界にうっかり人間の女の子が迷い込んでヤンヤンする話。公開時に見てたけどここに書いてなかったので一応メモ。最高のやつです。



#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが423 - アウトロー

アウトロー

★★★★☆

無差別狙撃事件で逮捕された男が流れ者のジャック・リーチャーを呼びつけ、そこからヤンヤンする話。めっちゃ地味で静かだけどメリハリのあるアクションが随所に盛り込まれた感じのやつで、全体の暗めのイキフン(雰囲気)がとても良かったです。話自体はめっちゃ普通だけど。ジャック・リーチャー役のトム・クルーズの、ミッション・インポッシブルで見せた超絶アクションはない「堅物だけど無難にこなしていく流れ者」な感じもGood。格闘術が何かいつも見ているようなやつと違ってかっこよかったなあ。


この格闘術が良い

#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが422 - コンプライアンス 〜服従の心理〜

コンプライアンス 〜服従の心理〜

★★★★★

ファーストフードの店員の女の子に窃盗疑惑の疑いをかけられて、ニセ警官の巧みな話術で「電話口だけ」で人が意のままに操られていってヤンヤンする話。ひたすら容疑を否定するんだけどどんどん弱みを握られて裸エプロンにさせられるわ、呼びつけた店長の婚約者にお尻ペンペンさせられるわ即尺させられるわのやりたい放題なんだけど、犯人は一切出てこず、全て電話口のトークテクニックで関わった人物を支配下に置いちゃうって、さすがに無理あるだろ!と思うけど、ああいう状況だったら正常な判断できないのかな〜。早い段階で別の警察に確認取ればよかったと思うけど、そうするっていう選択肢すら見えなくなるぐらい操られてたってことかしら。関わった人々は誰も悪くないのに、全員心の傷が残っちゃう最悪の胸くその悪さよ。ちなみに主演のドリーマ・ウォーカーさんが顔と声が最高にかわいくて、しかも終始裸エプロンで最高なんだけど、ひどい扱いを受けちゃうのがやるせないよ〜。



#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが421 - ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日

★★★★★

動物たちを積んだ船が遭難事故にあって、少年とトラだけが救命ボートで難を逃れて漂流してヤンヤンする話。まず映像が素晴らしすぎるのでやっぱり映画館で見た方がよかったな〜と思いました。とにかく大自然の美しさ、動物の躍動感が全力でビンビンに伝わってくるのが最高〜。話はちょっと宗教的だったり哲学的だったりして「?」って思うところもあったけど、ラストのパイの告白も、噂に聞いてたけど全部ひっくり返されるぐらいの驚きに満ちていて、大変素晴らしかった〜。ただ、漂流中に大きな魚捕まえて「神よ、ありがとうございます!私を助けるために魚に変身してくれて・・・!」って感謝しまくってたんですけど、助ける能力あるんだったら魚に変身せずに陸地まで連れてってやれよ!て思いました。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが420 - カンパニーマン

カンパニーマン

★★★☆☆

平凡な会社員が刺激を求めて産業スパイになって身分を偽ってギリギリの生活をしていくうちに自分がいったい何者なのかよく分からなくなってヤンヤンする話。誰が味方で誰が敵なのか、偽る前の本物の自分すらも本当は偽ってる存在なんじゃないのか的な全方位疑心暗鬼な展開が緊張感がグッドでした。監督と仲良くて絶対出演するデヴィット・ヒューレットさんが今回も出てて、「また出てる!」と思いました。

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが419 - スプライス

スプライス

★★★★☆

医療の進歩のために様々な動物のDNAを組み合わせて新種の生物を創りだしてしまった科学者の二人がヤンヤンする話。「CUBE」でおなじみのヴィンチェンゾ・ナタリ監督のやつ。序盤のテーマはクローン生物を創りだそうとする科学者の倫理観、中盤以降は自らが創りだした「子供」を自分の都合で殺そうとする親の倫理観がテーマに置かれていて、平たくいえば「障害者を殺そうとする親」にしか見えない構図なのが容赦無しでした。終盤の超展開は一瞬ついていけなかったけど。



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが418 - 震える舌

震える舌

★★★★☆

一人娘が破傷風にかかって闘病する話。これまじできついわーちょっとの騒音や太陽の光でも背骨が折れるほど反り返る痙攣を起こしてしまう破傷風が怖すぎるし、介護疲れでお父さんお母さんがどんどん心を蝕まれていく描写も圧倒的にきつかったな〜。そりゃトラウマ映画と呼ばれるわ。医者が「お子さんの歯は乳歯ですか!?乳歯ですね!?ならまた生えてきます!」って言って舌を噛まないように歯を折りまくるのがショッキング過ぎるでしょ・・・。

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが417 - ジャッジ・ドレッド

ジャッジ・ドレッド

★★☆☆☆

ジャッジ・ドレッドが悪を裁いてヤンヤンする話。基本的にはこれが制服だから同じスーツに身を包んでる奴がいっぱいいる中で、主人公であるドレッドに圧倒的なカリスマが無かったな・・・あと悪役にもシビれるほどの魅力は感じないしめちゃくちゃ弱いし、「この世界には特殊能力持った人が生まれてくることがある」っていう設定も相棒にしか無かったし、ストーリーは微妙過ぎたけど、吸うと時間がゆっくり流れてバキバキにキマるという麻薬「スローモー」を吸った時のスーパースロー演出だけが最高にかっこ良かったですね。あとは特に無いな・・・。



#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが416 - 最強のふたり

最強のふたり

★★★★☆

頚椎損傷で首から下が全く動かせない大富豪のおじさんと、介護人になった貧民層の黒人が心を通わせてヤンヤンする話。おじさんの介護がかなり大変なんだけど、この黒人はそんなこと関係なく初対面で言うにはちょっとはばかられるレベルの冗談を言ったり、夜中に連れ出したりタバコを吸わせたり、エッチなマッサージを受けさせたり車椅子を改造して一緒にぶっ飛ばしたりと、一人の人間としてしっかり向きあって友情を築き上げていく展開が良すぎたな・・・いい感じでアース・ウインド&ファイアーの曲も入り込んできて、全体的にコミカルではあるけど心に刻まれる素敵なやつでした。邦題のセンスは相変わらず微妙だけど。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが415 - ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

★★☆☆☆

妻に先立たれて全体的にやる気無くなってる弁護士が遺品整理の仕事である古い田舎の屋敷に行ったら、そこで怪現象に巻き込まれてヤンヤンする話。19世紀のゴシック感のあるイキフン(雰囲気)が良かったんだけど、序盤から大きい音ドーン!て鳴らして普通の人が出てくるっていう無意味なホラー演出に萎えて全然入り込めなかったな〜そもそもストーリーもどこかで見たことのあるような流れだったし。ただハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフが主演していたので「大きくなったねえ・・・」としみじみ思いました。



#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが414 - レスラー

レスラー

★★★★★

全盛期を過ぎたプロレスラーが、引退宣告をされた後に自分と向き合ってヤンヤンする話。体があちこちガタがきて、薬も常備してメガネに補聴器、副業のアルバイトもあまりうまく行かず、家族にも嫌われるけど、「俺の居場所はリングの上しかねえ」と言いながら試合を続けるその姿、最高にかっこよかったな〜。応援したくなる孤独さの演出が暗い気持ちにならずにスーーーっと岩清水のように染みこんでいきました。レスラー役のミッキー・ロークがスイーツ真壁にちょっと似てたな。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが413 - 中学生円山

中学生円山

★★★★☆

自分のちんこを舐めたいという目標のために柔軟体操をしてる思春期の中学生の住む団地に一人の男が引っ越してきてヤンヤンする話。序盤の、現実離れしまくったクセのあるキャラクターが一気に登場するくだりの情報量がめちゃくちゃ置いてけぼりになりそうだけど、キャラクターが深まれば深まるほどに中盤以降の展開がめちゃくちゃ面白くなってきて、さすがクドカン〜!と思いました。思春期特有の妄想を色んな形で表現するメチャクチャな感じ、「ブラッディ・スクール」と相通ずるものがあったな〜。

【関連】
ブラッディ・スクール(ハチャメチャな感じが)

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが412 - オブリビオン

オブリビオン

★★★★☆

滅亡した地球で監視業務についていた男の前に宇宙船が墜落して、そこには何かどっかで見た覚えのあるような女が乗っていて、なんかそこで色々ヤンヤンする話。緻密な設定のもとに作りあげられた世界観がSF感グイグイで、中盤のひっくり返る展開も良かったけどだんだん何でこんな行動とるの?て思うところはあったな(俺が頭悪いだけ説もあるけど)。全体的には面白かった!全く新しいデザインの戦闘機の機動性が最高だったし、ドローンが攻めこんでくるところのカメラワークも圧巻であった。



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが411 - 冷たい熱帯魚

冷たい熱帯魚

★★★★☆

冷め切った家庭を抱えるうだつの上がらない熱帯魚屋さんが、ひょんなことから同業者と知り合ったんだけど実はヤクザや警察を敵に回すような鬼みたいな奴で、そいつに振り回されてヤンヤンする話。突拍子も無さすぎる話の展開ではあるけど設定や人殺しの動機や殺し方なんかは実際にあった事件をもとにしてるらしいので、小説より奇なり過ぎる。そしてこの映画の世界にグイグイ引きこんでくれるのは村田幸雄役を演じたでんでんですね・・・圧倒的に狂った演技力がやばすぎて固唾を飲んで展開を噛み締めました。「あまちゃん」でやさしいおじさんを演じてるけど、次からそんな目で見ちゃう・・・。全員狂ってて全く救いの無い展開が最高。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが410 - ATM

ATM

★★★☆☆

ひとけの無い駐車場の真ん中にあるATM小屋でお金をおろそうとしたら、入り口付近に変な奴が仁王立ちしてて、やばくね?ってなってどんどん追い詰められていってヤンヤンする話。犯人は綿密に計画をしていたけど、閉じ込められた奴の行動にかなり左右されるからちょっと雑だな〜とは思いました。見た人の感想を見ると「結局犯人が誰なのかも目的も分からないからクソ!」って書いてるやつめちゃくちゃいるけど、これはこれで分からないまま終わるから面白いんじゃないかな〜〜。素性も、目的も、何も無いからこそジワジワ追い詰められていく怖さがいいと思うんだけど。ちなみに脚本は「リミット」の人で、こういうシチュエーションスリラー好きね。

【関連】
リミット

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが409 - リミット

リミット

★★★☆☆

気がついたら棺の中に入ってた状態で埋められてヤンヤンする話。究極の密室劇ではあるが、動きがないぶん画変わりは無くてちょっと眠たくなりました。しかししかし、我慢して見ていると最後1分の展開で「えーっ」と声が出てしまう俺の好きな感じの終わり方でした。犯人の目的は身代金目当てだけど、それ目的でこんな棺に入れて埋めたりするかな〜とはちょっと思いますがね。同じようなシチュエーションサスペンスで前みた「ブレーキ」の方が面白かったかな。

【関連】
ブレーキ



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが408 - エレベーター

エレベーター

★★☆☆☆

高層ビルの49Fでエレベーターが緊急停止して、乗り合わせた人がヤンヤンする話。偶然乗り合わせた何の関係も無い人々が実はやんわりつながっていたりするんだけど、別にそんなに面白いやつではなかった。エレベーターものはやっぱりヴィンチェンゾ・ナタリの「Elevated」や!

#サスペンス
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが407 - セブン・ナイト・イン・アサイラム

セブン・ナイト・イン・アサイラム

★☆☆☆☆

TV番組の企画で廃病院で7日間過ごす企画をしたら幽霊騒ぎになる話。はああああ〜〜〜つまんねえええええええ〜〜〜〜POVなんだけどカメラが微妙にバラエティ番組みたいなパキっとした画質で怖さも何もあったもんじゃないし、廃病院っていう設定なのに廃感も病院感も全くない。あと無駄話多すぎ!基本的な設定はグレイブ・エンカウンターズの完全パクリなのもびっくりするし、とにかく全体的にメッチャクチャクオリティ低くて逆に新鮮でしたね。

【関連】
グレイヴ・エンカウンターズ


これもグレイヴ・エンカウンターズと一緒じゃん!クオリティ低いし


本家

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが406 - リンカーン / 秘密の書

リンカーン / 秘密の書

★★★☆☆

アメリカ大統領のリンカーン、実はヴァンパイアハンターだった〜!イェーイ!!みたいな感じでヤンヤンする話。なんでこんな話思いついたんだろうっていうトンデモ設定だけど、完全に大真面目なやつ。斧を使った格闘シーンがけっこうカッコ良かったです。南北戦争が実はアメリカ軍対ヴァンパイア軍団っていう設定も突飛で良かったけど、終始「これリンカーンじゃなくてもよくね?」という思いが頭をよぎり続けていました。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが405 - おおかみこどもの雨と雪

おおかみこどもの雨と雪

★★★★☆

狼男と人間のハーフで生まれた姉弟を、お母さんが女手一つでたくましく育ててヤンヤンする話。母の強さとオオカミとのハーフである子どもたちが「人間として生きていくかオオカミとして生きていくか」という葛藤を美しい四季折々の描写とともに丁寧に描いていって良かった〜〜〜良かった良かった。でもまあ大前提として「避妊しろや」っていうとこは避けられないつっこみですよね・・・ゴムが無ければお腹に出すとかしなさい。あとお母さんが終始万人の理想に近い完璧な強い女性像過ぎたので、ちょっとぐらいヒステリー起こして発狂すればもっと人間味が出てよかったかもしれませんね。全体的にはサマーウォーズより好き。

【関連】
サマーウォーズ



#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが404 - 死霊のはらわた

死霊のはらわた

★★★★★

うっかり死霊を呼び出して妹に取り憑いてしまってヤンヤンする話。30年の時を経て今の技術でリメイクしているんだけど、オリジナル版のちょっと笑っちゃうレベルのスプラッタ描写はリアルにグレートアップして近頃見ないレベルでグロテスクになってるし(そっちはそっちでグロ過ぎて笑っちゃう)、ジャパニーズホラー的ないきなりびびらせる効果を取り入れたりと、ホラー映画の定石が高次元に詰め込まれて楽しかった〜。離れ小屋で過ごす理由付けもオリジナル版は「ただのバカ騒ぎ」だったけど、今回は「妹の薬物摂取を絶たせるため」っていう要素をのっけることで、取り憑かれた妹が何かを見ても「禁断症状乙」で片付けられたりと、しっかりしたストーリーラインになってるのも良かったなあ。ただけっこう様変わりしているのでオリジナル版を愛する懐古厨には煙たがられそうな感じではあるかも。リメイクとか関係なく、これはこれで一つの映画として見るとかなりクオリティは高くて好きだけどな〜。オープニングからタイトルロゴが出てくる瞬間の盛り上げ方は最高。

【関連】
死霊のはらわた(オリジナル版)


リメイク版


オリジナル版

#スプラッター #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが403 - ラヂオの時間

ラヂオの時間

★★★★★

生放送のラジオドラマの本番直前に主演女優がわがまま言い出して役名を変えたことに端を発して、本来の脚本からどんどんかけ離れたものになってドタバタする話。初期の三谷幸喜作品、昔見たことあったけどほとんど忘れてたので再見。やっぱりめちゃくちゃ楽しい!プロデューサーが女優・役者・原作者に挟まれてご機嫌取りながら(原作者はないがしろにされるけど)何とかちゃんと放送させなきゃいけない役目で、実際にこんなことあったら発狂するだろうな・・・と思いますね。1997年の映画なので唐沢寿明の服装が「昔のAD感」バリバリで最高。あと携帯電話がめちゃくちゃでかいし、分煙が全くされてないのも時代を感じる。



#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが402 - フランケンウィニー

フランケンウィニー

★★★☆☆

可愛がってた犬が死んだけど、どうしても生き返らせたかったから何とかしたら生き返ってヤンヤンする話。設定・キャラクターはどこか不気味だけど憎めないティム・バートン感がギンギンにみなぎって良かったんですが、話自体は普通だった。と思って調べたら短編映画として1984年にあったみたいで、それを長編に引き伸ばしたから冗長な感じしたのかな〜。短編を長編リメイクで冗長パターンは、「ナイン」に通ずるものがあるな・・・。あと、同じクレイアニメなら「コープスブライド」の方が最高だった記憶がありますね。

【関連】
9(ナイン) 〜9番目の奇妙な人形〜
コープスブライド



#コメディ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが401 - ヒルズ・ハブ・アイズ

ヒルズ・ハブ・アイズ

★★★★☆

とある平凡な一家が砂漠の真ん中を車で横断しようと思ったらパンクして動けなくなって、そこに昔から住んでいた奇形の人々に無残に殺される話。グロさはまあまあ普通ではあるけど、奇形達の生まれた経緯が「核実験の被害者」っていうやや重いところが精神的にキツイところ。いきなり砂漠のど真ん中で家族の大半がきもいやつに殺されたら、普通に立ち直れないと思うけど、生き残った者の精神力・生命力がハンパない感じで、復讐していく様子が楽しかったです。オープニングの、カントリー風の音楽に色んなキノコ雲が立ち上ったかと思うと一瞬マジの枯葉剤の影響で生まれた奇形児の写真がサブリミナル的に入り込んでくる演出が最高でした。



#ホラー #スプラッター
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが400 - 女優霊

女優霊

★★☆☆☆

映画を撮影していたら怪異に巻き込まれてヤンヤンする話。今でもたまに怖い映画と言えばみたいなところで名前があがるけど、そんなに怖くなかったな。まあこれが原型になってリングとかができたらしいのでホラー映画界にとっては重要なやつではありますね。



#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが399 - 哀しき獣

哀しき獣

★★★☆☆

借金をこさえすぎた男が殺人請負業をやるはめになって、ターゲットを殺そうとしたら他の誰かに先を越されてヤンヤンする話。やけにややこしい+韓国人の名前全然覚えられないっていうので、ストーリーの全体像把握するの難しかったな〜〜と思ったらレビューサイトにもおんなじようなことが書かれてた。脚本はかなりややこしいので、ひとつひとつ理解しながら見ないとあっという間に置いてけぼりになっちゃうけど、韓国映画見るたびに韓国ってこんなに物騒なの?って毎回思いますね・・・。



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが398 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-04 真相!トイレの花子さん

★★★★★

花子さんの投稿映像を軸に、二人の少女・一人の霊能者とともに真相を探ってヤンヤンしていく話。これも最高に面白かった!!トイレの花子さんは設定だけで、「時空を歪めてタイムスリップしたりする」「昼夜が逆転したり、建物の地形も変わる」「36分ノーカットで突き進む」「POVで☓☓☓の映像をとらえる」っていうかなりチャレンジングに富んだ傑作でした。ノーカットでたたみかける怒涛の展開は瞬きを忘れるぐらいスリリングで、終盤の映像もかなり呆気に取られますが、構成の妙が光っててかなり楽しめました。主役の工藤自身に隠された謎など、ちょっと次回につながるような気になる終わり方も見せたので、次回以降もすごい楽しみ。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが397 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-03 人喰い河童伝説

★★★★★

河童のいる池で、河童を捕まえようとヤンヤンする話。この話めちゃくちゃ面白かった!その近くに住んでる何か知ってる農家のおっさんと第一発見者のカップルを据えて、河童を追い詰めていくんだけど、POV描写がかなりクオリティ高いし、終盤の展開もめちゃくちゃ熱かったし、大オチも最高!とは言え設定はつながっているので(前回のアイテムが出たりなど)、最初っから見てほしいな〜。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが396 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-02 震える幽霊

★★☆☆☆

廃墟に入った若者が震える幽霊の映像が投稿されてきて、その幽霊をもう一度ビデオにおさめようとヤンヤンする話。前回よりテーマのレベルが下がっちゃう感じではあったけど、投稿者の間の関係や失踪した女の子が「先生」と仰ぐ人物が出てきたりなど、当初の目的からどんどん違う方向に発展していく感じが面白かったけど、結局真相は全く分からないので見る人は選びそうな予感。

【関連】
戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが395 - 戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

戦慄怪奇ファイル コワすぎ!FILE-01 口裂け女捕獲作戦

★★★★☆

口裂け女を捕まえようとヤンヤンする話。映画館ではやらずにビデオスルーされたやつ。なんでこれ見たかって言うと、監督が「ノロイ」とか「オカルト」でおなじみの白石晃士だったから。で、話としては口裂け女に「誰も知られてない呪術使いの村出身」という新しい要素を加えて新鮮味を出したPOV系フェイクドキュメンタリー。投稿映像として送られてきた口裂け女が追いかけてくる最初のシーンは普通に怖いけど、投稿者の髪型がすごい面白くてそっちにけっこう目がいきました。

【関連】
ノロイ
オカルト


#ホラー #POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが394 - デスカメラ

デスカメラ

★★★☆☆

若者がドライブで小旅行してるときにビデオカメラで風景を撮影してたら、カメラにうつった人の顔が歪んで見えて、そして歪んだ人は不可解な死を遂げてヤンヤンする話。低予算POVで盛り上がりや爆発力は無いけど全体を包む不可解なイキフン(雰囲気)や、撮影してる奴がずっと代わらなくて、三人しかいないのに一人だけ全く顔が分からないむずがゆさが、この映画の魅力的なところな気がする。オチは大したことないけど。


こいつは死ぬ

#ホラー #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが393 - ミッドナイト・イン・パリ

ミッドナイト・イン・パリ

★★★★☆

1920年代のパリに憧れる小説家志望が、ひょんなことから1920年代にタイムスリップして、ヘミングウェイとかピカソの愛人とかと仲良くなって、「この時代のパリ最高〜!」ってなってヤンヤンする話。パリ全体を包むオシャレ感とストーリーラインは大変良かったけど、20年代の文学作家のことをもっと知ってたらさらに面白かったんだろうな〜と思いました。あと「スカしたウディ・アレン感」が全体から漂ってた(ウディ・アレンの映画みたの初めてだけど)。



#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが392 - モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦

★★☆☆☆

モンスターがプロレスやるやつ。つ、つまんなそ〜〜!!!って思って見たんですが、案の定なやつでした。でもよくよく調べたらモンスター役が実在のアメリカのプロレスラーだったり、カメラアングルとか実況解説も含めてかなりアメリカのプロレスを再現していることが分かったけど、「それ知ってもそんなにだわ!」っていうやつでした。あ〜でもこのキャストがオカダとか棚橋とか全て新日本プロレスに置き換えたら多分めちゃくちゃおもしろく見れるんだろうな〜。



#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが391 - シュガー・ラッシュ

シュガー・ラッシュ

★★★★★

ゲームの悪役が「ヒーローになりたい!」って言ってヤンヤンする話。最高〜〜〜〜〜!!!!としか言いようがないので、終わりです。完璧な脚本、かわいさと懐かしさが同居する世界観、散りばめられたゲームの小ネタ、魅力的なキャラクター達、全てが最高。



#ディズニー/ピクサー
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが390 - レイク・マンゴー 〜アリス・パーマーの最期の3日間〜

レイク・マンゴー 〜アリス・パーマーの最期の3日間〜

★★★★☆

とある湖で最愛の娘を失った家族や友達の話を聞いて色々振り返って、一体何があったのかを探ってヤンヤンする話。インタビューがずーっと続いていくフェイクドキュメンタリーな仕上がり。見せ場やビックリするような超常現象とかはほとんど無いけど、父親、母親、弟などアリスを取り巻く人々の心の動きなどを丁寧に描いていて、おもてたのんとちが〜う!とは思ったけどこれはこれで良かったです。



#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが389 - パラノーマル・アクティビティ4

パラノーマル・アクティビティ4

★☆☆☆☆

ひょんなことから隣人の息子を数日預かることになったけど、なんか様子がおかしいし、自分ちの子どもも影響されてどんどん心閉ざしていくし、変なことは起こるしでやっぱり家にカメラつけて様子を見てヤンヤンする話。90分ハナクソこね回してた方がまだ有益なぐらいつまらなかった・・・。一つのコンセプトがウケたからって引き伸ばして何回もやるのはさすがに辛すぎるし、目新しいものは何一つ無かったし、いつも通り投げっぱなしで終わるしで、ひどすぎたな〜。




【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2
パラノーマル・アクティビティ3

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが388 - 捜査官X

捜査官X

★★★★☆

両替商を襲った凶悪強盗二人を、何故か偶然立ち寄っていた一見温厚そうな紙職人がぶっ殺して、不審に思った金城武が捜査してその職人の本性を暴いていってヤンヤンする話。邦題が全く意味分からんかったけど、序盤、金城武が現場検証していくシーンがめちゃくちゃすごかった!最初のシーンでは偶然倒した風にしか見えなかったのに、金城武とともに振り返るとこんなに計算高く行動しとったんかい・・・的な。過去との決別したいが血族であるがゆえに逃れられない運命と対峙するドニー・イェンがカッコ良かったです。邦題はマジで謎。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが387 - ロックアウト

ロックアウト

★★★☆☆

宇宙刑務所に収容されてた凶悪犯が脱獄して、偶然そこにいた大統領の娘が人質になったので無実の罪を着せられたCIA工作員が助けにいってヤンヤンする話。舞台が宇宙である必要まったくね〜〜〜!でも登場人物が魅力的で良かったな。口が悪くて飄々としてるけど頼り甲斐のある主役、同情の余地のないほどの純粋悪な脱獄犯たち、大統領の娘(「96時間」の娘でもある)。銃撃戦的なアクションは少なく、何故か刑務所外(宇宙空間)の宇宙船の撃ち合いが多め。細かいところ挙げたらキリがないけど、宇宙から地球に落ちていくシーン、そんなあっさりでいいのかよ!っていうぐらいあっさり無事着地してました。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが386 - ザ・グレイ

ザ・グレイ

★★★★☆

野生のオオカミを狩ってるスナイパーのおじさんが乗った飛行機が墜落して極寒の雪山に取り残されてヤンヤンする話。本編の95%が全部雪まみれで、獰猛なオオカミの縄張りで閉ざされた雪山からどう生き抜くかというサバイバルな感じで、生き残った7人がいがみ合いながらも絆を深めつつ、深まったところで死んでいく救いの無い仕上がり。リーアム・ニーソンのキャラ造形(もう人生の全てに意味が無いと思っていながら、危機敵状況に陥って生きようとする)が良かったな〜だけど最後が打ち切り漫画みたいな終わり方だったな。まあ話全体の流れが暗めということもあり、助かった〜良かったね!ピースピース!みたいなオチは冷める気がするので、こういう終わり方もよく考えたらアリかな。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが385 - 裏切りのサーカス

裏切りのサーカス

★★★☆☆

イギリスの諜報機関MI-6にスパイがいるから炙りだしてくれ〜って老スパイがヤンヤンする話。ド低脳なのでよくわからんかったんや・・・。でも派手なアクション一切無しで淡々と情報を集めていき、真相に近づいていく様子、これが本物のスパイ映画なのでは?と思いました。派手な銃撃戦とか、電車に無理やり飛び移ってから屋根の上で殴りあったりとか、そういうのも面白いとおもいますが、こういうジワ〜〜〜っとした重い感じのやつもたまにはいいですね。眠かったけど。



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが384 - ハングオーバー!

ハング・オーバー!

★★★☆☆

2日後に結婚式を控えた男とその友達がラスベガスでうっかりハメを外して全く記憶無くなったまま新郎も行方不明になって、記憶をたどりながら新郎を探しまわってヤンヤンする話。ありがちなコメディだけど、記憶をたどりながら真相が分かっていく経緯は面白い。でもこう、なんというか、全部の伏線が複雑に絡みあって収束していくっていうようなレベルではなかったので、もうちょっとな印象。せめて思い出した時にフラッシュバックしたりして欲しかったな〜。ちなみに続編もあるみたいだけど、話の大筋が全く一緒だったので見なくていいなと思いました。



#コメディ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが383 - キャビン

キャビン

★★★★★

わかりやすい若者5人(リーダー、淫乱女、マイペース、博識、処女)が人里はなれた別荘でヤンヤンしてたら地下室にあった古文書の呪文をうっかり口にしてしまいゾンビを呼び出してしまってヤンヤンしながら、別のところでそれを監視する人々が並行してヤンヤンする話。「死霊のはらわた」ベースのベッタベタなホラー映画の定石を一旦全部パロディ&メタ的に詰め込んで、そこから全てをメチャクチャにひっくり返して他の映画とは一線を画しまくった究極ホラー。絶対誰も予測できないし、誰もやったことのなかった終盤からラストにかけての展開はただただ口をあんぐり開けて見守るしかありませんでした。これはうちに置いておきたい至高の一品として語り継いでいきたいと思います。デイナ役のクリステン・コノリーさんが日本人にウケそうなタイプの可愛さが最高だし、大麻でラリって呂律が回ってないマーティもめちゃくちゃいい味出してて最高だった・・・。ネタバレだけは充分に注意して、早く観に行ってください。


ベッタベタな出だし

#ホラー
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが382 - トロピック・サンダー 史上最低の作戦

トロピック・サンダー 史上最低の作戦

★★★★☆

癖のありすぎる役者たちで戦争映画を撮ってたら予算無くなったので、本物の戦場でいきあたりばったりで撮影することになってヤンヤンする話。バカバカしくて良かった!この一語に尽きる。リアル戦場でそれぞれのキャラクターの葛藤やらが交錯しつつ、伏線も見事に回収していってGood。予備知識無しで見たので、そしてロバート・ダウニーJr(アイアンマンの人)が黒人役の特殊メイクの完成度がすごくて最後まで気付かなかったし、もちろんハゲのプロデューサーなどさらに誰が演じてるのか分からなくて最後にめちゃくちゃびっくりしました。


この黒人がアイアンマンの人

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが381 - ダンサー・イン・ザ・ダーク

ダンサー・イン・ザ・ダーク

★★★☆☆

先天的な病気で今年中に失明するけど、息子の将来の手術費(息子も遺伝によりいつか失明しちゃう)を稼ぐために工場で働いてお金貯めているお母さんがヤンヤンする話。おいおい〜〜最悪な気分だぜ!噂には聞いてたけど本当に救いがないな!必死で貯めて、ようやく手術費に足りたところでごっそり盗まれて、逆に自分が盗んだことにされ、そのまま人を殺してしまい、息子に手術させなくてはいけないという気持ちだけで裁判も頑なに嘘をついて、結局死刑になるっていう最悪のやつなんだけど、時折入る空想の世界のミュージカルパートが対極をなすぐらい輝きに満ちあふれているのでその落差がつらぽよすぎましたね・・・。ただ一人の息子がそこまで可愛く描いてないので、もうちょっとそっちにも感情移入できるようにしてもよかったんじゃ・・・と思いました。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが380 - マーサ、あるいはマーシーメイ

マーサ、あるいはマーシーメイ

★★★★☆

2年間カルト教団のコミュニティで過ごしていて音信不通だった女の子が逃げ帰ってきたんだけど、何か日常生活に支障をきたすぐらい非常識な性格になっててヤンヤンする話。確実的な描写は無いけれど、「洗脳」されたマーサの居場所がどこにもなくて胸がキリキリと苦しくなるぐらいつらぽよな感じでしたね・・・姉の別荘で暮らす不穏な2週間とコミュニティで過ごした2年間が交互に展開されていって、マーサの身に何があったのかが断片的に分かってくる構成も丁寧にまとめられていました。カルト教団もそこまで「悪の教団じゃ〜い!」と描くことはなく、「あれ・・・こっちの方が居心地いいんじゃね?」と錯覚してしまうぐらいにさらっと描くところも逆にこの映画にずぼずぼとハマり込んでいく材料になってるなと思いました。あ〜つらいつらい。つらぽよ。



#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが379 - ウィッカーマン

ウィッカーマン

★★★★★

少女が行方不明になったから探しに来て欲しいっつって本土から辺境の土地にやってきた警官がヤンヤンする話。怖い!!!マジで怖い!!!島全体が不穏な「何かを隠してる空気」に満ちあふれてて気持ち悪いし、さらに原始的で理解不能な信仰が島民全体に浸透していて、クリスチャンの警官がとことん迫害されるっていう構図の怖さもかなりのもので、退屈になりがちな序盤のダルさは全然なく、始まった時から「うわ〜怖いな怖いな〜何だこれ〜きもいきもい〜わー!やめてー!うそでしょー!・・・あーあ・・・」って、盛り上がっていきました。'73年の映画だけど精神的なトラウマになりそうでむちゃくちゃ怖かったです。ちなみにニコラス・ケイジ主演のリメイク版は最低リメイク及び盗作賞を受賞しているのでオリジナル版をおすすめします。



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが378 - ベルフラワー

ベルフラワー

★★★★★

マッドマックス2(北斗の拳のモデルになった世紀末系映画)に出てくるヒューマンガスに憧れて火炎放射器やら改造車やら作ってた男が恋人に裏切られて正気を失ってヤンヤンする話。失恋話がベースになってるんだけど、前述のように火炎放射器・後部から火が噴き出る改造車っていう異色過ぎる演出のおかげでかなり異様な雰囲気が醸しだされていて、派手なアクションとか無い分ストーリー構成や映像の見せ方でかなり引きつけられました。監督の実体験らしいけど、監督が主演も兼ねてて、しかも劇中の裏切る恋人が実際に裏切った本物の元カノっていうことを知ってとんでもないドMな監督だなと思いました。元凶の元カノと失恋の映画を作るなんて・・・。ちなみに主役の男の親友のエイデンがむちゃくちゃ良い奴で、こいついなかったらもう救いの無いズタボロな話になってただろうな・・・と思います。良かったな何でも理解してくれて全てを包み込んでくれる親友がいて!あとわざと汚い映像にしたりコントラストのきつく加工したり、映像の演出や音楽もかなり良かったです。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが377 - リヴィッド

リヴィッド

★★★★☆

寝たきりのババアの屋敷に忍び込んで金銀財宝を盗もうとした若者がヤンヤンする話。フレンチスプラッターの傑作「屋敷女」の監督脚本の人々の最新作ってことだったんですが、屋敷女よりもグロ成分は控えめで、ファンタジー的な画の綺麗さ最後まで見とれてしまう感じの映像美。でもちょっと分かりにくいシーンもあり、これが正解とは明示してなかったらしいので評判はちょっと微妙だったみたい(確かに「???」となるシーンはちょっとある)。「狂った母性VSそれに立ち向かうのも女」っていう図式が屋敷女とも共通してましたね。セットで見ると良いかも(屋敷女は完全にトラウマになるけど)。あと主役のリュシー役のクロエ・クールーさんがめっちゃ美人だし、肉付きも最高によかったです。一緒に忍び込む役立たずの男二人も整った顔なので、早く殺されろ!と思いました。


「魂の入り口と出口」を表すオッドアイも終盤に絡む

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが376 - ダイ・ハード ラスト・デイ

ダイ・ハード ラスト・デイ

★★★★☆

マクレーン刑事がめちゃくちゃ頑張る話。もうめちゃくちゃよ。全てがめちゃくちゃ。爆発に次ぐ爆発でコーラが進む進む。ビル爆破・ヘリ爆破・車大破の画を先に考えてから話を考えてるんじゃないかな?っていうぐらいの感じ。でもこのアクションの派手さがダイ・ハードの魅力や!そうなんや!今回も決めゼリフの「Yippee-kai-ay, motherfucker.」出たけど、気分が高まるテーマソングがあれば良かったな〜と思いました。インディ・ジョーンズとかミッション・インポッシブルとかバック・トゥ・ザ・フューチャーとか、お決まりのテーマソング出たらテンション上がると思うんですが、5作もやっててテーマソングが無いのはもったいないですね。しかし「ミッション・インポッシブル ゴースト・プロトコル」の時点で「アクションの最高峰きたな」って思ったけど、それを上回るぐらいのド派手なアクションで、天井どこまで行くねんっと思いました。ただアクションが派手になればなるほどストーリーが面白くなるのかと言ったら、それはまた別のお話です。

【関連】
ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード3
ダイ・ハード2
ダイ・ハード


タランティーノが好きな車のトランクの構図もあった

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが375 - 遊星からの物体X

遊星からの物体X

★★★★☆

南極基地に犬が紛れ込んだけど、実は擬態したエイリアンで、知らない間に人間にも取り込んでるかもしれん・・・誰がなりすましたエイリアンなんだ!ってヤンヤンする話。「ファーストコンタクト」の次の日の話で、これまたB級ホラー映画の原点って感じで良かったです。当時のSFXはやっぱり見劣りするけど、グロさはなかなかのもの。冒頭で崩壊した基地の探索のシーンで「ファーストコンタクト」と整合性を取った箇所が多々あったので、二つ見終えたあとは最初こっち見といたらよかったな〜と思いました。CGの規模的にもね。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが374 - 遊星からの物体X ファーストコンタクト

遊星からの物体X ファーストコンタクト

★★★★★

南極基地でエイリアン見つけたけど逃げられて、「人間を取り込んで細胞を組み替えてその人間になりすます」という擬態能力で基地内に潜伏して「このメンバーの誰かがエイリアンなん?こええ」ってなる話。閉鎖空間で、誰がエイリアンか分からない状態で疑心暗鬼状態に陥って、でもどんどん食われていくっていうホラー映画の基本がしっかり詰まってるストーリー構成も良いし、何より人間と一体化したエイリアンのグロテスクさが最高に良かったです。1982年に公開されたやつの前日譚で、恥ずかしながらどういう話か全く知らなかったんですが、何でもファーストコンタクトは1982年版のストーリーを結構補完してるらしいので(建物の構造が同じだったり、顔が縦に裂けた焼死体が出てきたり)、そちらもちょっと見たくなったな。とにかくエイリアンの気持ち悪さが一級品で、久々にこういうグロテスクな造形見たな〜と思いました。


「こいつがエイリアンかー!」ってなるシーンがどれも最高。

#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが373 - デンジャラス・ラン

デンジャラス・ラン

★★★☆☆

裏切り行為で指名手配犯になってた元CIA工作員が捕まって収容施設に収監されるけど、武装集団に襲われたので施設の監視官と一緒に逃避行してヤンヤンする話。デンゼル・ワシントンがかっこよかったけど全体的なアクションとかストーリーとかめっちゃ普通だったな。「トビン・フロスト(デンゼル)は人の心を操る天才」って言われてたけどそこまで深層心理を読んで人を動かす描写はあまり無かったし。目的とか物語の真相もよくあるパターンな気がしたな・・・。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが372 - ハンガー・ゲーム

ハンガー・ゲーム

★☆☆☆☆

アメリカ版バトルロワイアルでヤンヤンする話。殺し合いが始まるまでがめっちゃ長いし、始まっても基本的に主役の女の目線でしか物語が展開しないから他のキャラクターがどんな背景を持ってたか全然分からずスイスイ死んでいくし、しかもこういうゲームもので絶対やってはいけない「運営側の必要以上の介入とルール変更しまくり」のせいで破綻しまくって全然おもろくなかったな〜。同じ弓使いの話なら「メリダと恐ろしの森(と、同時上映「月と少年」)」の方が面白い。



#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが371 - インブレッド

インブレッド

★★★☆☆

素行の悪い少年たちを更生させるために田舎の村で社会奉仕活動をしようと思ったら村人全員気が狂ってて無残に殺される話。ストーリーはあってないようなものなんだけど、グロ描写がけっこうがんばってたのでよかったです。ただあんなに体がスパスパ切れるものなのかは気になるが。殺される6人がそれぞれ個性豊かな死に方を披露していたんだけど、人糞を口から注入されまくって破裂して死ぬやつはギャグでしかなかったな。


地雷でドーン!

#スプラッター
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが370 - フリークス

フリークス

★★☆☆☆

奇形の大道芸人が働くサーカス内で、小人のおっさんに金目当てで健常者が言い寄ってきてヤンヤンする話。障害者側を善、健常者を悪と位置づけて、最終的には健常者の目論見がバレて奇形の大道芸人にボコられて奇形の仲間入りになっちゃうっていうとんでもなさ過ぎるオチなんだけど、いかんせん80年も前に作られた映画なので視覚的にも構成的にも見づらかったですね・・・。まあ1時間程度でさくっと終わるのが救いか。あと普通に気持ち悪い奴がいっぱい出るけど心は純粋なので、知的障害者が頑張る映画「リンガー」を見るといいと思います。

【関連】
リンガー!替え玉★選手権

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが369 - テイク・シェルター

テイク・シェルター

★★★★☆

お父さんがストレスからくる統合失調症にかかって「嵐がくる〜!世界終わる〜!」という幻覚に悩まされて、家族に内緒で金つぎこんで裏庭に地下シェルター作ってヤンヤンする話。話の進み具合は大変地味なんだけど、統合失調症の人ってこんな幻覚見るのか・・・という恐ろしい気分になりました。会社でもおかしな事しまくってクビになって、娘の手術代が健康保険でカバーできなくなることを告げるところや、裏切った親友と(家族や他の友だちが見てる前で)ケンカするシーンなど、とにかく胸が張り裂けそうなシーンばっかりでかなりどんよりするけど、どんなにズタボロになってもずっとそばに寄り添ってくれる奥さんが・・・奥さんが最高なんや・・・良い人見つけましたな・・・と、そこはちょっと救われましたね。はい。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが368 - 崖っぷちの男

崖っぷちの男

★★★☆☆

ホテルの20階から飛び降り自殺しようとする男を説得したりしてヤンヤンする話。飛び降り自殺未遂で大衆の目を引きつけておいて、その間に何かをするみたいな感じなんだけど何か消化不良なところが残るな〜て感じでした。それで許されるの!?みたいな。あと仲間が若干おちゃらけキャラだったので、ドシリアスにしてもよかったんじゃないかな〜と思いました。アンジーの素晴らしすぎるおっぱいもずっと目がいってしまうので、それもノイズになっちゃうよ!




着替えのシーン最高すぎたけど別にカットしてもよかったよ

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが367 - グラン・トリノ

グラン・トリノ

★★★★☆

奥さんに先立たれて息子夫婦ともあんまり仲良くない頑固じじいがヤンヤンする話。戦争で人を殺しまくった罪の記憶に縛られて心を閉ざした気難しいじじいが、隣の中国系移民の家族と仲良くなって交流し始めて、移民の息子を世話するうちに心境に変化が出てくるんだけど、まあ一筋縄ではいきませんよね・・・。息子の未来のためにじじいがとった行動が男らしすぎるけど、もっと他に解決方法あったんじゃないかな〜〜とは思いますね。胸に何かしらのしこりが残るようなそんな感じのやつ。悪さをする方の中国系移民の顔がめちゃめちゃむかつくんだけど、どこからあんな奴引っ張りだしてきたんだろう。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが366 - チェンジリング

チェンジリング

★★★★★

自分の息子が誘拐されて、半年後無事戻ってきた!と思ったら全く違う子どもでヤンヤンする話。1920年代に起こった実話の話らしく、警察が腐りきっててお母さんの訴えも「混乱してるだけじゃね?」「検査の結果マジで息子なんだけど。ちゃんと見つけてきたのに何でそんなこと言うの?頭狂ったの?」て言われて(本当は警察がミスってるんだけど認めない)、しまいには精神病院にぶち込まれるっていう最悪の話で、「もうやめてよ・・・このお母さん何でこんなことになってんの・・・」と胃がキリキリしました。警察・精神病院・市長もグルになって「警察に楯突く者は異常者」という烙印を押されて口封じされるという実状が実際にあったっていうことを思うと、めちゃくちゃ恐ろしい話ですね・・・逃げ場が無い。ジョンジョリーナ・アリーがかなりいい演技をしていました。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが365 - セルビアン・フィルム

セルビアン・フィルム

★★★★☆

元ポルノ男優がお金目当てでアンダーグラウンドのポルノ映画に出演して地獄を見る話。鬼畜・変態・陵辱・死姦・エロ・グロ詰まりに詰まった救いの無いひどすぎる話なんだけど、映画の構成自体は結構凝った作りになってるので、ただのグロ映画ではない仕上がりになってて良かった。もっかい見たいとは思わないけど。最後のシーンはかなり戦慄したな・・・もう許してやってよ・・・て思いました。



#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが364 - ザ・レイド

ザ・レイド

★★★★☆

SWAT対ギャングがヤンヤンする話。冒頭に家族に「行ってきます」って言った10分後にギャングの牙城に突入してそのまま最後まで死闘を繰り広げる、インドネシア発の格闘アクション映画。銃撃、インドネシア格闘技シラット、2対1の超絶死闘などなど見どころたっぷり手に汗握る迫力でジャンジャンバリバリ戦ってくれるのが気持ちいい。ストーリーにドラマはほぼ無く、何も考えずに見れるところも最高。ただそれ故に登場人物にあまり深みは無かったので感情移入しづらいところはあったかな。それでも低予算感を感じさせないアクションシーンは一見の価値ありじゃよ。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが363 - エビデンス/第6地区

エビデンス/第6地区

★★★★★

キャンプしてる若者4人が謎の野獣に襲われてヤンヤンする話。よくあるホラー系POVだったんだけど、後半30分、ありとあらゆる最悪が一切の間髪を入れずにこれでもかこれでもかと畳み掛けてきて、それにギャーギャー叫びながら逃げまくるっていう凄まじさと圧倒的ハイテンションに、瞬きすることを忘れて釘付けになってしまいました・・・。今までのPOVの常識を覆して考える隙間を全く与えさせないメチャクチャさがほんとにポカーンとさせること必至!「どんだけカメラ持っとんねん問題」は常につきまとうけど、初見の場合はそんなこと考える暇すら与えませんでした。日本公開未定だったんでUK盤(日本のレコーダーで再生されず、Macで見れるというハードルの高さ)を買ったんですが、後悔してません。よかったです。最高すぎ。日本版も4月に出るみたいなので、今から西五反田TSUTAYAレンタル館に並べ〜!

#POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが362 - 96時間リベンジ

96時間 リベンジ

★★★★☆

前作でぶっ殺された人の父親が復讐に燃えて家族もろとも拉致しようとするけど最強お父さんの前に手も足も出ない話。今回も充分面白かった!が、前作が最強完璧過ぎたが故に、それを凌駕することは不可能だった・・・。面白かったけどね。怒りが足りない。ブライアンにはもっと怒ってもらって、そのカタルシスを爆発させていただければなと思いました。自分が拉致された場所を遠くで爆発させた手榴弾の音の伝わる速度で特定したり、拉致中の移動時間・曲がった回数・聞こえた物音でだいたいの場所の目星をつけたりするなど、今回も特殊能力は研ぎ澄まされててかっこよかったです。

【完璧すぎた前作】
96時間



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが361 - ルーパー

ルーパー

★★★☆☆

未来から送り込まれてくる凶悪犯を殺す仕事をしていたら、30年後の自分が標的として送り込まれてきてびっくりする話。という設定が面白そうだったから初日に見たのになんかそこかしこに詰めの甘さが散見される微妙な感じのやつだった〜!登場人物に深みが無くて感情移入しづらかったし行動する理由も何か微妙だった気がする。とりあえず未来の世界を牛耳る犯罪組織のリーダーの通称が「レインメーカー」だったので「金の雨が降る〜!」と思いました

【日本のレインメーカー】
オカダ・カズチカ



#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが360 - ブロンソン

ブロンソン

★★☆☆☆

実在する凶悪犯、マイケル・ピーターソンの半生を描いてヤンヤンする話。「ドライヴ」の監督の人のやつなんだけど、全編分かりづらかったな・・・でも「この映画を理解できない人って・・・分かってないよね・・・ヒソヒソ」みたいな批評家の声が聞こえてきそうな、なんとも言いづらい感じのやつでした。主役を演じたトム・ハーディのキャラクターはめちゃくちゃ強烈なんだけど、常人の理解の範疇を超え過ぎて全然理解できなかったな。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが359 - プロジェクト X

プロジェクト X

★★★★☆

冴えない高校生三人組が、親の留守を利用して誕生日パーティを企画したらfacebookを介してすごいパーティーやってる!という噂が広まって信じられないぐらい人がたくさん来てメチャクチャ騒ぎまくる話。POV映像がパーティーのまっただ中にいる臨場感を120%伝えまくって、時々色々な視点から繰り広げられる映画らしいカットも差し込まれてとにかく視覚的に楽しいパーティームービーでした。終盤の凄まじすぎる取り返しのつかない状況の数々も圧巻。日本で公開してないけど、UK版のブルーレイには日本語字幕もついてるし安いのでゲットしてみてはいかがでしょ〜か。とりあえずアレクシスさんによるテキーラの飲み方がとんでもなくエロかったのでそれだけでも必見です。



#POV #コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが358 - ザ・ポゼッション

ザ・ポゼッション

★☆☆☆☆

娘に悪霊が取り憑いてエクソシストが悪魔払いをしてヤンヤンする話。今時こんな使い古された設定で映画作っちゃう?案の定なんの驚きも無く進んでいきました。ただこの手の取り憑かれ系の映画って、ほんと役者の憑依演技に毎回感心しちゃいますね・・・。別に見なくても良いやつです。



#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが357 - トータル・リコール

トータル・リコール

★★★★☆

つまらない毎日を過ごしていた時に別の記憶を植えつけてみようとしたら、実は今までの人生が植えつけられた記憶で、本当の自分って何なん、ってなってヤンヤンする話。近未来世界の建築物の造形はめちゃくちゃすごいし、その中でのパルクールはすごい緊迫感あるんだけど、普通でしたね。イギリス(連邦国家)とオーストラリア(コロニー)の間を、地下から一直線でつなぐエレベーターの発想がゴイスー。そこで展開されるアクションもかなりすごいけど、なんか普通。普通でした。



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが356 - アタック・ザ・ブロック

アタック・ザ・ブロック

★★★★★

ロンドンの悪ガキVSエイリアンの大群@団地一棟、な話。テンポよく進んでいく構成、スタイリッシュな映像、かっちょいい音楽、「団地一棟」っていう狭い世界で繰り広げられる激闘、イキリの悪ガキが立ち向かう、などなど映画としてスーパーグッドな良い要素がてんこ盛りな感じでした。エイリアンの造形もよいッッ。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが355 - ブラッディ・スクール

ブラッディ・スクール

★★★★★

謎の殺人鬼が高校生を襲う・・・っていう映画だったんだけど、よくよく見ていったらUFOとかタイムマシンとか出てきて、脈絡も整合性も全部無視して「撮りたいものだけ撮る」みたいになってるやつ。これはすごかった・・・。「手がTVだったことがあるのでいじめられてたガキ大将」とか「19年間毎日図書館に居残ってるのに全然見た目が変わらない人」とか全く意味分からない濃すぎるキャラクターとか出てくるわ、映像自体の情報量もゴチャゴチャしまくって脳内で全然処理されないまま90分間全く同じテンションで進んでいくし、展開がコロコロ変わっていくし、とんでもなかったな〜。


Beauty(ビューティー)
Intelligence(インテリジェンス)
Talent(タレント)
Charisma(カリスマ)
Hoobastank(フーバスタンク)
だそうです

#パニック
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが354 - 007 スカイフォール

スカイフォール

★★★★☆

ジェームズ・ボンドがヤンヤンする話。007は今まで全然興味なくてこれが初007だったんですが、割と面白かったです。最初のアクションシーン以降、かなりウトウトしてしまいましたが・・・。ハビエル・バルデムがなかなかキワキワで異様な悪役を演じていましたね。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが353 - ジェヴォーダンの獣

ジェヴォーダンの獣

★★★☆☆

ジェヴォーダン地方で100人以上の犠牲者を出してる謎の獣の正体をつかむためにヤンヤンする話。普通に謎あり、普通にドラマあり、普通にアクションあり、めちゃくちゃ普通の映画だったな。インディアンのマニが本気出したときのメイクはめちゃくちゃかっこいい。



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが352 - 回路

回路

★★☆☆☆

同僚が自殺して以来、周辺で変な出来事が起こり始めてヤンヤンする話。10年前のインターネットが見れる貴重な参考資料になってましたね(あのダイヤル回線の音とか)。日本風のジワジワしたホラー描写とテーマはグッドだけど、スケールの大きさがあんまり表現しきれてなくてあんまり伝わってこなかったな〜。

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが351 - グレイヴ・エンカウンターズ2

グレイヴ・エンカウンターズ2

★★★☆☆

「1」がフィクション映画として認識されてるけどあれは実はマジのマジに起きたことで、それを映画として事実を隠蔽してることに気付いた映像科の学生が真実を突き止めるために仲間を連れて廃病院に乗り込んでヤンヤン話。っていうようなメタ設定はムカデ人間2でやってるし、ホラー描写もあんまり変わってないからな〜!!やっぱり微妙だった〜〜!!!

【前作】
グレイヴ・エンカウンターズ



#POV #ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが350 - V/H/S

V/H/S

★★★★★

チンピラがとある家に侵入して盗みを働いていたら、大量のモニターとビデオテープに囲まれて死んでるじじいがいて、怪しく思って一つ一つビデオテープを確認していくと、そこには恐ろしい映像がおさめられていてヤンヤンする話。POV+オムニバスホラー(それぞれ監督が違う)という感じなんだけど、全てに共通してる「VHSテープの画質」の古さが気味悪いし、たまに入るノイズも昔の心霊ビデオみたいなテイストで非常に怖いです。5つのエピソードもそれぞれかなりクオリティ高しだったので、110分ぎっちりと恐怖が詰まりまくって良かった〜。ただ手ブレは他のPOVと比べてけっこう激しいかもしれないので、酔う人はいるかもしれません。

◆「TAPE56」

メインとなるチンピラがヤンヤンする動画。こいつらが屋敷の中で再生した映像が5つのエピソードになってるという設定。

短編1:「AMATEUR NIGHT」

メガネにカメラを仕込んだ状態で街に出てナンパする若い男たち、クラブハウスで若い女の子をゲットしてホテルに向かうんだけど、その内の一人が何かおかしくてヤンヤンする話。この女が明らかに顔怖いし、ずっと主人公を見つめてるし「あなたが好き」しか言わないしで怖すぎる。女の正体はかなり驚天動地な感じなんだけど、そこに行き着くまでの描写が圧倒的で恐ろしかったです。POV特有の長回しがかなり張り詰めた空気を作ってますね。

短編2:「SECOND HONEYMOON」

新婚旅行の記録ビデオなんだけど、夜に何者かが部屋に侵入してきてヤンヤンする話。平和なシーンが多いのでちょっと退屈になるけどエピソード自体はうまいこと出来てる。

短編3:「TURSDAY THE 17TH」

過去に殺人鬼に殺された友人の仇をうつために、女の子が友達3人を森に引き連れてヤンヤンする話。その殺人鬼はなんと目には見えなくて、ビデオに録画することでノイズとしてやっと認識できるという恐ろしい奴だった!ノイズ演出がめちゃくちゃ良い!謎の殺人鬼はそんな超越した力を持ってる割に人を殺すのはナイフを使うあたりアンバランスな感じはするけど、その謎さや見た目の怖さがかなり良かったです。

短編4:「The Sick Thing That Happened to Emily When She Was Younger」

男女のカップルが遠距離ビデオチャットしてるんだけど、女の子の方の家に幽霊が出るらしく、その正体をビデオにおさめようとヤンヤンする話。この話だけ唯一意味わからんかったな・・・。

短編5:「10/31/98」

ハロウィン仮装で騒ぐ4人の男が家に侵入して遊んでたら、屋上で女の子が縛られてる怪しい儀式をやってるところに出くわして、チャチャ入れてたらマジモンの悪魔払い的なやつでヤンヤンする話。部屋の構造が変わったり壁や床から手が出てきたりしてグレイヴ・エンカウンターズみたいな感じなんだけど、20〜30分なのでとにかく密度がトンコツみたいに濃い濃い。ハロウィンの衣装で緊張感が微妙に無いところも日常の中からいきなり非日常に突き落とされる怖さみたいなのが表現されてて良かったです。




#POV #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが349 - クロニクル

クロニクル

★★★★★

突然超能力に目覚めてしまった高校生が、そのパワーをビデオに記録していってヤンヤンする話。今年見た映画の中で一番おもしろい!!!!!高校生がすごい力をゲットしたらどうなるかをテーマにして、最初から最後まで全く飽きさせないストーリー展開が熱すぎる。POV特有の退屈なシーンも無ければ、「超能力でカメラをふわふわと浮かせて記録する」という斬新すぎる手法でダイナミックなカメラワークも実現されて、視覚的にも全く新しいPOV映画が爆誕しました。日本での公開は未定なので、アマゾンUKから取り寄せて絶対見てくれよな。とんでもないレベルで面白かったのでわざわざ取り寄せる価値はある!



#POV
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが348 - ヒックとドラゴン

ヒックとドラゴン

★★★★★

ドラゴンの襲撃が時々あるバイキングの村で、ひ弱な少年が偶然撃ち落としたドラゴンと心を通わせていってヤンヤンする話。ディズニー大好きおじさんだし、ピクサー以外のアニメ映画はちょっと・・・って思ってたんですが、今まで見なかったことを後悔するぐらい最高の最高だなと思いました・・・。無駄の無い構成に圧倒的映像美、個性豊かなキャラクターと圧巻のバトルシーン、全てが最高だったんじゃ・・・最高だったんじゃよ・・・。子どもと一緒に見たいやつ。



#ファンタジー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが347 - リンガー!替え玉★選手権

リンガー!替え玉★選手権

★★★★★

健常者が知的障害者を装って知的障害者オリンピックに出場して優勝して金を稼ごうとしてヤンヤンする話。こう書くとめちゃくちゃ不謹慎で失礼千万な話だけど、全編障害者自身の純粋さと障害者に対する優しさが込められたすごく良くできたコメディ映画でした。自分が障害者ではないことを打ち明けて、さらに色々スポーツ選手の夢も俳優の夢も挫折してきたことを障害者たちに打ち明けるシーンはかなり胸に突き刺さりましたね・・・。ちなみにここに出てくる障害者たちは、リアルガチの方々らしいです。


※障害者になりきる練習中

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが346 - スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還

★★★★☆

惑星エンドアの周回軌道に第2のデス・スターがいつの間にか建造中だったので、ぶっ壊す話。最初にあらすじが宇宙の背景で黄色文字で流れてくるのあるんですが、あれを映像で見せてくれよって思いますよね・・・まあそれはいいとして、最後にふさわしいキチッとした締めが気持ちよかったです。「いまピンチだけど・・・もしかしてあの毛むくじゃらの奴らが助けに来てくれるんじゃね!?」とか「ルークピンチだけど、もしかしてこいつが助けてくれるんじゃね!?」という予想をそのままなぞってくれたので、予知能力でもあるのかと錯覚してしまいました。でもこのベタなストーリーが映画の基本として色々使われたりしてるんだな〜と思いました。毛むくじゃらのイウォーク族かわいかったです。これでディズニーランドのスターツアーズの理解が深まるぞ〜!

【前作】
スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが345 - スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲

★★★★☆

帝国が反撃してくる中、ルーク・スカイウォーカーがジェダイの騎士として力をつけていく話。「途中!」という感じなのですぐにエピソード6見た方がよかです。ストーリーがけっこう壮大なのに、C-3POとかヨーダとか、個性的すぎるキャラクターのせいでバランスよくおちゃらけとシリアスが混じってて楽しい。あとレイア姫がかなりツンデレなんですが、最初のツンツンが普通に腹立つ感じだったのでむかつきましたね・・・。ハン・ソロの名台詞やダース・ベイダーのカミングアウトなど、完結に向けて見せ場が多く盛り上がっていくのがGood。

【前作】
スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが344 - ファンタスティック Mr.FOX

ファンタスティック Mr.FOX

★★★★☆

盗みから足を洗って穴暮らしをしつつ新聞記者として働いていたキツネが、一念発起して見晴らしのいい丘の家を購入したけど、うっかり野生を取り戻して人間にケンカ売って騒動が起こってヤンヤンする話。話はまあ普通だけど、キャラクター造形がみんなかわいいのと、全編ストップモーションアニメで展開されるのでその雰囲気とかが良くて、いい世界観に浸れるやつでした。親の成長と子どもの成長がともに描かれるので、家族で見ると良いのではないでしょ〜か。



#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが343 - スピーク

スピーク

★★☆☆☆

閉ざされたアパートに潜入してそこにいる霊の姿をビデオにおさめようとしてヤンヤンする話。POVのやつですが、グレイヴ・エンカウンターズとほとんど話の流れ同じだった。でもこっちの方がスケール小さいしお化けもドワーッと出てこないので迫力はあまり無かったな。CGもしょぼいし。ただ、映画が始まって終わる寸前まで90分ぐらいずーっとノーカットの長回しで撮影されてる(ように見える)ところは良かったです。あと霊の声が聞こえるマリアさんがめちゃくちゃきれいでした。

【関連】
グレイヴ・エンカウンターズ

#POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが342 - ブレーキ

ブレーキ

★★★★☆

目が覚めたら狭くて暗い箱に閉じ込められてて、ヤンヤンする話。「お前だけが知ってる場所教えろ〜!」「やだやだ〜!」で狭い箱でひどいことされるんだけど、すごいのは90分中、80分がずっと外の世界が見えない箱の中で話が進んでいくところ。画変わりせずに閉じ込められたおっさんが80分映る中、外の世界の状況がどんどん動いていく・・・みたいな見せ方がチャレンジ精神に溢れてて良かったです。驚天動地の二段オチも用意されてるので、さくっと見る分には楽しいかもしれません。それにしてもこの主役のおっさん、尋常じゃないぐらい踏んだり蹴ったりで可哀想だったな・・・。


9割こういうシーン

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが341 - 悪夢のエレベーター

悪夢のエレベーター

★★★★☆

空き巣、メンヘラ、超能力者、浮気者の4人がエレベーターに閉じ込められてヤンヤンする話。この中で全部話が完結するのかと思ったら、素性が分かったあと、何故このエレベーターに乗り合わせたかという経緯なんかも割と早い段階で展開してそこから広がっていく「こっからどうなっていく感」がけっこう良かったです。最終的にはまあまあだったけど。管理人のおっさんが抜群に気持ち悪かったな。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが340 - 曲がれ!スプーン

曲がれ!スプーン

★★★★☆

超能力番組を担当するADが投稿してきたインチキ超能力者に取材しにいって、そこに居合わせていた本物のエスパー達とヤンヤンする話。どうしても超常現象をカメラに収めたいADと、エスパーの素性を知ってるインチキ超能力者と、TVに出て注目されたくないエスパー達が絡み合う感じ、楽しいですね〜。あと長澤まさみ以外の出演者が舞台畑の人々なので、演技の安定感が抜群すぎて良かったです。終盤ちょこっとだけ失速した後無駄にシーンが長いんだけど、まあそこ差し引いても楽しいのでOKかな。ちなみに「サマータイムマシン・ブルース」と原作・監督が同じなので、世界観・小物・「サマータイムマシン・ブルース」の登場人物がわんさか出てくるなど、心憎い演出があって楽しさ倍増でした。長澤まさみもかわいい。

【関連】
サマータイムマシン・ブルース

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが339 - フィッシュストーリー

フィッシュストーリー

★★★☆☆

売れないバンドの曲が時空を超えて世界を救ってヤンヤンする話。1975年、1982年、2009年、2012年と4つの舞台があって、ひとつの曲をきっかけに人々がつながって世界を救うみたいな感じだけど、なんかイマイチだったな。2009年以降、曲が直接的に関わってないからだな。それでも根本ではつながってるけど、ちょっと薄〜いかも。かなり期間が長いから仕方ないか。ただ森山未來は抜群にかっこよかったので、故郷の母親(森山未來とジュリーが大好き)に教えてやりたいと思いました。あと女子高生役の多部ちゃんはかわいかったです。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが338 - エコール

エコール

★★★☆☆

外界との接触無く、森の奥底の寮と学校に住んでいる幼女たちがヤンヤンする話。全然何の説明も無いし結局この施設なに!?ってなるんですが、とにかく映像が全編神秘的でよかったです。ですが綺麗な映像の裏返しは退屈でしかなく、2時間なのに5時間ぐらいあるんじゃないかな・・・と思うぐらいの体感時間でした。開始10分で幼女の半裸水泳大会が見れるし、そこかしこに幼女のレオタード姿が拝めるので、ロリコンの方は必携のアイテムではないでしょうか。




#ファンタジー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが337 - スイミング・プール

スイミング・プール

★★★☆☆

執筆活動のために別荘で静かに新作を書こうと思ったら別荘の持ち主の娘がおしかけてきて、何こいつ・・・すげー邪魔なんだけど・・・ってなってヤンヤンする話。これ、詳しく書くと興を削いでしまうので差し控えたほうがいいんですけど、何が現実で何が空想なのか全く分からないし、これが答えだ!っていうのも用意してないので、それぞれ解釈が異なるパターンという構成でめちゃくちゃよく出来ているので、一度見てみて「?(?_?)?」みたいな顔になってもらいたいなと思いました。ジュリーの裸体はセクシーで最高。



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが336 - イースタン・プロミス

イースタン・プロミス

★★★★☆

赤ちゃんを産み落として死んだ少女の日記の内容が気になった助産婦さんが、その少女の身元を特定しようと乗り出してヤンヤンする話。ロシアの人身売買系の話だったので、重いわ殺伐としてるわで見るのしんどかった〜けどそのズシンとくる重圧感があるだけに、最後の一時はかなりほっとしましたね。マフィアの雇われ運転手ニコライがカッコイイし、素性が分かった時のパァッと開ける一筋の希望感、そしてそれと同時に浮かび上がる一匹狼感も素晴らしかったです。はい。ちなみにサウナでマフィアの襲撃に合うシーンでは、ちんこがうつります。



#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが335 - オープン・ユア・アイズ

オープン・ユア・アイズ

★★★★☆

イケメンで一度寝た女とは会わないプレイボーイなやつが、自動車事故で顔がぐちゃぐちゃになって以来死んだ女の幻影に悩まされたり、夢と現実の区別が全然つかなくなってヤンヤンする話。バニラ・スカイのリメイク元だったみたいですね(全然知らなかったしバニラ・スカイも見てないけど)。ちょっとややこしいけど伏線もしっかり張り巡らされているし、真実もいい意味でひどいものだったし、ペネロペ・クルスさんの美乳は拝めたしで、いいとこだらけの映画でした(特に最後)



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが334 - サマータイムマシン・ブルース

サマータイムマシン・ブルース

★★★★★

部室のクーラーのリモコンが壊れたSF研究会のもとにタイムマシンが現れて、昨日にタイムスリップして壊れる前のリモコンを取ってきたけど、過去を変えると矛盾が起きて未来もなくなるかも・・・ってなって過去に影響を与えた事柄を急いで元通りにしようとヤンヤンする話。ぴぃ〜最高のタイムスリップものだった〜!冒頭のどこか変な数十分の理由がタイムスリップによって次々と明かされていく感じが最高にたまらんし、メインは昨日と今日だけのタイムスリップなのにめちゃくちゃ楽しく仕上がってたので何でみんなもっと早く教えてくれないのって思いました。

#SF
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが333 - ドニー・ダーコ

ドニー・ダーコ

★★★☆☆

ちょっと頭のおかしい少年のもとに銀色のウサギがあらわれて「今から28日後、世界終わるしよろしく」て告げられてヤンヤンする話。複雑過ぎるだろ・・・これ一回見ただけで完全理解できる人いないだろ・・・そんな感じのやつでした。考察記事を読むと「そういう設定なのかよ!そんな奴一切出て来なかったじゃん!」てなるので、見終わったあとにネタバレ記事読ん納得しましょう。



#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが332 - バンデットQ

バンデットQ

★★★☆☆

少年のもとにいきなりタイムスリップで盗みを働く盗賊団が6人やってきて、そいつらの旅に巻き込まれてヤンヤンする話。ナポレオンのお宝を奪って、それをロビン・フッドに分け与えたり、紀元前のアガメムノンやらタイタニック号やらいろいろタイムスリップしまくったり、盗賊団が全員ちっちゃいおっさんでギャーギャー騒いだりするのが楽しいけど、過去にやったことが現代に影響してさあ大変!みたいなタイムスリップものではなかった。どちらかというと子供向けかな。


このシーンいる?

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが331 - アルゴ

アルゴ

★★★★★

革命まっただ中の1979年イランで、アメリカ大使館の人々が拘束される中、なんとか脱出してカナダ大使館の私邸に匿われた6人を救出するために、そいつらを架空のSF映画スタッフに身辺偽装させて国外に逃げる作戦を立ててヤンヤンする話。事実は小説より奇〜!ってみんな言いそうな感じの、スーパー緊迫感びりびりのエンタメ映画であった。派手なアクションなんか無くても見せ方で充分最後までハラハラドキドキさせる展開はグッドグッド。良いように解決するっていうのは分かりきってはいるんだけど、それでも心のどこかで「やばくねぇか…そろそろやばくねえか…頼む…逃げきってくれ…!」て最後までずっと思ってましたからね。ベン・アフレックの髭面もよいし、80年代の話なので、人々の「80年代感」も最高。


アルゴクソ食らえ

#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが330 - スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望

★★★★☆

超巨大要塞デス・スターの設計図を盗み出した反乱軍がルーク・スカイウォーカー、ハン・ソロ、オビ・ワン・ケノービとかと一緒に帝国軍を倒す話。みんな知ってるやつ。これだけ見るとシンプルな話で面白かった〜いいものは何年経ってもいいな。ヨーダも出て来なかったし、ダース・ベイダーのあのテーマ曲とか流れなかったので、他のやつも見ないと。あとスター・ツアーズもそろそろ復活するしな!



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが329 - ファイト・クラブ

ファイト・クラブ

★★★★★

不眠症と空虚な生活に悩んでた若者が、謎の男と出会って生活が一変してヤンヤンする話。久々に見たな。や〜かなりの解釈、考察が必要になってくるけど読み解いていくと巧妙かつ完璧な映画として語り継がれる資格あるな。はい。ド低脳のわたしにはそれしか言えません。

最高に詳しい考察サイト→



#バイオレンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが328 - ホステル3

ホステル3

★★☆☆☆

殺人を娯楽として楽しむ会員制クラブの餌食になった人たちが殺されまくる話。何一つ話は前作と同じなんですが、前と比べるとグロさは全然無く、クラブの高級感も増したので汚い場所で雑に殺されるっていう特有のやつが無かったので普通のB級スプラッターの枠内に綺麗に収まった感じで進んで行きましたね・・・。前作、前前作と見ていて、懲りたはずなのに、気付いたら再生していました・・・これもホラー映画・スプラッター映画の魅力かもしれません。

【前作】
ホステル1
ホステル2



#スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが327 - スルース[探偵]

スルース[探偵]

★★☆☆☆

大富豪だけど妻と離婚したがってるジジイのもとに、その不倫相手の無名俳優が訪ねてきて「離婚してくれない?」「いいけど・・・じゃあ、取引をしよう」っつってお互いを騙し合ってヤンヤンする話。マイケル・ケインとジュード・ロウが非常にいい演技をしていて、名優・若手の演技対決!という感じでかなり良かったんだけど、終盤一気にわけわからんくなって冷めたな・・・。一勝一敗で第3ゲームに行く流れもようわからんかったし、ホモ臭漂うし、そのまま謎の決着がつくし、一体何が起こったんだ・・・と思いました。



#サスペンス
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが326 - 11:14

11:14

★★★☆☆

夜の11:14に起こった交通事故を、様々な人物の視点から見ていく話。多角的に一つの事件を見ていくことで、ここがつながってこれがこうなってと全てがつながっていく伏線回収感がグッドなやつ。でも登場人物が頭悪い人が多くて、「そこでそんなことする??」っていうシーンが多々見られたので、ちょい微妙だったかな〜。


シェリーのパイオツはグッドです

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが325 - モールス

モールス

★★★★☆

隣に引っ越してきた女の子が実はヴァンパイアで、ヤンヤンする話。ヴァンパイアあるあるのおかげで普通の女の子として生きれないのに、それでもちょっといいなって思う男の子が現れて、ぴぃぃぃぃ!ぴぎぃぃぃ!切ないねえ〜ってなりました。なんでヴァンパイアになったのかはよく分からないけど、そのあとの辛さがよく表現されていて、良かったです。クロエちゃんもかわいいし、相手の男も目が離れていたが多分イケメンに育つであろう・・・。邦題のセンスはあんまり無いかな。



#ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが324 - 悪の教典

悪の教典

★★☆☆☆

実はサイコパスの高校教師が、学園祭前日に泊まりこんで準備してる自分のクラスの生徒を皆殺しにする話。貴志祐介の原作を読んでわくわくしたんだけど、やっぱり原作ごえは無理だな・・・他の教師を消していく手段とか、女子生徒を調教して飼いならすところとか、蓼沼のバンド復帰のエピソードとか、かなりカットされてるところがあったし、柴原(山田孝之)が殺されるシーンは映画史上最悪の部類に入るな〜(原作にこんなシーンあったかな・・・?)。あと殺伐とした感じの対比としてけっこう明るめの音楽が流れる中で人を殺していくシーンが描かれるんだけど、あんまり良くなかったな・・・もっと感情ゼロな感じで殺していくのが蓮見ぽい気がするけど。あとエンディングテーマもエグザイルの分離派みたいなグループの歌で雰囲気ぶっ壊れるし、あと何よりクソだったのが、映画本編とは全然関係ないんですけど、俺の後ろの席でことあるごとにぺちゃくちゃしゃべるクソアホゴミクズゲロシャブアホカス女どもがいたことですね・・・小声でしゃべってるけど、それも充分聞こえとるからな・・・こいつらを先にショットガンで撃ち殺すべきだろ・・・。とりあえず、悪の教典原作を未読の方はぜひ。

#スプラッター
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが323 - ラースと、その彼女

ラースと、その彼女

★★★★★

いい奴なんだけどコミュニケーションが苦手で友達も少なく、兄夫婦からすごく心配されていた男が、「彼女できた」と連れてきたのがダッチワイフ。「弟がイカれてしまった・・・いや、だけど普通に接してあげないと!」と、街の人達みんながそのダッチワイフを普通の人として接してあげてヤンヤンする話。いや〜あったかい!優しい!悪人ゼロ!優しい人しか出てこない最高の映画。こんなに多くの人々に愛されるなんてラースは(しゃくれてはいるが)本当に幸せものですわ。は〜優しい気持ちになった。一番親身になってる兄の奥さんもすごいいい人。いい人だらけだ!まさに理想の世界。桃源郷。あとラースのことをちょっと良いなって思ってる職場の同僚の女の子も厚着がかわいいし、ボウリングする姿(けっこううまい)もまじでかわいい。最高。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが322 - ピンク・フラミンゴ

ピンク・フラミンゴ

★★☆☆☆

「世界一のお下劣女」としての名をほしいままにしていた巨体の女が、「我こそ世界一の変態」と言い張る夫婦とお下劣対決をする話。悪趣味なカルトムービーとしてめちゃくちゃ有名なんだけど、有名になる理由が分かるぐらいえげつなかったのですごかった・・・。何これ・・・。どういう意味なん・・・。とにかく下品なシーンがめちゃくちゃあって暗い気分になるので金土日に見るのはやめた方がいいですね。一番最後に出したての犬のうんこをほんとに食べるシーンでいきなり終わるところも筆舌に尽くしがたい不快感&理解不能感。どういう会議の果てにそのシーンを撮ることになって、役者も承諾して、実行に移したのかが気になる。でも公開から40年経ってもその名を聞くという事は、それだけ圧倒的な力があるからだろうな〜。



#コメディ
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが321 - unknown/アンノウン

unknown/アンノウン

★★★★★

閉ざされた廃工場で、記憶を失った5人の男が目覚めて「なんかどうやらこの5人の中で3人が誘拐犯で、2人が被害者らしいぞ〜どうするどうする〜もうすぐ誘拐犯のボスも戻ってくるらしいし、それまでに何とかしないと〜」って言いつつ疑心暗鬼の中で徐々に記憶がよみがえっていってヤンヤンする話。ノーマークだったんですが、記憶がよみがえって伏線が回収されてく爽快感がすごくよかったです。二転三転するドンデン返しが心地良い〜90分でサクッと見れるのも最高〜〜。



#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが320 - ザ・インシデント

ザ・インシデント

★☆☆☆☆

精神病患者保護施設の厨房でバイトする売れないバンドマンが、停電→閉じ込められる→精神病患者暴徒化→助けて〜!みたいなヤンヤンする話。蟻の行列を90分眺めてる方が利益があるくらいつまらなかったな・・・。精神病患者が組織だって暴れまわったり看守殺したりするところにリアリティが無さすぎるし、オチの描写も「そういうことね」ってぼんやり分かるけど結局何なのかわからんし、説明不足過ぎたな・・・あと精神病患者たちはみんな顔つきも普通だし、もっと何するか分からんヤバさを出すべき。


何でスタンガンの使い方知ってんだよ

#バイオレンス
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが319 - アウトレイジ・ビヨンド

アウトレイジ・ビヨンド

★★★☆☆

元々同盟を組んでた関東ヤクザと関西ヤクザが出所した昔気質のヤクザによって対立しだしてヤンヤンする話。処刑シーンは前よりスケールダウンしてたな。前回、組長が交代した関東ヤクザの山王会がどんどん崩壊していく様は見ていてちょっと痛快(組長が悪いことしてのし上がったから)。ただ何かな〜何かもの足りない感じがしたな。決してつまらないわけでは無かったんだけど。

【前作】
アウトレイジ

#バイオレンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが318 - ブラック&ホワイト

ブラック&ホワイト

★★★★☆

同じ女性を好きになってしまったCIAエージェントの二人(相棒同士)が職権乱用しまくってお互いを監視したり邪魔したりしてヤンヤンする話。盗聴・デート中に麻酔銃で眠らせる・ニセの家族を送り込んで下品な話をしまくるなど、ドタバタする感じが楽しくて良かったけど、二人の恋人の女の小ジワが気になった。もっと若くてかわいい女の人をキャスティングすれば良かったのに・・・。あとその女の友達も嫌悪感を感じる顔と設定で、男二人が超絶イケメンなのに釣り合いが取れてない感じがしましたね・・・。女性がかわいかったら最高だったな。



#アクション #コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが317 - スリーデイズ

スリーデイズ

★★★☆☆

無実の罪で終身刑を食らった奥さんを脱獄させようと旦那が綿密に計画を立ててヤンヤンする話。前半の準備がやたら長いんだけど、中盤にかけての逃走計画はドキドキもの。ただな〜冤罪で終身刑っていう前段あるけど、警察もっと捜査すれば真犯人とか分かるだろうよ〜そういう事件ならもっと捜査すれば証拠出てくるだろ〜て思ったし、悪人からお金奪って脱獄させて国外逃亡しちゃうけど、結局犯罪おかしてるからあんまり手放しで良かったね!とは思えなかったですね。警察は最初有能だったけどどんどん煙にまかれて無能になっていくのも愉快。



#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが316 - エスター

エスター

★★★★★

3人目の子どもを流産してしまった悲しみを癒すために孤児院からある少女を迎え入れたけど、そいつのせいで家族がめちゃくちゃになってヤンヤンする話。公開当時から知ってた割に、ジャケットもタイトルも何も惹かれる要素が無かったのでスルーしてたけどいざ見てみたら異常に完成度が高い一級品のホラー映画でした。張り巡らされた巧妙な伏線が回収されていくのがすごい気持ちいいし、家族が不信感にまみれて崩壊していく様子もジクジクとした怖さがあって「もうやめてあげてよ・・・」という気持ちになりました。「かつてアルコール依存症に悩まされてたので養子の様子がおかしいことを訴えるけど全然信じてもらえないお母さん(主役)」「養子の怖い一面に全く気づかない(=父親の前ではすごくいい子な養子)のんきな父さん」「難聴で手話でしか話せない妹(めちゃくちゃかわいい)」などのキャラクター設定もストーリーに深みと無理の無さを演出していて、かなり良かった〜〜。真相はかなり衝撃的だけどネタバレを調べると一瞬で出てくるので、予備知識無しで見てほしいですね。



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが315 - 輪廻

輪廻

★★★★☆

昔に起こった連続殺人事件の映画化で主役に抜擢された女の人が、撮影中に変なものを見たりうなされたりしてヤンヤンする話。その事件の被害者の生まれ変わりが現代で同じ方法で死んでいくっていう背景があるけど、がっちりとミスリードされてしまったので良かった。最後の粘土細工みたいなお化けはちょっと笑っちゃったけど。あと、この映画でぜひ堪能してもらいたいのは優香の演技力ですね。自信の無〜い感じと発狂する感じの演技力がかなり良くて安心して見れました。香里奈も出ているけど、ニッセンのCMに出ていた実績は確かなもので、ニッセンで揃いそうな服を着ていました。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが314 - アニマル・キングダム

アニマル・キングダム

★★★☆☆

お母さんがヘロインオーバードーズで死んで他に身寄りが無かったのでおばあちゃんの家に転がり込むけど、そこに住む家族はみんな一級の犯罪者たちばっかりで、何も知らなかった無邪気な少年がどんどん心を閉ざしながら頑張って生きて(堕ちて)いく話。緊張感がめちゃくちゃすごくて今すぐにでも逃げ出したくなりそうな家庭環境が怖いんだけど、もうちょっと予備知識や相関図をしっかり把握してから見とけばよかったな〜。もう一回見る気はあんまり起きないけど。


このシーンはめちゃくちゃ怖い

#バイオレンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが313 - ドライヴ

ドライヴ

★★★★☆

昼は自動車工場で働きながらカースタント、夜は強盗の足になって絶対に逃げ切らせる雇われドライバー、二つの顔を持ってる寡黙な男が、惚れた人妻の旦那がこさえた借金を何とかしようとヤンヤンする話。バリバリのカーチェイスにまみれたアクション系かと思ったら終始重い静かな雰囲気でヤクザとの争いを描いてく感じのやつだった。キッド(しゃくれている)の、無口で不器用だけど運転の腕は超一流っていうキャラクター設定が無茶苦茶良い。好きになった人のために無骨に突き進む姿に憧れる人多いんじゃないでしょ〜か。川辺に寄り道するシーンはすごく良かった。


「犯行開始から5分以内なら何があろうと待つ」のがルール。渋い

#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが312 - 死霊のはらわた

死霊のはらわた

★★★☆☆

山奥の別荘で休暇を過ごそうとした5人の若者が死霊に取り憑かれてギャーギャーする話。スプラッター映画の原点になってるやつ。とは言え元祖は元祖、30年前のやつなのでまあ映像や合成は見劣りしますわな。逆にこれを見ることでこんだけホラー映画が進化してるっていうのには気付かされますね。

【サム・ライミ監督関連】
スペル



#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが311 - インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

★★★☆☆

ヴァンパイアになった人が、インタビューに答える話。普通でした。わしはアホやさかい、レスタトもアーマンドも何言ってるかよう分からんかった。ただキャスティングや衣装やらがかなり美しいのでそこはうっとりしましたね。ちなみに幼女ヴァンパイアは旧スパイダーマンで淫獣だったことでお馴染みのキルスティン・ダンストでした。



#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが310 - アヒルと鴨のコインロッカー

アヒルと鴨のコインロッカー

★★★★☆

引っ越してきたアパートの隣人が変なやつで、「本屋を襲撃しよう」って持ちかけられてそこからヤンヤンする話。「ゴールデンスランバー」の原作者と同じ伊坂幸太郎なんだけど、こっちの方が小規模な感じで面白くて好きだな。序盤の展開はゆっくり進んでちょっと退屈ではあるけど、途中から展開がガラッと変わってグイグイ惹きこまれていきました(それでもゆっくりしたペースだけど)。濱田岳、瑛太、松田龍平がいい演技をしよる・・・。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが309 - 眠れる森の美女

眠れる森の美女

★★★★☆

16歳になった日に死ぬ呪いがかかったけど、ギリギリ「永遠に眠ってしまい、愛する人のキスで目覚める」という呪いに軽減された王女さまを頑張って起こす話。お世話をする3人のおばさん妖精がかわいすぎるのでよかった。あとだいたいこいつらのせいで物事が悪い方向に進んでいったので、もっとちゃんとしろよ!と思いました。フィリップ王子も何故か魔女の城から抜けだす〜竜に変身した魔女を倒す〜王女さまのところまで行ってキスをして目覚めさせる〜最後二人でダンスを踊る、この30〜40分まったく一言もしゃべらなかったのも面白かったです。「うわあ!」とかも言わない。



#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが308 - ゴールデンスランバー

ゴールデンスランバー

★★★★☆

白昼堂々と総理大臣が暗殺されて、その濡れ衣を着せられた人が逃げまわってヤンヤンする話。ひたすら逃げまくるんだけど、色んな人や昔の仲間のサポートがあってなんとか逃げおおせていくさまは痛快で、巧妙な伏線とかが気持ちいいんだけど、濡れ衣をかぶせられた人の視点でしか話が動かないので、最終的に真の黒幕や目的は分からないままだったのが理不尽な感じがしてもやっとしたけど、そこに目をつぶればかなり良かったです。キャストもやたら豪華。また香川照之がいた。最初に出てきた吉岡秀隆はセリフが棒&舞台演技みたいな感じで不自然でしたね。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが307 - 運命じゃない人

運命じゃない人

★★★★☆

ある一夜の出来事を、素直なサラリーマン、探偵(サラリーマンの親友)、とぼけたヤクザの3人の視点から展開して全部つながった時に楽しいやつ。「鍵泥棒のメソッド」「アフタースクール」の内田けんじ監督の原点っていう感じで楽しかったです。この時こいついたの!?電話の向こうはこうなってたの!?みたいな面白さもさることながら、俳優・女優が一切誰も知らない人だったので「世の中には知らない人がいっぱいいるなあ」と思いました。

【関連】
鍵泥棒のメソッド
アフタースクール

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが306 - 麒麟の翼

麒麟の翼

★★★★☆

とある会社員のおじさんがナイフで刺されたけど何故かその場所から数百mほど歩いて力尽きて、その近くで交通事故で昏睡状態になった若い男の所持品にそのおじさんの物があって、ヤンヤンする話。この若い男がやったんだな?に端を発して二人の関係性が明らかになっていくにつれて確証がどんどん高まっていくんだけど、真相は当然ながら全然違う感じに転がるので全体の経緯が明らかになった時の気持ちよさは異常。まじ泣ける(一粒も泣いてないけど)。でも登場人物の不幸度がみんなかなり高いので若干気が滅入っちゃいますね・・・。ガッキーも肌荒れてるし。2時間たっぷりあるけど無駄なシーンが全然無くてグイグイ引きこまれていくので完成度はかなりのものでした。ただちょっとこれは個人の問題だったのですが、終盤、真犯人を怒鳴りつけたあとに静かになるかなり緊迫したシーンの絶妙なタイミングで学校から流れる17時のチャイムが鳴り響いたので、「17時かあ」と思ってしまいました。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが305 - グレイヴ・エンカウンターズ

グレイヴ・エンカウンターズ

★★★☆☆

50年前に閉鎖された廃精神病院で頻発する超常現象をカメラにおさめようとしたらマジのやつが出てきてヤンヤンする話。「重度の精神病患者を収容してた病院」「院長がロボトミー手術の実験台に使ってた」「いまは死んだ患者の幽霊が出る」という背景と、「いつまで経っても夜が明けない」「建物の構造がどんどん変わって出口が無くなる」という舞台設定はよかったけど、お化けは顔で脅かすことしかしてないのと、出られなくなる構造の変化なら、カメラは一体どうやって回収したんだっていうのが心残りで、もうちょっと〜!て感じでした。「そこ撮る?」ていう場面もうまくカメラにおさまってたし。夜中の廃病院の暗視カメラはなかなかの恐怖演出だけど。ちなみに早速続編が作られてるらしくて、予告編ちらっと見たら舞台も同じで何一つ変わってなかった。味をしめたか。

【関連】
グレイヴ・エンカウンターズ2


パッケージにもなってるビックリポイント

あとは下の二つがこの映画のビックリポイントだけどどうしても笑っちゃう(一応ネタバレをふせいどきます)
これ→
これ→

#ホラー #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが304 - 月に囚われた男

月に囚われた男

★★★★☆

月でエネルギー資源を地球に送る仕事をたった一人で三年間勤めている男が、採掘場に行く途中で事故って気絶。数日後目が覚めたあとに事故現場に行ってみると、まだそこに「自分」が倒れていた・・・なんで?こいつ誰?そもそも俺は誰?っつってヤンヤンする話。これだけの情報で割と気になると思うので、ぜひ予備知識無しで見てほしいですね・・・。唯一の話し相手兼世話係のロボットの声がケビン・スペイシー(ユージュアル・サスペクツのカイザー・ソゼ)で、冷たくも温かみのある声が心地よかったです。あと非常に重箱の隅をつつくようなことを言いますと、宇宙には空気がないため音が伝わらないのに、なぜ月面で機械同士の衝突があったときにドドーンと音が鳴ったのでしょうか(映画だからです)。

【同じ監督関連】
ミッション・8ミニッツ



#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが303 - NOTHING

NOTHING

★★☆☆☆

会社で横領の疑いをかけられて彼女にもフラれた男と、引きこもりの男が住んでる家が立ち退き→取り壊しの憂き目に合う直前、「何もかもなくなったらいいのにー!」って強く願ったら本当に家の外が真っ白の「無」になってしまってヤンヤンする話。CUBEでおなじみのヴィンチェンゾ・ナタリが監督だったのでホラーなんかなと思ったらコメディタッチで意外でした。だが俺はホラーのつもりで借りたので、ちょっとガッカリ。話自体もまあ普通。引きこもりの役の人をひと目見た時、これCUBEで精神障害役の人では・・・?とピンときたら本当にそうだったので、俺のこのピンポイントで鋭い記憶力なんとかしたいな(CUBEは何年も前に一回見ただけなのに)。もう一人の人もCUBEとか他のナタリ監督の作品に出てるおなじみの人で、監督と高校時代の同級生なんだって。いい関係ですね。ちなみにナタリ監督はCUBEと同時上映した「Elevated」という短編がすごい面白いですよ。「何か分からないけど何かに襲われる」というテイストの短編ホラー。



#コメディ
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが302 - 俺たちフィギュアスケーター

俺たちフィギュアスケーター

★★★☆☆

男子フィギュアスケートのシングル部門の表彰式で殴りあって無期限出場停止を言い渡された二人のスケーターが、「シングル部門の出場のみ停止されてるということは、裏を返せばペアなら出れるってことだ!俺にはフィギュアスケートしかない!」っつって二人がいがみ合いながら特訓してヤンヤンする話。普通にスポーツコメディとしてベタベタなストーリーながらもしっかりツボは抑えてて面白かった〜男同士のペアっていうのも前例が無いパターンでギャップが効いてるし、主役の二人の男も「酒に溺れる濃い男」と「神童とされた繊細な男子」という凸凹コンビがケンカしながら最終的に強い絆が産まれる過程は楽しい。けどまあコメディと言えばショーン・オブ・ザ・デッドと比べちゃいますね・・・。


顔が濃い濃い

#コメディ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが301 - 屋敷女

屋敷女

★★★★★

出産前日の女の人の家に、謎の女が侵入してきて女を追い詰めていってヤンヤンする話。いや〜〜〜〜恐ろしい!怖い!怖すぎる!襲われる女の人がまず出産前日で産気づきまくってるってとこで不安定すぎるし、そこに容赦なく攻め込んでくる謎の女(だいたい理由とかはすぐ分かるけど)がキレキレで怖すぎる。「産まれるし〜!そんなプレッシャーかけたら産まれるし〜!でも立ち向かって〜!」とハラハラしましたね・・・しかも旦那に先立たれてるのでたった一人っていうね。恐怖の演出もブレーカーの落ちた部屋でカメラの一瞬またたくフラッシュを頼りに近づいていくっていう演出もなかなかスタイリッシュ(前半に「カメラが趣味」ってことを印象づけられるので後半それが活きてくる)だし、フランス映画独特のオシャレ感が漂ってるのが良かったです。ただグロすぎて一番肝心なシーンでボカシが入ってしまったのが悔やまれました。そこ見せろ〜〜!的な。で、そのシーンを経て最後の最後の静かな描写の気持ち悪さはかなりトラウマを植え付けられました。出産経験のある女性なら余計に恐ろしいのではないでしょうか。



#スプラッター #ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが300 - トロール・ハンター

トロール・ハンター

★★★★★

ノルウェーの大学生が北欧の妖精トロールの撮影に成功した!というドキュメンタリー映像。ジャケット見たとき「何このB級のやつ!」と思ったけど、騙されたと思って見てみたらマジで超最高に面白かった!!ストーリー自体はバカバカしいんだけど、「紫外線を浴びると若いトロールはガスが体内に溜まり爆発、年老いたトロールは石化する」「気付かれないためにトロールのくさい体液を塗って近付く」「クリスチャンに敏感で襲い掛かってくる」「大きな鉄塔の電線が無意味に一周ぐるっとつながった箇所があって、その内側にトロールを隔離してる(政府が隠してる)」など、異常に細かく肉付けされた生態の設定がさも実在してるかのように錯覚させるし、トロールの造形もネーミングセンスも素晴らしいし、何より舞台となるノルウェーの自然が美しい美しい・・・。フェイクドキュメンタリーとしてかなり完成度とクオリティが高いので、皆さん騙されたと思ってぜひ見てみてください。2014年にクリス・コロンバス(ハリーポッターの監督)が製作総指揮で全米リメイクされるらしいし。その前に見て「オリジナル版から知ってるわ〜」とほざいて友達に差をつけよう!


三つ首の「トッサーラッド」


隻腕の「リングルフィンチ」


群れをなす「マウンテンキング」


60m超の「ヨットナール」

#POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが299 - 鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

★★★★★

売れない貧乏役者と、裏社会に生きる殺し屋の生活が入れ替わってヤンヤンする話。登場人物全員優しい良い人〜〜!記憶喪失からの生活入れ替わりパターンって使い古されすぎて大丈夫なんって思ったけど、そんな不安が吹き飛ぶぐらい面白かったな〜。堺雅人、香川照之、広末涼子の3人っていうキャスティングも良すぎる。伏線回収が見事すぎる脚本で、良いところしかない。良いところしかない!以上

【同じ監督の関連】
アフタースクール

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが298 - ステイ・フレンズ

ステイ・フレンズ

★★★☆☆

振られたてホヤホヤの男と女がセフレになってヤンヤンする話。全編通して「ふ〜ん」っていう感想しかなかった。恋愛に真剣になれない男の背景が自分の両親の壊れた関係にあって、それを繰り返すのが怖い、みたいな感じだったけど俺から言わせてみればそんなもん反面教師的にとらえて「こうはならないでおこう」ってなればいいのに・・・。全体的に共感できるところはほとんど無かったけど男と女のかけ合いも息ぴったりでテンポも良かったし、年中発情してんなこいつらっていうくらいやりまくってたのでその辺は良かったです。



#ラブストーリー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが297 - ミッション・8ミニッツ

ミッション・8ミニッツ

★★★★★

乗客全員死亡の列車爆破事件で、爆破8分前の犠牲者の意識に入り込んで、誰が爆弾を仕掛けたか探す・成功するまで何度もその8分をやり直す・・・でヤンヤンする話。ループものかとおもいきや、「パラレルワールドにアクセスできる装置」という設定なので、何度も繰り返して抗う中で色んな結末が生まれていく並行世界感がサイコ〜、かつ意識をワープさせる前の自分は一体どういう経緯でこの装置の実験台にされてるのかもストーリーのキモになってて、90分の短い話の中で非常に緻密に構成されてるスーパーグッドハッピーな映画でした。ちなみにWikipediaによると、この映画のジャンルは「SFテクノスリラー」らしいです。何それ。



#SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが296 - 探偵はBARにいる

探偵はBARにいる

★★★★☆

BARに入り浸る探偵と助手が事件の調査を進めてヤンヤンする話。あんまり注目してなかったけど見てみたら普通に面白かったな〜。飽きさせない展開と北海道の空気の良さが伝わってくる風景とかをはじめ、あと松田龍平ののほほんとしてるキャラが特に良い。最終的には救いの無いバッドエンドだったけど大泉洋のキャラのおかげでそこまで暗くならずにグッドエンタテインメントとして見れましたね。しかし不敵なヤクザが高嶋政伸って全然気づかなかったな・・・。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが295 - アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

アドレナリン2 ハイ・ボルテージ

★★★★☆

毒を仕込まれてアドレナリンを出し続けないと死ぬ超人が、今度は充電式の心臓を埋め込まれて、電気で自分を刺激しながら心臓を取り返す話。前回同様バカバカしい展開とかっちょいい音楽が爽快。エログロ成分多めなので万人受けはしなさそう。前作を見たのが4年前だったので、登場人物の関係性ほとんど忘れてましたね。ちなみに前作は恋人のセクロスシーンが面白かったんですが、今回も最高に面白くて声出して笑ってしまいました。恋人役のエイミー・スマート、バタフライ・エフェクトでヒロイン役なんだな〜仕事選ばない感がグッド。

【前作】
アドレナリン



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが294 - グーニーズ

グーニーズ

★★★★☆

偶然屋根裏部屋で海賊の宝の地図を見つけた悪ガキ達が大冒険する話。名作はいつの世も色褪せない輝きを放つパターン。超おもしろい。病弱(主人公)・ビッグマウス・発明家・デブが、同じく宝を狙うギャングに追われながら洞窟を冒険するんだけど、ワクワク感半端じゃないな・・・。それぞれがみんないい味出してて、すごい爽やかな後味。子どもに見せたいな。「スーパー8」も子どもがヤンヤンする話ではあるけれど、あれはご都合主義すぎる〜!と思ってしまいました。グーニーズもよくよく考えたらそういう面はあるけど許せるのは、「子ども向けに作られてるから」っていうのがあるのかな〜(スーパー8は夢を忘れた大人向け)。

【関連】
スーパー8


腹踊りをしないと入れてもらえないデブ

#ファンタジー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが293 - スティング

スティング

★★★★★

師匠をギャングに殺された詐欺師の若者が、復讐するために伝説の賭博師と手を組んで一世一代のイカサマを仕掛けてヤンヤンする話。いや〜完璧な脚本。ポール・ニューマンが渋すぎる。イカサマを段階的に仕掛けていくテンポのよい構成を主軸に、詐欺師を追いかける警察、FBI、そして謎の殺し屋サリーノがガッチリ脇を固めて、エンターテインメントの基本や〜!!!と思いました。ジョジョ3部・ジョセフVSダービーのポーカーバトルで、名前を呼び間違えて相手の神経を逆なでする戦法があったけど、あれの元になるシーンもここで出てきたので「エンターテインメントや〜!」とまた思いました。


この合図がかっこいい

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが292 - ペギー・スーの結婚

ペギー・スーの結婚

★☆☆☆☆

離婚の決意をかためて別居中のペギー・スーが高校の同窓会でチヤホヤされたら頭に血が登って失神、気がついたら今までの記憶を持ったまま高校生に意識がタイムリープしてしもうた〜!別居中の夫もクラスメイトで当時はめっちゃ仲いいけど、うまくいかない未来を知ってるからこのまま付き合っていいものなの〜!?ってヤンヤンする話。はい。特にすごさは無くてあんまり印象に残らなかったな。タイムスリップものということで見てみたけど。一つの収穫としては、80年代のニコラス・ケイジは今と顔がまったく同じだけど金髪リーゼントっていう見た目が濃すぎるっていうこと。そっちに夢中で話があまり入ってこない。


金髪リーゼントのニコラス・ケイジ

#ラブストーリー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが291 - シャッター

シャッター

★☆☆☆☆

新婚旅行中に交通事故をおこして人をはねたら、それ以降写真にその人が入り込んできてヤンヤンする話。はい。あんまり怖くなかったな。その理由はおそらく、霊の人が奥菜恵っていう「知名度のある人」だから。ここ怖い!っていうシーンでバーンと出てきても「でた〜!奥菜恵が!!」ってなるので、あんまり怖くないんです。こういう役は誰でも無い人がやるに限るなと思いました。まあ、全然知名度が無い人が代わりにやっててもそこまで面白くなったかって言ったら微妙ですが・・・。ちなみに舞台の多くが日本なので、私の好きな「カタコト日本語の外国人」が見れますが、ここでは男性しかカタコトにならないので、そういう面でもリメイク版呪怨に負けますね。

【カタコト日本語関連】
THE JUON -呪怨-

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが290 - レザボア・ドッグス

レザボア・ドッグス

★★★★★

強盗グループの中に裏切り者が一人いたせいで計画は大失敗、一体誰が裏切り者なのかヤンヤンしながら崩壊していく話。最高だ〜何回見ても最高だ。ストーリーにそこまでヒネリは無いんだけど、オープニングの異様なほどのかっこよさ、強盗シーンは一切見せない構成、テンポのいいセリフ回しからの感情のぶつかり合いに凄まじい熱量、至高である。タランティーノ作品はこれが一番好きだな〜。


ファッキュー!アイムファッキンダーイ!

#バイオレンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが289 - 96時間

96時間

★★★★★

娘がパリで誘拐されて、スーパーお父さんが力づくで助けに行く話。ただただシンプルな話なのに異常なぐらい面白かったです。何これ。テンポがむちゃくちゃ良いし(敵を瞬殺して気持ちいい)、諜報部員の特殊能力で母国アメリカからパリの闇の組織へどんどん追い詰めていく流れ、機転のきき方、完璧な流れ!家族設定も、仕事で命をかけすぎて愛想つかされて離婚、だけどたまに会える娘だけが生き甲斐・・・みたいなところを最初に見せておいてお父さんに共感させておいて、誘拐されてからの無双。最高でしたわ。人大量に殺しまくって道路交通も乱してムチャクチャしたのに何のおとがめも無く母国に戻ってくるご都合主義なストーリーも許せる(愛せる)。続編が出るのも納得。ちなみに、娘とパリに行く約束をしてる友達のアマンダが、映画史上類を見ないほどのスーパーアホのヤリマン女なので、そこにも注目していただきたい所存です。

【あわせて見ときたい】
バンテージ・ポイント



#アクション
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが288 - ペーパー・ムーン

ペーパー・ムーン

★★★★☆

詐欺師の聖書売りが、亡くなった恋人の娘を遠くに住んでる唯一の親戚の家に送り届ける道中ヤンヤンする話。ずる賢い大人と頭の回転の早い生意気な子どもがいがみ合いながらも絆を深めていくパターンのやつ〜!モノクロでゆっくり進んでいく展開っぽかったので、「確実に寝るな」って思ったけど、ちょっとしか眠くなりませんでした。大きな盛り上がりは特に無いけど、終始ほのぼのして安心して見れる珍道中が大変良かったです。詐欺師のモーセも憎めないし、娘のアディも最高にかわいい。タバコ吸ってるけどそこは大丈夫なんかね。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが287 - ヒッチャー

ヒッチャー

★★★★☆

ヒッチハイクで乗せた人が連続殺人鬼で、一回逃げおおせたけど悪魔のようなしつこさで付け狙われまくってヤンヤンする話。人間が怖い系ホラー。ただただ目的も何も無くて人を殺しまくるけど、最終目的が「自分を殺してくれる奴を探すこと」。で、主役の若者が目をつけられて、自分を殺してくれるまで若者を殺さずに覚醒(成長?)するのを待っていたぶり続けて、最終的にぶっ殺されるその流れが完璧ですごかった。場所の舞台も道しか無いただのまっすぐな道で逃げ場の無いのも怖い!リメイクはあんまり良くないみたいなので、オリジナルをぜひ。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが286 - ストレンヂア -無皇刃譚-

ストレンヂア -無皇刃譚-

★★★★☆

ひょんなことから名無しの浪人が追われている子どもと犬を守って頑張る話。非常に、非常に良かったです。過去の経験から絶対に刀を抜かずに名前も捨てた浪人、皇帝に仕えながらもただただ強さを求める異国の武士、あと何故か追われてる生意気な子どもっていうキャラクター設定がよい、ストーリーもよい。最後の殺陣のシーンも、意地と守るべきものがぶつかり合う凄まじさが良かった〜どっちが勝つかなんて分かりきってることだけど、良かった〜。あと声優がTOKIOの長瀬なんだけど、意外としっくりきてて良かった。自分の命を守るために子どもを差し出して言い訳しまくる和尚の袈裟だけを斬り落として、「犬畜生にも劣る奴には、坊主の袈裟は似合わねえ」って吐き捨てるとこ最高でした。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが285 - アイアンマン2

アイアンマン2

★★★★☆

超強いムチ使いの敵が現れてさあ大変!な、話。今回はアイアンマンがどんどんかっこよくなるし、改良型「ウォーマシン」が味方として協力してくれたり、無人の人型兵器がたくさん出てきたり(ハッキングされて敵になる)、何よりミッキー・ロークのウィップラッシュがかっこよくて男にウケそうだな、と思いました。ただウィップラッシュあっけなさすぎて拍子抜けしてしまいました。あと、アイアンマンって空飛ぶ時両手のひらと両足のブースターで飛ぶんですが、その時手を下に伸ばして、手のひらを外側にピョっと出す様子がヒヨコみたいにでなんかかわいいなって思いますよね。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが284 - アイアンマン

アイアンマン

★★★★☆

超巨大軍需企業の社長が自分の兵器でテロリストに殺されかけて、「じゃあ自分がパワードスーツに見を包んでに世の中の兵器を全て根絶する〜!」ってヤンヤンする話。ストーリーは普通だけどアイアンマンのつるつるのフォルムがかっこよかったです。これぐらいしか言うこと無い。



#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが283 - プラダを着た悪魔

プラダを着た悪魔

★★★★☆

私アンドレア!ファッションに興味は全然無かったんだけど、ひょんなことから超一流ファッション雑誌編集長のアシスタントとして働くことになったの!だけどその編集長が無茶な注文やわがままばっかりで私をこき使っても〜大変!これから私ど〜なっちゃうの〜!?みたいな話。様々な衣装を華麗に着こなす主役のアン・ハサウェイ、上映時間110分中110分かわいい。ただそれだけしか感想はないけど最高。鬼編集長の存在感も圧倒的ですごいし、脇役も個性豊かで良かったです。


おいおっさんかぶるな!!!!!!

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが282 - インシディアス

インシディアス

★★☆☆☆

悪魔に取り憑かれて昏睡状態になった息子を救うためにヤンヤンする話。音でビビらす古典的なやつ。全体的にあんまり面白くなかったけど、よくよく調べてみたら、R指定が無いホラー映画だったみたい。本当の意味で誰でも見れるホラー映画っていう仕上がりだったみたいだけど、私のようにムカデ人間2ぐらいでないと満足できない者にとってはちょっと物足りなかったかな・・・。ただ、オープニングのタイトルが出てくるところは煽りすぎて逆にむちゃくちゃ面白くなってるのでそこだけでも見てほしいところですね。



#オカルト #ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが281 - HOUSE

HOUSE

★★☆☆☆

人食いハウスに入ってしまった女子高生7人がどんどん食われてヤンヤンする話。断片的にyoutubeで見て「何これ?」と思ってて、どうやらカルト的人気があるという噂だったので見てみたんですが、なるほど・・・演出や合成、わけわかんねえ・・・。でもこのチープさが好きな人にはめちゃめちゃ好きな感じなのもすごいわかる、そんなやつでした。あと、7人の名前がオシャレ、スウィート、クンフー、マックなどというあだ名でしか出てこないところとかもすごいツボ(各自のかばんに「おしゃれ」「くんふー」とかデカデカと書いてるのも面白い)。そして最高に面白かったセリフは「(行方不明になった)マックは焼き芋キチガイだから(食べたくてすぐ帰ってくるわよ)!」です。

#オカルト
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが280 - メリダとおそろしの森

メリダとおそろしの森

★★★★☆

しつけが厳しすぎるお母さん(一国の王妃)の言う事に逆らって自分で運命を変えたい!と願ったらお母さんがくま公になっちゃったので、もじゃもじゃの王女が頑張って呪いをとく話。親子ものはどうにも泣けてくるのですが、今回の「くま公になって意思の疎通ができなくて、かつどんどん人間の意識が無くなってくま公に近づいていくのを食い止めるために娘が何ができるか?」という構図、これもまた最高でしたわ〜親子の絆に一粒ずつ涙が出ましたね。他のピクサーと比べると若干暗い雰囲気でお伽話っぽい時代設定だったけど、あまり暗くなりすぎずにやんちゃな3兄弟が出てきたりして楽しく見れました。ただ同時上映の「月と少年」が最高過ぎてそっちに全神経が行ってしまった!!超絶ロマンチック!トイ・ストーリー3の同時上映「デイ&ナイト」も桁外れに良かったけど、「月と少年」は本当に良かったわ〜(にせものバズは微妙)は〜ピクサーの短篇集DVD最新のやつ詰めて発売して欲しい。



#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが279 - ダークナイト ライジング

ダークナイトライジング

★★★★☆

ゴッサム・シティ全てを滅ぼそうとするベインが出てきたので、8年間引きこもりまくってたブルース・ウェインが再び立ち上がってヤンヤンする話。最高の最高に面白かった〜3時間近くあるけど一切退屈なところがない!前作のジョーカーを超えるほどの最凶の悪役ではなかったが(超えるのは不可能)、それでも魅力的なキャラクター達が織りなす最高のトリロジー完結編となりました。ただ、ビギンズ見てないのでちょっと「影の同盟ってなに!」ってなるところはあったので、見るならばビギンズとダークナイトはおさらいした方がいいと思います。3部作揃ったコンプリートBOX出ないかな




【関連】
ダークナイト
(↑何も書いてないのと同じ感想)

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが278 - デビル・インサイド

デビル・インサイド

★★★☆☆

悪魔にとり憑かれてずっと入院しているお母さんを救うために娘がエクソシストを雇って悪魔祓いをしようとするけど全然勝てない話。最近流行り(?)の悪魔祓いのフェイクドキュメンタリーなんだけど、悪魔祓いの描写が今まで見た中で一番生々しくて凄まじかったわ・・・通常持ってるカメラと定点カメラ、瞳孔の大きさを測るカメラ(かなり顔に近い)と様々な種類のカメラがうまい具合に切り替わって、かなり恐ろしい雰囲気でした。基本的に悪魔祓いは日本では馴染みが無くて「嘘だろ〜」って思ったりするけど、これがフェイクなん?マジっぽすぎね?って錯覚するぐらいの圧倒的描写力とリアリティがあり満足してました。途中まで。一番重要なオチが、全く解決しないまま「新たな情報はWEBで」みたいな終わり方で全然まとまらなかったので最高にがっかりしました。途中までめちゃめちゃよかったのに〜!


シーツめくったらこんなポーズで固まってたとり憑かれた人

【関連】
ラスト・エクソシズム

#オカルト #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが277 - 宇宙人ポール

宇宙人ポール

★★★★☆

SF大好きの作家&イラストレーターのコンビがアメリカ最大の漫画フェス「コミコン」に行って、エリア51とか宇宙人ゆかりの地ツアーをしてる途中でマジの宇宙人に遭遇して、振り回されてヤンヤンする話。「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」のサイモン・ペグ&ニック・フロストコンビの新作。SF映画パロディを盛り込みまくって「SF大好きなんだな〜」っていうところがよく分かったり、「二人仲いいな〜」という微笑ましいところはあってかなり楽しめるけどストーリー自体は普通だったかな〜。やっぱり最高潮に面白い「ショーン・オブ・ザ・デッド」とどうしても比べちゃうところがありますね。



【関連】
ショーン・オブ・ザ・デッド
ホット・ファズ 〜俺たちスーパーポリスメン〜

#SF #コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが276 - カプリコン・1

カプリコン・1

★★★★☆

火星に行く有人スペースシャトルが発射直前で生命維持システムの故障が発覚して宇宙飛行士がいないままシャトルは発射、でもメンツは保ちたいから隔離施設で「火星に行ったフリ」をする羽目になってヤンヤンする話。様々な政治的な問題を抱えてるけど国家の威信を保ちたい人と、無茶ブリに振り回される人の構図を軸に前半のサスペンスっぽさ+後半の脱出劇&スカイアクションまで、ちょっと古かったけど「映画の良いところ」をバランスよく詰め合わせた感じで面白かったです。後日談を詳細に描かずに終わるラストシーンも味わい深し。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが275 - ムカデ人間2

ムカデ人間2

★★★★★

発達障害のきもいオッサンが「ムカデ人間1」にいたく感銘を受けて、自分でも真似してヤンヤンする話。前作は「医療知識のある医者が丁寧に手術して3連結」だったんだけど、今回は「医療知識なし」「家にある道具で全部まかなう」「10連結」っていうね、しかも「ムカデ人間が上映されている現実世界で、前作の役者もつなげる」というメタ設定。前作が「100」とすると今回は「20,000」ぐらい残虐・グロ・汚物描写のオンパレードでリミッター外れまくってて最高でした。グロすぎて全編モノクロなんだけど逆にそれも雰囲気作りの一端を担ってて、こんだけやってくれると逆に清々しくなっちゃって笑ってしまった。「警察動けよ」「足首と両手にガムテープ巻かれてるだけだから抵抗できるだろ」は禁句です。あまりにグロすぎて「よくムカデ人間側の人たちはこの脚本読んでオファー引き受けたな」って思いましたね。役者魂か。



【関連】
ムカデ人間


#スプラッター #ホラー #パニック
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが274 - ラスト・エクソシズム

ラスト・エクソシズム

★★★☆☆

悪魔祓い専門の牧師がインチキ悪魔祓いを自ら公表するべく、最後の偽悪魔祓いを取材させたらマジのやつに当たってしまってしまってヤンヤンする話。リアリティ重視で派手さはあんまり無いし、日本ではこれくらいリアルガチで信心深い人や地域はほとんどないのでそこの身近感があんまり無くて置いてけぼりをくらうかも。そして結局最後まで「こうなるんだろうな〜」っていう展開に沿って物語が進んでいくので、「未来予知能力あるんじゃね!?」と勘違いしたい人はオススメです。この手のフェイクドキュメンタリーを見ると、悪魔にとり憑かれる役の人は、よくこんな鬼気迫る演技できるよな〜って思いますね。今回の女の子も若くて無名なのにすごい。


イチオシシーン

#オカルト #POV
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが273 - 不思議惑星キン・ザ・ザ

不思議惑星キン・ザ・ザ

★★★☆☆

街に突っ立ってた変な宇宙人のせいでキン・ザ・ザ星雲の惑星プリュクに飛ばされた初対面の二人が地球に帰るためにヤンヤンする話。すげ〜変な世界で面白かったな〜。なんなんだろうあれ。かなりの種族によってかなり差別があって、一面砂漠のディストピアな星なんだけど当時のロシアを遠まわしに描写してるとかなんとか。クー!

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが272 - ペネロピ

ペネロピ

★★★★☆

呪いでブタの鼻・耳を持って生まれてきた女の子が、呪いを解くためにステキな男性を見つけてヤンヤンする話。シンプルな設定と構成なんだけど、それが逆に新鮮で面白かったな〜。ブタの鼻ですごい嫌われるんだけど、「そんなわたしもわたし」っていう感じで案外あっけらかんとしてるのもかわいい(むしろお母さんが呪い治すために躍起になってる)、運命の相手となる男も飄々とした感じが好感持てるし何より男の目線から見ても超絶イケメンだった(俺を100とすると90ぐらいまできてる)。「自分が感じるコンプレックスはまわりにとっては案外どうでもいいよね〜」っていうとこも共感できるポイントでしたね。天然パーマおじさんより。

#ファンタジー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが271 - アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン

★★★★★

スパイダーマンのリメイク第一弾。それまでのシリーズの1が2002年だったので、10年経ってることになりますね。いや〜ストーリー、映像、人間くささ、周囲に認められてスーパーヒーローとしての自覚していくさま、すべてが面白かった!グレードアップしまくって、アクション映画の楽しさが年々レベルアップしていってる気がする。前作のはもう見れないぐらいすごい迫力だった。あとMJ(前作のヒロイン 兼 淫獣)は影も形も出てこなくてよかった。でもこの年になってくると、主役が多感な高校生ということで叔父に反発したり、私怨で強盗を捕まえようとしたりするところにあまり共感は得られず「もっと大人になれよ!伯父さんの言うこと聞けや!」って思いましたね・・・。よっ!等身大のヒーロー!次回も楽しみ。



【関連】
スパイダーマン3
(1も2も見たのに書いてないな)

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが270 - クライモリ

クライモリ

★★☆☆☆

森に迷い込んだ6人がモンスターに殺されまくってヤンヤンする話。モンスターの設定「近親相姦で生まれた奇形3兄弟」っていう設定はむちゃくちゃ良かった。設定"は"。はい。あとは普通です。見ながら予想を立ててた「殺される順番」も合ってたし、「無事家に帰ったら結婚しよう」っていう最もポピュラーな割に映画では見た記憶がない死亡フラグビンビン発言も飛び出したのでそこはよかったです。結局言った本人は矢が刺さって死んだ。しかしこの森に住んでて迷い込んだ人を殺す奇形兄弟ってソニー・ビーン一家に似てるなと思いました。

#パニック
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが269 - MINDGAME

MINDGAME

★★☆☆☆

ヤクザに狙われた幼馴染の女の子を助けるために気弱な男が頑張ってヤンヤンする話。映像がアーティスティックで中盤以降の展開がなんか冗長な割に話をよく噛み砕くと普通だった。とにかく映像がすごい。全然面白くない人が「薬キメながら作ったんですか?(笑)」って言ってきそうな感じ、と言えばこの感覚伝わるでございましょうか。とにかくそういう感じのやつです。吉本の芸人がけっこう関わってて、アニメなのに時々顔が声あててる本人(今田とかぐっさんとか)にすげかわる演出が面白い。あとみょんちゃんの声(前田沙耶香)がめっちゃかわいかったです。敬具

#ファンタジー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが268 - アウトレイジ

アウトレイジ

★★★★☆

ヤクザが人を殺しまくる話。全員めちゃめちゃ怒ってて怖かったです。でもあまりに現実味がなくて本当にこんな暴力団とかヤクザの世界って現存してるのかな〜と思いますよね。新宿歌舞伎町はヤクザに支配されてるっていう話はあるけど。あとここで出てくる知的なヤクザが加瀬亮。「こっちにおったんか〜!」ってなりました(なってません)。


「コノヤロー」まとめ動画はっときますね(ネタバレなし)

#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが267 - アフタースクール

アフタースクール

★★★★☆

奥さんの出産当日に他の女と逃げた疑いのある男を探すため、探偵とその男の同級生がその行方を追ってヤンヤンする話。どこかのまとめ記事で「序盤にはりまくった伏線を回収するために話が進んでいく」みたいな噂を聞いてほうほうと思ってみてみたんですが、なるほどこれはよく張り巡らせてた!でも一回ではちょっとついていけないぐらい状況が変わりまくるので大変でした。ちなみにここで出てる俳優の一人を加瀬亮と思い込んでて「加瀬亮声かわいくて演技もうまくていいな〜」となってスタッフロールに思いっきり堺雅人って書いてあったので「叙述トリックや!」となりました(なってません)。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが266 - ノートルダムの鐘

ノートルダムの鐘

★★★☆☆

引きこもりで見た目がきもいけどめちゃめちゃ心が優しい鐘突き男が美しい踊り子に恋をしてヤンヤンする話。ディズニーのテンプレ通りかわいい動物の相棒と場を和ませるおちゃらけキャラがいたりするけど、ディズニーにしては割とシリアスな話だったな。原作を再現してるのでしょうね。見た目で差別されて迫害うけたり、ジプシーを根絶やしにしようとしたり、みたいなやつ。最終的に「見た目がきもくても強い心があれば世界は変わる!」みたいなとこに持っていけばよかったのに、鐘突き男が恋してた踊り子はイケメンの騎士と結ばれるのであった・・・。所詮人は見た目9割。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが265 - パラノーマル・アクティビティ3

パラノーマル・アクティビティ3

★★★★★

前作でとり憑かれる女の人の、子供時代の話。以前の超常現象が起こる原因となるような出来事が記録されてヤンヤンする話。前回、前々回と全然怖くなかったのですが、今回はノウハウをつかんだのか「何か出てくるかもしれない」ていう映像的怖さがかなり追求されてて、さらにとり憑かれる対象が幼女ということもあって、結構怖かったですね。まあストーリーは投げっぱなし感はあるんでアレですが、シリーズ通して見るとこれが一番怖かったかな〜。最後おばあちゃんの家での顛末は片目(視力悪い方)で見てましたね。急に出てくるとびっくりするからさ・・・。へへ・・・。


何かに引っ張られる幼女

【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT
パラノーマル・アクティビティ2

#ホラー #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが264 - メン・イン・ブラック3

メン・イン・ブラック3

★★★★★

Kに恨みを持つ悪い奴が自分を捕まえる直前にタイムワープしてKを殺してしまい「Kが生きてる現在」の歴史が書き換わって「Kが死んだ現在」になってしまったので、Jが過去に戻って悪いやつをやっつける話。MIBは割と好きなのに、さらにタイムスリップもの!?40年前のKと組むだって!?展開面白すぎるでしょ。実際面白かった。悪がわかりやすいぐらい悪だし、それを食い止めようと必死に頑張る姿も楽しい。アポロ発射前にさりげなくこんなことが繰り広げられていたなんて・・・みたいな。あとKとJの関係もちょっと分かるところも最高。そう言えば言葉をしゃべるパグ出て来なかったな。


恒例のやつ

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが263 - ダイ・ハード3

ダイ・ハード3

★★★★☆

NYがテロリストに占拠されて、たまたまそこにいた刑事が立ち向かう話。開始1分で物語がいきなり動き出す展開は最高。あとゲームにかけてマクレーン刑事をもてあそんだり、即席でできた黒人の相棒とぶつかり合いながらも解決に導いていくところが前作までとの違いで楽しい。でもゼウス(黒人)が事件に巻き込まれていく理由があまりなくて唐突な感じがするのが微妙だったな。気まぐれでなく、もう少し理由が欲しい!そしてここから「ダイ・ハード4.0」につながると。

【関連】
ダイ・ハード
ダイ・ハード2

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが262 - ダイ・ハード2

ダイ・ハード2

★★★★☆

空港がテロリストに占拠されて、たまたまそこにいた刑事が立ち向かう話。こちらもアクションが素晴らしかったけども、前作ほどの巧妙な伏線と閉塞感はなかったかな。とは言え前作からつなげてみるとマクレーン刑事大変だな〜がんばれ〜!と応援したくなりますね。

【関連】
ダイ・ハード

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが261 - ダイ・ハード

ダイ・ハード

★★★★★

ビルがテロリストに占拠されて、たまたまそこにいた刑事がたった一人で立ち向かう話。そういえばちゃんと見てなかったので見てみたら、バリバリのアクションはともかく、全てのシーンに無駄が無い巧妙な伏線の張り巡らせが最高でした。「裸足になる理由」とか、「奥さんが旧姓を使ってる」とか、「銃が使えない警官」とか、何気ないシーンがそのあとで「クゥ〜ッッ!!」てなる気持ちいい演出が素晴らしかったです。イピカイエーマザファカー(この決め台詞も最高)。テロリストのリーダーが「ハリー・ポッター」シリーズのスネイプ先生だったことに後で気付いた。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが260 - ニュー・シネマ・パラダイス

ニュー・シネマ・パラダイス

★★★☆☆

映写技師のおっさんと映画好きの子どもが交流を深めてヤンヤンする話。3時間あるので遠まわし遠まわしにしてたけど、「1.5倍速で見れば90分ですむ」ということに気付いて事なきを得ました。「イタリア映画の中で完全にヤバイ」という触れ込みは聞いていたので全体的に感動しましたが、「展開早いな」って思いました。なぜなら1.5倍速で見たからです。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが259 - ブラック・スワン

ブラック・スワン

★★★★☆

「白鳥の湖」で主役に抜擢された女の人が、優しい「白鳥」とダークサイドに堕ちた「黒鳥」の二役の重圧に押しつぶされて頭が狂っていくお話。ナタリー・ポートマンの演技が凄まじすぎ〜それに尽きますね。映像も美しいし、だんだん何が現実で何が幻覚か全く分からなくなる見せ方もよい。あとまあまあエロいシーンもありますね。あとあと、いわゆるこの手の「体当たりの演技」で思い当たるのは「ドラゴン・タトゥーの女」のリスベットを演じたルーニー・マーラさんかな。女は強し。



#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが258 - ブルーバレンタイン

ブルーバレンタイン

★★★★☆

愛しあって結婚した一組の男女が、なんだかんだで離婚していく過程を「出会い〜結婚」「ギクシャクした後に離婚」の二つを交互に展開しながらヤンヤンする話。圧倒的胸のキリキリ・・・正視に耐え難いリアルで残酷な描写・・・死ぬ・・・悲しすぎるだろ・・・。二人がなぜ離婚するに至ったかの直接的な原因は描写されてないので決定的にどっちが悪いとは言えないけど、断片的な映像を見ていくとシンディ(女)の方が悪いように思える。シンディの両親にかなり問題があったので、反面教師的にいい家庭を築こうとするのは当然だし、ディーン(男)も色々なリスクも乗り越えて「家族を愛する」という目標を達成させようと努力したのに・・・結婚する瞬間、明るい未来を想像するイキイキとした二人と、何もかも疲弊しきって見すぼらしい姿になった二人を短い時間で交互に見せていく終盤はマジで辛いし、最後の花火とともに最高のシーンをフラッシュバックさせる演出は鬼としか思えない。そんな演出されたって辛いだけだろ!!

#ラブストーリー #ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが257 - ホット・ファズ 〜俺たちスーパーポリスメン!〜

ホット・ファズ 〜俺たちスーパーポリスメン!〜

★★★★★

ロンドン警察の超エリートが、「エリート過ぎて俺たちが無能に見える」という上司の勝手な理由でド田舎に左遷され、一見のどかな村に見えるけど実は裏の顔があって、ヤンヤンする話。「ショーン・オブ・ザ・デッド」の二人が出てる(「ショーン〜」より後の作品)のでわくわくしながら見てたんですが、実際バカバカしくて面白かったです。明らかな殺人事件も全部「事故」として片付けるのんきな田舎の警察に愕然としつつ、独自に調査していく中で少しずつ村の真相に近づく過程が楽しい。展開はやや無理があるけどコメディ映画としてみれば問題無いし、村の中心地での銃撃戦も「バカだね〜」的な感じで見れるので、スカッとしたい方はおすすめ。ちなみに「ショーン〜」でこの映画のセルフパロディしてるシーン(リンク先:左がショーン、右がホット・ファズ)があったので、両方見るとかなり楽しいです。邦題のサブタイトルは無くていい!


1シーン。一回戻ってくるとこが最高

【関連】
ショーン・オブ・ザ・デッド

#コメディ #アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが256 - タイタンの逆襲

タイタンの逆襲

★☆☆☆☆

ペルセウスが引き続き頑張るお話。前作と全く同じ!火山から出てくるクロノスは大きくて割と迫力あって良かったんですが、それ以外は特筆するところはあんまり・・・。

【前作】
タイタンの戦い

#ファンタジー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが255 - バトルシップ

バトルシップ

★☆☆☆☆

宇宙人が海に来たので船で戦ってヤンヤンする話。アメリカ人のアホが作った映画。「アホのアメリカ人」ではなく、「アメリカ人のアホ」。映画館で見るよりは、DVDで数人で見て、アホのシーンが出てきたら一時停止してつっこみながら見る方がいいと思います。つっこみどころがありすぎて静かにしてなきゃいけない映画館では見るのつらい!

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが254 - やさしい嘘と贈り物

やさしい嘘と贈り物

★★★★☆

スーパーで働くおじいちゃんがお客さんとして来てたおばあちゃんと知り合って、デートを重ねて惹かれ合っていってヤンヤンする話。これはよかったぞ〜。クリスマスシーズンというところで街並みがすごくキレイだし、初デート前日にわくわくしながら布団にもぐりこむおじいちゃんがかわいい。いくつになっても恋するって素敵やん・・・て思わされるけど、タイトルにもある通りの「やさしい嘘」が切ない・・・。とりあえずじいちゃんばあちゃんの初々しい感じと、お互いを想い合う気持ちが最高です。

全然関係ないけど、ミステイクあったので記しておきます。




ロバートとマイクが抱きあうシーン。ここでマイクは手袋つけてる



次のカットでは手袋なくなってる



その次のシーンではまた手袋つけてる



こんなのばっかり見つけるのがわたしです。


#ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが253 - ゾンビランド

ゾンビランド

★★★☆☆

ゾンビが溢れかえった世の中で、青年と荒くれ者と美人姉妹が生き抜いてヤンヤンする話。「"ヒーローになるな"、"ゾンビは二度打ち"、"シートベルトを必ず締める"」など、自分の中で「ルール」を作ってしたたかに生き延びる青年(「ソーシャル・ネットワーク」でザッカーバーグ役やった人)、トゥインキーというおいしいお菓子を求めて街から街へ放浪する荒くれ者、美貌で男たちを陥れる美人姉妹と、個性が強い登場人物がいがみ合いながらも結束していく流れがおもろ。でもコメディ寄りのゾンビ映画というジャンルでは、その前に見た「ショーン・オブ・ザ・デッド」の方がミラクル的な面白さだったので、ちょっと比べちゃったかな。ビバリーヒルズにあるビル・マーレイの豪邸に逃げ込んだら、ビル・マーレイが本人役で出てきたところは笑った。


乾杯した瞬間捨てるコロンバス

#パニック #コメディ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが252 - レコード 〜シッチェス別荘殺人事件〜

レコード 〜シッチェス別荘殺人事件〜

★☆☆☆☆

スペインの別荘で殺人事件が起こって、迷宮入りしそうと判断した警察が公開した「被害者が死ぬまでの37時間の記録映像」という設定。ジャケットにインパクトあったので気になって借りてみたけど、全然大したことなかった。別荘の隣にある森に迷って歩きまわるシーンが長すぎる!暗視カメラの映像で雰囲気が不気味で何か出るのかと思ったら何も出ないし・・・。誰が犯人なのかもだいたい読めるしな。一人称視点のホラーはやっぱり「REC」が最高。

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが251 - アジョシ

アジョシ

★★★★★

元特殊工作員で今質屋で細々と暮らしてる兄ちゃんが、犯罪に巻き込まれた隣の少女を助けに行く話。これは完全に最高。愛を忘れたしがない質屋(でもめちゃくちゃ強い)と、愛に飢えてる悲しい少女の絆が作られつつある中でとある出来事で一旦心が離れそうになったところに間髪入れずに少女が拉致され、そこから全てをなげうって立ち向かっていくとか完全にヤバいですやん・・・。「お前はあの少女の何なんだ?」と悪に聞かれるところで「隣のおじさん(アジョシ)だ」って言うところもヤバいし、敵の麻薬組織の面々が一人を除いて全員クズなのでぶち殺しまくるところはスカッとするし、何より主役のウォン・ビンが死ぬほどイケメンなので見てて惚れ惚れします。泣いた、正直最後感情移入しすぎて泣いたわ。不器用で無口な男と純真無垢な少女の絆・・・今思い出してもジーンとくるわ。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが250 - スーパー!

スーパー!

★★★★☆

ダサい男が奥さんに逃げられ、取り返すためにスーパーヒーローになろうとしてヤンヤンする話。キック・アスみたいな展開だけど、けっこうドロドロしてる。助ける対象の奥さんがもともとドラッグ中毒で、何度も更生したけど結局イカれたドラッグディーラー(ケビン・ベーコン)のもとでドラッグに溺れてる状態なので、あまり助けるモチベーションが上がらないような・・・。最終的にはムチャクチャに殺しまくるんだけど、それでも貫き通す正義の心、愛の力には脱帽ですね。ボルティー役のエレン・ペイジ(インセプションにも出てる)がめちゃくちゃかわいいんだけど最後不憫すぎ!

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが249 - レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

★★★★☆

発明好きの姉、読書家の弟、噛む力がすごい末妹の三きょうだいの住む家が大火事にあって親も死んで孤児になって、後見人の家に転がり込むけどそいつが遺産目当てで何度も殺されそうになるところをきょうだいパワーでなんとか乗り切る話。最初は「覚えにくくて語呂の悪いタイトルだな」と思って敬遠してたんですが、全体を支配するティム・バートンっぽい世界観が大変よく(実際ティム・バートンお抱えのスタッフが多数携わってるんだと)、ストーリーもけっこう面白かったです。「不幸せな物語」というところで幾多のピンチに巻き込まれるけど主人公は絶対死なない法則なので、「どうなっちゃうの〜!」感はゼロですが・・・。あとアマゾンで原作調べたら表紙がダサすぎてびっくらこきました。

#ファンタジー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが248 - 約束 ラ・プロミッセ

約束 ラ・プロミッセ

★★☆☆☆

小児ガンで入院を繰り返すヤンチャ坊主と、アルツハイマーで体が動かずしゃべれず(でも頭の中は明瞭)なじいさんがヤンヤンする話。「実の親子じゃないけどだんだん親子みたいに絆が深まる感」がよかったです。意思の疎通はほとんどできないけど、坊主を思いやるじじいの愛情は涙を誘います(泣いてないけど)。でもあまり盛り上がるとこがなく、平坦なまま終わったかな〜。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが247 - 僕らのミライへ逆回転

僕らのミライへ逆回転

★★★★☆

レンタルビデオ屋の経営を少しの期間任されたけど、手違いで全部のデータが消えてしまい、何とかしなきゃ!と悩んだ挙句「スウェーデン版のリメイクの輸入品」ということにして自分たちで名作映画をセルフリメイクして貸し出していってヤンヤンする話。えらいご都合主義な展開だったけど、監督がミシェル・ゴンドリーだし許す!ものづくりに対する真摯な姿勢と、続けることで必ず何かしらの変化が訪れる展開、主役の黒人のまっすぐな性格とキラキラしてる目がよかったな〜。中盤に入ってくる数々の映画のリメイクを長回しで見せていくシーンは「ミシェル・ゴンドリーっぽい〜!」と思いました。

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが246 - ショーン・オブ・ザ・デッド

ショーン・オブ・ザ・デッド

★★★★★

街にゾンビが溢れかえって、うだつの上がらない電気屋店員と同居人のデブのニートが立ち向かってヤンヤンする話。これは死ぬほど面白かったわ。よくあるゾンビ映画のパロディで「軍人→電気屋店員」「ショッピングモールに立てこもり→行きつけのパブに立てこもり」など、全体的に一般人目線でスケールダウンして「身近なゾンビ映画」になってるとこも楽しいし、親子愛・男同士の友情・男女の恋愛など、様々な人間関係を織りまぜていく展開は最高。そして要所要所のシーンに散りばめられた小ネタもほんとに面白くて、元恋人&母親を救うプランを立てるシーンと、クイーンの曲がかかる中ゾンビをボコボコにするシーンはほんとに爆笑しました。



#コメディ
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが245 - 南部の唄

南部の唄

★★★☆☆

親の仕事の都合で南部の農場に連れてこられた白人の少年が、黒人のおっさんと仲良くしてもらってヤンヤンする話。実写がモチーフなんだけど、黒人のおっさんがしてくれるうさぎとキツネとくまの話はアニメパートになってる、メリーポピンズとかロジャーラビットとかの「実写+アニメ」の流れを組む作品(こっちの方が先だけど)。まあ、ストーリー自体はそんなに面白くなくて「ふ〜〜ん」っていう感じではあるけど、主役の子供(後にドラッグの過剰摂取で死亡)がかわいい。あとうさぎどんも。で、「この時代に白人と黒人が仲良くしてるのは歴史的誤解がある」っつっていまだにDVD化はされてないんだって。差別してるんじゃなくて、仲良くしてるからダメとはこれいかに。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが244 - ソーシャル・ネットワーク

ソーシャル・ネットワーク

★★★★☆

マーク・ザッカーバーグがfacebookを作ってヤンヤンする話。本人の根底にある「モテたい」「意中の人を振り向かせたい」っていう童貞思考から一気に創り上げてのし上がっていく流れがよかったです。グイグイのし上がっていくけど、得るものと同時に、共同創立者との信頼関係も失うのも仕方ないよね〜やだな〜と思いました。facebookができるまでの過去と、訴訟の進捗を描く現在と交互に描いていく構成もわかりやすく、全体のテンポも良いし、ショーン・パーカー役のジャスティン・ティンバーレイクもかっこよかったな〜。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが243 - 英国王のスピーチ

英国王のスピーチ

★★★★☆

内向的で吃音症の英国王が、言語聴覚士との交流を通して王として成長していく話。王室ものなので話自体は重いけど、言語聴覚士のキャラクターのおかげでうまいこと中和されており、最後まで楽しく見れました。最初は自分を治療してくれる言語聴覚士を疑っていたけど、最終的には最も信頼できるパートナーにまで関係を築きあげる過程も大変よろしかったです。映画冒頭のスピーチと、クライマックスのスピーチの差は必見。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが242 - アンノウン

アンノウン

★★★☆☆

出張先のドイツで交通事故にあって、昏睡状態から目覚めたら奥さんに「あんた誰」と言われて、さらに見知らぬ人が自分を名乗っていた・・・みたいな話。インドに旅立つ前に見て、序盤の「見知らぬ旅先で自分を証明するものが何も無いし、頼れるものも無い感」が怖すぎるな〜と思いました。はい。まあそれには理由があって、自分の記憶も全部明らかになった際にさらに話が進むんですが、あんまり納得いかなかったな・・・詳しい展開を言うと興を削いでしまうので言えませんが、「本来の任務遂行しないで何で阻止するん?」と思ってしまいました。

#アクション #サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが241 - ミスター・ノーバディ

ミスター・ノーバディ

★★★☆☆

2092年、人が死なない社会になってあとの世界で、最後の「唯一死ねる人間」が死ぬ前に自分の過去を語り始めてヤンヤンする話。でも思い出す昔話が、人生のターニングポイントとなるAかBかで迫られた選択をどちらも体験して、さらにその先に分岐するC、Dの選択肢も生き、最終的に枝分かれした12ぐらいの人生を同時に体験しとる〜!みたいな。でもどの選択肢にも幸・不幸があり、自分で選んだ選択以外にも抗えない力とかもあって、それでもどの人生も同じぐらい価値があるよね〜みたいな感じでした。話の大胆さと映像の芸術性が相まってかなり楽しめます。

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが240 - ムカデ人間

ムカデ人間

★★★☆☆

医者が三人の人間のアナルと口を接合してムカデ人間を作ってヤンヤンする話。「田舎で大変な目に遭う」系B級ホラー。グロさはあんまり無かったけど、低予算ながらよくできておりました。ムカデ人間の先頭が日本人のチンピラ(日本語わめきちらす)で、後ろの二人のチャンネーが英語(でもしゃべれない)っていう微妙な言葉の壁も足かせになって医者の家から逃げられない感じもよい。ただ助けにきてくれる刑事二人が小汚いので「こいつら絶対死ぬな」て思いました。あと、「この映画を見た自閉症気味のオッサンが模倣する」っていうメタ要素を含んだ続編「ムカデ人間2」の方が面白そうなので、そっち見たいな。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが239 - 猿の惑星:創世記

猿の惑星:創世記

★★★★★

開発中のアルツハイマー治療薬を猿に試したらめちゃくちゃ頭良くなって、猿軍団を率いてヤンヤンする話。面白かった〜展開は若干無理やりな気もするけど、どうでもよくなるぐらい見せる力があったな〜。霊長類保護施設に入れられたシーザー(一番頭がいい猿)が軍団を率いていく過程も面白いし、シーザー、ボス猿(ムキムキ)、オランウータン、ゴリラの四天王感はヤバい。だんだん「その調子だ!人間どもをぶっつぶせ!」とすら思ってしまいました。初めて言葉を放つシーンも最高に震える。ただな〜〜〜CMとか予告編とかで熱いシーンの8割ぐらい見たからな〜!前情報出しすぎ。そう言えばハリー・ポッターでマルフォイ役やってた人も出てた(けど死んだ)な。


この四天王感

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが238 - トゥルー・グリット

トゥルー・グリット

★★★☆☆

父親を殺された少女が、「本物の勇者(トゥルー・グリット)」と呼ばれた保安官を雇って復讐しにいく話。話は普通。「ザ・西部劇」って感じの雰囲気は良かったな。主役のジェフ・ブリッジスがめちゃめちゃかっこよかったです。脇を固めるのがマット・デイモンと蒼井優にそっくりな奴だったので、何かすごい、と思いました。話は普通だけど。「本物の勇者」と言われてる割に超人的強さはなく、人間臭いとこがあるのが逆によかったかな。「レッド・デッド・リデンプション」ていう西部劇版グランド・セフト・オートにハマッてたらもっと引きこまれて見れたのかもな。

#バイオレンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが237 - プリンセスと魔法のキス

プリンセスと魔法のキス

★★★☆☆

自分のレストランを開くために馬車馬のように働いてお金を貯めてる女の子が、呪いでカエルの姿になった王子にキスをしたら人間に戻るどころか自分までカエルになっちゃってヤンヤンするお話。ディズニ〜的展開〜!まあ期待を全然裏切らない展開で面白かったんですが、他のディズニー作品と比べるともうちょっと〜!な感じでした。ワニ(めちゃくちゃブヨブヨしててさわり心地よさそう)が仲間になる必然性あんまりないし、ディズニーには珍しくキャラクターが死んだりするし。など。リトル・マーメイドがフルCGでリメイクしたりしねーかな。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが236 - 告白

告白

★★★★☆

最愛の娘を自分の生徒に殺された教師が復讐してヤンヤンする話。小説読んでから見たけど、映画版は映画版でいいな〜。全体的な暗い雰囲気とか、重々しいシーンであえて明るめの曲をのせて不気味さを引き立たせる演出で目が離せなくなりました。子役の演技は微妙だったけど。あとさりげなく、殺される娘役が大ブレイク前の芦田愛菜さんだったので、プールに浮かんで死んでる姿はなぜかスカっとしました。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが235 - アリス・クリードの失踪

アリス・クリードの失踪

★★★★★

男二人が女を誘拐してヤンヤンする話。たったこれだけの設定なんですが、尋常じゃないぐらい面白かったです。ストーリーはもちろんのこと、無駄の無い演出と構成。序盤、淡々と進む誘拐の準備〜誘拐完了の流れですでに引きこまれて行って、徐々に明らかになっていく複雑な三人の関係性が絡みあって一気に終盤まで持ってく展開は最高。最近は映画みたあと3日ぐらい経ってからここに記録してますが、あまりにも面白すぎて終わった瞬間に書いてるぐらいです。登場人物も、エキストラも一切登場せず徹底して三人だけで進んでいく話の運びもほほ〜っとなるし、あとアリス・クリードがもうちょっとかわいかったらもっと最高でした。は〜これはもう一回見たいわ。



#サスペンス
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが234 - セブン

セブン

★★★★★

七つの大罪に見立てた連続殺人事件に、新米刑事と定年間近のベテラン刑事が立ち向かってヤンヤンする話。デビッド・フィンチャー監督のドラゴン・タトゥーの女が微妙だったので、同監督の傑作をお口直しにレンタル。中2の時に一度見たんですが、やっぱり最高や・・・。ケビン・スペイシー(犯人)が出てきてからの畳み掛ける展開の臨場感が尋常じゃなさ過ぎて、29のおっさんになった今でも同じ気持ちで楽しめました。バッドエンド好きや〜。



#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが233 - ドラゴン・タトゥーの女

ドラゴン・タトゥーの女

★★★☆☆

40年前に起こった少女失踪事件の真相追究を依頼された経済ジャーナリストのおじさんが龍のタトゥーをした女と協力してヤンヤンする話。元がスウェーデンのものなので、クセのある名前が全然覚えられない!序盤が割と退屈なので、あらすじしっかり読んでから見た方がわかりやすいかも。失踪事件の真相も普通だし。絶対見に行くぞ〜!というモチベーションではなかったので、まあ・・・いいか!とりあえずタトゥー女の演技力が凄まじ+生尻が大変美しいのでそこはしっかりと目に焼き付けて欲しいです。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが232 - 127時間

127時間

★★★★★

誰もいないところで岩に腕を挟まれて、127時間後に自力で腕を切断して生き延びる話。めちゃめちゃ面白かった!オープニングや、長時間挟まれて精神が錯乱した際に見る幻覚とか、全体的に映像の演出が非常にかっこよく、はじめから終わりまでミュージックビデオを見ているような感覚でした。時間も90分程度なのでお手軽に見れるし、ジェームズ・フランコの迫真の演技は堪能できるわで良作。自分がもし同じような状況になった時に、果たして腕を切断する勇気があるかどうか、その辺りも考えてしまいますね。俺だったら1日目で死ぬ。本編が始まってしばらくした後の、タイトルが出てくる瞬間も「お!来ましたか!」みたいな感じにさせるのでso cool。



#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが231 - スカイライン -征服-

スカイライン -征服-

★☆☆☆☆

宇宙人がいきなり来てムチャクチャされる映画。年明けからゴミのような映画を見てしまいました。ムチャクチャにされて終わるだけの90分。主人公も頑張るけど結局UFOに捕まって脳を抜かれて宇宙人に移植されるんだけど、なぜか他と違って人間の記憶が残ってて、一緒に捕まった妻を守るために宇宙人の姿で立ち向かう・・・!で、終わり。そこで終わり!?宇宙人系なら完全に「第9地区」の方が面白かったな〜。何でこれ借りたんだろ。英国王のスピーチとかソーシャル・ネットワークとか、まだ見てない名作はたくさんあるのに・・・。おそらく「ゴミ映画見て失敗したいな」っていう謎の欲望がモリモリと盛り上がってしまったのですねきっと。多分「世界戦略:ロサンゼルス決戦」もつまんないんだろうな・・・。次は良作借ります。

#SF
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが230 - ステキな金縛り

ステキな金縛り

★★★★★

殺人事件で濡れ衣を着せられた人を弁護するため、唯一の目撃者である落ち武者の霊を何とか法廷に呼び出して、落ち武者が見えない人にここに居ることを証明してヤンヤンする話。三谷幸喜はやはりハズレなしじゃ・・・。落ち武者の霊を呼ぶという設定が他の三谷映画と比べるとやや突拍子が無いとこだけど、話のキモだけあって自然に入りこんで行けました。大筋はコメディなんで、泣けるシーン(犬と再会するとこ)もけっこうあるけどすぐコメディ寄りに返すとこも良い演出でした。ラヂオの時間、有頂天ホテルなど、もう一回見なおそうかな。

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが229 - ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

★★★★★

核ミサイルの起爆装置と発射コードが悪いやつの手に渡ったから何とか発射させないように阻止してヤンヤンする話。今年を締めくくるにはまさにピッタリという次元で最強にハラハラドキドキ超絶アクションでした。スパイグッズもめちゃくちゃ進化しててすごいかっこいい(クレムリン内部の廊下でシート張ってジワジワ近づいていくやつが特に)だし、どのアクションシーンも半端じゃないぐらい熱くて、手に汗握りすぎて手がびちょびちょになりました。ただひとつ、良くない点は、戸田奈津子の翻訳がところどころダサいということ。お互いの過去を話すかどうかのピリピリしたシーンで「打ち明けっこしようか」は言わないだろ・・・。それ以外はマジで激アツです。



#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが228 - リアル・スティール

リアル・スティール

★★★★☆

ロボットボクシングを通して父と息子の絆を描いてヤンヤンする話。これがただのボクシングだったら全然面白くなかったんですが、あえてここで「ロボットを戦わせる」という設定を持ってきたことで新鮮に見れました(言わずもがなCGのロボットは合成とは思えない)。ストーリーはもう見え見えで何もかもが分かりきったストーリー展開で「どうせ絆取り戻すんでしょ?」ってなるんですが、わかっているのに・・・何で涙が止まらないんでしょうか・・・これが・・・「老い」・・・!?は〜よかったねえええぇえぇ〜〜。

#ヒューマンドラマ #アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが227 - モテキ

モテキ

★★★★☆

草食系男子が急にモテるやつの映画版。むちゃくちゃ面白かった!4人の女子がめまぐるしく出てくると見せかけてメインは長澤まさみで、ちょっと麻生久美子が絡んでくるぐらい(仲里依紗はそこまで重要じゃない)だったけど、大変満足しました。全てにおいて見せ方が楽しいし、twitterとかもほぼ説明無しで今の日常生活と同じぐらい普通に映画の中に溶け込んでるのもすごい良かった(それが話を動かす重要なツールにもなってるし)。そして完全に長澤まさみがエロいから、ちょっと落ち目だったしまた人気出てくるんじゃないでしょうか。漫画版になったりしないかなこれ。

#コメディ #ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが226 - ガタカ

ガタカ

★★★☆☆

遺伝子によって明確な社会的差別のある近未来の世界で、悪い遺伝子持ち(不適正者)の人が良い遺伝子持ち(適正者)になりすまして、適正者にしかなる資格のない宇宙飛行士になろうとしてヤンヤンする話。近未来が舞台だけどSF的な要素は最小限にとどめて、人間ドラマをメインに描いている感じ。ダメダメな不適正者の人も意志が強ければ自分を変えられるし、全てにおいて優遇されて身体能力もめちゃくちゃ高い適正者の人も運命により堕ちていったりするよね〜的な、そういうのです。ちなみにNASAが「一番現実的なSF映画」と認定したんだと。

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが225 - 恋はデジャ・ブ

恋はデジャ・ブ

★★★★★

田舎町のお祭りを中継しにきた皮肉屋の天気予報士が、ひょんなことから寝ても寝ても同じ日を何千周も繰り返すループにはまりこんでヤンヤンする話。ループものの代表的なやつで、好きな小説の一つ「七回死んだ男」も、作者がこの映画を見て構想を得たぐらい。最初は「何をしようが朝になれば同じ日になる」→「やりたい放題じゃん!」って自分の好きなことするけど、だんだんそれも空しくなって心も荒んでいって、そこからさらにループを続けてそんな荒んだ心すら超越して、自己中だったのに他人の幸せを追求するようになってく主人公の変化の過程が秀逸。「自分の幸せは他人の幸せによって得られるよね〜あるある〜」みたいな側面もあって大変素晴らしい感じでした。これでヒロインがもっと可愛かったら、邦題にもっとセンスがあったらさらに良かったな。



#ファンタジー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが224 - トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

トランスフォーマー ダークサイド・ムーン

★★★★☆

月の裏に漂着してたオプティマスの師匠、センチネル・プライムをオプティマス達が回収したのをきっかけに、悪者ロボットがたくさん出てきてさあ大変!で、ヤンヤンする話。こまけえことはいいんだよ!最高だ!オプティマス!バンブルビー!アイアンハイド!サイドスワイプ!ラチェット!ディーノ!かっこ良すぎる!だがミカエラの代わりに出てきた女、てめーはだめだ。ミカエラ役の人が監督とケンカして降板させられたらしいけど、役同じで別人がやればよかったのに(俗に言うBTTFのジェニファー方式)・・・。前作であんなにサムと絆を深めたのに、あっさり過ぎるだろ・・・。まあそれを差し引いてもロボット同士のバトルは超スーパーミラクルド迫力でサイコー。トリロジーブルーレイ出たらどうしよう

【関連】
トランスフォーマー
トランスフォーマー リベンジ

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが223 - パラノーマル・アクティビティ2

パラノーマル・アクティビティ2

★☆☆☆☆

家で超常現象が起こってヤンヤンする話。1で取り憑かれた女の妹の家が舞台で、時系列順でいうと1より前。まあだいたい分かりきっていたことではあったのですが、超絶つまらなかったので泣いた。日本版のリメイクの方がマシって思えるくらい何もいいとこなかったな・・・。舞台となる家がプール付きの大豪邸だったので、家爆発しろと思いながら見てました。

【関連】
パラノーマル・アクティビティ
パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT

#ホラー #POV
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが222 - デビル

デビル

★★★☆☆

原因不明の事故で止まってしまったエレベーターに乗り合わせた5人が、停電のたびに1人ずつ殺されていってヤンヤンする話。「シックス・センス」や「ヴィレッジ」などでおなじみのM・ナイト・シャマランが原案と製作に関わった、原点に帰るかのような直球密室系ホラー。だけど死に様はもっとえげつない方がよかったな〜。首とかちぎれて欲しかったと思います。SAWシリーズで目が肥えちゃったのかな。話はそれぞれの人物が抱える問題を少しずつ明らかにしていきながら消化していって、無駄のないきれいな構成だったけど、やっぱもうひと盛り上がり欲しかったかも。そして捜査にあたったボーデン刑事の的確な判断と迷いの無い決断力、めちゃめちゃ憧れました。エレベーター内の疑心暗鬼度が限界に近づいて一触即発な空気を、自分の暗い体験をもとに説得させる姿は非常にかっこよかったです。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが221 - パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

★★★☆☆

ジャック・スパロウがヤンヤンする話。昔に見たけど、ふとした瞬間に最近見て、そういえば記録つけてなかったのでメモ。ジャック・スパロウの、主役の割にやる気無く飄々としてる感じがやっぱりいいですね。あとよくよく見たら、序盤で溺れたウィルの首から下げてたメダルをエリザベスがさりげなく盗んでたので、モラルとは何かを考えさせられますね(そうでもないけど)。

【関連】
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト(次作)

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが220 - 魔女の宅急便

魔女の宅急便

★★★★☆

魔女っ子のキキが成長するためにヤンヤンする話。30歳を目前に控えてジブリ作品をほとんど見ていないわたしですが、この度無理やり椅子に固定されて目もずっと開かされた状態(こういう感じ)で見ました。みんなが最高最高って言って今でも心の一本になる人が多いだけあって、完成度はもはや説明不要でした。あと前々から噂は聞いていたのですが、おソノさんの夫が一番かわいいですねやっぱり。キキの帰りをそわそわしながら待つ→キキの姿が見えたら急いで店の奥に隠れる→奥から出てきて、さもそこでその日初めてキキの帰りに気付いたかのように振舞う これかわいい。

#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが219 - スーパー8

スーパー8

★★★☆☆

中学生5〜6人ぐらいが自主制作で映画撮ってる途中に列車事故を目撃して、その事故をきっかけに空軍が“何か”を隠そうとしてヤンヤンに巻き込まれる話。宇宙人ものかな?と思わせておいて主軸はほとんど映画好き少年たちの冒険で、スタンド・バイ・ミーを彷彿とさせます(見たことないけどな)。主役の男の子と、そいつと両思いになる女の子はかわいいんだけど、取り巻きが分かりやすいぐらい「デブ」と「出っ歯」と「メガネ」なのが素晴らしすぎる。あとところどころのやりとりが「すいません、フレンチフライもう一つ、こいつデブなんで全部食べちゃったんです」とか「お前ら両思いなんだろ?ほんとは俺があの子と仲良くなろうと思って声かけたのに・・・」とかすごい子供っぽくてかわいかったです。肝心のストーリーは、最後のご都合主義的な展開でちょっとがっかりしたな・・・大人がびっくりするぐらい何にもしてないし。あとスタッフロールが今まで見たすべての映画の中で一番最高。何なら本編より面白いので終わっても席立たないようにしてくださいね。

#SF
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが218 - オーロラの彼方へ

オーロラの彼方へ

★★★★★

NYにあらわれたオーロラの影響で、30年前に死んだ父親と無線がつながって交流していく中で、徐々に周りの人間の運命が変わっていってヤンヤンするお話。タイムパラドックスを主題に置きつつ父と息子の絆が合わさって、マイナーながらムチャクチャ面白い話でした。30年前に死んだ父親の原因を教えてあげたところ何とか死なずにすんだけど、変わった世界線では今度は母親が連続殺人事件に巻き込まれる結果になって、そこを何とか現在の主人公(警官)と30年前の親父(消防)が無線で助け合って解決していく流れは秀逸。オーロラが出ている間だけ無線がつながるっていう設定もメルヘンチックで良い。しかし邦題もうちょっと何とかならんか。

#サスペンス #SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが217 - ヘラクレス

ヘラクレス

★★★★☆

元神・現人間・超力持ちのヘラクレスが真のヒーローになるためにヤンヤンするお話。リトル・マーメイドやアラジンほどではないけど、王道のディズニー映画という感じで楽しく見れました。肉体的な力だけ強くなるのではなく、心も強くなってこそ真の英雄なんじゃ!的なね。注目すべきはやはりヒロインのメグで、異常にセクシー兼最初ちょっと悪役ってとこは割と斬新。「メグの声、妖艶すぎわろた・・・」と思って見てたんですが、工藤静香が声あててることが判明し、「あ〜・・・」となりました。ちなみに他のディズニー作品に比べると、やや絵柄にクセがある感じなので好みは分かれそうですね。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが216 - jackass 3D

jackass 3D

★★★★★

3D版jackass。かれこれ3〜4年ぶりに見たけど何一つ変わってなくて最高過ぎ。うんこもおしっこもゲロも痛いのも汚いのも一通り揃っています。ジェット機のものすごい強風の真下で遊んだり、プレストンの汗を集めてスティーヴォーが一気飲みしてゲロ吐いたり、屁でシャボン玉を作ってそれを食べたり、歯とランボルギーニを糸でくくりつけて抜歯したり・・・などなど。あと要所要所の「使う意味ねーだろ」ってとこでスーパースローカメラが使われてるのもくだらなさすぎて面白かったです。暗い気持ちになってる人は全てを忘れてこれを見るといいですよ。

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが215 - GANTZ PERFECT ANSWER

GANTZ PERFECT ANSWER

★★★★☆

死んだ加藤にそっくりの宇宙人(めちゃくちゃ強い)が現れて、そいつを倒すためにGANTZが「昔100点取ってもとの生活に戻った人」をもう一度呼び寄せて対抗しようとしてヤンヤンする話。もう完全映画オリジナルストーリーだったんだけど、割とうまいことまとめてて悪くなかったと思いました。原作の大ファンは「全然違うじゃねーか!」と言い出しそう。悲しかったのは、せっかく生き返った西くんが復帰第一戦で何の見せ場も無く瞬殺されたこと。

【前作】
GANTZ

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが214 - アンストッパブル

アンストッパブル

★★★★☆

作業員の操作ミスで貨物列車が大暴走。化学薬品積んでるから超スピードで急カーブ曲がると脱線して街壊滅するから止めろー!みたいな話。ザ・娯楽!な映画で楽しかったです。CG無しのド迫力な暴走シーン、ベテランと新米、二人の整備士がぶつかり合いながらも協力して止めようとする姿、「頑張る父ちゃん・・・」という感じで見守る両整備士の家族(どっちもワケアリ)などガーっとまとめて一気に突っ走る展開は最高。映画館で見たかったな〜。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが213 - エグザム

エグザム

★★☆☆☆

「制限時間80分」「問題用紙は白紙」「試験官に話しかけると失格」「問題用紙を損なうと失格」「問題は一つ、答えも一つ」な状況で、8人の受験者がヤンヤンする話。大した話ではなかった・・・。「協力して答えを導き出そうぜ!」と働きかけながら何だかんだで信頼関係が崩れていって・・・みたいなベタな展開(まあそれぐらいしかないと思うけど)。汚い人間関係が見たいなら「es」と「SAW6」がいいですよ。

#サスペンス
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが212 - シャッターアイランド

シャッターアイランド

★★★☆☆

孤島に隔離された精神病患者の収容所で失踪事件が起こったので、連邦保安官(ディカプリオ)が謎を解き明かしながらてヤンヤンする話。ちょっと頭が良ければだいたいオチは想像できるんじゃね、と思いました。あと映画公開時に「この謎が解けるか!?」みたいな挑戦的な煽りがあったので余計身構えるし・・・的な。と言ってもわたしは鼻水垂らしながらクチ開けてぼーっと見てたんで最後までオチの想像がつきませんでした(基本的に先読みせずにあるがままに映像を受け入れるタイプなんです)。全体の暗い雰囲気や「何か隠してる」的な不穏な空気感はちょっと好き。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが211 - ギャラクシークエスト

ギャラクシークエスト

★★★★☆

20年以上前のTVシリーズ『ギャラクシークエスト』を架空のドラマではなく「歴史的記録」と勘違いした本物の宇宙人サーミアンが、かつての出演者たちに「悪者宇宙人サリスとの戦争を何とかして!」と依頼されて、仕事と勘違いした俳優たちが本物の宇宙戦争に巻き込まれてヤンヤンするお話。勘違いに次ぐ勘違いでドタバタするんだけど、笑いあり興奮ありの一級SFエンターテインメントになっておりました。ご都合主義なところがけっこうあるんだけど、スタートレックのパロディ全開らしいので、まあ許しますわ。それを差し引いても「ネバーギブアップ!ネバーサレンダー!」は名言。シガニー・ウィーバーが無駄にセクシー。

#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが210 - スクール・オブ・ロック

スクール・オブ・ロック

★★★★★

バンドをクビになった冴えないギタリストが食い扶持を得るためにエリート小学校の補充講師になりすましたところ、勉強は出来るが無気力だったので、ロックンロールを教えて世界を変えてやるぜ!な話。胸が熱くなりすぎたわ・・・。力強い言葉とカリスマ性で子ども達をグイグイ引っ張っていくデューイと、信じてついていった結果最高のステージを見せてくれた子ども達最高すぎましたわ。元気を出したい時にうってつけ。

#コメディ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが209 - ポカホンタス

ポカホンタス

★★★☆☆

アメリカ大陸に渡って金を採掘しまくろうとするイギリス人と現地のネイティブアメリカンがヤンヤンするお話。このイギリス人とアメリカ人の構図、アバターに似てました。あとラプンツェルを見た同日にこれを見たので、「ポカホンタス全然かわいくねえぞ!」といちゃもんを飛ばしてしまいました。全然関係ないし言わなくてもよいんですが、ポカホンタスの相談をたびたび聞いてくれる柳の木の精霊は、女性器に似ています。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが208 - 塔の上のラプンツェル

塔の上のラプンツェル

★★★★★

生まれた時に悪い魔女に誘拐されて塔の上に閉じ込められた王女が、毎年自分の誕生日に遠くの城から上がるたくさんの灯りの正体を突き止めるために塔から外に飛び出し大冒険なお話。アラジンやリトルマーメイドなんかと話の流れはほとんど同じで何のドンデン返しも無いんですが、そうと分かっていながら「サイコー!」と手放しに喜んでしまうのはやっぱディズニーびいきなとこがあるかもしれませんね。映像、キャラクター、歌、誰になんと言われようがやっぱサイコーやで・・・ディズニー最高やで・・・。ラプンツェルめちゃくちゃかわええ・・・ただただこれに尽きますわ。グリーティングくればいいのに。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが207 - パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT

パラノーマル・アクティビティ第2章 TOKYO NIGHT

★★☆☆☆

海外旅行中に交通事故で両足骨折した姉ちゃんが帰国後家にいたら、怪奇現象が起こるので弟がビデオカメラ設置して原因を突き止める話。知らない間に日本版の続編が出てた。けど結局同じ話を日本風にアレンジしただけだった!ただ、見慣れた日本の家屋で怪奇現象が起こるのは身近な感じがしてちょっとぞくぞくしたかな。姉ちゃんと弟が毎日別々の部屋で寝るんですけど、こういう怖い状況なら、同じベッドじゃないにしろ同じ部屋で寝てやればいいのに・・・と思ったり。まあ話の流れは寸分同じ。とりあえずこんなきれいな姉ちゃん欲しい。これとは別に正式な続編も出てるらしいので、そっちも騙されたと思っていずれ見てみるか・・・。

【関連】
パラノーマル・アクティビティ

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが206 - ファニーゲーム

ファニーゲーム

★★★★★

別荘に休暇に来た家族が、変な隣人にいたぶられまくる話。めちゃくちゃ後味悪いいいいいいぃぃ。ただ、スリラー映画に対するパロディってことでとことんムチャクチャにしてるっぽいので、それはそれでアリな気もしました。時々カメラ目線で映画見ている人に話しかけたり「ここで殺すと映画の尺が足りない」みたいなことを言ったりするメタ要素や、映画の常識を覆す危機的状況回避、音楽無し・暴力描写無しなど、目を見張る演出は多々あるので見てて飽きなかったです。

#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが205 - GANTZ

GANTZ

★★★★☆

謎の黒い球体に呼び出された人たちが謎の敵を倒すお話。あんまり期待していなかったのですが、割と原作の再現率高くて普通に面白かったです。ただ原作でマジ絶望としか言えなかった仏像編は割と駆け足でサクサク進んでしもうた。玄野が千手観音の攻撃食らって、加藤くんが保護した後「計ちゃん(玄野)やっぱかっこいいよ・・・」とか思いをゆっくり話してる間、観音さまは律儀に待ってたのでやっぱ仏の心はあるんだなって思いました。あと多恵ちゃんが吉高由里子なんですが、かなり可愛かったのでもうちょっと地味で冴えない感じの人がやればよかったのにな〜。4月の続編の予告もちょろっと出たけど、何だか原作とは全然違う方向に行きそう。ヒゲの番長とかエスパーとかも出なさそうな予感。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが204 - アラジン

アラジン

★★★★★

貧しい青年アラジンが王女ジャスミンと出会ってランプを手に入れてヤンヤンするお話。リトル・マーメイドに続きこれも「話最高」「キャラクター最高」「歌最高」の三拍子揃っていました・・・これマジ最高に面白いだろ・・・完璧すぎてちょっと笑ってしまいました。ジーニーのキャラが良すぎるし、日本語吹き替えは山ちゃんしかできないだろうなと思いました。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが203 - キック・アス

キック・アス

★★★★★

冴えない男子高校生がヒーローになりきってヤンヤンするお話。何かtwitter上で評判だったので見てみたら超痛快で面白かったです。アメリカのギャングってこんなレベルでムチャクチャやりたい放題なの?っていうレベルで残虐だったけど、そのギャングをバッタバッタとなぎ倒すヒットガールのかっこよさ&かわいさと、凡人がヒーローになりきって奮闘するのが最高にクールでした。続編あるの?出てもいいけどちゃんと面白くしてよね。しかしレッドミストはもうちょっとイケメンでもよかった気がする。

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが202 - きみがぼくを見つけた日

きみがぼくを見つけた日

★★☆☆☆

意志と無関係に時代も場所も選べずにいきなりタイムスリップしちゃう男が見知らぬ女に「あなたに会ったことある」と言われてヤンヤンする話。恋愛重視のタイムトラベルものなんだけど、そもそもの発端としてお互い惹かれあうきっかけがあいまいなままだったので、いまいち二人の行く末に感情移入できなかったかなー。バタフライエフェクトなみの伏線回収を期待してたんですが、期待値あげすぎちゃった模様。とりあえずタイムトラベルには服は持っていけない設定で毎回全裸になるんですが、冬はつらそう。

#ラブストーリー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが201 - トロン・レガシー

トロン・レガシー

★★☆☆☆

20年前に失踪した父親に呼び寄せられてコンピュータの世界に迷い込んだ青年がヤンヤンする話。とにかく映像がむちゃくちゃすごいし、ダフトパンクのderezzedが鳴り響く中バトルが始まるシーンは頭がおかしくなりそうなくらいかっこよかったなー。でもストーリーは前作見ていようが見ていまいがよくわかんね・・・とちょっと思いました。取り急ぎ、主人公のサムはいきなりプログラムの世界に紛れ込んでアタフタして、その5分後には何も分からずディスク投げ合いバトルに参加させられたのに2秒でルールを理解して、その2分後には敵をなぎ倒してたので、主人公つえーと思ったことをお伝えしておきます。その後のバイクバトルもしかり。でもほんとに映像は死ぬほどかっこいいよ!

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが200 - バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズ
 
バック・トゥ・ザ・フューチャー1〜3
★★★★★

記念すべき映画感想200記事は、もちろんバック・トゥ・ザ・フューチャーです。そう言えば書いていなかった。あえてもう説明する話でもないですが、今回特筆すべきはやはり25周年記念のブルーレイボックス。日本版を買ってホクホクした後に、「イギリス版の方が特典満載の超豪華で、日本版より安い」という情報を得たのですが、わたしはそこで愕然とする事も無く、プロシュート兄貴のような気持ちで「ほしいと思った時にはもうその行動は終わっている!」と言う勢いで気が付いたら海を越えて届きました。結果、「イギリス版マジサイコー」。ちゃんと日本語字幕・吹き替えもあるしPS3でも再生できるし。そして連日1作ずつ見返したのですが、やはりもう楽しすぎて楽しすぎて・・・。持論としては、「一度見た映画をレンタルするくらいなら、まだ見てないのを借りて見る」というのがあるのですが、ことこのシリーズに関しては100兆回見てもあきません。それくらい楽しくて好きなんです。まだ見てない人は、まあいないと思いますが(笑)、ぜひ見てみてください。



#SF
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが199 - トロン

トロン

★★☆☆☆

すげー面白いゲーム作った人が、会社の上司にそっくりパクられて売られたので、プログラムを奪い返しに行ってヤンヤンする話。再来週にやるトロンレガシーを見るにあたり、前作のキャラがちょっと出ているらしいので見ておきましたが、まあ・・・うん。大したことは無かったです。昔だし。この映像を見ておくと、30年を経た今の技術で表現されたレガシーの進化具合を楽しめるんじゃないでしょうかね。あの鳥居みたいな形の飛行物体とか、ディスクとか、軌跡を残すバイクとか、レガシーの予告で見たものが割とそのまま出てきてたので、モチベーションが上がりました。しかも・・・ダフトパンクが音楽全部作ってて、それは知ってたのですがまさかクラブシーンでDJとして出演する(←1:30あたり)とも知ったので、テンション爆発しました。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが198 - 三人の騎士

三人の騎士

★★★☆☆

ドナルドが友達から故郷の中南米自慢をやたらされるお話。ここで出てくるホセ・キャリオカとパンチートはランドのグリーティングにも出てくるのですが誰からも相手にされていない空しいキャラなので、今度はかまってあげようと思います。この二人の底抜けの明るさを見てると悩みなど消え去ってしまいそうなほど、です。ですが、話の内容としてはまあショートショートがいくつかあり、中盤から終わりにかけて中南米推しなので、ストーリー云々ではなかったです(騎士と言っても誰かと戦うわけではなく、「仲間」的な意味合いだし)。アニメで動いているドナルドも無条件でかわいい。ちなみにディズニートリビアとして、ホセ・キャリオカはフリーザと声が同じ。さらなるトリビアとして、この話は全部youtubeにうpされている。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが197 - ロジャー・ラビット

ロジャー・ラビット

★★★★☆

私立探偵のおっさんがアニメと実写が混ざり合う世界でヤンヤンする話。話も分かりやすくて特殊効果も大変よいですが、何よりディズニーキャラはおろかワーナー系などのアメリカのアニメキャラがチョイ役でめちゃくちゃいっぱい出るので、ディズニー大好きおじさんに成り下がったわたくしは興奮しながら楽しく見れました。Wikipediaを見てみるととんすけ(バンビ)も出ているらしいのですが、全然発見できず悲しくなりました。実写の方の主役に普通のおっさんを据えてたので、アニメサイドに重きをおいてるんだなとちょっと思いました(日本でこういうの作ったとしたら絶対主役をイケメン俳優とかにしそう)。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが196 - ロビンフッド

ロビン・フッド

★★★★☆

超かっこいいロビンフッドが大活躍する話。ストーリーは勧善懲悪なドタバタコメディな感じなんですが、ロビンフッドが「無敵」っていう感じなのに平然と色々やってのけちゃうのがめちゃめちゃかっこいいし、全体的なテンポも良いし、悪い奴(プリンスジョン)も憎めない愛すべきキャラだし、あと何と言ってもオープニングの平和な雰囲気が最高すぎる。見て良かった!今度ディズニーランド行ったらプリンスジョンいじってやろう。


このメロディ最高


#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが195 - ソウ ザ・ファイナル 3D

ソウ ザ・ファイナル 3D

★☆☆☆☆

ソウシリーズ完結編。メインはホフマン、ジル辺りを主題において、今回の中心ゲーム(ほとんど意味無い)は「『ジグソウの挑戦に打ち勝って人生が変わった!』というウソをついて本を出版し、ベストセラーになった奴」がマジで襲われるっていう。7年以上見続けてきたシリーズとして、完結まで見届けたので感慨深いものがありますが、3Dにする必要はあんまり無かったし、唐突に出てきていきなり残虐に殺されていくキャラクターばっかり登場していまいちキャラクターに共感できないし、とってつけたような真の共謀者の存在とか、まあ・・・うん、一応完結したしいいんじゃないかな・・・。1がまあ一番面白いとして、3〜4の連作がピークでしたね。ちなみにジルが逃げるときの腕の振り方が競歩みたいで変。

【前作】
ソウ6
ソウ5
ソウ4
ソウ3
ソウ2
ソウ1

#スリラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが194 - ミックマック

ミックマック

★★★★☆

男版アメリみたいな感じの話。父親が死んだ原因となった地雷の製造会社と、不慮の事故で自分の頭に撃ち込まれた銃弾の製造会社が向かい合うように建ってたので、ささやかな仕返しをするために回りくどい方法で両会社のトップをやっつけるみたいな。さりげなく社長同士が争ってるように勘違いさせるいたずらの方法が楽しい感じですが、手伝ってくれるメンバーの詳細や経緯が割とアッサリ過ぎるので、もうちょっとその辺深く知りたかったなおじさんは。アメリの監督なので、雰囲気がとてもよいです、それはもう、眠くなるくらいに。でも例によってこの監督おなじみのマジでわけわからんシーンが出てくるのでそこはハッとさせられますね。

【関連】
アメリ

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが193 - (500)日のサマー

(500)日のサマー

★★★★☆

運命の恋人の存在を信じる草食系男と、運命なんて一切信じない女がであって「恋愛関係なしで友達として付き合う」という前提でヤンヤンしていきながらも、その関係に耐え切れなくなっちゃってさらにヤンヤンするお話。テンポもよい、映像もきれい、出てる人もこぎれいで大変目に優しい映画でしたが、俺は終始「この女死ねよ」と思いながら見ていました。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが192 - くまのプーさん

くまのプーさん

★★☆☆☆

くまのプーさんがヤンヤンするお話。実はよく分かってなかったんですが、プーさん最高に図々しいことが分かりました(人ん家に勝手に上がりこんでハチミツ食い尽くしたり)。でも挙動が最高に可愛いので許す。ハニーハントの理解を深めるために見たのですが、並んでるとこに本のページが置かれていたり、乗り終わったあとにクリストファー・ロビンの部屋が再現されていたりと、その辺りの理解が深まりました。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが191 - バンビ

バンビ

★★★☆☆

鹿が成長するお話。餃子を作りながら見たのであんまり覚えてないのですが、とりあえず登場キャラクター、名前すら与えられてない脇役までもれなく個性的で可愛かったので、そこは見る価値あるかも。あと敵が狩りをする人間なんですが、本編には一切出てこず、気配と銃声しか聞こえないのも動物目線で興味深かったです。あとやっぱりうさぎのとんすけが世界最大にかわいいでしょ・・・。バンビ、ファリーン、フラワーとかいるのに、“とんすけ”。世界観合ってなさすぎ。でもそんなとんすけかわいいです。「とんすけ」ってすごい声に出していいたい。今度ディズニーランド行ったらグリーティング遭遇できたらいいなー。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが190 - メリーポピンズ

メリーポピンズ

★★★★★

魔法が使える乳母のメリーポピンズがヤンヤンする話。全く期待していなかったんですが、色々な意味で余りにも面白すぎてずっと笑顔で見ていました(きもい)。基本的にミュージカル的な要素が多いんですが、そのどの曲も聞いたことがある感じだったし、「唐突に始まる感」も笑えました。「絵の中に入り込んで遊び倒すシーン」「笑いすぎて浮いちゃうおっさん」「煙突掃除人のやたら長いダンス」などなど、見所満載で最高にハッピーな映画でした。アニメの世界に入り込むシーンは45年前とは思えないクオリティで素晴らしかったです。スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!





#ディズニー/ピクサー #ファミリー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが189 - ピーター・パン

ピーター・パン

★★★☆☆

ピーター・パンと一緒にネバーランドに行った子どもがヤンヤンするお話。ちょっとうつらうつらしながらだったんですが、悪役コンビのフック船長とスミーが最高に面白かったのでそれだけでお腹いっぱいでした。50年以上前の作品でこの完成度はなかなかのものですね。ちなみにピーター・パンの顔は何か腹たつ。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが188 - ファインディング・ニモ

ファインディング・ニモ

★★★★☆

子どもが人間にさらわれたのでお父さんが仲間と助けに行くお話。身体障害(ニモ)、重度の記憶障害(ドリー)、人間全員悪、という俯瞰して見ると結構怖い感じの内容なんですが、親子愛と自分の成長が全体的なテーマとし、しっかりとピクサーが料理するので、やっぱ面白い。海流に乗ったときの亀が優しくてちょうかっこいい。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが187 - G.I.ジョー

G.I.ジョー

★★★☆☆

生物兵器をめぐって敵と味方がヤンヤンするお話。頭からっぽのスッカラカンの状態で見るにはピッタリのアクション映画でした。パリでのカーチェイスシーンが一番かっこよくて面白かったどす。そのシーンが終わったあと一瞬寝落ちしてしまったのでストーリーがよくわからなくなったと思ったのですが、内容スッカラカンだったので特に問題ありませんでした。相変わらず「いまだに剣術武術の国、NIPPON」みたいなアメリカ人の日本に対するイメージが笑いました。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが186 - リターン・トゥ・オズ

リターン・トゥ・オズ

★★★☆☆

オズの国から帰ってきたドロシーが、またオズの国に戻ってヤンヤンするお話。オズの魔法使いは全然見たこと無かったんですが、「ちょっとトラウマになる」という噂を聞いたので見てみました。案の定「これ子どものころに見たら間違いなくトラウマなるな」っていうシーンがありました(首の無い女王が追いかけてきて、ドロシーが逃げるその廊下には両サイドにスペアの首が置かれてて恨めしそうに叫んでる)。ディズニーが制作した非公式の続編なんだって。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが185 - インセプション

インセプション

★★★★★

夢の中に入ってアイデアを盗む人が逆にアイデアを植え付けるためにヤンヤンするお話。噂されてるだけあった超絶面白かった。わたしの乏しいレビュー能力ではこの面白さを伝えることはできませんし、下手に書くと「浅い!」といわれてしまいそうなのでこの辺で終わっておきますね。見た記録見た記録・・・。

#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが184 - トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3

★★★★★

大きくなったアンディが遊んでた人形を屋根裏部屋に置こうと思ったら手違いで捨てられそうになり、捨てられると勘違いしたウッディ以外は保育園に寄付されようと決意するけど、保育園が子どもにムチャクチャされるわ元からいたおもちゃに虐げられるわでヤンヤンするお話。相変わらず全編通して無駄なシーンが一切無く、製作期間4年のうち、3分の2を脚本に費やしただけあって本当によく出来ておりました。一言で感想を言うと「生きててよかった」です。最後はボロボロ泣きました。

【前作】
トイ・ストーリー
トイ・ストーリー2



#ディズニー/ピクサー
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが183 - トイ・ストーリー2

トイ・ストーリー2

★★★★★

ウッディが実は激レアもので、前々からウッディ探してた悪いおもちゃ屋に盗まれたので、今度はバズが助けに行って何だかんだで友情が深まるお話。2は見たことあると思ったけど、何一つ先の展開が思い出せなかったので、見たことないという結論に達し、3も始まることだしがっつり見てみたら、満足度1億%レベルで面白かったのでピクサーハンパねーと思いました。2から出てくるブルズアイやジェシーもいい味出してるし。それ以前にキャラクタみんなが愛らしくて泣ける。

【前作】
トイ・ストーリー

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが182 - トイ・ストーリー

トイ・ストーリー

★★★★★

新しくアンディの家に来たスペースレンジャーのバズに人気を取られて嫉妬したカウボーイのウッディがバズに嫌がらせしたら隣の悪ガキに捕まったので、責任を感じて助けに行きながら最終的にいいコンビになるお話。よく考えたら全編通してしかと見た記憶がなかったので、3も始まることだしがっつり見てみたら、満足度100%レベルで面白かったのでマジピクサーサイコーと思いました。CGアニメっつってもさすがに14年前のものなので、今見ると細部はちょっとチャチでした。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが181 - サマーウォーズ

サマーウォーズ

★★★★☆

数学好きの高校生のもとにメールで届いた数字の暗号を解いたら、世界中の人が利用しているインターネットの仮想世界を崩壊に導いてしまってヤンヤンするお話。キャラクターデザインがあっさりしてる貞本義行じゃなかったらまあ見なかったと思います。アニメ嫌いという偏見に満ちた感じで見始めたのですが、割と面白かったですよ。

#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが180 - 美女と野獣

美女と野獣

★★★★☆

野獣にされた王子が人を愛することを学ぶために女の人をさらってヤンヤンするお話。ディズニーにはもはや鉄板ですが、キャラクター造形が素晴らしいですね。ストーリーもまあまあいいと思うんですが、野獣になったきっかけが「自分の傲慢さに対する罰」だったので、そもそものスタートが王子の性格に問題アリというところで、いくら人の愛を知って美化しても何か納得いかない感じはしましたね。とりあえず野獣がだんだん可愛く見えてくるのがよい。反対に女の人(ベル)は出てくる度に顔が違う(作画崩壊)

#ディズニー/ピクサー #ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが179 - 時をかける少女

時をかける少女

★★★★☆

タイムリープができるようになった女の子がヤンヤンするお話。夏+女子高生+タイムトラベルと、至高の組み合わせで面白かったです。日本のアニメはちょっと苦手なんで最後まで見れるかなと思ったのですが、少々臭いところはありましたが、まあ耐えられるレベル。でもタイムパラドックスにハマって未来やら過去があんまり変わらなかったので、もうちょっとパズルみたいに入り組ませたらよかったなー。とりあえず同じキャラデザインのサマーウォーズも見てみようかな。

#ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが178 - アメリ

アメリ

★★★★☆

空想癖のあるアメリが周りの人に親切にしてみんながほっこりしてヤンヤンするお話。見たことはあったけど内容忘れたのでもう一回みた。たまにマジで意味不明なシーンがあったりするけど(自分が死んだ事がテレビで報じられててそれを見て泣いてるとことか)、それは全部アメリの空想ってことでいいのかな。とりあえずモヤモヤしたみんながアメリのおかげで次に歩き出す感じが大変よろしいし、アメリの上目遣いはかわいい。そしてこれを見たあとに予備知識なしで「愛してる愛してない」を見るとふつうにへこむ。

#ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが177 - リトルマーメイド

リトルマーメイド

★★★★★

人魚のアリエルが一目ぼれした人間の王子と結婚するために、悪い魔女に声と引き換えに足をもらってヤンヤンするお話。完全にナメきって見たんですが、マジ最高のディズニー映画だと思いました。アリエルはちょっと頭悪いけどまっすぐでかわいいしサブキャラの魚とカニとカモメがひと癖もふた癖もあって忘れられないし、ところどころ入る歌(メロディ・ダンス全て含む)は至高すぎるし、ストーリーはベタだけど一切無駄なシーンがなくきれいにまとまってるので一言でいえばマジ最高。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが176 - ノーカントリー

ノーカントリー

★★★★☆

ギャングの金を盗んだ人と、それを追い回す殺し屋と、さらにそれを追う保安官がヤンヤンする話。ジャケット真ん中の殺し屋アントン・シガーが空気を圧縮して撃ちだす家畜銃ピストルを使って静かにためらい無く人を殺しまくるんですが、それが圧倒的“悪”って感じでゾクゾクしました。アメリカとメキシコの国境近辺(すげー田舎でのどか)が舞台+全編通してほとんど音楽が無いのに、殺しのシーンが圧倒的残虐なので余計に怖い。

#バイオレンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが175 - ノウイング

ノウイング

★★★☆☆

50年前のタイムカプセルを掘り起こしたら、過去50年の災害の日付と犠牲者の数がびっしり予言されてて、「さらにこの先人類滅亡する予言がされてるー!わーわー!」ってなってヤンヤンするお話。ストーリー的には面白かったけど、そこまで驚愕の展開ってわけでもなく、まあこんなもんか〜ていう感じでした。飛行機墜落のカメラの長い1テイク、地下鉄脱線事故で人が次々となぎ倒されていくシーンなど、災害の場面はなかなか迫力がありました。

#パニック
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが174 - スペル

スペル

★★★★★

おばあちゃんに意地悪したら、呪いをかけられてヤンヤンするお話。これはおもろかった!呪われて幻覚にうなされるんですが、ベッドで恋人と寝てると思ったらババア!とか、殺されそうなところを必死で抵抗して、ババアの上に重りがドーン!ババア目玉ポーン!顔にかかってキャー!とか、笑わせにかかってるとしか思えませんでした。呪いでうなされて日常生活に支障が出まくるけど、それにあきれずに最後まで見守ってくれた恋人の存在がいたことが救いですね。そして序盤の何気なさすぎる前フリが壮大なオチにガッチリつながるところも気持ちよかったです。全体的に不快なシーンがたくさんあるので見るときはご注意を。

#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが173 - 七人のマッハ!!!!!!!

七人のマッハ!!!!!!!

★☆☆☆☆

国内一流のアスリート7人が慰問に来た小さな村が武装集団に襲撃されてヤンヤンするお話。トニー・ジャーのいないタイのアクション映画なんて・・・ていう感じでした。あのー武装集団が一気に小さき村を制圧して女子供も容赦なく蜂の巣にするんですけど、圧倒的に暗い!もっと軽い感じでやればいいのに・・・。そんな重苦しい空気の中、新体操やサッカー、セパタクローの技を使って敵を倒すとか、どう考えてもおちゃらけてるようにしか見えない!とりあえずいっこだけ一歩間違ったら死ぬシーンがあったのでそこだけ貼り付けておきますね。2分10秒〜3分00秒。



【関連】
マッハ!!!!!!!
トム・ヤン・クン!

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが172 - 9(ナイン) 〜9番目の奇妙な人形〜

9(ナイン)〜9番目の奇妙な人形〜

★☆☆☆☆

人間対機械の戦争で世界が崩壊してて、そんな中生まれた麻布製の人形「ナイン」がヤンヤンするお話。スチームパンクな世界観はいいけど、めちゃめちゃ普通。WALL・Eとか、第9地区に出てた宇宙人の子供ですら、異形のキャラは見ていくうちにすごいかわいく見えてくるんですが、こいつらは最後の最後まで全然かわいくありませんでした。目的である「仲間を助けに行く」っていう動機付けもなんか曖昧で感情移入がしにくかったからかな〜。もともと短編だったのを長編化したんで、90分とかでも冗長だったかも。

#ファンタジー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが171 - 運命のボタン

運命のボタン

★★★★☆

見知らぬ紳士がいきなりやってきて「このボタンを押したら1億円あげます。でもどこかで誰かが死にます。押しますか?押しませんか?」というお話。2ちゃんのコピペで見たことがあったんですが、「アイアムレジェンド」の原作者リチャード・マシスンの短編がほんとの原作になってるようですね。最終的な話の流れはだいたい分かったんですが、途中がちょっと難解でした。ライアーゲームっぽい感じのキャッチコピー「大金か死か、究極のゲーム!」でスリリングな展開っぽく見せてるんですが全然そんなことなくて、終始静かでどっか不気味な雰囲気が心地よい感じです。結局箱を渡してきたおっさんは「昔NASAの研究員で、雷に打たれて死んだけど宇宙人に体を乗っ取られて超人的パワーを得て復活し、人は金のためにボタンを押すのかを実験してる存在」だったようです。何それ。まあでもあんまり期待してなかった割には楽しめました。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが170 - ピノキオ

ピノキオ

★★★☆☆

木の操り人形に命が吹き込まれて、人間になろうとヤンヤンするお話。70年前のアニメなのに現在でも充分鑑賞に耐えられるイキイキとしたキャラクターの動きに目を奪われました(飼ってるネコのフィガロも一挙手一投足かわいい)。善悪を見分けないとダメとかそういう教訓的お話ですが、子どもを誘拐してロバに変身させる謎の組織が何もおとがめ無くほったらかしにして終わったりするのはまあ無視しときましょうか。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが169 - ディセント2

ディセント2

★☆☆☆☆

前作で生き残った人がまた新たな救助隊と洞窟に入って地底人に殺されるお話。前作はまあまあ面白かったんですが、展開が前とほとんど同じだったのでちょっと退屈でした。地底人も前作と比べて目新しい何かがあるわけでもないし、全体的にしょぼくなってるしで、1.5倍速で見てしまいました。ホラー映画2作目で面白かったのは「REC2」くらいですね。

【前作】
ディセント

#ホラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが168 - 第9地区

第9地区

★★★★★

ヨハネスブルグに宇宙人難民が押し寄せて、第9地区に隔離してヤンヤンするお話。しっこちびりそうになるくらい面白かったです。最初はドキュメントタッチで主人公の関係者にインタビューしてくんですが、だんだん超絶急展開になって、最後まで一気に引きつけられました。とりあえず主役のヴィカス(シャルト・コプリー)の緊迫感、焦燥感、絶望感の演技がものすごくてより一層物語の緊張感を増幅させてます。知名度と演技力はイコールではないですね。「人間(英語)と宇宙人(人外語)は違う言語で何で会話が通じてたんだ?」とか細かいとこはもう見ないでおきましょう。そして暗に「地球人と宇宙人=白人と黒人」みたいな感じを出してるんでしょうが、第9地区で違法に宇宙人と取引してる現地の黒人が完全にDQN、というか土人丸出しで宇宙人以下な感じで描かれてるのが大丈夫かなと思いました。

#SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが167 - アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド

★★★★☆

20歳になったアリスがまた不思議の国に迷い込んで(その事は忘れてる)ヤンヤンする話。これは楽しかったな〜。アニメ原作を見てから行くと、細かく盛り込まれてる小ネタに気付けるのでより一層楽しめるかと思います。帽子屋の「前に前に感」がすごい。まあそいつくらいしか不思議の国には人間キャラがいないから必然的にそうなったのかな。IMAXで見ましたが、飛び出てるけど普通の3Dとの違いはあまり分かりませんでした。ただ始まる前に「IMAXで超絶映画体験!グオオーッ(すごい飛び出し)」ってめちゃ煽りまくるのが面白かったです。吹き替えも特に問題なし(白の女王が深田恭子っていうのも全然気付かなかったしそれで客寄せしてなかったのもいいところ)、というか3Dは飛び出すのをじっくり見たいから吹き替えの方がいいかも。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが166 - タイタンの戦い

タイタンの戦い

★☆☆☆☆

半人半神のペルセウスが頑張るお話。「面白い」か「面白くない」かで感想を言うと、「ウンコ」っていうくらいつまらなくて笑いました。何も意外なことが起こらない、有り触れてるファンタジーっぽさ、ダサい神の造形、ネタバレを隠す必要もない分かりきったラストと、いいとこが一つも無い感じでした。ただ途中いきなりペガサスが出てくるんですけど、その姿は「実写+CGになるとこんな動きするのかー」って少しホホーとなりました。ギリシア神話モチーフなんですが、つい最近出たゴッドオブウォー3と比較しちゃって、しかも迫力で完全に負けてるってのも問題。

#ファンタジー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが165 - 最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方

★★★★★

実業家と修理工が余命半年になったけど、残された人生思いっきり楽しんでヤンヤンする話。この映画でわたしは号泣し、兼ねてから自分につけられていた(というか自分でつけていた)何を見ても泣かない「冷血サイボーグ」という汚名は消えうせ、晴れて「人間」となりました。世界中を旅行する展開がちょっと駆け足すぎてノリきれず、全編泣きっぱなしっていうわけじゃないけど、最後の15分くらい、リストの3つ目の願いが叶ったあたりから蛇口をひねるが如く涙が・・・。ジャック・ニコルソン(孤独な金持ち)とモーガン・フリーマン(家族に愛されてる質素な人)の二人の対比もよかったなー。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが164 - シャーロックホームズ

シャーロックホームズ

★★☆☆☆

皆が知ってるシャーロックホームズが事件を解決する話。この映画はおろかシャーロックホームズの予備知識は「ホームズとワトソンのコンビ」っていうくらいしか知らない状態だったけど、思ってたよりかなりドタバタしてた印象がありました(アクション的な意味で)。全体的にはまあ楽しかったからいいけど、中盤のゴチャゴチャした戦闘シーンはちょっと眠くなったな・・・。どのシーンを切り取っても画になるこのスカした感じは何だろう、と思ってあとで調べてみたら監督がガイ・リッチー(スナッチとかロックストックとか)だったのですごい納得しました。試写会だったからいいけど、「どうしても見なければ!」ていうようなものではないかな〜。

#アクション
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが163 - アバター

アバター

★★★★☆

超一級エンターテインメント。何から何までその先何が起こるか分かってしまうベタベタな展開なのに、ここまで面白く見れるのは「幻想的な映像美」に尽きますね。とにかく映像は美しく、綺麗パートはぼけーとするし、戦闘パートは死ぬほど手に汗握る。見たこともない生き物にわくわくし、地球人の兵器に畏怖し、大佐の軍人然とする生き様に惚れ、絶対に命令を聞く。そういう「惑星パンドラにいる感覚」が3Dと相まってとんでもないものに仕上がったんでしょうね〜。あ〜面白かった。

#SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが162 - パラノーマル・アクティビティ

パラノーマル・アクティビティ

★★☆☆☆

夜中に物音するから定点カメラ仕掛けてみてヤンヤンするお話。「スピルバーグがリメイク権を獲得したけど原作超えられないっつってリメイクを諦めた」という逸話があるんですが、それでハードル上げすぎ!怖かったけどそこまでじゃないよ!というのもこの手のモキュメンタリはネイティブの言語で字幕無しで見る方がよりリアリティがあって怖さ倍増するんでしょうねぇ〜。ネタバレというか皆様の予想の通りっていう感じのオチだし。ただ女の人が1〜2時間ずーっと夜中に突っ立って男をじとーと見つめるシーンはすげー怖かったです(倍速ノーカットなのでほんとに立ってるぽかった)。

#ホラー #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが161 - エイリアン2

エイリアン2

★★★★★

蟻みたいな社会形態が完成したエイリアン軍団と人間がヤンヤンするお話。2作目のジンクスをぶち壊すエンタテイメントでした。前作は1匹だけを怖く見せてて、今回はやや使い捨てっぽく群れをなしてたのが違う点であり1ファンは気に入らないとこだと思うけど、「映画!」という感じの分かりやすいストーリー展開、沸いてくるエイリアン、金に目がくらんだ人間の裏切り、カッコイイメカデザイン、小さい女の子との交流で母としての一面を出しつつエイリアンに猛然と向かっていくリプリー(最後に女の子が「ママ!」と言って抱きつくとこが泣ける)(肉親じゃないのに)と、見所満載過ぎて痛快。これを作った監督がアバターを作ったのも何か納得できますね。

【前作】
エイリアン

#SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが160 - ふしぎの国のアリス

ふしぎの国のアリス

★★★★☆

ふしぎの国でアリスがヤンヤンするお話。4月に実写版が公開されるので予習。クスリの1本や2本キメてないとこんなの思いつかないなあと純粋に思いました。帽子屋のところが一番狂いすぎてて笑うしかない。でも今回見たやつは著作権保護期間終了後にディズニー以外の会社が出した廉価版だったので、一緒に見た人曰く「キャタピラーの性別が変わってる」とか「歌だけ翻訳されてない、吹き替えの歌がいいのに」とか劣化してるとこが多々あったみたい。やっぱ本家のやつ見るのが一番いいぽいなー。4月までに見直しておこう。あと「このシーン、幼いころに読みまくったアリスの算数パズルの問題の元になってる!」と一人でテンション上がってました。

(2/10 追記)
ディズニーオリジナル版見ました。歌と訳が非常によくできてたのでこれから見る人はオリジナル版を見るように。これを見ると何故か死ぬくらいの眠気に襲われるのですが、帽子屋のシーンは狂いすぎてて一気に眠気さめますね。



ふしぎの国のアリスの算数パズル

めちゃおもろい。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが159 - エイリアン

エイリアン

★★★★☆

宇宙船の中にエイリアンが入ってきてヤンヤンするお話。30年以上前のやつなのに、全てのホラー映画の原点の名に恥じないくらいよく出来てるなーと思いました。エイリアンのデザインはもちろんのこと、宇宙船の内部構造もレトロな感じがしてイイ(ちっこい電球が部屋中に取り付けてあってピカピカ光ってる)。惑星探索パートはちょっと眠くなったけど、エイリアンが宇宙船に入り込んでからは眠気吹っ飛んだですよ。

#パニック
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが158 - ナイトミュージアム2

ナイトミュージアム2

★★★☆☆

前回お世話になった奴らが、魔法の石版もろともアメリカ一でかい博物館に送られて、新たに動き出す展示物も増えまくってヤンヤンするお話。相変わらず死ぬほど分かりやすくて楽しい家族向けの映画でありました。アル・カポネとその子分が銃持ってるのに全然使わなかったりナポレオンがそのまま身長気にしまくってるなど、悪役が憎めない感じなのも和む。

【前作】
ナイトミュージアム

#ファミリー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが157 - アイデンティティー

アイデンティティー

★★★★☆

大雨で閉ざされたモーテルの中で殺人事件が起こってヤンヤンするお話。アイデア一発勝負って感じですが、そのアイデアは割とびっくらこきますね。整合性とれない場面もその設定があれば何でもありになるし。自分は何か見たことあるな・・・と思ったら昔小説で読んでいました。映画の原作小説はほぼ読まないのに、何故よりによってこれを。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが156 - リベリオン

リベリオン -反逆者-

★★★★★

感情が争いの元凶であるとして、一切の感情を排除して芸術作品なんかも焼き尽くして心の平静を保つ近未来の世界で、特殊部隊員の人が体制に反逆してヤンヤンするお話。ここで登場するオリジナル武術「ガン=カタ」が死ぬほどカッコイイ!舞台設定やらストーリーなんかはまあつっこみどころはあるんですが、それを消し飛ばして余りあるほどのポテンシャルがありました。アクションシーンだけでも見る価値あるなこれ。最後に1対1で戦うおっさん、どっかで見たことあるな〜と思ったらソウ3のゲームの主役のおっさんでした。

↓ガン=カタがどれほどかっこいいか動画を貼り付けておきますが、これを見ると本編見る面白みが全く無くなってしまうので、「リベリオンは死んでも見ないけどガン=カタだけは見たい」というカタだけどうぞ。


#SF
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが155 - 放送禁止 劇場版

放送禁止 劇場版〜密着68日 復讐執行人

★★★☆☆

深夜ドラマで人気の「放送禁止」の映画版。TV版の「6」とザッピングしているところがあるので、6を見ていないと全然分からない感じになっております。いつもながら画面のそこら辺に散らばるヒントから真相を推理するのですが、このシリーズは入り組みすぎな割には真相がカッチリわからないのでちょっとモヤモヤします。TVシリーズ2〜5の方がシンプルにまとまってていいかな。特に3の「ストーカー地獄編」がイイ。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが154 - ブレア・ウィッチ・プロジェクト

ブレア・ウィッチ・プロジェクト

★★★★☆

魔女伝説のある森で失踪した3人の若者が撮った記録映像。出演者がカメラを持って撮影するPOV手法の走りであるのと同時に、公開当時はウェブサイトとからめてあたかも実際に起こったことのように錯覚させたという演出が斬新でした。これだけ見て「わけわかめ意味とろろ」と叩く人はちょっと損してるかも。初めて見たとき、ラストシーンでものすごい鳥肌が立ってしまいました。

#オカルト #POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが153 - ストロングワールド

ONE PIECE FILM STRONG WORLD

★★★☆☆

金獅子のシキと戦うお話。0巻が欲しかったのでついつい・・・。パンフレットも何だか充実してる雰囲気だったので買ってしまた。内容は分かりやすい勧善懲悪でスカッとする感じで、原作追ってなくてもある程度楽しめると思います。ところどころ入るギャグパートは誰も笑ってなかったな。竹中直人(シキ)以外のゲスト声優(北島康介と愛ちゃん)が「出てたの?」レベルで目立ってなかったので安心しました。入場にもたついていたのか、始まって数分経ってもゾロゾロと人の往来が途切れなかったのでそこらへんはちゃんとしてやれよと思いました(※「ゾロゾロ」は擬音であり、ロロノア・ゾロのことではありません)。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが152 - フォースカインド

フォース・カインド

★★★★☆

不眠症に悩まされる人が多い地域を舞台に精神科医がヤンヤンするお話。実際に起きた事件のドキュメンタリー+俳優による再現VTRが重なり合って一つの話になってる珍しいパターンの映画。不眠症に悩まされてる患者の原因とか、精神科医の夫が死んだ原因とか、真相に近づいていくにつれて人が踏み入ってはいけないところまで行ってしまうのがこわす。詳しく言うと興を削いでしまうのであんまり書けない!とりあえず実在のアビゲイル・タイラー博士本人の衰弱しきった顔が一番怖い。

#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが151 - カールじいさんの空飛ぶ家

カールじいさんの空飛ぶ家

★★★★☆

おじいさんが風船で家を飛ばして憧れの地に行く途中でヤンヤンするお話。こんな話よく思いつくなーというのが素直な感想。空を飛んだあと、そこからの坂道をコロコロ転がるような展開が素晴らしいですし、メインの登場人物もそれぞれ全員成長してるのもよい。恥ずかしながら少し涙が出てしまったので、少しずつ人間の心が戻ってきている証拠だと思います(オレ サイボーグ ナミダノ イミ ワカラナイ)。映像は相変わらずわけわからんくらいキレイ・サブキャラも魅力的でよろしい(子どももあれくらいヤンチャじゃないと話が進まないものね、キンコメの今野にちょっと似てるけど)。「ネタバレ反転→子どものころから憧れていたヒーローが悪役になる」ってのがちょっと悲しかったけど、そこもひっくるめて「引きずってた過去を捨ててこれからの人生を楽しく過ごす」っていう理由付けにもなったし、まあいいか!いいよ!3Dで見たんですが、途中から飛び出してたかわからないくらい入り込んでしまってました。あと吹き替えは有名人使ってないのは◎。吹き替えもおk。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが150 - サスペリア2

サスペリア2
★☆☆☆☆

殺人事件の現場を目撃してしまった作曲家が、犯人を探してヤンヤンする話。公開当時(1978年)はセンセーショナルだったんだろうなあと思うんですが、演出、カメラワーク、映像トリックはいいけど、ストーリーと殺人の動機が納得いかなさすぎてあまりのめり込めませんでした。1.5倍速で見てしまうくらいです。

#サスペンス
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが149 - ニック・オブ・タイム

ニック・オブ・タイム
★★☆☆☆

平凡な税理士が娘を人質にとられて、知事を殺さないと娘を殺すと脅されてヤンヤンするお話。24みたいに映画の中の時間と実際の時間が同時に流れてく手法を取ったやつ。中盤の話の転がり方が割と面白いし、靴屋のおっさんのキャラクターもいいし、主役のジョニー・デップ(1995年のやつなので若い)が何とか悪人を出し抜こうとあれやこれやするのが見てて飽きない感じです。でも「犯人グループがなぜ素人を使って暗殺をさせるのか?脅した犯人グループのおっさんが自分でやればいいのに・・・」という最大の疑問は拭い去ることはできませんでした。まあ何かしら理由があるんだよねと自分に言い聞かせれば楽しめます。

#サスペンス
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが148 - SAW6

ソウ6

★★★★☆

保険会社の副社長に「生きる意志とは何か」を分からせるために命をかけたゲームをしてヤンヤンする話。6までいくとオススメしても前作5つも見なきゃいけないんで見てない人には薦めづらいし、結果評価もどんどん落ちてってると思うんですが、今回もメインゲームのクオリティ(事前の用意とかそういうのは置いといて)とホフマンが追い詰められる関係も相まって何だかんだで面白かったです。3でアマンダが読んだ手紙の中身とか、5でジグソウの奥さんがもらった黒い箱の中身とか、伏線が色々回収されてるのでわだかまりは無くなりますが、メインゲームにおけるジグソウの意志がだんだんただの私怨になってないかこれ…と思ってしまいました。先読みせずに見るので今回も「そっちやったんかい!」となりましたが。ちなみにポスターで紹介されてる回転木馬ゲームはシリーズ屈指の人間の汚さが見れるので必見です。まだ続くのかなーこれ。早く完結してDVDボックスで買いたい。

余談ですが前作を振り返って脳内スーパーコンピュータでグロランキングを算出すると「3>4>5>6>1>2」では無いかと思います。

代表的グロシーン
3→腐った豚の死体ミンチかけられ地獄、四肢顔面反転地獄、頭蓋骨切開
4→解剖シーン、氷塊で頭部破壊地獄
5→血を捧げるために手を裂き地獄
6→体内にフッ化水素酸注入地獄
1→足斬り地獄
2→注射器の海で遊泳地獄

かな。

【前作】
ソウ5
ソウ4
ソウ3
ソウ2
ソウ1

#スリラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが147 - 1408号室

1408号室
★★★☆☆

泊まると死ぬ部屋に泊まって死にそうになるお話。部屋があの手この手で宿泊者の精神をすり減らすのですが、カーペンターズのキレイな曲を使うのが一番気持ち悪いなーと思いました。怖いシーンで逆に明るい曲がギャップで恐怖感が増大するというあの手法ですね。あとこの映画はほぼジョン・キューザックが一人で頑張っておりますので、迫真の演技を楽しむのも一興だと思います。「終盤ちょっとだれる」「子供が可愛くてそれどころじゃない」「1408号室の情報は誰が教えたのか分からない」とか「部屋が圏外なのにネットはつながる」など細かい気になるところはありますが・・・。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが146 - ロープ

ロープ
★★★★☆

完全犯罪が出来ると思い込んで人を殺した二人の若者が徐々に追い詰められていってヤンヤンするお話。長回しがスゴイという噂を聞いたので見てみたのですが、今見てみるとまあそれほどでも無かったです。当時最大10分しか撮れなかったらしいので仕方ないですけど。長回しはトゥモローワールドがすごい。舞台が部屋一つだけで場面転換があんまり無く、会話シーンもやたら多いので若干眠くなりますが、大学の教授が若者を追い詰めていく迫真のシーンと全てが終わった後の最後の静かなシーンが印象深かったです。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが145 - REC2

REC2

★★★★☆

謎の感染症で封鎖されたマンションを舞台にヤンヤンするお話。前作の直後から始まって製作チームもほぼ同じということなので割と期待して行ったんですが、裏切ることなくキレイにまとめてくれました。前作はカメラ1台だけだったんですが、今回はメインカメラ、隊員3人のヘルメットに付けられたCCD、ワクワクを100倍にしたいがためにこっそり潜入した少年達のビデオカメラと視点が増え、より多面的に全容が分かるようになって楽しかったです。蔓延する感染症の真相もわかるし。前作の住人達もしっかりゾンビになって登場してますし、何よりリポーターのアンヘラさん(二つくくり、スタイル良し)もちゃんと出てくるので見に行く人は必ず1を見てからにしてください。今回は(ネタバレ反転→)エクソシスト方面に傾倒し、終盤に至っては説明のつかない超常現象(ライトを照らしても見えないけど暗視スコープに切り替えると見える物とか)も出てきて現実的な怖さが薄まりましたが、結局ひどい終わり方だったので安心(わたくしバッドエンド大好き)。美しくまとまったのでもう続編は作らない方がいい。

【前作】
REC

#パニック #POV
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが144 - ミザリー

ミザリー
★★★★★

大ヒット小説「ミザリー」シリーズを書いている小説家が、最終回を書き終えた帰り道に雪道で遭難して両足骨折の重傷、しかし偶然助けてくれた看護婦により一命を取り留める。人里離れた場所に暮らす「ミザリーのナンバーワンのファン」と公言するその恩人に最終話を見せたところ「こんな結末は望んでないから書き直してネ^^」と監禁されてヤンヤンするお話。はっきり言いまして「『何だかんだで一番怖いのは人間』を表現してる映画」の頂点にいそうなレベルで怖かったです。体の自由も逃げ出すことも全く出来ず、世話をしてもらっているその人に追い詰められていく描写に精神をすり減らされました。こええ。



#ホラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが143 - 容疑者Xの献身

容疑者Xの献身
★★★★★


うっかり元旦那を殺してしまった美人妻の罪を 隣人の超天才が隠蔽してついでに全部罪をかぶってヤンヤンするお話。ドラマは一つも見たことなく、たまたまwowowでやってたのを見たんですが、グイグイ引きこまれていって最終的には正座して見ておりました。基本的な流れは「事件だ!」→柴咲「わからんな〜」→福山「こういうことだ!」→犯人「おろろ〜ん」ていう感じなんですが、メインの登場人物の感情の変化がよい具合に混ざり合って普通の推理ものでは味わえないような感覚を味わうことがでけましたとさ。めでたしめでたし。

#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが142 - ザ・マジックアワー

ザ・マジックアワー
★★★★☆

映画みたいな街で売れない俳優をどうにか映画の撮影とだましてピンチを乗り越えてヤンヤンするお話。三谷幸喜が得意な「認識ズレからの笑い」が大変気持ちよいです。ゲラゲラ笑ってちょっとホロリとくるところもあり、最後は割と急展開に次ぐ急展開だけど全体的にきれいにまとまってるので細かいことはいいんだよ!という感じです。

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが141 - トランスフォーマーリベンジ

トランスフォーマーリベンジ

★★★★☆

涙が出そうになるくらい面白かったです。

【前作】
トランスフォーマー

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが140 - 陰日向に咲く

陰日向に咲く
★★★☆☆

劇団ひとりの例の小説の映画版です。小説も読みましたがやっぱりいいですね。それだけです。それだけですよ。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが139 - ターミネーター4

ターミネーター4

★★★★☆

機械が支配する近未来で、人間(抵抗軍)対機械(ターミネーター)でヤンヤンしつつ、半人半機械の人物も出てくるわジョン・コナーの唯一の肉親も助けなきゃいけないわでてんやわんやでキリキリマイなお話。6月13日公開ですが毎度のミラクルパワー(試写会)でみてきました。前シリーズと比べると時代も近未来で、異常なくらい重厚な作りになっていて大変面白かったです。大型、ヘビ型、バイク型、飛行型などいろんなターミネーターが出てきてかっこいい。冒頭の「ヘリコプターに乗り込むが打ち落とされて墜落するシーン」が、「これどうやって撮ってるん?」って言うくらいすごいカメラワーク+長回しなので、そこ注目して欲しいですね。カメラワークは全編通して臨場感タップリです。

ただちょっと時間の設定が説明不足なとこがあったので説明しておきます。

T1 カイル・リース(オッサン)未来から1984年へ サラと出会う(カイル×サラでジョンを身ごもる)
T2 サラの子供、ジョン・コナー10歳 1990年代
T4 2018年 抵抗軍のカリスマ ジョンコナー(オッサン)、カイルは少年(まだジョンが自分の息子とは知らず)
T4以降 2018年以降 ジョンが脅威になると判断した機械が、生まれる前にサラごと殺すため1984年にシュワちゃんを送る・オッサンになったカイル、サラを守るために1984年へ(T1)

何かすげーおかしい気がしてきたけど、こんな感じ。ならカイルを先に殺しておけって感じですよね。まあでもすっごい面白かったです。

【前作】
ターミネーター3

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが138 - ウォンテッド
ウォンテッド
ウォンテッド
★★★★☆

何の才能もない平凡なサラリーマンだと思っていたら実は親父が闇の組織で暗躍する暗殺者で、自分も潜在能力を引き出して暗殺組織の仲間入りをしてヤンヤンするお話。よくあるストーリー(成長もの)、弾丸が自分の意思で曲げられるかっこいい銃撃戦(アクション)、真の敵は別にあり(裏切り)など、大変少年漫画っぽい構成になっておりますので、世の少年たちは確実に興奮します。アンジェリーナ・ジョリーがセクシーだし。ビジュアルも非常に凝っているので見てて飽きません。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが137 - キャリー
キャリー
キャリー
★★★★☆

いじめられっ子のキャリー(触らず物を動かせる超能力アリ)がいじめられるお話。内気な自分を変えようとして友達と仲良くなろうと奮起するけどやっぱり最後に裏切られるのがほんとに心苦しいところ。どん底に突き落とされる感覚を味わいたい人、キリスト教の狂信者の母に「お前は悪魔の子」と罵られたい人は必見です。「ミスト」でもそうだったですが、狂信者は本当にウンザリしますね。

#オカルト
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが136 - モーテル
モーテル
モーテル
★★☆☆☆

田舎のモーテルに泊まって、備え付けのビデオデッキでテープを再生してみたら人殺しの映像が!そしてよく見たらこの殺しの映像、今泊まってる部屋で行われとる!さらによく見たら今もすでに撮影されとる!このままじゃ殺される!ヤンヤン!なお話。暗くジメジメした雰囲気やら動機の無い快楽殺人に巻き込まれていくさまがこわいです。完成度は高いけど、普通。余談ですが一番気に入ったのはオープニングクレジットの演出です。セブンキャッチミー・イフ・ユーキャンと並ぶくらいよい。

#スリラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが135 - スラムドッグ$ミリオネア

スラムドッグ$ミリオネア

★★★☆☆

18日公開ですが、毎度おなじみのミラクルパワー(試写会)で見てきました。スラム街出身の無学な少年がミリオネアの問題解きまくってヤンヤンするお話。あと1問で前問正解ってときにインチキ疑惑で逮捕されるけど、問題を知る影には聞くも涙語るも涙なバックグラウンドがありましたみたいな。割と超展開の連続なんですが、過去、現在との交錯の演出が凝ってたので見てて飽きないなーと思いました。スラム街のひどさとかそこで生活する人たちの暮らしっぷりとかも描かれてて、俺が放り込まれたら2秒で死ぬ、と思いました。

ミリオネアがほんとにTVでやってるミリオネアと何から何まで同じなのが親近感わきます。音楽、テロップ表示に始まり、何なら劇中のカメラアングルとかも全く同じ。でもインドは生放送+時間が来たら明日に持ち越しとかそういうローカルルールもあるみたい。で、問題の中にボンベイTVによく出てくる濃い俳優の名前を答えるっていうクイズがあって、毎週ボンベイTVをにらみつけてる自分はさらに親近感が沸きました。

クイズの内容は壮絶な少年時代を生き抜いた中で得た知識でグイグイ解いていくんですが、あえて言うなら最後の問題の答え方だけ拍子抜けでした。そこは…最後のライフラインで激アツな展開を予想してたのに…ちょっと残念でした。でもインドとイギリスの共同制作ということなので、エンディングは脈絡なくみんなでインドっぽいダンスを踊るというサイコーにハッピーな締めでした。

#ヒューマンドラマ
続きを読む >>
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが134 - オカルト

オカルト

★★☆☆☆

通り魔事件被害者の生き残りの人が事件きっかけで奇跡の力を手に入れ、神の思し召しの通りに渋谷で凶行に走るまでの一部始終を追ったフェイクドキュメンタリー。同じようなフェイクドキュメンタリーのノロイの白石晃士監督の最新作なんですが、ノロイ以上に悪ノリがひどかったので面白かったです。やっぱ作り込みに関しては相当なものだったので、面白い面白くないは別としてこういう実験的作品はたのしい。音楽が全体的に不快になる音とか使ってるので、かなりつらいけど。あと、スタッフロールや「これはフィクション」と最後に提示することによって「映画感」が出て現実に引き戻されてしまったのがちょと残念。ノロイはそれらが無くいきなり終わったので、徹底した実話っぽさの余韻に浸れました。なので個人的に思う完成度ではノロイの方が上かも。

#オカルト #POV
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが133 - ウォッチメン

ウォッチメン

★★★★☆

28日公開ですが、おなじみのミラクルパワー(試写会)で見てきた。歴史上の事件にひっそりと関わってきたヒーロー自警団「ウォッチメン」のメンバーが暗殺され、そこからつながる大きな陰謀を解き明かしていってヤンヤンするお話。むちゃんこ面白かったです。さらに詳しい時代背景やら(ネタバレあり)は同行した原くんのエントリを参照にすればよいと思います(丸投げという美学)(わたしはレビュー能力無し男)。ダークでバイオレンスな世界観と、その中で正義を貫くロールシャッハがものすごくかっこいい。ロールシャッハのかっこよさ、不器用さ、妥協の許さなさはまさに真のヒーローと言ってもよかったですね。アメコミ特有の話の重厚さ、暗さはありましたが、公開以降も根強いファンが日本でも増えそうな感じがしそうなくらい完成しとりました(万人ウケはないかなー)。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが132 - ウォーリー

ウォーリー

★★★★☆

700年一人ぼっちのロボットが、友達を作るためにヤンヤンするお話。健気やで…どんどんかわいく見えてくるのが不思議。ストーリーとか脇役の使いどころに関して、一切無駄なシーンが無いのがすごい(お掃除ロボットのモーとか)。しかし宇宙艦で暮らす人間達の姿が割と醜いけど(ドクタースランプで千兵衛さんが同じ状態になる話ありましたよね確か)、故郷に帰るために艦長が文字通り立ち上がるシーンは震えますね。そしてたった一つの目的のために一途に突き進むウォーリーとそれに答えるイヴが純粋であたいはもう涙が…出ることはなかったんですが、イイハナシダナー(;∀;)と思いました。ウォーリーのストラップとか欲しいわ。

#ディズニー/ピクサー #SF
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが131 - ミラーズ

ミラーズ

★★☆☆☆

26日公開ですが、ミラクルパワー(試写会)で見てきました。百貨店跡地の夜警をすることになったジャック・バウアーが鏡の中のお化けに悩まされるお話。ジャック・バウアー(24)役のキーファー・サザーランドが主演なんですが、24の印象しかないので、お化けにビックリしたりゆっくり歩いたりしてたら何か違和感が…。ジャックはお化けでビックリしないよ!走らないと間に合わないよ!とか思ってしまったので、今度はそれを払拭するためにコメディ映画とかをやった方がいいと思います。肝心のストーリーはありきたりで、ベタなタイミングで大きい音で驚かしてきたり割と演出はチープです。バッドエンドだったのがまだ映画として救われたとこですね。

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが130 - SAW5

ソウ5

★★★★☆

前回でいきなり出てきた新キャラ、ホフマン刑事とジグソウとの関係、ホフマンを疑いながらジグソウのゲームから生き延びたストラム刑事の二つに重点を置いてヤンヤンするお話。メインゲーム(拉致された一見無関係の5人が脱出する)は最早余興でしかなく、前述の二つにかなり時間をしめていて、前作から見てないと全然わかりませんので退屈かもしれません。時系列も過去、現在とかなり入り組みまくって難解ですが、なんだかんだ言ってもうまく作りこまれていて今回も自分は楽しめました。グロは前作と比べてまだマシになってます。しかしまだまだ伏線は残ってるのでいつまで続くねんという感じにはなりますね。評価はどんどん下がってるぽいですが、わたくしは割とまだ好意的に見れてます。次も見るどー。余談ですがホフマン刑事とストラム刑事、顔と雰囲気似てるから初見だとあまり判別つきません。

【前作】
ソウ4
ソウ3
ソウ2
ソウ1

#スリラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが129 - インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国
インディ・ジョーンズ/ クリスタル・スカルの王国
★★★☆☆

インディ・ジョーンズが冒険するお話。「これぞ映画!」というような大変なエンターテインメント作品で、みんな真剣なんですけど軍隊アリにロシア兵が食われるシーンとか、滝に3回落ちるところとか笑えて笑えて仕方が無いという感じでした。これっくらい何も考えないで見れる映画がいいですよね。ただ今までのインディ・ジョーンズシリーズから考えるとこのオチはちょっとどうかなーと思いますね。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが128 - ホームレス中学生

ホームレス中学生

★☆☆☆☆

家が無くなってヤンヤンするお話。おそらく小説は割と面白いとは思うんですが…。監督や演出が悪かったのかは分かりませんが、ダラダラとした展開と、一つ一つのエピソードがブツ切りになってて映画全体としてのバランスがあんまりよくない、無駄なシーンが多い等のせいで割と眠かったです。小説読んだ方がいいのかな。とりあえずこの映画は「小池クンのサービスショット(学生服、笑顔、全裸尻出し)のための映画」と言っても過言ではないような感じです。しかし最後の最後で小池クンを待ち受けるものは、「おにぎり」なんですよ…(それを泣きながら食べる)!!そこだけはみなさん覚えておいてくださいね。海苔はないけど。

#ファミリー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが127 - ジュマンジ
ジュマンジ
ジュマンジ
★★★★☆

すごろくのコマに書かれてることが現実に起こってヤンヤンするお話。今見たらちょっとCGが荒いかもしれないんですが、家の中や街で動物が暴れまわったり、部屋が洪水になったりとありえない事が起こる感覚が当時には新鮮で、中学生のときに見てすごいときめいた記憶があり、今もテレビで放送される度に見ます(そんな頻繁に放送されないけど)。夢があっていいですよ。同じようなやつの宇宙版らしい「ザスーラ」はまだ見てません(大人になったからです)。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが126 - 愛してる、愛してない
愛してる、愛してない...
愛してる、愛してない...
★★★★★

恋する乙女がヤンヤン頑張るお話。ですが、それを二つの視点から見ることで受け取り方が全然変わって「恋は盲目」感がでてよくできた構成になってます。主演がアメリの人なんですが、ちょっと後味悪いのでアメリっぽさを期待すると裏切られます。だがそこがいい。



#ラブストーリー
| すばらしいえいが | きじURL |
えいが125 - イーグル・アイ

イーグル・アイ

★★☆☆☆

いきなり電話で指示を出されて、従いまくってヤンヤンするお話。18日公開なのですが、ミラクルパワー(試写会)でお先に見てきました。

・開始前に高橋ジョージと三船美佳が舞台上に上がって、映画のワンシーン「高い所から飛び降りる」を再現させられていました。舞台横にリフトがあって、上部足場に上らされてそこから落とされるっていう。多分実際に落ちた人はスタントマンだと思うんですけど。(しょうもない演出)
・ちなみに客席の中に武蔵もいて、ジロジロ見てたんですが、後ろの主婦が「あ、あれK-1のあの人!あの唇の分厚い…佐竹!」って言ってたのが笑った。佐竹。
・主演のシャイア・ラブーフ(覚えにくい名前)も挨拶に来るのかなとひそかに期待していたのですが、監督しか来なくてちょっとガッカリでした。エジプトでトランスフォーマー2の撮影をしてるらしいです。

話としては、何も分からないままに電話の声の指示に従って導かれていくというぐらいしか言えないのでアレなのですが、コンピュータで制御されてる全てのものを操って、どこにいても何をしてても見抜かれるっていう状況…お〜怖っ(ガリガリガリクソン)と思いました。まあでもそこまで面白いかって言われたら「微妙」といわざるを得ません。

続き読むとウルトラスーパーサンダーファイアーネタバレ

#アクション
続きを読む >>
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが124 - ハンコック

ハンコック
★★★★☆

嫌われ者のスーパーヒーローが、みんなに好かれるためにヤンヤンするお話。普通のおっさんなのにクジラを投げ飛ばしたり、空をビュンビュン飛んで車を片手で持ち上げたりする映像がカッコイイ。広告代理店の人がハンコックを更正させてプロモーションするという話の流れがちょっと今風。中盤で悪いイメージが払拭できるのですが、そこからの展開が全然予想してない方に転がっていったのでワクワクドキドキしました(いつまで経ってもこんな程度のレビューしかできません)。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが123 - バンテージ・ポイント
バンテージ・ポイント
バンテージ・ポイント
★★★★★

大統領暗殺の瞬間を、7人の視点から展開していくお話。90分しか無いんですが、ものすごくうまいことまとめてくれてて、ちょっと映画でも見たいけど何にしようかなって迷ってる時はこれ選ぶといいですよ。死ぬほどスリリングなカーチェイス、SP・一般人・私服警官・大統領など、一見関係無さそうな人たちが複雑に絡み合って一気にラストまで持ってく展開、演出が気持ちいいです。テロリストグループの用意周到さが24っぽいな…と思います(24好きなので、そこがステキだねという意味です)。

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが122 - 魔法にかけられて
魔法にかけられて
魔法にかけられて
★★★★☆

おとぎ話のキャラクターが現実のニューヨークに来たらヤンヤンしまくりなお話。とにかく最初から最後まで何も考えずに楽しむことができる映画です。キャラ全員色恋系に軽い気がしたんですが、最終的にうまくまとまってよかったなと思いました。

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが121 - ハプニング

ハプニング

★★★☆☆

原因不明の奇病に襲われてヤンヤンするお話。シャマラン監督作です。最終的に引っ張りに引っ張りまくって結局「何にもわかりまへ〜ん!謎で〜す!」ていうオチがすごいびっくりしました。シャマランといえばドンデン返しなのに…。しかしドンデン返しが無いという事がドンデン返しだったと解釈することにします。目に見えないけど確実に近づいてくる恐怖、というのがほんとに怖いです。グロ描写もかなりのもので、自分はシャマラン全肯定派なので好きです。

#ホラー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが120 - ダークナイト
ダークナイト
ダークナイト
★★★★★

向こう5年は伝説になるくらい面白い。

#バイオレンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが119 - スキャナー・ダークリー
スキャナー・ダークリー
スキャナー・ダークリー
★★★☆☆

禁止薬物の蔓延を防ぐためにおとり捜査になった特殊スーツに身を包んだ男がだんだんドラッグの恐怖に飲まれてヤンヤンするお話。映像が実写をまず撮って、そこからCG化するという手法を取っており、この不思議な映像は一見の価値があります。でもストーリーがけっこう暗くて、ややこしいので、あんまりオススメはしないです。ビジュアルはすごい。

#バイオレンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが118 - REC
REC
REC
★★★★★

アパートに謎の病原菌が蔓延、閉鎖されて、その中にいたテレビクルーの記録映像。クローバーフィールド的な手持ちカメラのみで展開されるパニックホラー。閉鎖空間+どんどん感染してゾンビ化する住民、そして手持ちのリアルさってのがかなりスリリングで面白いです。何故そんな病原菌がこの何でもないアパートにっていう謎も完全には解明されず断片的に情報が与えられる程度なので気になりますが、推理したらだいたい分かるかなと思います。主役であるリポーターのアンヘラさんは二つくくりでスタイルがグンバツ。

#パニック #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが117 - ミスト
ミスト
ミスト
★★★☆☆

いきなり霧が立ち込めて霧に飲まれると殺される〜ヤンヤーンなお話。正体不明の霧+建物内にいた人達の間の醜い争い、そして最後のマジで救いの無い結末は、もう二度と見たくないな〜と思うぐらい悲しいです。そんなことより野球しにいこうぜ!

#パニック
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが116 - ホステル2
ホステル2
ホステル2
★☆☆☆☆

前作を見て後悔したはずなのに、見てしまいました。人は過ちを繰り返すと言いましてね…。ストーリーは全く変わってなくて、今度は処刑人側の視点からの話もあってちょっと違う感じなのですが、イマイチ面白くなくて焦りました。最後の生首でサッカーを始める子ども達のシーンは本気で意味が分かりません。

【前作】
ホステル

#スプラッター
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが115 - 紀元前1万年
紀元前1万年 特別版
紀元前1万年
★☆☆☆☆

予備知識ゼロで見たのですが、見て後悔せざるを得ない内容だったので脂汗が出ました。仲間がさらわれたから助けに行くお話なんですが、ただそれだけっていう。深みゼロ。序盤のマンモスの大群が行進するシーンはキングコングの恐竜大行進シーンを劣化、最後の大勢での戦いは300の劣化で、今ひとつ燃えません。最後ヒロインが矢に刺されて死んだのですがミラクルパワーで生き返るという謎。ひどい!ばか!もうローランド・エメリッヒの作品は見ない!

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが114 - レミーのおいしいレストラン
レミーのおいしいレストラン
レミーのおいしいレストラン
★★★★☆

ただ一言言わせてほしい。



ありがとう。

#ディズニー/ピクサー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが113 - 悪魔を憐れむ歌
悪魔を憐れむ歌
悪魔を憐れむ歌
★★★★★

殺人鬼を死刑にしたのですが、別人がどんどん同じような殺人を犯していって刑事が突き止めるお話。単純に言えば悪魔が色んな人にとりついて(とりついたあと、誰かにタッチすればそっちに移動する)ああ怖い、なんですが、最初はそんな事わからないから「何で町中の人がかわるがわる俺に脅迫してんすかwwww」ってなって大変スリリングです。デンゼル・ワシントン、ドナルド・サザーランド(24のジャック・バウアーの実父)など、名優揃い。

#オカルト
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが112 - プレステージ
プレステージ
プレステージ
★★★★★

マジシャンのライバル二人がお互いに嫌がらせしながら有名になっていってヤンヤンするお話。「偉業を達成するためには生活の全てをマジックに費やす」という二人のド根性ぶりが遺憾なく発揮されています。何か一つの事をずっとやり続けて極めようとする姿勢はすばらしいのですが、それにのめり込みすぎて人生そのものを台無しにするのもいかがなものかなーと思いながら見てました。しかしこの犠牲の上に成り立つ偉業はそれほど価値があると思います。

#サスペンス
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが111 - クローバーフィールド -HAKAISHA-
クローバーフィールド/HAKAISHA
クローバーフィールド/HAKAISHA
★★★★★

怪獣が来てヤンヤンするお話。今までの怪獣映画は怪獣がギャーギャー出てきて味方がワーワー倒す感じなんですけど、これは完全に一般人視点でのお話。全編デジカメの主観映画で、なすすべなく逃げ惑う人を克明に捉えており、斬新そのもの。「宇宙戦争」もトム・クルーズ視点のパニック映画だったんですが、これはさらに発展させたものです。めたくそ怖い。この映画を見て「ぼくらの」というまんがで「パニック映画で大量に人が死んでいくのにそれが全く当たり前のものになっているのはおかしいと思う、各人それぞれの思いがあるのに」みたいな感じのことを言っていたのを思い出しました。

#パニック #POV
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが110 - キサラギ
キサラギ
キサラギ
★★☆☆☆

自殺した清純派アイドルの一周忌追悼オフ会に出席した5人の男たちが故人を偲んでヤンヤンする話。ストーリーと構成、演出、どれもほんとにすばらしく、一見接点の無いような登場人物たちが次々とつながっていくところが非常に爽快。ただですね、一点世界最大に残念な点を挙げますと、ネタバレになってしまうんですが「それまで顔が全く出なかったアイドルが、最後に顔出ししてしまう」というところです。偶像崇拝的に終わらせておいて、アイドルがどんな顔だったかとかは見る人の想像に任せてほしいっていうとこがあったんですけど、最後に何故か出てしまいました…あと大オチにすげー余計なシーンを付け足してそれまでのいい感じな空気がけっこう台無しになってしまい、すごく残念でした。

#コメディ
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが109 - チームバチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光
★★★☆☆

凄腕心臓手術チームが医療ミスで失敗続出。「これ事故じゃなくね?」って事で厚生省のえらい人とカウンセラーの人がヤンヤンするお話。予備知識ゼロの状態で見たのですが、まあ普通に楽しめる感じでした。謎を解明していくプロセスがちょっと弱いかなーと思ったんですがお役人の阿部寛のキャラクターが強烈すぎ+解明からのドンデン返しもありだったので、おk。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが108 - チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場
チャーリーとチョコレート工場
★★★☆☆

いまさらテレビでやってるの見ましたが、同時期にやってたコープスブライドの方が数千倍面白い。

#ファンタジー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが107 - アドレナリン
アドレナリン
アドレナリン
★★★★☆

報復のために変な薬を飲まされた殺し屋がヤンヤンするお話。アドレナリンを出し続ける事で生きながらえる事ができるので、ギャーギャー騒ぎながらめちゃめちゃに暴れて仕返しするのが痛快でおもしろでした。映像も凝ってるので見てて飽きません。ちょっと変なシーンがあるけどそこ突っ込んだらぜんぜん面白くない人みたいになるので目をつぶってあげてください。恋人とのセクロスのシーンはめちゃくちゃ笑えます。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが106 - SAW4
ソウ4
ソウ4
★★★★★

ジグソウの胃袋の中からカセットテープ出てきて「まだ終わらん」ていう声が聞こえてきてヤンヤンするお話。軸は2に出てきた脇役のSWATの隊長。「俺の周りの奴、ジグソウに殺されすぎワロタ」って言うその隊長にゲームが降りかかるという流れ。あんまり深く言うとネタバレになってしまい興を削いでしまうので言いませんが、今回は「仲間を助けようと我を忘れて突撃しまくる人を戒める」というテーマが好きでした。バッドエンドだし。時系列が割とややこしく、終盤は3と同時間帯でザッピングしながら進んでいくとこがややこしいですが、頭のいい人、ファンならすっと理解できると思います。完結したらきっとコンプリートBOXが出ると思うはずなので、それまでDVDゲットはぢっと我慢したいと思います。

【前作】
ソウ3
ソウ2
ソウ1

#スリラー
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが105 - ナショナル・トレジャー
ナショナル・トレジャー
ナショナル・トレジャー
★★★☆☆

お宝を見つけるためにアメリカ中をヤンヤンするお話。仕込まれた謎とそれを解き明かしていく過程、ほどよすぎるアクションは見てて飽きません。「あるかどうかもわからないお宝を探しまくって人生棒にふった家系」というバックグラウンドにあるニコラス・ケイジが何としてもお宝ゲットするというモチモチベーションも好きです。まあオチは誰もが予想できるようにお宝見つけてハッピーエンドなんですが、やる事ない週末とかに見るとちょうどいいですね。続編もそろそろ公開されるらしいので、見たい(レンタルされたら)。

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが104 - ファンタスティック4 銀河の危機
ファンタスティック・フォー:銀河の危機
ファンタスティック・フォー:銀河の危機
★★★☆☆

シルバーサーファーが地球に来て大変な事に。どうする?どうもしない?戦う?うん!みたいな話ではないのですが、シルバーサーファーの目的を探ったりまた奴が出てきたりするお話。ヒューマントーチがサーファーに触って遺伝子がおかしくなって、他のメンバーに触ると能力が入れ替わるというのが前回見た人にとって面白いところではないでしょうか。まあ何というかけっこう大味でして、「ゴムの人が私服の時に手を伸ばした時に服も伸びたぞ…?」「アメリカからロシアまで数秒で移動…?」「能力が入れ替わるっていう設定と見せかけて最後は4つの能力をトーチが一人占めしたけど、そしたらトーチの能力は他メンバーに行ってしまうのでは…?」「ドクタードゥームの目的が相変わらず読めないし弱い…」と挙げればキリがありませんが、シルバーサーファーの真の目的とか根っこのプロットは嫌いではないです。

【前作】
ファンタスティック・フォー

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが103 - 守護神
守護神
守護神
★★★★☆

スゴ腕沿岸警備員と、それを目指す新人訓練生の心の絆がヤンヤンするお話。アシュトン・カッチャーがケビン・コスナーに負けず劣らず大変よい演技をしております。話の7割ぐらいがレスキュースイマーの聖地とも言えるAスクールで繰り広げられるのですが、若者の反発やらヤンチャやらが大変若々しく、四捨五入したら30のわたくしは胸が張り裂ける思いでした(ちょっと言い過ぎました)。とにかく良作。

#ヒューマンドラマ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが102 - 13/ザメッティ
13/ザメッティ
13/ザメッティ
★★★☆☆

ひょんなことから「13人同時円形ロシアンルーレット」に参加する事になってしまった若い大工がドキドキするお話。見物人は誰が優勝するか賭けたりするというカイジ的な設定。ハリウッドリメイクが決定されたもので、大変スリリングでよかったですが、聞きなれないボソボソしゃべるフランス語と全編モノクロとルーレットまでの前フリがちょっと長いのとで、夜中に見るのはつらかったです。主役の人の眉毛の濃さがすごく気になりますが、これからご覧になる皆さんはスルーしてあげてください。胸毛もすごいです。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが101 - ナイトミュージアム
ナイト ミュージアム
ナイト ミュージアム
★★★★☆

定職につかないダメ親父が今度こそ、と美術館の夜警をやったら夜に動き出してヤンヤンするお話。楽しすぎるだろ…。「美術品が夜にヤンヤンする」という大きな軸を中心に据え、「親父が子供にいいとこ見せる」「蝋人形同士の恋」「悪者退治」の三つが90分のうちに全部キレイにまとまる素敵なエンターテインメントになっており、本気で家族で楽しめる作品になっております。24ファンならもちろん分かるとは思いますが、別れた奥さんはシーズン4、5に出てきたオードリーです。

#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが100 - トランスポーター2
トランスポーター2
トランスポーター2
★★★☆☆

↓の続編。今回もやっぱり運び屋の設定はほとんどありませんでした。でも敵を追う手際の良さとか、車の裏についた爆弾を取る方法とか無茶苦茶でよかったです(無茶苦茶をいかに楽しむかが映画だと思うんです)。ホースを使ってザコ敵を粉砕するシーンと、前後から来る車を開脚垂直大ジャンプでよけるシーンは惚れます。ストーリーは「細かいとこは気にしない」というアメリカーナな内容なので、割愛。

【前作】
トランスポーター

#アクション
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが099 - トランスポーター
トランスポーター
トランスポーター
★★★★☆

危険な運び屋の今回の依頼は、女子(にょこ)を運ぶ事で、ヤンヤンするお話。主役のジェイソン・ステイサムが大変かっこいいです。まあどっちかといえばよくあるアクションです。まあだんだん「運び屋」っていう設定を活かせず「むちゃくちゃ強いおっさん」てなってしまったんですけどね。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが098 - 犬神家の一族
犬神家の一族
犬神家の一族
★★★☆☆

犬神さんの莫大な遺産のために集まった親族のドロドロした感じの推理モノです。何回もリメイクされまくってる推理系の金字塔でして、そんなにリメイクされるのにふさわしいくらいよくできたストーリーと構成でした。

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが097 - レオン
レオン
レオン
★★★★☆

今さらですが見た記録として。

#ラブストーリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが096 - フラガール
フラガール
フラガール
★★★★☆

閉鎖する炭鉱を救うために起死回生でハワイアンセンターを建て、地元の女性が町を救うためにフラダンスを覚えてヤンヤンするお話。あのー一人暮らしを初めて一人でこれ見たんですが、めちゃくちゃ泣いてしまいました。ベタベタなんですが、死ぬほど面白い…。

#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが095 - デス・プルーフ in グラインド・ハウス
デス・プルーフ
デス・プルーフ
★☆☆☆☆→(映画としてみると)
★★★★★→(「これはこういうもの」という認識で見ると)

あるスタントマン「耐死仕様(デス・プルーフ)」のほどこされた車で人々をブッ殺しまくる映画…と見せかけて後半はカーチェイスで劣勢になってボッコボコにされる映画です。映画としては本当に最低でストーリーとか何もかも投げ出してムチャクチャに終わるっていうひどいものなんですが、発想の転換をし、「タランティーノがやらかした」と考えてみると、あんなに爆笑できる「THE END」はありません。

#アクション
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが094 - 呪怨 パンデミック
呪怨 パンデミック
呪怨 パンデミック
★★★★☆

呪われた家に肝試しで入ったギャル3人が呪われてえらい事になったり、その呪いが海を渡ったりで、てんやわんやなお話。なかなか怖いです。呪怨シリーズは呪われた後、どう死ぬかというところに恐怖の焦点を当ててますので、今回は国内海外通算で4作目なので、それはもう絶望としかいいようがない死に方をして、大変恐ろしいです。救いがない。

【前作】
THE JUON -呪怨-

#ホラー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが093 - トランスフォーマー
トランスフォーマー
トランスフォーマー
★★★★☆

謎の金属生命体がワラワラ出てきてマジ大興奮のお話。これは男は絶対に見るべきであります!!わたくしはあんまりガンダムとか好きじゃないんですけど大興奮したという事で、「男、いくつになっても変形ロボット好き説」が判明いたしました。ありがとうございます。続編が決定したそうで、今から楽しみで死にそうです。

#アクション
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが091 - ドラえもん のび太と鉄人兵団
ドラえもん のび太と鉄人兵団
ドラえもん のび太と鉄人兵団
★★★★☆

ロボットのパーツがどんどん降って来て、すっげーロボット作ったらそれを取り返しにきた鉄人兵団と戦争するお話。映画のドラえもんの中で1、2を争うほど面白いという噂で、小さい頃に見た覚えはあったけどほとんど記憶にないので見ました。うん、今でも十分見れる。スタッフにクレヨンしんちゃん戦国大合戦の脚本書いた原恵一がいました。道理で。スネちゃま所有のミクロスというロボットがいい具合にダメダメでかわいい。

#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが092 - ドラえもん のび太の海底鬼岩城
ドラえもん のび太の海底鬼岩城
ドラえもん のび太の海底鬼岩城
★★★★☆

海底でキャンプをしたら海底人がいてびっくり、という感じのお話。鉄人兵団に次ぐ良作という触れこみ。事件が起こるまでに海底でひたすら遊びまくるんですけど、楽しそう過ぎてやばいです。テキオー灯ほしい。で、海底を移動する時に乗り回すサブキャラのバギーちゃん(しずかちゃんだけに優しい)もいい味を出していて、最後は全員涙目です。ちなみにバギーちゃんと鉄人兵団のミクロスは声が同じですぞ。しかし今思い返すと前世代の声ってやっぱりしっくりきまくりますね。大山には勝てないな。

#ファミリー
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが090 - 夕闇にベルが鳴る
夕闇にベルが鳴る
夕闇にベルが鳴る
★☆☆☆☆

ストーカーに追われる話。ホラーのおすすめをリストアップしてて、あ、これリストにあったと思ってみたらクソみたいな内容だったので、おかしいなと思ってたらおすすめしてたやつは「暗闇にベルが鳴る」だった…!パチモンつかまされたぜ!本当にクソすぎて最後早送りしました。主役の女も全然可愛くないし、とにかくいいところを見つける方が難しいひどい作品です。

#スリラー
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが089 - 舞妓haaaan!!!
舞妓Haaaan!!!
舞妓Haaaan!!!
★★★★☆

舞妓はんと野球拳する事が最大の目標である男と、その男を追って舞妓はんになった女のてんやわんやのきりきり舞いのお話。「笑ったら死亡」という自分ルールを作ってみたのですが、20回以上死にました。展開がめまぐるしすぎて楽しい。関西人ですが舞妓はんの世界は全然知らなかったのでしきたりとか伝統とか学べて一石二鳥です。「熱いお茶をかけられた時の堤真一のリアクション」が世界最大に笑いました(会場も一番沸いた)。あんなの日常でやってみたい。舞妓はん美しすぎワロタ。

#コメディ
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが088 - ハイテンション
ハイテンション
ハイテンション
★☆☆☆☆

友達の家に行ったらいきなり殺人鬼がきて殺されまくるお話。スプラッタなだけで全然面白くないです。

#スプラッター
| えいが★☆☆☆☆ | きじURL |
えいが087 - ハリー・ポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版
★★★☆☆

各校最強を決める魔法大会が大筋で、あとはダンスパーチーやら色々。これだけ今まで出てるシリーズで唯一原作読まずに見たんですけど、やっぱりはしょって説明不足なとこがあったような、無かったような。上下巻あるぶあつい話を2時間でまとめようとするのが無謀ですよね。原作読んでから見ろって話ですね。クリスマスパーティーでダンスのお相手を誘ったり誘わなかったりモジモジしているハリーやロンを見て「あるある」と思いました。

#ファンタジー
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが086 - 悪魔のいけにえ
悪魔のいけにえ
悪魔のいけにえ
★★☆☆☆

迷い込んだ家に人の皮をかぶった人がいてヤンヤンするお話。オープニングとかすっげ怖かったんで期待したんですけどやっぱり何十年も前のものなので、刺激が足りませんでした。そんなにグロでもない感じです。女叫びすぎ。

【関連】
テキサスチェーンソー・ビギニング

#ホラー
| えいが★★☆☆☆ | きじURL |
えいが085 - 300
300
300
★★★★★

スパルタ300人対ギリシア100000人の戦い。単純なストーリーなんですけどスーパースローやVFXを盛り込みまくった戦闘シーンに熱き血潮をたぎらせました。普通に鳥肌。ちょいグロなところはあるんですけど、男子は見るべき。ギリシア軍の敵がモンスターレベルなところはマジかよと思いました。ヒジから先がカニのハサミと化したギロチン係のデブとかなんなんだろう。いや全然いいんですけどね。とにかく大興奮。ギリシア王クセルクセス、声低すぎ。

#アクション
| えいが★★★★★ | きじURL |
えいが084 - レッド・ドラゴン
レッドドラゴン
レッドドラゴン
★★★☆☆

羊たちより前のお話。頑張ってハンニバルのおっさん捕まえたFBIの人が頑張りすぎて戦線離脱、でもやっぱり殺人事件の捜査手伝って欲しいって頼まれて渋々頑張るお話。ハンニバルのおっさんの出番は少ないんですけどFBI捜査官グレアムと本作悪い人が充分個性的ですので、別物として見てもおkです。でも「羊たち〜」につながる部分はあるので、前2作見てるといいです(当たり前ですよね)。エドワード・ノートンが渋いんですが、声がかわいいですね。

【前作】
ハンニバル
羊たちの沈黙

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが083 - ハンニバル
ハンニバル
ハンニバル
★★★☆☆

羊たちの沈黙続編。ハンニバルのおっさんを捕まえようとヤンヤンする話。ゲーリー・オールドマンのあの顔の皮膚をはがされた特殊メイクはとても怖いですね。あと一番面白いのは、フィレンツェに潜伏しているハンニバルのおっさんを捜査するパッツィ刑事が、出てきた瞬間から死亡フラグビンビンなとこです。絶対殺されるって分かってて、案の定殺されます。全体的にグロ度は前作よりアップ。相変わらずのハンニバルのおっさんの落ち着いた雰囲気が恐ろしいです。

【前作】
羊たちの沈黙

#サスペンス
| えいが★★★☆☆ | きじURL |
えいが082 - 羊たちの沈黙
羊たちの沈黙
羊たちの沈黙
★★★★☆

殺人事件の捜査を進めるために隔離独房の中にいる食人嗜好の元精神科医の助言を得てヤンヤンするお話。まあ今さら感があるので深い解説はしませんが、やっぱり皆さんが言うようにハンニバル・レクターの知識人っぷりには頭がクラクラしますね。異常者なのにあの堂々とした態度、紳士的なギャップが怖いです。話はまあよくあるサスペンスですが、レクター博士とクラリスの掛け合いがあるおかげでだいぶレベルの高いものに仕上がっております。

#サスペンス
| えいが★★★★☆ | きじURL |
えいが081 - ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード4.0
ダイ・ハード4.0
★★★★☆

サイバーテロで全米終了。立ち向かうはアナログ刑事。アクション。あのですね、どれだけお金かけてるんだっていうくらい大掛かりなロケが圧巻すぎ。あと全てにおいて「やりすぎ」で、すごい楽しかったです。こういうアクション映画を純粋に楽しむ事ができない人はす